FC2ブログ

【この本 絶対に読むべし】 徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪 (月刊Hanada双書) 単行本




★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★
 
 
■ビットコイン(仮想通貨)が注目されています

最近ビットコインがニュースになりますよね。
しかし、「ビットコイン」といわれても「よくわからない」という人が大多数ではないでしょうか?

確かに、ビットコインのネット上の仕組みを理解するには専門知識が必要ですが、
ビットコインを投資の対象として儲けようとするなら、そんな難しい理屈など知らなくても大丈夫ですよ。


■ビットコインは千円程度の少額から購入できます。

ビットコインは千円程度の少額から購入できます。

小遣い程度の資金でコツコツとビットコインを買い増ししていく投資方法でも、将来的には大きな利益を出すことができるのがビットコインです。



■ビットコインの価格は2017年度だけでも20倍も値上がりしました。

ビットコインの価格は2017年1月には10万円ほどでしたが、2017年12月には200万円を突破しました。
2017年度だけでも20倍も値上がりしました。

ビットコインの価格がどこまで上がるのかは専門家でも意見は別れていますが近いうちに1000万円までいくという専門家もいます。



・2009年に初めてビットコインが登場しました。そのときの1ビットコインの価格は0.07円でした。

・2011年にアメリカの「TIME」にビットコインが特集されたとき、1ビットコインの価格は130円でした。

・2013年には1ビットコインの価格は4600円でした。

★2011年頃にビットコインを1万円ほど(100ビットコイン程度)購入していたら、今ごろは2億円になっていたということです(笑)



■ビットコインはどこで買えるのか?

ビットコインを購入するには「株や為替取引」と同じように、ビットコインの売買を行なう「ビットコイン取引所」に口座を開設します。

「ビットコイン取引所」の口座の開設は、証券会社やFX会社に口座を開設するのとまったく同じです。

本人確認のための「運転免許証」など身分証明書を写真(スキャン)に撮り、送るのが少し面倒ですがパソコンとスキャナーがあればすぐに送れます。


■初心者の「ビットコイン取引所」の選び方

ビットコイン(仮想通貨)の取引を初めて行なう人は、安全性や手数料などをよく調べてから利用する取引所を選ぶようにしましょう。

初心者は金融庁の「仮想通貨交換業者登録一覧」に掲載されている取引所を選ぶようにしてください。

初心者が絶対に利用してはいけないビットコイン(仮想通貨)取引所は「外国のビットコイン通貨取引所」です。

外国のビットコイン取引所ではその信頼性がまったく不明なので、ビットコイン取引初心者は信頼のある国内の「ビットコイン取引所」を利用してください。



■GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
グループ内のオンライン金融サービスでの知見を活かし、お客様の安心を最優先にサービス提供をしています。
専用スマホアプリ『ビットレ君』で、本格チャート、本格取引
仮想通貨FX専用アプリ『ビットレ君』では、全9種類のテクニカル指標を利用することができます。
スマホさえあれば、外出先でいつでも本格的な取引が可能です。

GMOコインの公式サイトはここをクリック











英語力は国際発言力です★英語は英単語をたくさん暗記しないと実用では使えません

これまで色々と英語をマスターしようと頑張ってきた人なら共感してもらえると思いますが、英語を実際に使えるかは、どのくらい英単語を知っているかで決まりますよね。

ここでご紹介する英単語記憶法は、東京大学の元医学博士が開発した「ミリオン・ボキャメモリー」という方法で、これまでのような長い時間をかけて暗記しなければならない大量の英単語を「短時間で効率的に覚える」学習方法です。

下記のサイトに、この超効率的な英単語記憶法を解説したサンプル動画がありますので、その驚異的な英単語記憶法を体験してみてください。
このサンプル動画を一度見るだけでも、そこで解説されている英単語を何のストレスもなく覚えてしまうのを実感できると思います。



mini20177300247miribokya.jpg

button_002.jpg

※購入後、気に入らなければ購入日から120日以内であれば無条件で代金は返却してもらえます。


★ ★↓↓ 記事はここから ↓↓★ ★










徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪 (月刊Hanada双書) 単行本(ソフトカバー) – 2017/10/18




内容紹介

・150日以上におよぶ「安倍叩き」の異常な扇動

・朝日新聞は「安倍政権スキャンダル」をどう仕立て、政権はこの不毛な仕掛けにいかにはまり込んでしまったのか?

・ニュースが全く伝えず、むしろ意図的に隠蔽された「真の森友・加計問題」がわかる!

・時系列の客観的検証と数多くの取材に基づく、ファクトベースの「報道犯罪」告発


第一章 報道犯罪としての森友学園騒動
蠢動
発端
火をつけた質疑は何か
籠池劇場第一幕 昭恵夫人叩き
国有地売却 知らぬ総理、答えぬ財務省
塚本幼稚園、虚像と実像
籠池劇場番外―鴻池浪速劇場
口利きと陳情と贈収賄、どう違うのか
籠池、補助金不正受給疑惑が発覚・忖度の追及

第二章 籠池劇場――喜劇と悲劇
稲田朋美バッシング
寝返った籠池
籠池諄子―安倍昭恵の往復メール
籠池泰典、証人喚問さる
辻元疑惑
谷査恵子のファックス騒動――一部始終
破滅

第三章 森友問題の核心――九億六千万はなぜ一億三千万になったのか
土地売却の経緯
私学審の認可適当、そして土地契約の成立
神風
「朝日スキャンダル」

第四章 加計学園――朝日新聞はいかなる謀略を展開したか
朝日とNHK社会部の共闘
すべては朝日の隠蔽に始まった
仕掛け、次々と炸裂
政府の対応後手に――ほくそ笑む朝日
前川喜平登場
前川喜平という男
出会い系バー通いという「闇」
朝日は火をつけ、火は燃え広がる
朝日、見出しだけで勝負し続ける

第五章 加計問題の真相に迫る
隠蔽された問題の全体像
新設へ――獣医師会との長い闘い
「文科省文書」はこう読むのが正しい
なぜ三十年開学に決まったのか
さて、前川は何をしていたのか?


内容(「BOOK」データベースより)

“スクープ”はこうしてねつ造された。本当は何が問題だったのか?―明かされる真相。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

小川/榮太郎
文藝評論家、社団法人日本平和学研究所理事長。昭和42(1967)年生まれ。大阪大学文学部卒業、埼玉大学大学院修了





トップカスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
逆説的に星1レビューの反応がこの本の信憑性、影響力を物語っている。
投稿者ess2017年10月29日


この本が売れるとどういう人たちが困るのか、まさに星1レビューの方たちの苦しい反論の数々をご覧になっていただくとお分かりになると思います。
『反証なしの決めつけ』『論点のすり替え』『レッテル貼り』『人身攻撃』など、まさにこの本で述べられている朝日新聞を始めとする左派系の大マスコミや活動家たちが得意とする論法がお手本のように使われています。


5つ星のうち5.0
朝日新聞やNHKや文藝春秋の犯罪行為
投稿者アントニオ古賀ポン2017年10月22日

形式: 単行本(ソフトカバー)



森友学園と加計学園問題の一体なにが問題なのか?誰に聞いても、何度マスメディアの報道を確認してもわからなかった。テレビ局に電話をしても確たる答えは聞かれなかった。聞かれるのは「刎頸の友だから」とか、「安倍総理は1月20日に初めて知ったと言っているが疑わしい」とか、問題とズレていった報道ばかりで知りたいことは煙に巻かれたまま。
そのような中で本書を手にとって驚愕した。完全な冤罪じゃないか、と。「安倍総理のご意向」など全くない、ばかりか「あった!」「疑惑だ!」と朝日新聞をはじめ文藝春秋、NHK、テレビ各局がデッチ上げた。「親しい友人だからきっと口利きしたに違いない」「説明が不十分」――多くの国民がそう刷り込まれ、未だに漠然と思い込んでいる。こんな捏造が許され、「疑惑」を作り出されたらその人を社会的に抹殺できてしまう。ものすごく恐ろしいことだと思った。
全てが推測で捏造で悪魔の証明を迫り、犯罪があったかのように報じたマスメディアとそれに乗っかった野党議員連中。本書で彼らの犯罪行為が明らかになった。この本がなかったらと考えると恐ろしい。著者にお礼を言いたい。


関連記事