【移民、難民の現実はこうだ!】寄生難民 単行本(ソフトカバー) 2017/9/15

英語力は国際発言力です★英語は英単語をたくさん暗記しないと実用では使えません

これまで色々と英語をマスターしようと頑張ってきた人なら共感してもらえると思いますが、英語を実際に使えるかは、どのくらい英単語を知っているかで決まりますよね。

ここでご紹介する英単語記憶法は、東京大学の元医学博士が開発した「ミリオン・ボキャメモリー」という方法で、これまでのような長い時間をかけて暗記しなければならない大量の英単語を「短時間で効率的に覚える」学習方法です。

下記のサイトに、この超効率的な英単語記憶法を解説したサンプル動画がありますので、その驚異的な英単語記憶法を体験してみてください。
このサンプル動画を一度見るだけでも、そこで解説されている英単語を何のストレスもなく覚えてしまうのを実感できると思います。



mini20177300247miribokya.jpg

button_002.jpg

※購入後、気に入らなければ購入日から120日以内であれば無条件で代金は返却してもらえます。


★ ★↓↓ 記事はここから ↓↓★ ★






寄生難民 単行本(ソフトカバー) 2017/9/15

坂東忠信 (著) 出版社: 青林堂








内容紹介

偽装難民問題や、今後激増吸するであろう大陸・半島からの難民について警告を放つ!
難民を「かわいそうな人」と位置づけて疑問の指摘をタブー化する時代は終わった!

第一章 日本の難民
第二章 半島難民
第三章 そして難民は移民になる
第四章 次の大波「中国環境難民」発生の予兆
第五章 難民対策


坂東忠信
元警視庁刑事、通訳捜査官。宮城県生まれ。昭和61年警視庁巡査を拝命後、交番勤務員、機動隊員、刑事、北京語通訳捜査官として新宿、池袋などの警察署、警視庁本部で勤務。中国人犯罪の捜査活動に多く従事。平成1 5年、勤務1 8年で警視庁を退職。退職後は作家として執筆、保守論壇に加わっての講演活動を展開し、わかりやすく伝えることを信条にテレビ・ラジオなどにも出演。現場の実体験や語学を活かして、日本の危機と中国の脅威、中国人犯罪の実態を訴える活動を展開中。著書に「日本は中国人の国になる」(徳間書店)、「在日特権と犯罪」「静かなる日本戦区」(小社刊)など。






カスタマーレビュー

在日特権と犯罪を書いた気鋭の元刑事による衝撃の一冊。

数百人程度しかいなかったはずの難民申請が28年度だけで突然一万人!
しかも、申請するだけで不法滞在者が合法滞在にたり働くことまでできるなんて恐ろし過ぎます。

北朝鮮、韓国、中国から船で大量に来られたら、と思うと怖いです。




常々、周囲に対して
「難民、移民 = かわいそうな人達、と思うな」
と主張しているので
まさに、我が意を得たりという書籍だ。

著者である坂東氏が以前から様々なメディアで
「難民申請の裏技」について語っているので
このことは、かなり人口に膾炙していると思うし
当方も知っていた。

しかし、本書を読むと
不法滞在者などによる難民、移民、戸籍制度の悪用
人権屋による難民被害者ビジネスの拡大
入管に収容された外国人たちのワガママ
宗教を理由に無償で特別食を要求
などなど、こんな状況が急速に拡大しているという。

他には、母国の慣習に合わせることを強要する収容者もいるらしい。

ここは、日本だよ!!!

著者は、難民制度を悪用する外国人を批判するだけでなく
抜け穴だらけの日本の法制度の問題点も指摘し
この法の抜け穴から産まれた難民を「国産難民」と呼び
無為無策な日本側の責任にも言及している。

御存じのとおり、ヨーロッパでは
無制限に難民を受け入れた結果
民族紛争にまで発展している有様だ。

既存マスメディアが垂れ流す
「難民 = 可哀想な人達」という認識は捨てて
坂東氏の主張する通り
非情に徹した難民制度の早急な改善が必要だ。






問題提起している方々の深刻さがわかりました
難民は決して可愛そうな人たちではありません。
カネのために日本に来ているのです
その証拠にアフリカの内戦地帯の富裕層が六本木で闇カジノを経営しています
難民は移民して日本国籍取って、その後の日本はズタボロ・・・
こんなのでいいんですか??
かなり衝撃的な内容でどんどん読み進められました。
だんまりを決め込む無責任なマスゴミ
左系組織の移民の食い物化と人権擁護による法律の無効化
ヤクザが士業を使って、難民申請して、
ホームレスが戸籍を中国マフィアに売っている
天下りのためだけに大学の留学生受け入れで大学が破壊されていく
中国経済のハリボテが露見して株価暴落とともに逃げてくる中国人たち
予言の書「ひふみ神示」のまんまになってきた。
このままでは日本人は下層奴隷となるね。
一読するべし。衝撃の一冊






問題提起している方々の深刻さがわかりました
難民は決して可愛そうな人たちではありません。
カネのために日本に来ているのです
その証拠にアフリカの内戦地帯の富裕層が六本木で闇カジノを経営しています
難民は移民して日本国籍取って、その後の日本はズタボロ・・・
こんなのでいいんですか??
かなり衝撃的な内容でどんどん読み進められました。
だんまりを決め込む無責任なマスゴミ
左系組織の移民の食い物化と人権擁護による法律の無効化
ヤクザが士業を使って、難民申請して、
ホームレスが戸籍を中国マフィアに売っている
天下りのためだけに大学の留学生受け入れで大学が破壊されていく
中国経済のハリボテが露見して株価暴落とともに逃げてくる中国人たち
予言の書「ひふみ神示」のまんまになってきた。
このままでは日本人は下層奴隷となるね。
一読するべし。衝撃の一冊





元公安警察の坂東忠信氏による、難民問題について深く追求した書籍。
私も知識として知っていた事から、まったく知らなかった事まで幅広く網羅しています。

私の場合、刻一刻と現実味を帯びている朝鮮有事での難民問題について興味深く読ませて頂きました。

難民が発生する割合として北朝鮮からの難民より、むしろ韓国からの難民の方が圧倒的に多いだろうという事。
また、彼らの文化依存症候群である「火病」についての記載など、興味深く感じました。

私の主観として周りの在日朝鮮人(韓国人)の人たちを観ていると、年配の人たちの方に火病的な言動を感じることが多く、若い人には そのような言動を感じることは少なかったです。
けれど、本国の方では若い人たちも一定数の火病を有しており、この辺りは文化依存症候群ならではだな、と思いますね。
ただし、日本人に対する(被害妄想による)被害者意識に関しては、在日の若い人も本音の部分では根強く抱いているな、と感じることが多々あります。

そして最も問題となる経済的下層の本格難民に対して現状で有効な対策がなく、この点について早急に国会等で審議して頂きたいものです。

そうは言っても本書でも触れられていますが、官僚レベルの人材には意外と危機感がない。
その理由として、そういった人材が接する外国人は教育水準の高い人間が多く、問題となる下層レベルの外国人と触れる機会がない事のようです。

私も個人的に某拳法の幹部の知人がおりますが「拳法の関係でよく中国に行くけど大丈夫だよ」と危機感がない様子です。
やはり、そういった高水準の教育を受けた外国人としか接していないと、そういう認識なのでしょう。

非常に危機感を覚えるもので、一人でも多くの日本人に読んで頂き、世論形成をしていかないといけないと感じます。





この記事を拡散したいと思ったら、応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★ ★↑↑ 記事はここまで ↑↑★ ★



■国際関係アナリスト北野幸伯氏の無料メルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」

国際関係アナリスト北野幸伯氏の国際情勢の分析を、無料で読むことができます。

★まぐまぐ2015年総合大賞1位

数年前のバックナンバー記事を読むと、現在の国際情勢を正確に予知していることに驚きますよ

★このメルマガの無料購読申し込みは(バックナンバーも読むことができます)
http://www.mag2.com/m/0000012950.html





■終戦直後の日本人引揚者を襲う朝鮮人たち…「竹林はるか遠く」

朝鮮人の男たちが、藪の中へ女の人たちを引きずっていくのを見たし、若い女性に乱暴しているのも見たわ(111頁)。

彼ら(朝鮮人)は悦楽を求めて人々の間をよろよろ歩き、そして娘たちを見つける度に外へ引きずり出した。たびたび女たちの悲鳴が響いた。(118頁)。

また、朝鮮人が、日本人を殺したうえで金歯まで抜いている記述もある(129頁)。








■通州事件…盧溝橋事件発生から3週間後の1937年7月29日
北平(北京)東方の通州で中国保安隊による大規模な日本人虐殺事件が発生した■


夫を生きたまま腹を切り裂き…「これはおいしいぞ、日本人の腸だ、焼いて食べろ」…そうして、その妻である妊婦の腹を切り裂き胎児を取り出す。

それはこの男の人の頭の皮を学生が青竜刀で剥いでしまったのです。
頭の皮を剥いでしまったら、今度は目玉を抉り取るのです。このときまではまだ日本の男の人は生きていたようですが、この目玉を抉り取られるとき微かに手と足が動いたように見えました。










関連記事

0 Comments

Post a comment