【朝鮮人の犬肉食い】他人のラブラドルレトリバーを煎じ薬屋に連れて行き「犬焼酎」と呼ばれる薬用ドリンクを作る。 =韓国


英語力は国際発言力です★英語は英単語をたくさん暗記しないと実用では使えません

これまで色々と英語をマスターしようと頑張ってきた人なら共感してもらえると思いますが、英語を実際に使えるかは、どのくらい英単語を知っているかで決まりますよね。

ここでご紹介する英単語記憶法は、東京大学の元医学博士が開発した「ミリオン・ボキャメモリー」という方法で、これまでのような長い時間をかけて暗記しなければならない大量の英単語を「短時間で効率的に覚える」学習方法です。

下記のサイトに、この超効率的な英単語記憶法を解説したサンプル動画がありますので、その驚異的な英単語記憶法を体験してみてください。
このサンプル動画を一度見るだけでも、そこで解説されている英単語を何のストレスもなく覚えてしまうのを実感できると思います。



mini20177300247miribokya.jpg

button_002.jpg

※購入後、気に入らなければ購入日から120日以内であれば無条件で代金は返却してもらえます。


★ ★↓↓ 記事はここから ↓↓★ ★





2017年9月9日、首輪が緩み家の外に出ていた他家のペット犬を捕まえ、煎じ薬屋に売って死なせた韓国の男が逮捕された。韓国・マネートゥデイが伝えた。

釜山(プサン)の警察署は8日、占有離脱物横領・動物保護法違反の疑いで男キム(54)を逮捕し取り調べていることを明らかにした。

キム容疑者は2日午後2時40分ごろ、釜山市内のスーパーの前の路上を走り回っていたラブラドルレトリバー1匹を発見、自分のトラックに無理やり載せ、煎じ薬屋に連れて行き死なせた疑いが持たれている。

また警察が調べた結果、キム容疑者は、捕まえた犬を使って「犬焼酎」と呼ばれる薬用ドリンクを作り飲もうとしていたことが分かった。「犬焼酎」とは犬の肉と漢方薬などを煮込み成分を抽出して作る飲料で、鍋などの犬肉料理と同様に韓国では滋養強壮剤として知られる。

犠牲になったラブラドルレトリバーは、チェさん宅で7年にわたりかわいがられていたペットだった。犬の姿が見えなくなり探し回っていたチェさん家族は、一人の男が犬を連れて行ったという情報提供を受け、警察に届け出た。

現場の防犯カメラの映像から連絡を取った警察に対し、キム容疑者は当初「知人の農場にイノシシが出没するので、連れて行って放とうとしたものの、途中で逃げられた」と説明していたが、6日になって犬を煎じ薬屋に渡した事実を認めたという。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは

「こんなことをするやつが理解できない」
「こいつ正気か」
「人間のクズだ」
「犬みたいなやつだ!」

など、キム容疑者への厳しい批判の声が多数寄せられたほか、「きちんと処罰してほしい。本当にぞっとする世の中だ」といった声が寄せられている。


2017年9月12日(火) 9時30分
http://www.recordchina.co.jp/b190219-s0-c30.html




この記事を拡散したいと思ったら、応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★ ★↑↑ 記事はここまで ↑↑★ ★



■国際関係アナリスト北野幸伯氏の無料メルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」

国際関係アナリスト北野幸伯氏の国際情勢の分析を、無料で読むことができます。

★まぐまぐ2015年総合大賞1位

数年前のバックナンバー記事を読むと、現在の国際情勢を正確に予知していることに驚きますよ

★このメルマガの無料購読申し込みは(バックナンバーも読むことができます)
http://www.mag2.com/m/0000012950.html





■終戦直後の日本人引揚者を襲う朝鮮人たち…「竹林はるか遠く」

朝鮮人の男たちが、藪の中へ女の人たちを引きずっていくのを見たし、若い女性に乱暴しているのも見たわ(111頁)。

彼ら(朝鮮人)は悦楽を求めて人々の間をよろよろ歩き、そして娘たちを見つける度に外へ引きずり出した。たびたび女たちの悲鳴が響いた。(118頁)。

また、朝鮮人が、日本人を殺したうえで金歯まで抜いている記述もある(129頁)。








■通州事件…盧溝橋事件発生から3週間後の1937年7月29日
北平(北京)東方の通州で中国保安隊による大規模な日本人虐殺事件が発生した■


夫を生きたまま腹を切り裂き…「これはおいしいぞ、日本人の腸だ、焼いて食べろ」…そうして、その妻である妊婦の腹を切り裂き胎児を取り出す。

それはこの男の人の頭の皮を学生が青竜刀で剥いでしまったのです。
頭の皮を剥いでしまったら、今度は目玉を抉り取るのです。このときまではまだ日本の男の人は生きていたようですが、この目玉を抉り取られるとき微かに手と足が動いたように見えました。










関連記事

0 Comments

Post a comment