【ドイツ】慰安婦問題で日本批判した独シュレーダー前首相、韓国の既婚女性と交際と独紙報道

英語力は国際発言力です★英語は英単語をたくさん暗記しないと実用では使えません

これまで色々と英語をマスターしようと頑張ってきた人なら共感してもらえると思いますが、英語を実際に使えるかは、どのくらい英単語を知っているかで決まりますよね。

ここでご紹介する英単語記憶法は、東京大学の元医学博士が開発した「ミリオン・ボキャメモリー」という方法で、これまでのような長い時間をかけて暗記しなければならない大量の英単語を「短時間で効率的に覚える」学習方法です。

下記のサイトに、この超効率的な英単語記憶法を解説したサンプル動画がありますので、その驚異的な英単語記憶法を体験してみてください。
このサンプル動画を一度見るだけでも、そこで解説されている英単語を何のストレスもなく覚えてしまうのを実感できると思います。



mini20177300247miribokya.jpg

button_002.jpg

※購入後、気に入らなければ購入日から120日以内であれば無条件で代金は返却してもらえます。


★ ★↓↓ 記事はここから ↓↓★ ★




親中派の独前首相「日本は謝罪を」 元慰安婦訪問、韓国に“利用”され…引退後に露国営企業へ天下り、母国で大ブーイング


韓国を訪問していたドイツのシュレーダー前首相(在任1998年~2005年)が慰安婦問題について「日本政府が慰安婦に謝罪する勇気を持てないでいることはきわめて残念だ」などと日本を批判する発言を行った。韓国側の主張をうのみにしたともいえる発言の真意は不明だが、2005年の政界引退後、シュレーダー氏はロシアや中国と接近。自由主義国のリーダーだったとは思えない言動でたびたび批判を浴びている。先月には欧米の制裁対象となっている露国営企業の取締役就任が明らかになり、物議をかもしたばかりだ。

元慰安婦に「ノーベル賞の資格」

 複数の韓国メディアによると、シュレーダー氏は11日、元慰安婦の女性が暮らすソウル郊外の「ナヌムの家」を訪問。

 日本政府が慰安婦問題で謝罪していないとの認識を示し、「ホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)と同じとはみなせないが、みなさんが戦争犯罪によって受けた苦痛は、決して(ホロコーストの被害者よりも)軽いものではない」と発言した。

 さらに元慰安婦の女性には「ノーベル平和賞を受賞する資格が十分にある」とも語った。

 これらの発言を韓国メディアが好意をもって取り上げたのは言うまでもない。

中央日報(日本語電子版)は「シュレーダー元首相が得たもの、安倍首相が失ったもの」と題した記事を掲載。外国の元・現国家元首級による「ナヌムの家」への訪問は初めてとしたうえで、「少なくとも『ナヌムの家』においては独日両国の公共外交の面で日本は完敗した」と記述した。

 シュレーダー氏は12日には文在寅(ムン・ジェイン)大統領と会談。文氏が「ドイツの歴史問題に対する真摯(しんし)な謝罪や周辺国との和解は、東アジアに示唆するものが大きい」と持ち上げると、シュレーダー氏は「過去を直視することが関係国との協力の基盤になる」と返した。

「お手盛りの天下り」露独間ガスパイプライン推進→引退後ガスプロム子会社役員に

 1998年、「統一宰相」と呼ばれたコール元首相のキリスト教民主同盟(CDU)から16年ぶりに政権を奪還、ドイツ社民党(SPD)の顔として一時は高い支持を得たシュレーダー氏だが、政界引退後の言動には大きな疑問が突きつけられている。

 ロシアのプーチン大統領とは昵懇(じっこん)の仲で、政界引退後の2006年3月には同国国営天然ガス会社「ガスプロム」子会社の役員に就き、1億4千万円(当時)とされる年俸を得るようになった。首相在任中のシュレーダー氏が、ロシアとドイツを結ぶガスパイプライン建設というガスプロムのプロジェクトを推進していたことから、ドイツメディアや政界から、お手盛りの天下りと批判を受けた。

また、14年のロシアのクリミア併合から間もない時期にサンクトペテルブルクで開かれたプーチン大統領の誕生パーティーに参加、プーチン氏と抱擁する姿が非難を浴びた。

 中国とも親密だ。07年5月には中国の外務省顧問に任命され、メルケル首相がチベット仏教最高指導者、ダライ・ラマ14世を首相官邸に招いた際には、「中国国民の感情を傷つけた」と批判した。 

 今年8月末にはロシアの国営石油企業ロスネフチの社外取締役に就任することが明らかになったが、ロスネフチはクリミア併合による欧米の対ロシア制裁の対象だ。

 メルケル首相は「私は政界から退いた後に民間企業の職に就くことは考えていない」と述べ、シュレーダー氏を批判した。

 ロスネフチ取締役への就任が総選挙を控えたSPDに不利になるとの予測も出ており、すっかり敬遠される存在になっている。

韓国左派おなじみの手法に乗せられた?

 シュレーダー氏の訪韓はドイツメディアの注目をほとんど集めなかったが、ドイツの国外向け公共放送、ドイチェ・ヴェレ(電子版)は「シュレーダー独前首相の慰安婦訪問に日本の保守派が怒った」との見出しでこの訪問を報じた。

ドイチェ・ヴェレは福井県立大の島田洋一教授の談話を掲載。このなかで島田教授は「韓国の左派は自分たちの主張を宣伝し、慰安婦に関する偽りのストーリーを広めるために外国の(首脳経験者ら)お歴々を利用するのに駆け回ってきた」と評した。

 そのうえで島田教授は「これは彼らの戦術の一例であり新しいことでもない」とし、欧州の政治家の世界規模での影響力はほとんどない、との冷めた見方を披露した。

2017/9/19
http://www.sankei.com/west/news/170919/wst1709190052-n1.html







ドイツ大衆紙ビルト電子版は20日、同国のシュレーダー前首相が韓国人既婚女性(48)と交際していると報じた。

 シュレーダー氏は今月、元慰安婦の女性が共同生活するソウル郊外の施設「ナヌムの家」を訪れ、慰安婦問題で謝罪していないと日本を批判。韓国の文在寅大統領と会談し「過去を直視することが関係国との協力の基盤になる」と発言していた。

 ビルトによると、シュレーダー氏は昨年、ドイツ人の妻との離婚届を提出しており、近く離婚が成立する見通しという。女性は既婚だが夫と別居中。シュレーダー氏は女性と連絡を取るため、人生初のスマートフォンまで購入したという。(共同)

2017.9.21 11:27
http://www.sankei.com/world/news/170921/wor1709210035-n1.html






この記事を拡散したいと思ったら、応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★ ★↑↑ 記事はここまで ↑↑★ ★



■国際関係アナリスト北野幸伯氏の無料メルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」

国際関係アナリスト北野幸伯氏の国際情勢の分析を、無料で読むことができます。

★まぐまぐ2015年総合大賞1位

数年前のバックナンバー記事を読むと、現在の国際情勢を正確に予知していることに驚きますよ

★このメルマガの無料購読申し込みは(バックナンバーも読むことができます)
http://www.mag2.com/m/0000012950.html





■終戦直後の日本人引揚者を襲う朝鮮人たち…「竹林はるか遠く」

朝鮮人の男たちが、藪の中へ女の人たちを引きずっていくのを見たし、若い女性に乱暴しているのも見たわ(111頁)。

彼ら(朝鮮人)は悦楽を求めて人々の間をよろよろ歩き、そして娘たちを見つける度に外へ引きずり出した。たびたび女たちの悲鳴が響いた。(118頁)。

また、朝鮮人が、日本人を殺したうえで金歯まで抜いている記述もある(129頁)。








■通州事件…盧溝橋事件発生から3週間後の1937年7月29日
北平(北京)東方の通州で中国保安隊による大規模な日本人虐殺事件が発生した■


夫を生きたまま腹を切り裂き…「これはおいしいぞ、日本人の腸だ、焼いて食べろ」…そうして、その妻である妊婦の腹を切り裂き胎児を取り出す。

それはこの男の人の頭の皮を学生が青竜刀で剥いでしまったのです。
頭の皮を剥いでしまったら、今度は目玉を抉り取るのです。このときまではまだ日本の男の人は生きていたようですが、この目玉を抉り取られるとき微かに手と足が動いたように見えました。













関連記事

0 Comments

Post a comment