FC2ブログ

【日本人はすごかった】驚愕!中国軍と日本軍の大きな質的差異「シナ軍よりもよっぽど信用できる」大きな声では発言できなかった日本軍賞賛の数々に衝撃!かつて中国人民は親日だった!



https://youtu.be/TjrHJOl6LRU







■ある中国人の思い出…日本が満州を支配していた頃は治安が良かった■

▲小さいころ、年寄りが言っていた。日本が満州を支配していたころ、治安が非常に良く、家々はカギをかける必要もなかったと。

日本人は調和の取れた社会を望んでおり、善良な市民をいじめるような行為を許さなかった。
この年寄りのいう事がすべてを代表してるとはいわないが、少なくとも若い時に経験した記憶はそうそう間違えるものではない。

2カ月前、実家の町に地下鉄が開通したと聞いた。でも別に嬉しくなかった。
なぜなら60年も前に完成しているべきものだからだ。確かに1940年代に日本は地下鉄建設計画を立てていた。


▲1940年代の中国東北部は、アジアでもっとも裕福な地域であり、GDPは日本本土を超えていた。
1941年には瀋陽に地下鉄建設の計画が上がっており(長春、大連、チチハルにも同様の計画があった)

東北部の都市建設は、同時期の北京上海よりも進んでいた。
30年代、上海ではトイレの水を流すのに自分で水を汲んでいたが、東北部の都市では水道が普及し始めていた。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=1225&f=national_1225_072.shtml







■日本の大学を卒業した私のお爺さん「日帝時代は朝鮮王朝が統治した時よりずっと幸せだった」と言いました■ 


学校で先生が教えてくれたことととても違って, 幼い心に私はまた問って見ました。

日本人が韓国人を強制に徴用して酷使させたと... 慰安婦も作ったと...独島も言い張ると...

お爺さん頃では韓国人強制徴用は知られたこととは違うと言いました..
善良な人をわがまま強制に連れて行って徴用したのではなく, 死囚や強力犯罪者その外の犯罪者たちをジングヨングトに送ったと言いました.
もちろん強力犯罪者たちの人権も重要だとなさりながら , ただその当時と今の人権は次元が他のことだおっしゃいました..


慰安婦問題は正確に分からないと言ったし, 独島は確かに我が国の地だと言いました.
日本だった韓国だった外交は自国利益が最善だから負け惜しみを言うことだと言いました.

あらゆる対話を交わしてから最後に私がお爺さんに我家は日本人と親しく過ごしたから親日派でしょうか? して問いました. するとお爺さんは..

親日派と売国奴は他のことだと言ったし親日が悪いのではないと言いました.
その当時に韓国民族のためな最善の道は自分の位置で最善をつくして, 現実と 自分の位置を 認めて日本人から先進文物を学んで自分の物で作ることだと言いました.

また当時には大部分が親日だったし tvにナオヌンゴッのように 大多数人々が独立万歳をしなかったと言います;;

また無駄な自尊心で自分の位置と現実を否定して日製社会から離脱して教育の機会と近代社会への融化を拒否して独立万歳することが最善ではないと言いました.

お爺さんは日本 chuo大学法学科を卒業したし多くの事情で願った日本の弁護士はなることができなかったが解放の後政務職高位公務員で 働きました.
大韓民国の基礎を作った人々は大部分日本の大学で教育受けた人々だと 分かっています.

幼い頃はお爺さんとの対話がよく理解されなかったんですが今考えて見たら親日が無条件悪いことではないと思われます.また日帝時代が言論に出ることのようにそんなに 凶悪だったのではないと推定されますね;;

ネイバー遊びに来ている途中今日急にお爺さん思い出して.. 長文読んでくれてありがとうございます ^^




■アメリカの大学教授…日本に植民地化された国は皆発展している■

私は、アメリカの大学院で指導教授たちに言われた次の言葉を、今なお忘れることが
出来ません。

▲「日本の植民地は、その後いずれも経済発展したではないか。そんな結論の出ている
問題を今更どうして研究するのか?」

米国の名門ラトガース大学のダン・ローデン教授は、私が博士論文の主題
について日本が朝鮮半島を植民地支配した時代の教育と女性問題について
研究したいとの計画を説明すると、このように反問しました。

▲「文明のシステムを、日本の植民地主義は朝鮮半島に導入したのではないか。
スペインやアメリカ、イギリスは日本のように本国と同じような教育システムを、
植民地に導入しようとはしなかった。
当時の朝鮮半島の人々は、文明のシステムを独自の力で導入するのに失敗した。
日本の植民地主義を経ずに、あれほど早く文明の世界システムに入れただろうか?」

▲論文の相談をした別の経済学専攻の教授は、
「植民地化された国家の中で韓国と台湾ほどに発展した国家はない。アメリカや
イキリスの植民地で、台湾や韓国ほど発展した国があるか?」とまで言うのでした。

「日本の植民地支配を非難する韓国人の留学生の一人が、自分の父親が東京帝国大学
出身であると自慢げに話した。これは、暗黙のうちに日本が導入した文明のシステム
を評価していることになる。本来なら、東京帝大を卒業した父親を非難すべきではないか?」
こう言われてみると、確かに東京大学はもとより、京都大学、早稲田大学、慶応大学を
卒業したことを誇りにする韓国人は少なくないのです。

当然韓国の側に立ってくれると思った第三者のアメリカ人学者の発言は、ショックでした。

★クリスティン・リー氏の著作…「滅亡の帝国-日本の朝鮮半島支配」より










この記事を拡散したいと思ったら、応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★ ★↑↑ 記事はここまで ↑↑★ ★



■国際関係アナリスト北野幸伯氏の無料メルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」

国際関係アナリスト北野幸伯氏の国際情勢の分析を、無料で読むことができます。

★まぐまぐ2015年総合大賞1位

数年前のバックナンバー記事を読むと、現在の国際情勢を正確に予知していることに驚きますよ

★このメルマガの無料購読申し込みは(バックナンバーも読むことができます)
http://www.mag2.com/m/0000012950.html





■終戦直後の日本人引揚者を襲う朝鮮人たち…「竹林はるか遠く」

朝鮮人の男たちが、藪の中へ女の人たちを引きずっていくのを見たし、若い女性に乱暴しているのも見たわ(111頁)。

彼ら(朝鮮人)は悦楽を求めて人々の間をよろよろ歩き、そして娘たちを見つける度に外へ引きずり出した。たびたび女たちの悲鳴が響いた。(118頁)。

また、朝鮮人が、日本人を殺したうえで金歯まで抜いている記述もある(129頁)。








■通州事件…盧溝橋事件発生から3週間後の1937年7月29日
北平(北京)東方の通州で中国保安隊による大規模な日本人虐殺事件が発生した■


夫を生きたまま腹を切り裂き…「これはおいしいぞ、日本人の腸だ、焼いて食べろ」…そうして、その妻である妊婦の腹を切り裂き胎児を取り出す。

それはこの男の人の頭の皮を学生が青竜刀で剥いでしまったのです。
頭の皮を剥いでしまったら、今度は目玉を抉り取るのです。このときまではまだ日本の男の人は生きていたようですが、この目玉を抉り取られるとき微かに手と足が動いたように見えました。









関連記事