毎日新聞の在日朝鮮人記者「朴鐘珠」(佐賀県…毎日新聞)が「天皇が来る意味って何ですか?」


この記事を拡散するために、応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ













在日朝鮮人記者「朴鐘珠」(佐賀県…毎日新聞)が「天皇が来る意味って何ですか?」

 2006年10月29日に佐賀県で開かれた水産振興と海の環境保全について考える「第26回全国豊かな海づくり大会」に天皇皇后両陛下を招待することを発表する佐賀県知事の臨時記者会見 での出来事だ。知事のパワーポイントを使った説明のあと、毎日新聞の在日朝鮮人記者「朴鐘珠」は次のような質問を知事に

「今回の行事にですよ、天皇と皇后が佐賀に来ることの意味って何ですか」

「非常にこうなんかいろいろとお金も人もかかりそうなんですけれども、このお2人は、 このお2人が佐賀に来るということで、そこまでする価値があるんですかね」

などと発言し、知事に「かみついた」。


http://blog.livedoor.jp/asapykadan/archives/50020389.html

●佐賀県HP ⇒ http://www.saga-chiji.jp/kaiken/06-9-28/shitsumon1.html








佐賀県:こちら知事室です-記者会見(質疑応答)

○毎日新聞:今回の行事に、天皇と皇后が佐賀に来ることの意味って何ですか。 

○知事:この大会には毎回、天皇皇后両陛下にお越しになっていただいておりまして、今回もまた来ていただけるということであります。

○毎日新聞:いやだから、そういった慣例化されているから呼んだということですか。

○知事:慣例化されていない特別の行事にお越しいただくことは難しく、またなおかつ、たくさんご公務がおありになりますので、そういう中で、この豊かな海をつくっていくということがこれまで以上に大事になってきていると思っておりまして、ぜひとも国民の象徴である両陛下のご来県をお願いしたということでございます。

○毎日新聞:非常にこうなんかいろいろとお金も人もかかりそうなんですけれども、このお二人が佐賀に来るということで。そこまでする価値があるんですかね。

○知事:もちろん、私どもとしては価値があると考えております。そもそもこの大会自身は、天皇皇后両陛下、天皇陛下が皇太子殿下の時から豊かな海をつくっていくということに対しては大変関心をお持ちで、それでこの大会が始まったということもございます。特にこの大会については、私どもからお願いしたということもございますし、天皇皇后両陛下もぜひ参加したいというお気持ちをもって臨まれるのではないかとご期待申し上げております。

○毎日新聞:ちなみに、この行事は天皇と皇后がここに来ることによって幾らだけ予算が余計にかかるんですか

○知事:今回、これだけの額がかかっているということはもちろん、今も予算審議を通じて公表させていただいておりますし、別途公表させていただく、数字をお届けすることはもちろん可能でございます。それはさせていただきます。数字を出すつもりはございません。

○毎日新聞:来ない場合と来る場合で試算出ないんですか。来ない場合も想定されてたわけですよね。

○知事:私どもは来ていただくかどうかというのは、最終的に今日の時点で宮内庁から発表になったわけでありますけれども、お越しいただくという前提でずっと作業自体を進めてきております。

○毎日新聞:何か私の言っていることがあんまり通じていないような気がするんですけど。今日来ないという発表があっていたらどうなっていたんですか。

○知事:だから、今日来ないという発表にはなりません、それは。これはずっとちゃんと積み上げをしておりますので。

○毎日新聞:最初から来るとわかっていたんですよね。

○知事:いやいや、だから、来られるかどうかということの判断は、それはいろんなプロセスを経て判断があるわけでありますから、最初からお越しになることがわかっていたということではございません。

○毎日新聞:普通に県民の感覚として、仮に1,000万円だとしましょう、天皇皇后に対して係る経費負担が。それだけじゃないと思うんですけれども。仮に1,000万円だとしても、今の県の財政状況を考えたら、それすらもったいない気がするんです、僕。もっと有効な成果が出ると思うんです、海づくりよりも。別に海づくりのためだけじゃなくて、天皇皇后がここに来なくても、海の大切さ以外にも伝えなきゃいけない、例えば、教育でも福祉でも困っている人がいっぱいいるわけですよ、世の中の弱者というのは。そういった人たちにどうして目を向けられないのかなと私、疑問に思うんですね。

○知事:いや、それは違います。弱者の方に目を向けるのはもちろん必要なことで、それをやらなくちゃいけないから、こういう大会をやってはいけないとか、こういう大会をやるときに、天皇皇后両陛下のご来県を仰ぐというのがおかしいということにはならないと思うんです。(一部略)


http://blog.zaq.ne.jp/tachikoma/article/581/




■佐賀県で毎日新聞、在日朝鮮人記者「朴鐘珠」が地方公務員採用を問いただす■

県職員採用:外国人への門戸閉ざされたまま 国籍条項撤廃されず /佐賀
 ◇知事会見「当面、見直さない」

 県が8日に公表した07年4月採用予定の一般行政職員募集要項の中に、外国人住民の 採用を認めない「国籍条項」が依然として明記されていることが分かった。古川康知事は9日の定例会見でこの問題に触れ、当面、採用条件を見直す考えはないことを明らかにした。
【朴鐘珠】


事)この記者は毎日新聞記者という肩書きを背負って、知事の記者会見という公の場でかくも暴言を吐いたのである。当然、毎日新聞という会社の問題である。毎日新聞が会社としてこの記者を記者会見場に送り、こういう質問をさせたという理解でよいか?

毎)いえ、そういうわけではなく・・・。

事)記者会見場は記者個人の演説会場ではない。記者個人がどんな思想信条をもっていようと勝手だが、今回のは、公の場で会社を背負ってする質問としてふさわしいとは思えない。
だいいち、最低限の敬語も使わないとは何事か。おたくの記者は公の場で天皇皇后と呼び捨てにするよう教育されているのか。

毎)まだ若い記者ですので・・・。

事)記者本人に対する処分はどうなるのか。

毎)支局長が口頭で注意した。本人も反省している。ご意見承りました。






在日記者が占領。天皇陛下を愚弄。…反日テロリスト集団・毎日新聞佐賀支局の異常事態 2006/10/30

天皇陛下を愚弄した在日記者が集中砲火を浴びている。この事態を受けて調査すると、毎日新聞の 佐賀支局にはもう一人、在日記者がいることが判明した。いったい我が国の新聞社に何が起こっているのか。

【天皇・皇后両陛下 佐賀で大歓迎】
10月29日、佐賀を訪問された天皇・皇后両陛下は「全国豊かな海づくり大会」にご出席され、 有明海の干潟にムツゴロウの稚魚を放流された。まことに微笑ましい話題である。

式典では9月の台風13号で犠牲になった3人へ哀悼のお言葉を捧げられるとともに、被災地で 復興に取り組む人々へエールも送られた。被災者にとって両陛下のご来訪は、またとない励ましと なったろう。

ところが、このご来訪に関して、毎日新聞佐賀支局の朴鐘珠が「予算のムダだ」と知事に噛み付いた記者会見の映像がYouTubeにアップされ、波紋を広げている。

両陛下を呼び捨てにして憚らない記者は在日朝鮮人3世だ。
県庁の記者クラブを占有する取材者の中に、この様な売国奴が含まれていることに怒りを禁じ得ない。
この記者は原発絡みでも知事を罵倒するなど筋金入りの反日記者である。

更に、同和利権とも密接につながり、佐同教(=佐賀県人権・同和教育研究協議会)の講師として、 公共施設で単独講演会を行っている。我が国で最も危険なのが、人権擁護法案の陰謀に見られる 在日利権と同和利権の共同戦線だ。



■ 毎日新聞、記者5名の内2人が朝鮮人という事実…

佐賀支局長・野沢俊司
記者:/朴鐘珠/田中操/高芝菜穂子/姜弘修/遠藤雅彦
2人は在日朝鮮人








●TBS(毎日新聞系列)は韓国人に乗っ取られている。
【就職】「在日は武器」 在日女子大生、面接で靖国や独島の質問答えて TBSに内定:2007/01/10(水) 民団新聞  

■TBSテレビ内定
【李民和】さん
http://blog-imgs-34.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/200904151813039e3.jpg
↓2年後↓
http://blog-imgs-34.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/200912230321527fc.jpg

【金景敏】(TBSテレビ編成制作本部スポーツ局勤務) 【TBS社員が韓国代表に】 アメフトW杯、TBS社員など在日10人が韓国代表に!!!
<アメフトW杯>在日選手10人が韓国代表  2007-05-16、民団新聞
W杯大会でチームを牽引するクォーターバックの金景敏さん (TBSテレビ編成制作本部スポーツ局勤務)は大阪・鶴橋出身。
http://blog-imgs-34.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/464a70c4d3aba.jpg

2010年4月12日スタート『水戸黄門』シリーズ「第41部」第三話の監督は金鐘守
金鐘守は2009年7月27日スタート『水戸黄門』シリーズ「第40部」 第一話(初回2時間スペシャル)でも監督を務め、両替商の「高麗屋」 お吉が善人として登場した。↓wwwwww
http://blog-imgs-34.








■ 毎日新聞(英語版)から5年間も配信された記事一覧 ■ 「毎日新聞問題の情報集積wiki」で 検索

これらの記事は「毎日新聞」の英語版のサイト内の「WaiWai」という「家庭向けのコーナー」 で、全世界に向けて
5年間も発信されていた

▲副編集長の肩書きを持つオーストラリア人と、カミヤマというペンネームで執筆する毎日の社員は、「日本と日本人」を陥れる事を明確に意識して、こういうニュースを世界にばら撒いていました。
彼らは自分が配信した「変態記事」が、欧米のニュースサイトやブログに無数に転載され、「日本人は女は売春婦、男はその子供」と、差別的な嘲笑を 書き立てる道具になることを目的としてこういう記事を世界中に配信していました。

http://www8.atwiki.jp/mainichi-matome/

■日本人の母親は中学生の息子が成績を落とさないためにフェラチオをする
■福岡の米祭りは、顔に塗る白い液体の「顔射」に似ている
■六本木のあるレストランでは、日本人は食事の前にその材料となる動物と獣姦する
■日本のティーンたちはバイアグラを使ってウサギのようにセックスをする
■ポケモンの意味は勃起した男性器である
■日本のファーストフード店では女子高生が性的狂乱状態になる
■日本の女子高生は刺激のためにノーブラ・ノーパンになる
■日本人の約6割は、コンドームを他の動物に乱用する
■日本の性教育は、初めにセックス・レイプの方法を学ぶ
■日本人女性の55%は初対面の男性と一緒に寝る
■渋谷の百貨店の109の由来は「1」の字は、男性器の形、「0」は睾丸、「9」は陰門をイメージしたものである
■日本のほとんどすべての漁師は海でマンタとセックスをする
■日本人の若い女性はファーストフードを食べると性的狂乱状態になる
■日本人主婦は皆コインランドリーに附属のコインシャワーで売春している
■少女嗜好が発達した日本では、小学校に通うごく普通の少女たちが放課後、売春婦として働いている。
■日本の看護婦たちは通常、病院内にバイブレーターを持参し、仕事柄、アナル開発に興じている。
■20才から35才の間の日本人の4分の3がセックスの写真やビデオを撮ったことがある
■漁師経験者談;日本人は何とでもセックスをする。
■24時間オルガズムが止まらない病気で苦しむ日本人女性の数が増えている
■老人の売春婦の人気にもかかわらず、日本では小学生の売春婦にも仕事がある
■日本男子は柔道や空手の部活で男相手に童貞を捨てている
■日本の首相は結婚生活ではなくオナニーで政権が取れると言っている
■「買春で捕まらないための11の方法」
■女性たちは昔の恋人との"リサイクル・セックス"によって全身全霊に活力を得る
■女性たちはブートキャンプでセックス・テクニックを会得する
■18-20歳位の女子が親から性的虐待を受けている? 日本の相談所「私たちは関係ない」
■学校の図書館でAVのイロハを紹介する教科書を手に入れる



このような捏造変態記事を英語で世界中に配信し、日本と日本人を貶める事をしていたのが「毎日新聞」です。

■東京大学ロバート・キャンベル教授の発言より■
「問題は、これが毎日新聞のサイトから流しているというところで、毎日新聞だからこれは本当の日本なんだと世界の人は真に受けざるを得ない。
日本に対して世界の若い人たちは熱烈な視線を送っている。日本の社会の側面を伝えていくということに対して、新聞社が責任を怠っている」










この記事を拡散したいと思ったら、応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ





★お勧めする「大手企業運営の優良出会い系サイト」★
これらの出会い系サイトは大手企業が運営していますので、安心して利用することができます。

初めて出会い系を利用する男性は
⇒料金が月定額制で使い放題の「ラブサーチ」


料金は月額固定制ですので、料金を気にせずに出会い系サイトを使い方には最適です。
「6ヶ月コース」なら、月1,980円で使い放題なので、女性の扱いにあまり慣れていない出会い系初心者の男性でも、6ヶ月以内には女性と実際に会うことができると思います(笑)

実際に89%
の会員が4ヶ月以内に出会いに成功しているそうです。
女性と確実に出会いたい男性には、この「6ヶ月コース」をオススメします。

ここは、真面目なタイプの女性会員が多いのが特徴ですね。
安心して利用できる有名出会い系サイトで、この低額料金で
「使い放題」というのは「ラブサーチ」しかありません。

出会い系を初めて利用する男性は、女性の誘い方がわからないので、
最初はなかなか女性会員から返事をもらえないかもしれませんが、
ここで6ヶ月間しっかりと女性会員とのやりとりを経験したら、
6ヶ月後にはそれほど苦労なく女性会員と実際に会える男性に
なっていると思います(笑)。
それも「料金定額制」ならではですね。




早く出会いたいなら⇒ピーシーマックス
 

10年間の累計会員数が600万人という超有名サイトです。
若い女性から主婦まで、女性会員も多彩なのが特徴です。
できるだけ早く、実際に女性と会いたいという人には
絶対にオススメするサイトです。




一番にオススメするサイトです⇒ハッピーメール
 

他の出合い系サイトとくらべても女性会員数が圧倒的に多く、
出会いのチャンスがとても高いサイトです。
やはり女性会員の多いサイトは、出会いのチャンスも多いです。
出会い系初心者は、まず、このサイトをオススメします。
安心して利用できる有名老舗サイトです。




⇒ミクシイグループのワイワイシー


あの 「ミクシイ」グループが運営 している出会い系サイトです。
出会い系サイトに登録するのは、どうしても「不安」という人は、こちらをオススメします。
ミクシイグループが運営しているだけに、女性会員も多く
出会い系サイト初心者の男性でも、安心して利用できます。
15年間の累計会員数が1000万人という超人気サイトで
会員の約80%ほどが実際に出会いに成功しているサイトです。








関連記事