FC2ブログ

韓国が中国の属国になった経緯を日本人は知らない



★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★
 
 
■ビットコイン(仮想通貨)が注目されています

最近ビットコインがニュースになりますよね。
しかし、「ビットコイン」といわれても「よくわからない」という人が大多数ではないでしょうか?

確かに、ビットコインのネット上の仕組みを理解するには専門知識が必要ですが、
ビットコインを投資の対象として儲けようとするなら、そんな難しい理屈など知らなくても大丈夫ですよ。


■ビットコインは千円程度の少額から購入できます。

ビットコインは千円程度の少額から購入できます。

小遣い程度の資金でコツコツとビットコインを買い増ししていく投資方法でも、将来的には大きな利益を出すことができるのがビットコインです。



■ビットコインの価格は2017年度だけでも20倍も値上がりしました。

ビットコインの価格は2017年1月には10万円ほどでしたが、2017年12月には200万円を突破しました。
2017年度だけでも20倍も値上がりしました。

ビットコインの価格がどこまで上がるのかは専門家でも意見は別れていますが近いうちに1000万円までいくという専門家もいます。



・2009年に初めてビットコインが登場しました。そのときの1ビットコインの価格は0.07円でした。

・2011年にアメリカの「TIME」にビットコインが特集されたとき、1ビットコインの価格は130円でした。

・2013年には1ビットコインの価格は4600円でした。

★2011年頃にビットコインを1万円ほど(100ビットコイン程度)購入していたら、今ごろは2億円になっていたということです(笑)



■ビットコインはどこで買えるのか?

ビットコインを購入するには「株や為替取引」と同じように、ビットコインの売買を行なう「ビットコイン取引所」に口座を開設します。

「ビットコイン取引所」の口座の開設は、証券会社やFX会社に口座を開設するのとまったく同じです。

本人確認のための「運転免許証」など身分証明書を写真(スキャン)に撮り、送るのが少し面倒ですがパソコンとスキャナーがあればすぐに送れます。


■初心者の「ビットコイン取引所」の選び方

ビットコイン(仮想通貨)の取引を初めて行なう人は、安全性や手数料などをよく調べてから利用する取引所を選ぶようにしましょう。

初心者は金融庁の「仮想通貨交換業者登録一覧」に掲載されている取引所を選ぶようにしてください。

初心者が絶対に利用してはいけないビットコイン(仮想通貨)取引所は「外国のビットコイン通貨取引所」です。

外国のビットコイン取引所ではその信頼性がまったく不明なので、ビットコイン取引初心者は信頼のある国内の「ビットコイン取引所」を利用してください。



■GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
グループ内のオンライン金融サービスでの知見を活かし、お客様の安心を最優先にサービス提供をしています。
専用スマホアプリ『ビットレ君』で、本格チャート、本格取引
仮想通貨FX専用アプリ『ビットレ君』では、全9種類のテクニカル指標を利用することができます。
スマホさえあれば、外出先でいつでも本格的な取引が可能です。

GMOコインの公式サイトはここをクリック











★ ★↓↓ 記事はここから ↓↓★ ★


日本人、とくに保守系の人は「韓国は中国の属国だった」というようなことをよくいう。しかし、そのわりには、正確な意味と経緯を知らないので困るのである。あげくのはては、「日本も遣唐使とか派遣していたから同じではないか」と反論されても的確に再反論できなくて恥をかいたりする。

そこで、『韓国と日本がわかる 最強の韓国史』(扶桑社新書)(http://amzn.to/2D7pSSn)ではそのあたりの意味を説き明かしているので、そのさわりを紹介したい。

日本が遣唐使を派遣していたとかいのは、中国がそれ以外の対外関係をもたなかったのがゆえの便宜的なものに過ぎない。たとえば、明治になって日本との外交関係を清は、イギリスなどとの関係と同じということにした。清はイギリスもかつてのローマ帝国もすべて朝貢者と位置づけていたのである。

逆に日本に唐の使節が来れば西蛮からの朝貢使と位置づけられたが、それは唐はいやだから原則として日本には使いを出さないようにしていた(たまに来るとトラブルになった)。

ただし、遣唐使にしても新羅や百済の使いにしても対等の外交とはいえず、上下関係は程度の差こそあれあった。また、新羅や百済は日本に従属しているとみなされた。しかし、その従属度はそれほど高いものでなかった。つまり百済や新羅は唐に朝貢はしていたが属国ではなかったのだ。

ところが、新羅が唐に対して完全な属国になる事件が起きた。朝鮮半島では、高句麗が百済と対立し、日本が百済を支援し、高句麗が随とあらそったときに日本と隋が接近したのが遣隋使の派遣である。

新羅が強くなったこともあって、日本と百済と高句麗が接近した。そこで、高句麗や百済を圧迫していた新羅が孤立することになった。そこで、新羅が独立を犠牲にして、年号や服装も唐の制度に従い、人名も民族的なものからから中国風のものにかえるといったことにして同盟関係を結び、日本・高句麗・百済の圧迫から逃れた外交革命が起きたのである。

このなかで、唐は新羅の援軍も得て、百済と高句麗を滅ぼして領土を奪い羈縻国(自治区のようなもの)とした。さらに、新羅も同様の扱いをして新羅王は王でなく自治区の長官にされてしまった。

しかし、新羅はこれには反発し、日本に対する従属関係もある程度は復活するなどして、唐と争った。

結局、渤海が満州で勃興して日本とも結び、唐にとって深刻な脅威となったので、唐は新羅が渤海との戦争で唐の助太刀をすることを条件に、百済の旧領のすべてと、高句麗の旧領のうち平壌の南を流れる大同江以南を領土として得たのである。

つまり、高句麗、百済、新羅という唐や日本に朝貢はするが独立国としての性格をもった国が割拠していたのが、新羅という唐に従属する半独立国による支配にかわったのが7世紀から8世紀に半島で起きた事件なのである。

そして、その後のコリアン国家は、李氏朝鮮のように、中国の皇帝からの任命行為(冊封)が終わるまでは国王ですらなく、中国の年号を使う半独立国となって日清戦争までそれが続いたのである。

清の時代でいえば、ベトナムと琉球が形式的には朝鮮と似た立場にあったが、ベトナムは周辺諸国に対しては格上の冊封関係をもち、琉球は日本の諸侯である島津の領土であるという変則的な両属関係にあったから、朝鮮王国に比べると清への従属性は弱く同一視はできないのである。

なお、この両属関係は、欧州中世における神聖ローマ帝国とその属邦の関係、また、その属邦とフランスなど周辺諸国の関係と似たもの(フランス王国の領土にして神聖ローマ帝国の属邦という地域もあった)、近代国際法が確立したウェストファリア条約以前の状況とはそんなに差がない。

そして、忘れてはならないことは、コリアン国家が中国の属邦であるという状況は、国際関係が混迷したときには、必ず日本にとっても脅威となってきたことだ。その最たるものは、白村江以降の唐の侵略が危惧された状況であり、脅威が現実化したのが、高麗と元とによる元・高麗寇の襲来であった。

釜山が中国に従属的な国の領地であることを甘く見てはいけない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180115-00010007-agora-int&pos=4






この記事を拡散したいと思ったら、応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★ ★↑↑ 記事はここまで ↑↑★ ★



■国際関係アナリスト北野幸伯氏の無料メルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」

国際関係アナリスト北野幸伯氏の国際情勢の分析を、無料で読むことができます。

★まぐまぐ2015年総合大賞1位

数年前のバックナンバー記事を読むと、現在の国際情勢を正確に予知していることに驚きますよ

★このメルマガの無料購読申し込みは(バックナンバーも読むことができます)
http://www.mag2.com/m/0000012950.html





■終戦直後の日本人引揚者を襲う朝鮮人たち…「竹林はるか遠く」

朝鮮人の男たちが、藪の中へ女の人たちを引きずっていくのを見たし、若い女性に乱暴しているのも見たわ(111頁)。

彼ら(朝鮮人)は悦楽を求めて人々の間をよろよろ歩き、そして娘たちを見つける度に外へ引きずり出した。たびたび女たちの悲鳴が響いた。(118頁)。

また、朝鮮人が、日本人を殺したうえで金歯まで抜いている記述もある(129頁)。








■通州事件…盧溝橋事件発生から3週間後の1937年7月29日
北平(北京)東方の通州で中国保安隊による大規模な日本人虐殺事件が発生した■


夫を生きたまま腹を切り裂き…「これはおいしいぞ、日本人の腸だ、焼いて食べろ」…そうして、その妻である妊婦の腹を切り裂き胎児を取り出す。

それはこの男の人の頭の皮を学生が青竜刀で剥いでしまったのです。
頭の皮を剥いでしまったら、今度は目玉を抉り取るのです。このときまではまだ日本の男の人は生きていたようですが、この目玉を抉り取られるとき微かに手と足が動いたように見えました。











関連記事