【整理回収機構】債務者の在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)を相手に、利息を含めた約910億円の支払いを求めて同地裁に提訴



英語力は国際発言力です★英語は英単語をたくさん暗記しないと実用では使えません

これまで色々と英語をマスターしようと頑張ってきた人なら共感してもらえると思いますが、英語を実際に使えるかは、どのくらい英単語を知っているかで決まりますよね。

ここでご紹介する英単語記憶法は、東京大学の元医学博士が開発した「ミリオン・ボキャメモリー」という方法で、これまでのような長い時間をかけて暗記しなければならない大量の英単語を「短時間で効率的に覚える」学習方法です。

下記のサイトに、この超効率的な英単語記憶法を解説したサンプル動画がありますので、その驚異的な英単語記憶法を体験してみてください。
このサンプル動画を一度見るだけでも、そこで解説されている英単語を何のストレスもなく覚えてしまうのを実感できると思います。


>>ミリオン・ボキャメモリーの詳細はここをクリック<<


mini20177300247miribokya.jpg



※購入後、気に入らなければ購入日から120日以内であれば無条件で代金は返却してもらえます。


★ ★↓↓ 記事はここから ↓↓★ ★






 ◇07年の東京地裁判決で返済命令確定

 2007年の東京地裁判決で約630億円の返済命令が確定したのに、大半が未払い状態になっているとして、債権者の整理回収機構(東京都千代田区)が、債務者の在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)を相手に、利息を含めた約910億円の支払いを求めて同地裁に提訴していたことが関係者の話などで分かった。

 25日に同地裁(中尾隆宏裁判長)で第1回口頭弁論があり、総連側は出頭せず、結審した。判決は8月2日に指定された。

 07年6月18日の地裁判決は、破綻した16の朝銀信用組合から不良債権を受け継いだ機構が「焦げ付いた融資の多くが朝鮮総連向けだった」として総連を相手に請求(提訴は05年)した約630億円全額の支払いを認容。総連側が控訴しなかったため、07年7月3日に確定した。

 今回の提訴は先月14日付。訴えによると、機構は総連の資産に対する強制執行などで約60億円の債権を回収したが、残る約570億円を回収できておらず、利息を加えると総連側の債務は約910億円に上るとしている。

 機構は今回の提訴について、毎日新聞の取材に「今月で07年判決の確定から丸10年となり、債権の消滅時効が完成する前に、時効の進行を中断させるために提訴した」と説明している。総連は「担当者が不在で取材に応じられない」としている。

 総連を巡っては、07年判決の直前、中央本部の土地・建物の所有権が、元公安調査庁長官が経営する投資顧問会社に移転されていたことが発覚。元長官は、元不動産会社社長と共謀して総連から土地・建物をだまし取るなどしたとして東京地検特捜部に逮捕され、共に詐欺罪で有罪判決が確定した。

 土地・建物の所有権は総連に戻された上で同地裁で競売となり、14年に高松市の不動産会社が約22億円で落札。15年には山形県酒田市の不動産会社に転売された。中央本部の機能は現在もこの建物内にあるとみられる。【近松仁太郎】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170729-00000012-mai-soci






この記事を拡散したいと思ったら、応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★ ★↑↑ 記事はここまで ↑↑★ ★



■国際関係アナリスト北野幸伯氏の無料メルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」

国際関係アナリスト北野幸伯氏の国際情勢の分析を、無料で読むことができます。

★まぐまぐ2015年総合大賞1位

数年前のバックナンバー記事を読むと、現在の国際情勢を正確に予知していることに驚きますよ

★このメルマガの無料購読申し込みは(バックナンバーも読むことができます)
http://www.mag2.com/m/0000012950.html





■終戦直後の日本人引揚者を襲う朝鮮人たち…「竹林はるか遠く」

朝鮮人の男たちが、藪の中へ女の人たちを引きずっていくのを見たし、若い女性に乱暴しているのも見たわ(111頁)。

彼ら(朝鮮人)は悦楽を求めて人々の間をよろよろ歩き、そして娘たちを見つける度に外へ引きずり出した。たびたび女たちの悲鳴が響いた。(118頁)。

また、朝鮮人が、日本人を殺したうえで金歯まで抜いている記述もある(129頁)。







関連記事