【アメリカ】「店を閉めろ」…米国の韓国人商店街で黒人デモ拡大。LA総領事、地元警察に秩序維持を要請


英語力は国際発言力です★英語は英単語をたくさん暗記しないと実用では使えません

これまで色々と英語をマスターしようと頑張ってきた人なら共感してもらえると思いますが、英語を実際に使えるかは、どのくらい英単語を知っているかで決まりますよね。

ここでご紹介する英単語記憶法は、東京大学の元医学博士が開発した「ミリオン・ボキャメモリー」という方法で、これまでのような長い時間をかけて暗記しなければならない大量の英単語を「短時間で効率的に覚える」学習方法です。

下記のサイトに、この超効率的な英単語記憶法を解説したサンプル動画がありますので、その驚異的な英単語記憶法を体験してみてください。
このサンプル動画を一度見るだけでも、そこで解説されている英単語を何のストレスもなく覚えてしまうのを実感できると思います。



mini20177300247miribokya.jpg

button_002.jpg

※購入後、気に入らなければ購入日から120日以内であれば無条件で代金は返却してもらえます。


★ ★↓↓ 記事はここから ↓↓★ ★


【アメリカ】「店を閉めろ」…米国の韓国人商店街で黒人デモ拡大。LA総領事、地元警察に秩序維持を要請

米国カリフォルニア州ロサンゼルス(LA)、最近、韓国人の店を狙って黒人の威嚇デモが発生し、州LA総領事館が地元警察に暴力事態を防ぐために積極的に対応を要請した。

10日(現地時間)LA総領事館によると、イ・ギチョル総領事は去る8日サウスLA地域を管轄するLAPDサウスウエスト警察署、LASD(LA郡警察庁)サウスLA警察署を訪れ、リー・サンズ、サウスウエスト警察署長、マイケル・モデカップ、サウスLA警察署状況室長に特別の注意を促した。

この総領事は、サウスLAが25年前の4・29黒人暴動の震源地であることを想起させ、韓国人の店前デモに関心を持って法秩序が維持されるようにしてほしいと要請した。

また、黒人デモの脅威を受けた韓国人事業主たちに会って対策を議論した。

これに先立ち、先週末サウスLA地域の在米韓国人酒類店(リカーストア)の前で黒人20~30人が「ブラックパワー」(黒人の力)というスローガンを叫んで騒動を起こし、警察が出動する事件が起きた。

韓国人酒類店のオーナーは酔った黒人の客に法に基づいて酒の販売を拒否したが、黒人が騒動を起こして翌日も黒人20~30人が集まってスローガンを叫んで、店を閉めろと叫ぶなどの威嚇したというのだ。

サウスLAは25年前の1992年、在米韓国人の移住史上最大の悲劇として記録された4・29 LA黒人暴動が触発された地域だ。

http://imgnews.naver.net/image/001/2017/09/11/AKR20170911004900075_01_i_20170911054827321.jpg
サウスLA韓国人の店前黒人デモ対策を議論するイ・ギチョルLA総領事[LA総領事館提供]

ソース:NAVER 2017-09-11 05:46(韓国語)
http://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=001&aid=0009535585&date=20170911&type=1&rankingSectionId=104&rankingSeq=3






■ロスの地方紙に載った アメリカ人男性の朝鮮人に対する投稿■

*gookとは韓国人を指す用語*

俺はアジアで何カ国かに住んだことのあるアメリカ人だ。

断言するが、貴様らgook共は地球上で 最低の人種、一番の人種差別民族だ。
醜く野蛮な犬喰いで平面顔の上に、見苦しくも588層の化粧塗りたくったきさまらgookどもと比べると、 中国人は謙虚で、しかも自信たっぷりだ。犬喰いで平面顔で、しかもニンニク臭い口臭振りまいてる 野蛮人共と比べると、日本人ははるかに親切でオープンな人々だ。
きさまらgookどもの外国語の発音にも吐き気をもよおす。

頭でっかちのgook monkey、何だって『Z』を きちんと発音できない?

いいか、『Z』は『J』とはまるで違うんだぞ、この醜い、目の切れ上がった、 他の人が口から戻したようなモノを食い物にしてるgookどもが!!!
貴様らgookどもは不潔で、国全体が肥溜めみたいに臭うときてる。
日本に移る前、二年ばかりgookランドに棲んでいた。はっきり言って、あれは人生最悪の二年間だった。

日本はまるで天国みたいにいいところだ。野蛮なきさまらの国と違って、いいか、ここの人達は歯も きちんと磨くし、風呂にだって入るんだぞ。

お前ら、数字の0を『jero』って発音するよな。あれは、『zero』と言うんだ、この人間未満の糞どもが。
おおかた、幅が9フィートもあるデカ面のせいでちゃんとした発音が出来ないんだよな。
gookっていうのは顔がとてつもなくデカいくせに、何だってまたそこまで脳タリンなんだ。
俺にはまったく理解しかねる。

韓国なんて糞溜めをまるでどこか『天上の王国』なみに祭り上げるとは、gookっていうのはどこまで 人種差別的で、傲慢で、盲目的なウリナラマンセーに出来ているんだ!
きさまら、黒人を『カムドゥンギ』呼ばわりするよな。アメリカ人、中国人、ベトナム人、黒人、白人、 日本人なら大抵『ノム』か、それに『セキ』をくっつけて呼んでるよな。要するに『雑種』扱いだ。
というか、外国人を見るとかならず国名+セキって訳だ。きさまらの文化はほんとうに無礼で粗雑だ。

野蛮きわまりない。きさまらはただの動物だ。
白人は『ヤンノム』、日本人なら『チョッパリ』、中国人だって『ドァエノム』呼ばわりするが、 北京語、広東語、タイ語、日本語、中国語ではわざわざきさまら醜いgookどもも他の国の人達も 最初っから貶める呼び方は使わないんだ。

日本語なら国名に『~人』、中国語だと『~レン』とつければ、それで『どこそこの人』という意味に なるんだ。

洗練とか礼節というのはそういうもので、聞苦しくて糞のように薄汚れたきさまらの言葉とは全然違う。
あたり構わず嘘をついて廻るんじゃない、このファッキンで虚弱で馬鹿な、精神病で コッカースパニエル喰いのgookども!

個人的にはアメリカが日本じゃなくお前らの小汚いgookランドに原爆を御見舞してくれればよかったと 思ってるし、朝鮮gook動乱のときにいっそ中国が本気出してきさまら薄バカどもをきれいに 掃除してくれれば、言う事なしだったとも思ってる。この先しばらく、そんなことが起きそうにないのが とてもザンネンだ。

きさまらgookどものことを思うだけでヘドが出そうになる。
とっととLAから出て行け、それからきさまらの犬スープ食堂やら酒屋、コインランドリーも全部引き上げやがれ。









■世界一“アメリカ好き”な韓国人、実はアメリカ人に嫌われていた■

韓国人の“アメリカ好き”と、アメリカ人の“韓国嫌い”が、数字で示された。
まずは韓国のデータだ。

今年2~5月にアメリカの世論調査機関「ピュー・リサーチ・センター」が37カ国(アメリカは除外)、4万447人を対象に実施した調査によれば、韓国でアメリカに「好感が持てる」と答えた人の割合は75%で、全世界3位にランクインしている。
また、「アメリカ人」に対しては86%に上り、ベトナムと並んで1位タイだった。

だが、一方のアメリカ側は、韓国のことをあまり好意的に見ていないようだ。

世界的な調査会社「ユーガブ」がアメリカ人7,150人を対象に「アメリカの親友と敵」について調査したところ、韓国を「同盟」(32%)、「友好国」(29%)と肯定的に評価したアメリカ人は60%を超えたが、「敵国」(9%)、「非友好国」(10%)と否定的に考える人が19%もいたというのである。

実際、アメリカでは近年、韓国人に対する人種差別が増えている。

例えば今年6月、韓国の人気歌手パク・ジェボムがアメリカでNBAを観戦した際、そのことがNBA公式Facebookページで紹介されると、「犬肉を食べるやつはどいつだ?」「このK-POOP(K-POPに対する蔑称で、POOP=糞の意)は誰だ?」などといったコメントが相次いだ。
普段は200件ほどしか投稿されないコメント欄に、このときは約6,700件のコメントが寄せられている。

また今年7月には、LA空港で韓国人家族が横暴な振る舞いを受けている。
搭乗ゲートでデルタ航空の女性従業員から「搭乗するように」と指示された父親が「家族を待っている」と答えたところ、その従業員が突然、父親の手からパスポートとチケットを奪い、床に投げつけたのだという。

そればかりか、家族一人ひとりの顔を指さしながら「安全上の問題で搭乗させられない」と言い放ったそうだ。
家族は抗議したが、結局、搭乗することはできなかった。
こうした事件を受け、韓国のネット民からは「明らかな人種差別だ」「白人たちを差別してみたらどうだろうか」
「デルタ航空の韓国便は廃止しよう。こんなやつら、いなくてもなんの問題もない」といった批判が上がっている。

また、「アメリカは大統領の影響で白人の国になっていっている」「トランプ政権になって人種差別がひどくなった」と、トランプ大統領を非難するコメントも。
もっとも、それも逆説的に言えば、大好きなアメリカに嫌われているからこそ、大きな声を上げているといえなくはないが……。
いずれにせよ、“アメリカ好き”の韓国人にとっては、なんとも皮肉な結果となってしまったようだ。









■一般的なアメリカ人の「朝鮮人」への嫌悪が描かれたハリウッド映画■

 マイケル・ダグラス主演の「フォーリング・ダウン」の「朝鮮人のコンビニエンスストアー」より(1993)

★なお、この映画の日本人刑事は紳士で流ちょうな英語を駆使し、朝鮮人と比較して描かれているもの興味深い。

 Falling Down: "Korean Convenience Store"


★⇒ http://youtu.be/a2YRMixW9u8 650,167


普通の勤め人である主人公マイケルは、至急公衆電話を掛けたくて、小銭…25セント硬貨を作るために1 ドル札を崩すために通りがかりの一軒のコンビニに入り両替えを頼む。

朝鮮人移民の店主に、「両替はしない、何か買え」といわれ仕方なくコーラ1缶を買おうとする。

店主は「1缶85セント」だという。

それではコーラを買う意味がない。マイケルは1ドル札をやるから釣りとして50セントくれと譲歩提案するが、 店主はあくまで拒否する。

埒が明かず一旦は諦めて店を出ようとするマイケル。しかし、最後の店主の汚らしい言葉といきなりバットを持ち出したことでマイケルは激怒。

朝鮮戦争以来の恩義も感じず、アメリカという国に解け込もうともせず、汚い意味不明の「英語」を喋り、 暴利を貪ろうとする「朝鮮人総体」への不満となって憎悪を爆発させる。

「米国で金を儲けたいなら米国語から習え」「おまえた朝鮮のやつらは米国で金を儲けて少しも寛大な心を施さない」 等のセリフは米国人の本音。

▲黒人だけでなく、「普通の白人」の「朝鮮人観」もよく出たシーン




この記事を拡散したいと思ったら、応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★ ★↑↑ 記事はここまで ↑↑★ ★



■国際関係アナリスト北野幸伯氏の無料メルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」

国際関係アナリスト北野幸伯氏の国際情勢の分析を、無料で読むことができます。

★まぐまぐ2015年総合大賞1位

数年前のバックナンバー記事を読むと、現在の国際情勢を正確に予知していることに驚きますよ

★このメルマガの無料購読申し込みは(バックナンバーも読むことができます)
http://www.mag2.com/m/0000012950.html





■終戦直後の日本人引揚者を襲う朝鮮人たち…「竹林はるか遠く」

朝鮮人の男たちが、藪の中へ女の人たちを引きずっていくのを見たし、若い女性に乱暴しているのも見たわ(111頁)。

彼ら(朝鮮人)は悦楽を求めて人々の間をよろよろ歩き、そして娘たちを見つける度に外へ引きずり出した。たびたび女たちの悲鳴が響いた。(118頁)。

また、朝鮮人が、日本人を殺したうえで金歯まで抜いている記述もある(129頁)。








■通州事件…盧溝橋事件発生から3週間後の1937年7月29日
北平(北京)東方の通州で中国保安隊による大規模な日本人虐殺事件が発生した■


夫を生きたまま腹を切り裂き…「これはおいしいぞ、日本人の腸だ、焼いて食べろ」…そうして、その妻である妊婦の腹を切り裂き胎児を取り出す。

それはこの男の人の頭の皮を学生が青竜刀で剥いでしまったのです。
頭の皮を剥いでしまったら、今度は目玉を抉り取るのです。このときまではまだ日本の男の人は生きていたようですが、この目玉を抉り取られるとき微かに手と足が動いたように見えました。
















関連記事

0 Comments

Post a comment