FC2ブログ

関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!








関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった! (WAC BUNKO 203) 新書 – 2014/8/26

加藤康男 (著)


内容紹介

「従軍慰安婦」だけではない、もう一つの歴史の捏造!

日本の保守派からも「虐殺はあった」と信じ続けられてきた関東大震災「朝鮮人虐殺」事件。
震災からおよそ九十年、膨大な史料と緻密な調査・分析によって、その虚構が遂に暴かれた!
震災に乗じた朝鮮人によるテロ行為、自警団による正当防衛、韓国の反日プロパガンダの実態──
歴史の闇に葬り去られた史実を明らかにする衝撃のノンフィクション。

内容(「BOOK」データベースより)

「朝鮮人虐殺」は、果して本当にあったのか?!日本人は途方もない謀略伝説の渦に呑まれ、そう信じ込まされてきたのではないのか!「従軍慰安婦」だけではない、もう一つの歴史の捏造!

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

加藤/康男
1941年、東京生まれ。編集者、ノンフィクション作家。早稲田大学政治経済学部中退ののち、出版社勤務。退職後は、近現代史などの執筆活動に携わる。『謎解き「張作霖爆殺事件」』(PHP新書)で山本七平賞奨励賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)





5つ星のうち5.0
日本人の矜持、義憤が著者を突き動かしたのだと思う。
投稿者ろーずまりーたん2017年8月28日

形式: 新書



数多の資料を読み漁り客観的視点から日本人、朝鮮人双方からの反証が出ることを覚悟して出版されましたことに敬意を表します。当時の報道統制は、朝鮮人が暴行されないよう配慮からであり、それでも朝鮮人をめぐって様々な報道があったこと、その中で、朝鮮人に対する暴行があったように、日本人に対するテロ(大量殺戮)もあったという事実を発掘した事で、その資料に突き動かされ、執筆のモチベーションになったことは容易に推測されます。著者に知らせてくれて有難うといいたい気持ちです。
左翼界隈はこの書物に反証できるだけの資料を集めることすらできないのに、何故、誹謗中傷できるのだろう。プロ市民・左翼の自信ニキはどこから湧いて出るのか疑問だ。書物は資料の質が全てであり、これだけの書物を執筆する為には多くの金銭と時間が掛かっていることが理解できないようで大変残念だ。





5つ星のうち4.0
100年前からやること同じ
投稿者hanawa2014年11月17日



工藤美代子『関東大震災「朝鮮人虐殺」の真実』(2009)の、共同執筆者(美代子氏の夫)による加筆修正版。
美代子氏のは買おうと思っているうちにほどなく絶版になり、数千円のプレミアがついてしまった。そんな中で新書版(WACは文庫と謳っているが)として廉価で復刻されたのはありがたい。
ただし、加筆修正版であることがあとがきにしか書かれていないのと、どこを加筆・修正したのかは美代子氏版と比較するしかない。

硬い内容かと思ったら、初めの2つの章は時代背景の説明で、芥川(自殺の原因は著者らの推測よりもっと内的なものだと思うけど)だけでなく、井伏鱒二、永井荷風、谷崎潤一郎なども出てくるし、意外と読みやすい。

美代子氏版は、要旨をまとめたものがあった。これで新聞情報が(当時はラジオすらなかった)錯綜した理由がわかる。

●関東大震災の朝鮮人
(URL不可につきタイトルで険検索を)
>後藤新平は、不逞鮮人襲撃のニュースを敢えて掲載することを止めて彼等の暴動が後の昭和天皇に向けられることからお護りした
>苦し紛れにデマ説を必死で流した学者(吉野作造)

前に検索したもの。

●官庁記録による殺傷事件被害者死者数(PDF)
(URL不可につきタイトルで険検索を)
これはおそらく内務省警務局の調査によるもの。
現在は見られなくなっている。タイトルで検索してキャッシュをみれば、あるいは個人のブログなどに保存されているかもしれない。
これによると関東大震災の朝鮮人の虐殺被害者は800+十数名といったところ。
なお、朝鮮人に間違えられた日本人も殺害された。
略奪を働いた中国人も混ざっているらしい。

工藤美代子によると、英国で「大震災時の朝鮮人虐殺被害者は23000名」という謀略文書が見つかったという。
当時、東京に朝鮮人は8千人しかいなかった。神奈川など近県を含めても12000名である。
加えて。
阪神淡路大震災で最も被害が大きかったのはどういう地域か?
そう、辛淑玉が『差別と日本人』に「阪神淡路大震災で多大な被害を受けたのは長田区などのコリアン密集地域である」と書いた通り。
つまり総連は震災被害者のコリアンまで上乗せして「虐殺被害者6000名」を主張しているのだ。

連中のやることは100年前から変わっていない。これがなにより重要だ。




この記事を拡散したいと思ったら、応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★ ★↑↑ 記事はここまで ↑↑★ ★



■国際関係アナリスト北野幸伯氏の無料メルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」

国際関係アナリスト北野幸伯氏の国際情勢の分析を、無料で読むことができます。

★まぐまぐ2015年総合大賞1位

数年前のバックナンバー記事を読むと、現在の国際情勢を正確に予知していることに驚きますよ

★このメルマガの無料購読申し込みは(バックナンバーも読むことができます)
http://www.mag2.com/m/0000012950.html





■日本の情報・戦略を考える「アメリカ通信」の無料購読申し込みはこちら

https://archives.mag2.com/0000110606/index.html?l=yft0bd414b




■【国際派日本人養成講座】創刊20年目・5万8千部発行・まぐまぐ殿堂入りのメルマガ無料購読申し込みはこちら

https://www.mag2.com/m/0000000699.html





■終戦直後の日本人引揚者を襲う朝鮮人たち…「竹林はるか遠く」

朝鮮人の男たちが、藪の中へ女の人たちを引きずっていくのを見たし、若い女性に乱暴しているのも見たわ(111頁)。

彼ら(朝鮮人)は悦楽を求めて人々の間をよろよろ歩き、そして娘たちを見つける度に外へ引きずり出した。たびたび女たちの悲鳴が響いた。(118頁)。

また、朝鮮人が、日本人を殺したうえで金歯まで抜いている記述もある(129頁)。







■通州事件…盧溝橋事件発生から3週間後の1937年7月29日
北平(北京)東方の通州で中国保安隊による大規模な日本人虐殺事件が発生した■


夫を生きたまま腹を切り裂き…「これはおいしいぞ、日本人の腸だ、焼いて食べろ」…そうして、その妻である妊婦の腹を切り裂き胎児を取り出す。

それはこの男の人の頭の皮を学生が青竜刀で剥いでしまったのです。
頭の皮を剥いでしまったら、今度は目玉を抉り取るのです。このときまではまだ日本の男の人は生きていたようですが、この目玉を抉り取られるとき微かに手と足が動いたように見えました。







関連記事