『朝日新聞』が犯した大罪を改めて考える


この記事を拡散するために、応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ




■日本の国会議員の1割が帰化朝鮮人かその子孫


国会議員が帰化朝鮮人でもいいですが、問題は「帰化朝鮮人」であることを隠して立候補することです。


詳しくは⇒http://hoi333.blog.fc2.com/blog-entry-2189.html






■通州事件…盧溝橋事件発生から3週間後の1937年7月29日
北平(北京)東方の通州で中国保安隊による大規模な日本人虐殺事件が発生した■


夫を生きたまま腹を切り裂き…「これはおいしいぞ、日本人の腸だ、焼いて食べろ」…そうして、その妻である妊婦の腹を切り裂き胎児を取り出す。

それはこの男の人の頭の皮を学生が青竜刀で剥いでしまったのです。
頭の皮を剥いでしまったら、今度は目玉を抉り取るのです。このときまではまだ日本の男の人は生きていたようですが、この目玉を抉り取られるとき微かに手と足が動いたように見えました。





★ ★↓↓ 記事はここから ↓↓★ ★



┠──────────────────────────────────
┃日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信 ┃ http://www.realist.jp
┠──────────────────────────────────
├ 2017年06月23日 『朝日新聞』が犯した大罪を改めて考える
──────────────────────────────────
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

「アメ通」管理人です。

以前、おくやまさんの生放送を行っていたチャンネルTSJ【1】にて、
OTB代表:和田による生放送を試験的に行っています。

【ニコニコ動画CH】
http://ch.nicovideo.jp/strategy

【Youtube】
https://goo.gl/4UNuZk

今後、基本的に毎週1回、生放送を行ってゆく予定ですので、
もしよろしければ、とりあえず、それぞれのチャンネルの【登録】
をお願い致します。

今後、この試験的生放送ではどんな内容を放送するのか?
という一つの試金石として、先日は、
<いわゆる「従軍慰安婦」問題>について、
AJCN代表の山岡鉄秀さんをゲストにお迎えして、
http://jcnsydney.blogspot.jp/
この問題で『朝日新聞』が如何に悪辣なやり口で、
日本の国益を損なうような報道(=虚報)を続けてきたのか?
ということをじっくり、キッチリと、お話頂きました。

「<慰安婦>の件はもういいよ・・・」
と感じているかたもいるとは想いますが、
どうして、敢えてまた、
この問題を改めて番組で取り上げたのか?

それは、多くの日本人があまり意識することもなく、
当然、苦手とされる「情報戦」、とりわけ、
「プロパガンダ」とは如何なるものか?
ということについて、当事者意識をもって、
自分自身のこととして考えることが出来るトピックが、
この<いわゆる「従軍慰安婦」問題>だからです。

この問題には、プロパガンダについての
あらゆる定番の要素が分かり易く散りばめられているので、
この問題のカラクリを知ることで、
「情報戦」というものがどう展開されるのか、
ということがよくわかります。

ぜひ多くの日本人に、改めて、
この問題を認識して、シビアに考えてみて頂きたいので、
まず最初のキッカケとなるべく、
当日の放送をそのままYoutubeにて無料公開しています。

ぜひご覧頂き、そして、もういちど考えてみて下さい。

そして、さらに多くの人に伝えるべく、
この情報の更なる【拡散】にもお力添えをお願い致します。

( TSJ1/アメ通管理人)

---

【Youtube無料動画】
▼謝罪後も悪質なやり口を続ける「朝日新聞」
|いわゆる「従軍慰安婦」問題で朝日新聞が犯した罪(その1))
https://youtu.be/bQA6L37rPHM

●韓国新政権発足で「日韓合意」も反故にされる可能性が濃厚の、
いわゆる「従軍慰安婦」問題。ことの発端となった「朝日新聞」が、
如何に悪辣なやり口を続けているのかを徹底的に糺す!
/表向きは「謝罪」したという体をとりつつ、
実は、同じ英文記事では相変わらずの虚偽表現を繰り返すという
姑息極まりないやり方…。もはや、これは「報道」ではなく「工作」である!

【Youtube無料動画】
▼絶賛捏造継続中。朝日新聞英語版。
|いわゆる「従軍慰安婦」問題で朝日新聞が犯した罪(その2))
https://youtu.be/tYYAaaerTUg

●「朝日新聞」の慰安婦問題の虚報は現在進行系だった・・・。
日本語版紙面では表向き使わなくなったあのフレーズを、
なんと英語版では性懲りもなく延々と繰り返していた。
その決め台詞とは・・・【強制的セックス】(forced to provide sex)。
このおぞましいフレーズを繰り返し・繰り返し、
何度も何度も、何の脈絡もなく紛れ込ませる…。
これはもう海外向け「プロパガンダ」と言って過言ではないレベル。
日本人を貶めんとするその執念…。これはいったい何が目的なのか…。

【Youtube無料動画】
▼朝日が「ウソ」の火を放ち、海外メディアがその火に油を注ぐ
|いわゆる「従軍慰安婦」問題で朝日新聞が犯した罪(その3)
https://youtu.be/NTR-Jko0pY4

●思わず絶句・・・。もはや、英語の対訳ですらない・・・。
元の日本語記述にはない一文を突然・何の脈絡もなく本文中に挿入…。
これを意図的な「工作」と言わず何と言う。朝日新聞は報道機関とは言えない。
そして、朝日が火を付けた捏造記事を元に、
海外メディアがウソを更に拡散、大延焼…。
この落とし前をどう付けるつもりなのか!

【Youtube無料動画】
▼慰安婦少女像グッズを量産する?!韓国www
|いわゆる「従軍慰安婦」問題で朝日新聞が犯した罪(その4)
https://youtu.be/Jmczm77Bp-U

●慰安婦像がいつの間にか、どういうわけだか、
なぜか<慰安婦「少女」像>となっていた。だがちょっと待ってほしい。
なんと慰安婦少女像がフィギュアになったらしいw
ちょっと想像して観て下さい。
例えば、もし、このフィギュアを韓国土産として貰ったら…
いかがですか?ちょっと想像できないセンスではないですか?・・・(棒)

【Youtube無料動画】
▼朝日記事→韓国紙社説と連鎖する捏造スパイラルで
 慰安婦がいつの間にか「少女」になった・・・
|いわゆる「従軍慰安婦」問題で朝日新聞が犯した罪(その5)
https://youtu.be/S53iRIJiH4E

●本来、成人女性であったはずの「慰安婦」が
どうして慰安婦「少女」となったのか?
そのカラクリのプロセスには、
朝日新聞と韓国紙との改ざん・捏造の無限連鎖スパイラルがあった・・・。
元記事から派生記事になった時点で、
朝日は誤報部分の指摘が出来たはず。
しかも、「慰安婦=挺身隊」という事実誤認を放置して、
他人事のような記事を連発。もはや、唖然として言葉もない。

【Youtube無料動画】
▼日本は「幼い少女を無理やり拉致して
 性奴隷にした変態極悪国家」なのか?!
|いわゆる「従軍慰安婦」問題で朝日新聞が犯した罪(その6)
https://youtu.be/W_j8QNMrfkc

「朝日新聞」が放火し、日韓共同虚報合戦の末に、
いわゆる「従軍慰安婦」が「少女性奴隷」として世界に発信されてしまった。
虚報が更に虚報を呼び、相乗効果でいつの間にか
韓国世論の間にも「ウソ」が「真実」として定着してしまった…。
それどころか、韓国国内では、「慰安婦」が偶像化の対象にすらなっている。
この問題がここまで拗れてしまった元凶こそが「朝日新聞」。
これはもはや、組織をあげての"確信犯的工作活動"と言っても過言ではない!


※※【Youtube再生リスト】※※
▼いわゆる「従軍慰安婦」問題で朝日新聞が犯した罪
https://goo.gl/f8x4w6


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□

「戦争論」って読んだことありますか?

そう、クラウゼヴィッツの『戦争論』です。

●戦争論という書名なら聞いたことがあるという人。
●クラウゼヴィッツという名前だけは聞いたことあるという人。
●読んでみたけど、なんだかよくわからず本立に飾っているという人。
●解説本を読んでなんとなくわかった気になっているという人。

いろいろだと思います。
しかし、日本ではほんとうの意味で流行っていません。

なぜか?・・・

つづきはこちらから



http://www.realist.jp/Clausewitz.html

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□

※このメルマガは転送自由です。(ただし出典を残して下さい)

▼「奥山真司のアメ通LIVE!」番組へご意見・ご感想はこちらから
http://www.realist.jp/goiken.html

▼Youtube THE STANDARD JOURNAL
https://www.youtube.com/user/TheStandardJournal

▼「THE STANDARD JOURNAL ~『アメリカ通信』」
http://ch.nicovideo.jp/strategy

▼FacebookPage:「THE STANDARD JOURNAL」
 https://www.facebook.com/realist.jp

★奥山真司への講演依頼・執筆依頼は、
【webmaster@realist.jp】までお問合せ下さい。

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信
のバックナンバーはこちら
http://archives.mag2.com/0000110606/index.html?l=yft0bd414b

◎日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信
の配信停止はこちら
http://www.mag2.com/m/0000110606.html?l=yft0bd414b



この記事を拡散したいと思ったら、応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★ ★↑↑ 記事はここまで ↑↑★ ★



■国際関係アナリスト北野幸伯氏の無料メルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」

国際関係アナリスト北野幸伯氏の国際情勢の分析を、無料で読むことができます。

★まぐまぐ2015年総合大賞1位

数年前のバックナンバー記事を読むと、現在の国際情勢を正確に予知していることに驚きますよ

★このメルマガの無料購読申し込みは(バックナンバーも読むことができます)
http://www.mag2.com/m/0000012950.html





■終戦直後の日本人引揚者を襲う朝鮮人たち…「竹林はるか遠く」

朝鮮人の男たちが、藪の中へ女の人たちを引きずっていくのを見たし、若い女性に乱暴しているのも見たわ(111頁)。

彼ら(朝鮮人)は悦楽を求めて人々の間をよろよろ歩き、そして娘たちを見つける度に外へ引きずり出した。たびたび女たちの悲鳴が響いた。(118頁)。

また、朝鮮人が、日本人を殺したうえで金歯まで抜いている記述もある(129頁)。






関連記事