FC2ブログ

【米朝首脳会談】トランプ大統領「決断」の裏に日本あり 日本政府は、1カ月以上前から北朝鮮が折れてくると読んでいた









9日、電撃的に発表された米朝首脳会談。トランプ大統領がこの決断に至る過程で、日本政府が主導的役割を果たしてきたことがわかってきた。

世界をあっと驚かせた、「米朝首脳会談」という衝撃の発表から一夜。日本時間の10日未明、アメリカ・ホワイトハウスが、発表後初めて記者会見。

ホワイトハウス・サンダース報道官は「大統領は、北朝鮮による具体的な行動を確認しないかぎり、会談はしない」と述べた。

首脳会談の開催は、「北朝鮮が具体的な行動をとることが前提だ」との考えを示し、北朝鮮側にくぎを刺した。



一方、その北朝鮮。

金委員長が求めたという首脳会談について、大きくアピールするかと思いきや、10日朝の労働新聞は、会談について何も触れず。 逆に、「アメリカの強権と横暴を絶対に許せない」とする、いつも通りのアメリカ批判の記事を掲載していた。

そうした中、自身のツイッターに「北朝鮮との取引成立に向け、まさに作業が進められているところだ。成立したら、世界にとって非常に良いものになる」と投稿した、トランプ大統領。

今回の米朝首脳会談に至る過程で、日本が蚊帳の外に置かれていると懸念する声も出ているが、首相官邸を取材している、
フジテレビ政治部の千田淳一記者はこれを否定する。

政治部 官邸担当・千田記者は 「今回の米朝会談へという流れは、実は、日本政府のシナリオ通りでもある。日本が主導して、アメリカと韓国を動かして、圧力を強めてきたという経緯がある。

日本政府は、1カ月以上前から、北朝鮮が折れてくると読んでいて、平昌オリンピック後に、トランプ大統領と安倍首相が、事前に直接会談するということは、 すでに決まっていた。

トランプ大統領の方から、安倍首相に『グッドニュースがある』と伝えてきたのをみると、2人がこうしたシナリオを共有していたとみることもできる。 日本としては、今後もアメリカに積極的に働きかけて、拉致問題の進展にも結びつけることを狙っている」と話した。

実際、安倍首相は、これまで「圧力を最大限まで高め、北朝鮮の側から『政策を変えるから対話をしてほしい』と言ってくるような状況を作っていかなくてはならない」と話していて、 まさにその通りになったとも言える。

今回の機会を利用し、拉致問題の解決に結びつけたい日本政府。しかし、何をするかわからない2人の会談だけに、今後もシナリオ通り運ぶかは不透明。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20180310-00000867-fnn-int




★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★





■ビットコイン(仮想通貨)が注目されています

最近ビットコインがニュースになりますよね。
しかし、「ビットコイン」といわれても「よくわからない」という人が大多数ではないでしょうか?

確かに、ビットコインのネット上の仕組みを理解するには専門知識が必要ですが、
ビットコインを投資の対象として儲けようとするなら、そんな難しい理屈など知らなくても大丈夫ですよ。


■ビットコインは千円程度の少額から購入できます。

ビットコインは千円程度の少額から購入できます。

小遣い程度の資金でコツコツとビットコインを買い増ししていく投資方法でも、将来的には大きな利益を出すことができるのがビットコインです。



■ビットコインの価格は2017年度だけでも20倍も値上がりしました。

ビットコインの価格は2017年1月には10万円ほどでしたが、2017年12月には200万円を突破しました。
2017年度だけでも20倍も値上がりしました。

ビットコインの価格がどこまで上がるのかは専門家でも意見は別れていますが近いうちに1000万円までいくという専門家もいます。



・2009年に初めてビットコインが登場しました。そのときの1ビットコインの価格は0.07円でした。

・2011年にアメリカの「TIME」にビットコインが特集されたとき、1ビットコインの価格は130円でした。

・2013年には1ビットコインの価格は4600円でした。

★2011年頃にビットコインを1万円ほど(100ビットコイン程度)購入していたら、今ごろは2億円になっていたということです(笑)



■ビットコインはどこで買えるのか?

ビットコインを購入するには「株や為替取引」と同じように、ビットコインの売買を行なう「ビットコイン取引所」に口座を開設します。

「ビットコイン取引所」の口座の開設は、証券会社やFX会社に口座を開設するのとまったく同じです。

本人確認のための「運転免許証」など身分証明書を写真(スキャン)に撮り、送るのが少し面倒ですがパソコンとスキャナーがあればすぐに送れます。


■初心者の「ビットコイン取引所」の選び方

ビットコイン(仮想通貨)の取引を初めて行なう人は、安全性や手数料などをよく調べてから利用する取引所を選ぶようにしましょう。

初心者は金融庁の「仮想通貨交換業者登録一覧」に掲載されている取引所を選ぶようにしてください。

初心者が絶対に利用してはいけないビットコイン(仮想通貨)取引所は「外国のビットコイン通貨取引所」です。

外国のビットコイン取引所ではその信頼性がまったく不明なので、ビットコイン取引初心者は信頼のある国内の「ビットコイン取引所」を利用してください。




■私が利用しているビットコイン取引所
ビットフライヤー
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で





この「ビットフライヤー」は初心者に扱いやすいツールが揃っている取引所です。

ビットコインの取引が初めての人はこの取引所だけでも登録しておくと良いでしょう(無料です)。

私は「ビットフライヤー」をメインにして仮想通貨取引をしています。




■スマホでの取引がメインならこちらがオススメです

GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。

グループ内のオンライン金融サービスでの知見を活かし、お客様の安心を最優先にサービス提供をしています。
専用スマホアプリ『ビットレ君』で、本格チャート、本格取引
仮想通貨FX専用アプリ『ビットレ君』では、全9種類のテクニカル指標を利用することができます。
スマホさえあれば、外出先でいつでも本格的な取引が可能です。

GMOコインの公式サイトはここをクリック











関連記事