【櫻井よしこ】 小池百合子の正体  爆弾発言でスタジオが騒然とした

英語力は国際発言力です★英語は英単語をたくさん暗記しないと実用では使えません

これまで色々と英語をマスターしようと頑張ってきた人なら共感してもらえると思いますが、英語を実際に使えるかは、どのくらい英単語を知っているかで決まりますよね。

ここでご紹介する英単語記憶法は、東京大学の元医学博士が開発した「ミリオン・ボキャメモリー」という方法で、これまでのような長い時間をかけて暗記しなければならない大量の英単語を「短時間で効率的に覚える」学習方法です。

下記のサイトに、この超効率的な英単語記憶法を解説したサンプル動画がありますので、その驚異的な英単語記憶法を体験してみてください。
このサンプル動画を一度見るだけでも、そこで解説されている英単語を何のストレスもなく覚えてしまうのを実感できると思います。



mini20177300247miribokya.jpg

button_002.jpg

※購入後、気に入らなければ購入日から120日以内であれば無条件で代金は返却してもらえます。


★ ★↓↓ 記事はここから ↓↓★ ★







新聞・テレビの偏向報道に翻弄されないように、櫻井さんらのこうした意見が広く視聴されんことを切に願う。


朝日新聞、毎日新聞、NHKは戦後、極東軍事裁判で【戦犯】として裁かれる
はずが、利用価値ありとして裁かれず、その後は、通名を名乗る外国人と
元外国人が多数入っている。(GHQ民政局【コミンテル】と取引)
 現毎日新聞の社長は、記者時代に、対外向けのネット配信で、
「日本の母親は受験勉強する息子の性処理を行っている」と配信していたそうだ。
その社長はTBSの役員でもある。




流石、櫻井さん何時も感服します。末長く御壮健で有らん事を願います!




小池知事は、政策が無い。いったい何を目指して政治家になったのか。



まぁ、東京人もバカばかりだからなぁ。
クソメディアにトミンファーストなんて文字に踊らされてホイホイ票入れる奴らだし。




櫻井先生いつもスッキリするお話を有り難うございます!日本の雑誌類、新聞ともう読むのは止めました、公平性や信憑性が100%無し!





桜井さん そうです メディア 特にマスメディアが 報道しない自由を盾にとって 世論操作したら マスメディアとしての職務を放棄したということ 私たちを信じるなと言っていることと同じ





自分は都民ではありませんが、小池さんが国政に出たら、絶対に投票はしません。




小池百合子のやっていることを見れば、実態が何かがわかる。やっていること=メデイアの報道、ではない。ほとんど他局では報道されない発信事実が、BSフジでしか流れないのが、テレビメデイアの異常さを示している。全体主義をいうなら、テレビメデイアこそ最たるものだ。危険な状態を野放しにしている、テレビメデイアの経営者の責任は重い。



櫻井さんが真面目に妥当なことをおっしゃってるのに、聞き手の男性アナウンサーが「うんうん。」「ふんふん。」って面倒くさそうな言い回しに聞こえて気分良くないんですけど。




小泉旋風が吹き荒れた郵政民営化の時も酷かった。
あの時若輩ながら郵政民営化をしたらどれだけ危険な事になるのかを説明して回ったが誰からも相手にされなかった。
挙句の果てにはなぜそんな危険な事をニュースや新聞が指摘しないんだ?と逆に問い詰められた。今は多くの人がインターネットで正確なニュースを見れるようになりましたが、それでも騙される人が圧倒的に多いのが現状です。
アメリカ大統領選でヨーロピアンアメリカ人とそれ以外のアメリカ人の確執を報道した局がありましたか?(10年くらい前にラジオでは報道してました)
それを踏まえトランプ氏が意外に伸びると確信した人はそれほどいないでしょう。ましてや大統領になると予測できたのは皆無ではないでしょうか?




櫻井さんが日本の首相になれば良いいです国民は安心して生活出来るのに




言いたい爺さん1 か月前

小池百合子は多額の都税の無駄遣いが目に余る(政敵を貶めるために使っている) 安倍首相は国益のために世界を飛び回り良く働いている この働きを見ないで批判するのは思慮が浅い(隣国の手先は 安倍首相の強い行動力が目障りなのだ)



素晴らしい わたしも桜井さんのご意見大賛成です。
TVマスコミは本当に先進国として最低
国民にそれを知らせないといつまでたっても大人に
なれない国民になりまs。
特にTVの報道は用注意





この記事を拡散したいと思ったら、応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★ ★↑↑ 記事はここまで ↑↑★ ★



■国際関係アナリスト北野幸伯氏の無料メルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」

国際関係アナリスト北野幸伯氏の国際情勢の分析を、無料で読むことができます。

★まぐまぐ2015年総合大賞1位

数年前のバックナンバー記事を読むと、現在の国際情勢を正確に予知していることに驚きますよ

★このメルマガの無料購読申し込みは(バックナンバーも読むことができます)
http://www.mag2.com/m/0000012950.html





■終戦直後の日本人引揚者を襲う朝鮮人たち…「竹林はるか遠く」

朝鮮人の男たちが、藪の中へ女の人たちを引きずっていくのを見たし、若い女性に乱暴しているのも見たわ(111頁)。

彼ら(朝鮮人)は悦楽を求めて人々の間をよろよろ歩き、そして娘たちを見つける度に外へ引きずり出した。たびたび女たちの悲鳴が響いた。(118頁)。

また、朝鮮人が、日本人を殺したうえで金歯まで抜いている記述もある(129頁)。








■通州事件…盧溝橋事件発生から3週間後の1937年7月29日
北平(北京)東方の通州で中国保安隊による大規模な日本人虐殺事件が発生した■


夫を生きたまま腹を切り裂き…「これはおいしいぞ、日本人の腸だ、焼いて食べろ」…そうして、その妻である妊婦の腹を切り裂き胎児を取り出す。

それはこの男の人の頭の皮を学生が青竜刀で剥いでしまったのです。
頭の皮を剥いでしまったら、今度は目玉を抉り取るのです。このときまではまだ日本の男の人は生きていたようですが、この目玉を抉り取られるとき微かに手と足が動いたように見えました。







関連記事

0 Comments

Post a comment