FC2ブログ

「K-POPは『悪しき伝染病』」世界のメディアが糾弾、その背景は




■英語圏の大学に留学する場合、大学の講義についていくには最低でも2万語程度の英単語を知っていることが必要です★ 英語は英単語をたくさん暗記しないと実用では使えません"■

これまで色々と英語をマスターしようと頑張ってきた人なら共感してもらえると思いますが、英語を実際に使えるかは、どのくらい英単語を知っているかで決まりますよね。

ここでご紹介する英単語記憶法は、東京大学の元医学博士が開発した「ミリオン・ボキャメモリー」という方法で、これまでのような長い時間をかけて暗記しなければならない大量の英単語を「短時間で効率的に覚える」学習方法です。

下記のサイトに、この超効率的な英単語記憶法を解説したサンプル動画がありますので、その驚異的な英単語記憶法を体験してみてください。
このサンプル動画を一度見るだけでも、そこで解説されている英単語を何のストレスもなく覚えてしまうのを実感できると思います。



mini20177300247miribokya.jpg

button_002.jpg

※購入後、気に入らなければ購入日から120日以内であれば無条件で代金は返却してもらえます。


★ ★↓↓ 記事はここから ↓↓★ ★








■あのイケメン人気スター、鬱病で自殺…“奴隷契約”“枕営業”そして

 いつものように本コラムのネタ探しで海外メディアのサイトを巡回していたのですが、このニュースには驚きました。昨年12月30日付の香港の英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)の記事です。見出しが意外過ぎて、のけぞってしまいました。

 「 K-pop is an infectious disease, not a cultural export to be proud of (K-POPは胸を張れる文化輸出ではなく、伝染病である)」

 歌下手くそ、ダンス下手くそ的な悪口なら笑えますが、伝染病扱いにはさすがに閉口してしまいますね。

 どういう内容かと言いますと、記事ではまず、日本でも人気の高かったK-POPの男性5人組グループ「SHINee(シャイニー)」のジョンヒョンさんが昨年の12月、自ら命を絶った悲しい事件に焦点が当たります。


SHINeeは米国でもヒットを飛ばし、欧米の音楽ファンの間でもその名を知られています。それだけにジョンヒョンさんの自殺は12月18日付の米紙ワシントン・ポストや翌19日付の英紙ガーディアン(いずれも電子版)など、欧米の主要メディアがこぞって報じました。

 それらの報道によると、ジョンヒョンさんは昨年の12月18日、ソウル市内の宿泊施設で倒れているところを発見され、病院に搬送されましたが、そのまま亡くなりました。27歳の若さでした。

 見つかったジョンヒョンさんの遺書には、こう書かれていました。

 「僕は体の中から壊れてしまった。じわじわと僕をむしばんでいった鬱(うつ)病は、ついに僕を飲み込んだ」「僕は本当にひとりぼっちだった」

 前述のSCMPの原稿は、彼の悲劇について言及した後、こう続きます。

 <あなたは、自ら命を絶ったこの青年の悲しげな叫び声よりも、さらに悲しいことを知っている。それは、韓流(K-POP)ブームの真の恐怖を終わらせるため、何も行動を起こさないという事実です。(韓流ブームとは)本質的にはくだらない流行であり、どういうわけか、世界中の(人々の)感情と知性を捉(とら)えたフリをしている薄っぺらなエンターテインメントです>



<私は、若いスターたちを肉挽(ひ)き機に投入し、生産ラインで作り上げたクローンを表面上、無限に供給・大量生産する不毛なビジネスについての話をしています。(若いスターたちは)われわれ全てが“K-ビューティー”として認知している見かけ倒しのプラスチック製の完璧な基準を満たすべく、美容整形外科医によってスライスされ、さいの目に切られます…>

 そして、こう明言します。<若いスターたちの多くは、悪辣(あくらつ)かつ腐敗した芸能エージェントや映画スタジオのボスたちに文字通り、心も体も魂も所有されています。奴らは若いスターたちを若者の良い手本にすべく、プロジェクトを進めると同時に、若いスターたちを奴隷、もしくはセックス・ドールとして扱うのです>

 筆者はSCMPのコラムニストでニュースエディターのチーフ、ヨンデン・ラトゥー氏。その筆致は直截的で怒りに満ちていますが、こうした表現はまんざら、大げさでもないのです。

■英BBCも取り上げた奴隷契約の実態

 一度は耳にした方もおられると思います。韓国の芸能界を象徴するといわれる「奴隷契約( Slave Contract =スレイブ・コントラクト)」です。この非人間的な慣習については、2011年6月15日付の英BBC放送(電子版)など、ここ数年、欧米メディアもたびたび取り上げ、欧米でも有名になっています。

 前述のSCMPも、K-POPのスターたちは、未成年の頃から信じ難いほど不公平な契約に縛られ、訓練のため激しいブートキャンプに拘禁されるなどと説明。スターたちは、自分の楽曲を録音するまでに、そんな苦難を10年は経験するといいます。

 しかし韓国では、それだけではスターにはなれません。借金を返済し、苦難の時代に何年にもわたって小銭を稼ぐことができた人だけに幸運の女神が微笑むというのです…。


■スターの卵は借金漬け、虐待は当然、“枕営業”

 一方、スターの卵たちは借金漬けにされた揚げ句、わずかな補償金と引き換えに厳しい寮生活を強いられ、外部との接触は制限。そこで歌と踊りのレッスンを受け、ファンを惹(ひ)きつけるノウハウの全てをたたき込まれます。極論すれば、人格の全てを事務所にコントロールされるわけですね。


それでも前述したように“借金”を完済し、スターになれるのは、ほんのひと握りの人たち。さらにスターになったとしても、身体的・精神的な虐待は当たり前。芸能事務所のボスによって、大企業のエグゼクティブや政治家に“枕営業”を強制されます。前述のSCMPによると、韓国のエンターテインメント産業で働く女の子と女性の3分の2は、仕事を進める上で性行為を強いられると認めています。

 実際、このSCMPは、韓国の女優チャン・ジャヨンさん(享年29)が2009年に自殺した際、ノート7ページ分に及ぶ遺書で<韓国のエンターテインメント産業における現代の性的奴隷の実情を暴露した>と訴えています。

 書いていて気分が凹むのですが、こうした奴隷契約が幅を効かせるのには、韓国という国の国民性もあるというのです。このSCMPはこう指摘します。

 <大なり小なり、これは全て、モノリシック(均一かつ強固)な家父長主義の伝統と男性優越主義、そしてミソジニー(女性蔑視)の罠(わな)から生まれた韓国社会の重度のガンの反映である>

 平たく言えば、奴隷契約や枕営業は、韓国の男尊女卑的国民性に起因しているというわけですね。


http://www.sankei.com/west/news/180125/wst1801250044-n1.html






この記事を拡散したいと思ったら、応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★ ★↑↑ 記事はここまで ↑↑★ ★




★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★
 
 
■ビットコイン(仮想通貨)が注目されています

最近ビットコインがニュースになりますよね。
しかし、「ビットコイン」といわれても「よくわからない」という人が大多数ではないでしょうか?

確かに、ビットコインのネット上の仕組みを理解するには専門知識が必要ですが、
ビットコインを投資の対象として儲けようとするなら、そんな難しい理屈など知らなくても大丈夫ですよ。


■ビットコインは千円程度の少額から購入できます。

ビットコインは千円程度の少額から購入できます。

小遣い程度の資金でコツコツとビットコインを買い増ししていく投資方法でも、将来的には大きな利益を出すことができるのがビットコインです。



■ビットコインの価格は2017年度だけでも20倍も値上がりしました。

ビットコインの価格は2017年1月には10万円ほどでしたが、2017年12月には200万円を突破しました。
2017年度だけでも20倍も値上がりしました。

ビットコインの価格がどこまで上がるのかは専門家でも意見は別れていますが近いうちに1000万円までいくという専門家もいます。



・2009年に初めてビットコインが登場しました。そのときの1ビットコインの価格は0.07円でした。

・2011年にアメリカの「TIME」にビットコインが特集されたとき、1ビットコインの価格は130円でした。

・2013年には1ビットコインの価格は4600円でした。

★2011年頃にビットコインを1万円ほど(100ビットコイン程度)購入していたら、今ごろは2億円になっていたということです(笑)



■ビットコインはどこで買えるのか?

ビットコインを購入するには「株や為替取引」と同じように、ビットコインの売買を行なう「ビットコイン取引所」に口座を開設します。

「ビットコイン取引所」の口座の開設は、証券会社やFX会社に口座を開設するのとまったく同じです。

本人確認のための「運転免許証」など身分証明書を写真(スキャン)に撮り、送るのが少し面倒ですがパソコンとスキャナーがあればすぐに送れます。


■初心者の「ビットコイン取引所」の選び方

ビットコイン(仮想通貨)の取引を初めて行なう人は、安全性や手数料などをよく調べてから利用する取引所を選ぶようにしましょう。

初心者は金融庁の「仮想通貨交換業者登録一覧」に掲載されている取引所を選ぶようにしてください。

初心者が絶対に利用してはいけないビットコイン(仮想通貨)取引所は「外国のビットコイン通貨取引所」です。

外国のビットコイン取引所ではその信頼性がまったく不明なので、ビットコイン取引初心者は信頼のある国内の「ビットコイン取引所」を利用してください。



■GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
グループ内のオンライン金融サービスでの知見を活かし、お客様の安心を最優先にサービス提供をしています。
専用スマホアプリ『ビットレ君』で、本格チャート、本格取引
仮想通貨FX専用アプリ『ビットレ君』では、全9種類のテクニカル指標を利用することができます。
スマホさえあれば、外出先でいつでも本格的な取引が可能です。

GMOコインの公式サイトはここをクリック










関連記事