FC2ブログ

【韓国の犯罪率】「殺人2.5倍、強姦13倍、強制わいせつ6.4倍」…日本の外務省が作った「韓国生活ガイド」




■英語圏の大学に留学する場合、大学の講義についていくには最低でも2万語程度の英単語を知っていることが必要です★ 英語は英単語をたくさん暗記しないと実用では使えません"■

これまで色々と英語をマスターしようと頑張ってきた人なら共感してもらえると思いますが、英語を実際に使えるかは、どのくらい英単語を知っているかで決まりますよね。

ここでご紹介する英単語記憶法は、東京大学の元医学博士が開発した「ミリオン・ボキャメモリー」という方法で、これまでのような長い時間をかけて暗記しなければならない大量の英単語を「短時間で効率的に覚える」学習方法です。

下記のサイトに、この超効率的な英単語記憶法を解説したサンプル動画がありますので、その驚異的な英単語記憶法を体験してみてください。
このサンプル動画を一度見るだけでも、そこで解説されている英単語を何のストレスもなく覚えてしまうのを実感できると思います。



mini20177300247miribokya.jpg

button_002.jpg

※購入後、気に入らなければ購入日から120日以内であれば無条件で代金は返却してもらえます。


★ ★↓↓ 記事はここから ↓↓★ ★







中国メディア・東方網は16日、日本の外務省が平昌冬季五輪前に発行した「韓国生活ガイド」の内容を紹介する記事を掲載した。

記事は「外務省が平昌五輪開幕前に、27ページに渡る『韓国生活ガイド』の冊子を発行した。この『オフィシャル教科書』の内容に対し、韓国のメディアや世論から強烈な不満が巻き起こった」と紹介。そのうえで、内容について韓国メディアが「27ページの内容を一言でまとめると、『韓国は寒いうえ犯罪が多い国である』ということになる」と評したことを伝えている。

そして、実際の「韓国生活ガイド」の記述を写真とともに紹介。「江原道は韓国内で最も寒い地域であり、大会期間中の2月、3月は夜間にマイナス20度近くに冷え込むことがあります」、「競技観戦に当たっては万全の防寒対策をとるようにしてください」、

「韓国における犯罪発生率は日本よりも高いことから,競技会場周辺での窃盗や置き引きなどの被害に遭わないようご注意ください」、

「主な犯罪の発生リスクを日韓で比べると,殺人が日本の約2.5倍、強盗が約1.2 倍,強姦が約13倍,強制わいせつが約6.4倍となっています」
などの記述が見受けられるとした。

さらに、防寒対策として帽子、フェイスマスク、マスク、手袋、ポンチョ、カイロ、ひざ掛けなど20種類に及ぶグッズが列挙されていることを韓国メディアが指摘し「日本は一体用意周到な国なのか、それとも過剰反応な国なのか」、「日本がこのような過剰反応をするのは今回が初めてではない。韓国問題に対する時はいつもピリピリしている」と評したことを紹介している。

記事が紹介したのは、在韓国日本大使館発行の「2018平昌冬季オリンピック・パラリンピック安全の手引き」だ。手引きには記事が取り上げた内容の他に、交通情報、衛生・医療情報、緊急事態における対応、連絡先などが記載されている。

犯罪やトラブルといった内容が目立つが、これは別に渡航先が韓国だからというわけではないだろう。在留邦人の安全に責任を持つ日本大使館としては当然の注意喚起である。寒さについては、現地からのリポートや選手たちの声によって証明済みである。むしろ、この手引きを「寒いうえ犯罪が多い」と総括してしまう韓国メディアのほうが、いささか過敏ではないだろうか。



ソース:サーチナ 2月18日(日)16時12分
http://news.biglobe.ne.jp/international/0218/scn_180218_2864762812.html






この記事を拡散したいと思ったら、応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★ ★↑↑ 記事はここまで ↑↑★ ★





■GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
グループ内のオンライン金融サービスでの知見を活かし、お客様の安心を最優先にサービス提供をしています。
専用スマホアプリ『ビットレ君』で、本格チャート、本格取引
仮想通貨FX専用アプリ『ビットレ君』では、全9種類のテクニカル指標を利用することができます。
スマホさえあれば、外出先でいつでも本格的な取引が可能です。

GMOコインの公式サイトはここをクリック




★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★
 
 
■ビットコイン(仮想通貨)が注目されています

最近ビットコインがニュースになりますよね。
しかし、「ビットコイン」といわれても「よくわからない」という人が大多数ではないでしょうか?

確かに、ビットコインのネット上の仕組みを理解するには専門知識が必要ですが、
ビットコインを投資の対象として儲けようとするなら、そんな難しい理屈など知らなくても大丈夫ですよ。


■ビットコインは千円程度の少額から購入できます。

ビットコインは千円程度の少額から購入できます。

小遣い程度の資金でコツコツとビットコインを買い増ししていく投資方法でも、将来的には大きな利益を出すことができるのがビットコインです。



■ビットコインの価格は2017年度だけでも20倍も値上がりしました。

ビットコインの価格は2017年1月には10万円ほどでしたが、2017年12月には200万円を突破しました。
2017年度だけでも20倍も値上がりしました。

ビットコインの価格がどこまで上がるのかは専門家でも意見は別れていますが近いうちに1000万円までいくという専門家もいます。



・2009年に初めてビットコインが登場しました。そのときの1ビットコインの価格は0.07円でした。

・2011年にアメリカの「TIME」にビットコインが特集されたとき、1ビットコインの価格は130円でした。

・2013年には1ビットコインの価格は4600円でした。

★2011年頃にビットコインを1万円ほど(100ビットコイン程度)購入していたら、今ごろは2億円になっていたということです(笑)



■ビットコインはどこで買えるのか?

ビットコインを購入するには「株や為替取引」と同じように、ビットコインの売買を行なう「ビットコイン取引所」に口座を開設します。

「ビットコイン取引所」の口座の開設は、証券会社やFX会社に口座を開設するのとまったく同じです。

本人確認のための「運転免許証」など身分証明書を写真(スキャン)に撮り、送るのが少し面倒ですがパソコンとスキャナーがあればすぐに送れます。


■初心者の「ビットコイン取引所」の選び方

ビットコイン(仮想通貨)の取引を初めて行なう人は、安全性や手数料などをよく調べてから利用する取引所を選ぶようにしましょう。

初心者は金融庁の「仮想通貨交換業者登録一覧」に掲載されている取引所を選ぶようにしてください。

初心者が絶対に利用してはいけないビットコイン(仮想通貨)取引所は「外国のビットコイン通貨取引所」です。

外国のビットコイン取引所ではその信頼性がまったく不明なので、ビットコイン取引初心者は信頼のある国内の「ビットコイン取引所」を利用してください。







関連記事