【支那に属国扱いされる韓国】文大統領国賓訪中、外交慣例を無視し続けた中国、属国扱いされる韓国大統領




★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★
 
 
■ビットコイン(仮想通貨)が注目されています

最近ビットコインがニュースになりますよね。
しかし、「ビットコイン」といわれても「よくわからない」という人が大多数ではないでしょうか?

確かに、ビットコインのネット上の仕組みを理解するには専門知識が必要ですが、
ビットコインを投資の対象として儲けようとするなら、そんな難しい理屈など知らなくても大丈夫ですよ。


■ビットコインは千円程度の少額から購入できます。

ビットコインは千円程度の少額から購入できます。

小遣い程度の資金でコツコツとビットコインを買い増ししていく投資方法でも、将来的には大きな利益を出すことができるのがビットコインです。



■ビットコインの価格は2017年度だけでも20倍も値上がりしました。

ビットコインの価格は2017年1月には10万円ほどでしたが、2017年12月には200万円を突破しました。
2017年度だけでも20倍も値上がりしました。

ビットコインの価格がどこまで上がるのかは専門家でも意見は別れていますが近いうちに1000万円までいくという専門家もいます。



・2009年に初めてビットコインが登場しました。そのときの1ビットコインの価格は0.07円でした。

・2011年にアメリカの「TIME」にビットコインが特集されたとき、1ビットコインの価格は130円でした。

・2013年には1ビットコインの価格は4600円でした。

★2011年頃にビットコインを1万円ほど(100ビットコイン程度)購入していたら、今ごろは2億円になっていたということです(笑)



■ビットコインはどこで買えるのか?

ビットコインを購入するには「株や為替取引」と同じように、ビットコインの売買を行なう「ビットコイン取引所」に口座を開設します。

「ビットコイン取引所」の口座の開設は、証券会社やFX会社に口座を開設するのとまったく同じです。

本人確認のための「運転免許証」など身分証明書を写真(スキャン)に撮り、送るのが少し面倒ですがパソコンとスキャナーがあればすぐに送れます。


■初心者の「ビットコイン取引所」の選び方

ビットコイン(仮想通貨)の取引を初めて行なう人は、安全性や手数料などをよく調べてから利用する取引所を選ぶようにしましょう。

初心者は金融庁の「仮想通貨交換業者登録一覧」に掲載されている取引所を選ぶようにしてください。

初心者が絶対に利用してはいけないビットコイン(仮想通貨)取引所は「外国のビットコイン通貨取引所」です。

外国のビットコイン取引所ではその信頼性がまったく不明なので、ビットコイン取引初心者は信頼のある国内の「ビットコイン取引所」を利用してください。



■GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
グループ内のオンライン金融サービスでの知見を活かし、お客様の安心を最優先にサービス提供をしています。
専用スマホアプリ『ビットレ君』で、本格チャート、本格取引
仮想通貨FX専用アプリ『ビットレ君』では、全9種類のテクニカル指標を利用することができます。
スマホさえあれば、外出先でいつでも本格的な取引が可能です。

GMOコインの公式サイトはここをクリック












習近平国家主席の招きで訪中した文在寅(ムン・ジェイン)大統領は13日から15日までの三日間、北京で国賓としての訪問日程をこなした。

しかし、中国側は終始「国賓招待」の外交慣例を守らなかった。14日の首脳会談後、共同で結果を発表する場もなく、晩さん会のあいさつも公開されなかった。

国賓訪問のハイライトとも言える晩さん会は丸一日近く写真が1枚も公開されなかったが、韓国側だけが非公式で撮影した写真を遅まきながらメディアに公開した。中国側は文在寅大統領が国賓として訪問した三日間のうち、たった1回しか食事のもてなしをせず、その姿さえもとうとう公開しなかったのだ。

中国側は事前協議の時から、終末高高度防衛ミサイル(THAAD)問題を中国の意向に合うように処理するように圧力をかけており、文在寅大統領が北京に到着した時には次官補クラスの人物を迎えに出した。

王毅中国外相は首脳会談の場で「国賓」である文在寅大統領と握手をした後、「同格」であるかのように腕をとんとんとたたいた。「大国」を自称しているが、その風格を見せるどころか国際社会の一般的外交規範にも合致しない行動を続けた。

14日の国賓晩さん会は儀典慣例上、習近平主席が彭麗媛夫人と一緒に文在寅大統領夫妻をもてなす場なので、それ相当の待遇が必要だった。ところが、両国とも国賓晩さん会がいつからどれだけ、どのように進められたのか明らかにしなかった。

中国側は首脳会談後にメディアに提供した発表文に「両首脳が会談した」「会談前に習近平主席と彭麗媛夫人が歓迎式に出席した」という内容だけを入れ、国賓晩さん会については言及もしなかった。中国メディアでも関連報道は見つからなかった。

中国側は普通、首脳の昼食会や晩さん会の写真・映像公開に消極的な面がある。しかし、これほどひどくはない。

先月9日のドナルド・トランプ米大統領夫妻の訪中国賓晩さん会の時は関連資料と共に写真を公開し、国営中国中央テレビを筆頭に各中国メディアが映像まで大々的に報道した。トランプ大統領の孫娘が中国語の歌を歌う姿が晩さん会会場の大スクリーンに映し出された様子も公開された。

韓国大統領府も国賓晩さん会が終了してから約20時間にわたり報道資料・写真を提供したり、記者会見を開いたりしなかった。大統領府は「両首脳のすべての発言がない」という理由で国賓晩さん会会場に写真・取材記者とも帯同しなかった。

15日午後、韓国メディアから「なぜ晩さん会の結果を伝えないのか」との疑問が提起されると、同日午後5時ごろになってやっと写真を一部公開した。

だが、「大統領府専属カメラマンも最初の記念写真だけ撮影し、晩さん会に出席しなかった」として、出席者が個人的に撮影した写真のみを公開した。歴代の韓国大統領が中国を訪問した時は、乾杯のあいさつや出席者などに関する資料が当日配布され、両首脳があいさつする写真も公開されている。

双方は、今回の首脳会談での結果発表も共同ではなくそれぞれ別に行った。発表だけが別だったのではなく、内容も違っていた。韓国側発表文は原稿用紙16枚分だった。だが、もう一方の中国側が14日に出した首脳会談の結果発表文は、公式翻訳版がないため正確な比較ではないが、その半分くらいの分量だった。

韓国側が成果だとして最も強調していた「韓半島(朝鮮半島)平和・安全4大原則」も中国側発表文には明記されていなかった。習近平主席が文在寅大統領に「核心利益を尊重」し、「国交を結んだ時の初心を胸に刻」み、「お互いの核心利益と重大懸念を尊重」するという戒めのような内容が多かった。

また、習近平主席が力を入れている経済圏構想「一帯一路」は3回登場するが「平昌」という地名は一度も出てこなかった。訪欧分の最後に「会談後、両首脳は、経済貿易・グリーン生態産業・環境・衛生・冬季五輪など各領域に対する双方の協力文書署名を共に見守った」という言葉があっただけだ。

このような状況は訪中の間ずっと続いた。文在寅大統領が13日に北京に到着した時、中国は孔鉉佑外務次官補(朝鮮半島問題特別代表)に出迎えさせた。2013年に朴槿恵(パク・クネ)大統領が国賓として訪中した時に出迎えた張業遂外務省筆頭次官=当時=は閣僚だった。

また、文在寅大統領が13日から15日まで北京に滞在している時、中国側と食事したのは14日の国賓晩さん会が唯一だった。公式歓迎式場で文在寅大統領が王毅外相の腕をたたいてあいさつすると、王毅外相は既に一・二歩先を歩いていた文在寅大統領の腕の後ろをポンとたたくしぐさを見せた。

峨山政策研究院のチェ・ガン副院長は「形式面からしても国賓訪問とは言えない。政府が来年2月の平昌冬季五輪を念頭に置き、年内訪中というタイムスケジュールを持っていたため、このようになったようだ」と語った。



2017/12/16 09:36
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/12/16/2017121600477.html







この記事を拡散したいと思ったら、応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★ ★↑↑ 記事はここまで ↑↑★ ★



■国際関係アナリスト北野幸伯氏の無料メルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」

国際関係アナリスト北野幸伯氏の国際情勢の分析を、無料で読むことができます。

★まぐまぐ2015年総合大賞1位

数年前のバックナンバー記事を読むと、現在の国際情勢を正確に予知していることに驚きますよ

★このメルマガの無料購読申し込みは(バックナンバーも読むことができます)
http://www.mag2.com/m/0000012950.html





■終戦直後の日本人引揚者を襲う朝鮮人たち…「竹林はるか遠く」

朝鮮人の男たちが、藪の中へ女の人たちを引きずっていくのを見たし、若い女性に乱暴しているのも見たわ(111頁)。

彼ら(朝鮮人)は悦楽を求めて人々の間をよろよろ歩き、そして娘たちを見つける度に外へ引きずり出した。たびたび女たちの悲鳴が響いた。(118頁)。

また、朝鮮人が、日本人を殺したうえで金歯まで抜いている記述もある(129頁)。








■通州事件…盧溝橋事件発生から3週間後の1937年7月29日
北平(北京)東方の通州で中国保安隊による大規模な日本人虐殺事件が発生した■


夫を生きたまま腹を切り裂き…「これはおいしいぞ、日本人の腸だ、焼いて食べろ」…そうして、その妻である妊婦の腹を切り裂き胎児を取り出す。

それはこの男の人の頭の皮を学生が青竜刀で剥いでしまったのです。
頭の皮を剥いでしまったら、今度は目玉を抉り取るのです。このときまではまだ日本の男の人は生きていたようですが、この目玉を抉り取られるとき微かに手と足が動いたように見えました。










関連記事

0 Comments

Post a comment