【インドと日本】「習近平よ、見ろ」というように…インドのモディ首相、空港で安倍首相と激しく抱擁


英語力は国際発言力です★英語は英単語をたくさん暗記しないと実用では使えません

これまで色々と英語をマスターしようと頑張ってきた人なら共感してもらえると思いますが、英語を実際に使えるかは、どのくらい英単語を知っているかで決まりますよね。

ここでご紹介する英単語記憶法は、東京大学の元医学博士が開発した「ミリオン・ボキャメモリー」という方法で、これまでのような長い時間をかけて暗記しなければならない大量の英単語を「短時間で効率的に覚える」学習方法です。

下記のサイトに、この超効率的な英単語記憶法を解説したサンプル動画がありますので、その驚異的な英単語記憶法を体験してみてください。
このサンプル動画を一度見るだけでも、そこで解説されている英単語を何のストレスもなく覚えてしまうのを実感できると思います。



mini20177300247miribokya.jpg

button_002.jpg

※購入後、気に入らなければ購入日から120日以内であれば無条件で代金は返却してもらえます。


★ ★↓↓ 記事はここから ↓↓★ ★





【国賓訪問した安倍を直接お出迎え…中国牽制「抗中同盟」固める】


安倍、最初の日程はモディの故郷訪問

日本のサポートによる高速鉄道起工式へも参加…軍事・経済の蜜月がさらに深まるもよう


メディア「モディが空港まで行ったのは、オバマが来たとき以来のこと」



安倍晋三首相が13日、二日間のインドの国賓訪問に入った。
最初の日程はナレンドラ・モディ・インド首相の故郷のグジャラートアフマダーバード訪問だった。
海外の首脳がモディ首相の故郷を訪れたのは、2014年の習近平中国主席に続いて二番目である。


モディ首相はこの日、故郷を訪れた安倍首相を空港で直接迎えた。
モディ首相はトラップを降り立った安倍首相を激しく抱擁した。
現地メディアのインディアン・エクスプレスは、「モディ首相が海外の要人を空港まで直接迎えたのは、オバマ米大統領以来のことだ」と伝えた。




両首脳はまもなく花で飾られたオープンカーに乗って空港からアフマダーバードの中心まで約8㎞を歓迎の人波の歓呼の中でパレードを行った。
両首脳の車列が通る幹線道路は、数百m間隔で28個の街頭舞台が用意されていて、インド全土から選抜されたダンサーたちが各地域の民族舞踊を披露した。
通りのあちこちには安倍首相とモディ首相の大型写真と「平和と繁栄のための強力な同行」「インド訪問を歓迎します」という日本語の文字が掲げられた。
インド政府関係者は、「両首脳は初日から晩餐と散歩などで約8時間を一緒に過ごす」とした。
この日の訪問は両国間の年次首脳会談のためのものだったがが、歓迎の雰囲気は歴代級だという評価が出た。




この日の風景は「中国牽制」という船に乗り、前例のない蜜月を享受している両国関係を端的に見せた。
今回の訪問は、中国とインドがヒマラヤ高原のトカラで10週間続いた一触即発の軍事対立を終えた直後に行われた。
インドメディアのビジネススタンダードは「トカラ対峙以降、インド・日本の関係は今、西南アジア外交における礎になった」とした。
日本の日本経済新聞も「両首脳は今回が10回目の出会い」とし「中国の海洋進出を牽制するためにインドと日本の連帯は避けられない」と伝えた。
中国の環球時報はこの日「安倍を迎えたインド、抗中同盟を夢見るのか」という記事で牽制心理を隠さなかった。


両国のメディアは「今回の首脳会談のハイライトは14日に開かれるインド初の高速鉄道起工式になるだろう」とした。
インド経済の中心地ムンバイとアフマダーバードを結ぶ508㎞区間で、インドの歴史の中で初の高速鉄道公社が日本の技術と資本で始まるものである。
インドは去る2015年、安倍首相がインドを訪問した際、中国の高速鉄道ではなく日本の新幹線を選んだ。
インドメディアは「いよいよインドに高速鉄道が来る」とし「新幹線は世界で最も安全な高速鉄道」と大々的に報道した。
インドの高速鉄道は、インド独立75周年の2022年に初の運行に入る。
日本メディアは「安倍首相は今回の訪問で、総事業費1兆8000億円のうち80%を円借款で提供するギフトを送るだろう」とした。
アジア高速鉄道の掌握を狙っていた中国は、今回の竣工式を苦い思いで見守らなければならない境遇になった。


モディ首相は2014年発足以来、中国の拡張に対抗する積極的な東方政策を広げてきた。
その重要なパートナーが日本であった。
インド非接国のうちモディ首相が初めて訪問した国も日本だった。
日本も人口12億人の巨大市場インドが必要だった。
日本は東シナ海で中国と領有権紛争を経験しており、インドも南シナ海〜インド洋〜アフリカ海路を連結して制海権を掌握しようとする中国の「真珠のネックレス」戦略への脅威を感じており、両国とも中国牽制のために協力が切実だった。


両国は、中国に対抗して軍事協力も強化している。
2012年には、両国の年次海軍訓練を開始して、今年7月には米国と手を組んで、インド洋で米国・インド・日本の3カ国が歴代最大規模の合同訓練を実施した。
5日、東京で開かれた両国の国防・財務相会談では、合同軍事訓練の範囲を海軍から陸軍・空軍まで拡大することで合意した。
日本の海上自衛隊の水陸両用救難飛行艇US-2のインドへの販売計画も議論されている。


両国はまた、中国の一帯一路(新シルクロード)プロジェクトに対抗し、アジアとアフリカの発展途上国をつなぐ「アジア・アフリカ成長回廊」プロジェクトも発足させた。
昨年7月、国際仲裁裁判所が南シナ海で一方的な領有権主張をする中国の敗訴の判決が出た時も、両国は「国際規範に従う航行の自由を支持する」と口をそろえた。

20170916031832.jpg

2017091603183aa.jpg



ソース
http://v.media.daum.net/v/20170913231637843
http://v.media.daum.net/v/20170914031204520




この記事を拡散したいと思ったら、応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★ ★↑↑ 記事はここまで ↑↑★ ★



■国際関係アナリスト北野幸伯氏の無料メルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」

国際関係アナリスト北野幸伯氏の国際情勢の分析を、無料で読むことができます。

★まぐまぐ2015年総合大賞1位

数年前のバックナンバー記事を読むと、現在の国際情勢を正確に予知していることに驚きますよ

★このメルマガの無料購読申し込みは(バックナンバーも読むことができます)
http://www.mag2.com/m/0000012950.html





■終戦直後の日本人引揚者を襲う朝鮮人たち…「竹林はるか遠く」

朝鮮人の男たちが、藪の中へ女の人たちを引きずっていくのを見たし、若い女性に乱暴しているのも見たわ(111頁)。

彼ら(朝鮮人)は悦楽を求めて人々の間をよろよろ歩き、そして娘たちを見つける度に外へ引きずり出した。たびたび女たちの悲鳴が響いた。(118頁)。

また、朝鮮人が、日本人を殺したうえで金歯まで抜いている記述もある(129頁)。








■通州事件…盧溝橋事件発生から3週間後の1937年7月29日
北平(北京)東方の通州で中国保安隊による大規模な日本人虐殺事件が発生した■


夫を生きたまま腹を切り裂き…「これはおいしいぞ、日本人の腸だ、焼いて食べろ」…そうして、その妻である妊婦の腹を切り裂き胎児を取り出す。

それはこの男の人の頭の皮を学生が青竜刀で剥いでしまったのです。
頭の皮を剥いでしまったら、今度は目玉を抉り取るのです。このときまではまだ日本の男の人は生きていたようですが、この目玉を抉り取られるとき微かに手と足が動いたように見えました。






関連記事

0 Comments

Post a comment