FC2ブログ

【韓国】日本人観光客にも有名なグルメ店、ずさんな衛生管理で25か所摘発=釜山観光特区(グロ写真あり注意)

(写真)
http://imgnews.naver.net/image/003/2018/05/24/NISI20180524_0000149935_web_20180524070729_20180524075202298.jpg
▲ ゴミ箱で解凍されるイイダコ

20180526aaaa.jpg


日本人観光客にも有名な釜山(プサン)観光特区の有名グルメ店が、原産地偽装表示や流通期限経過、衛生状態不良など、ずさんな管理の状態で営業をしていて警察に大挙摘発された。

釜山地方警察庁観光警察隊は24日、釜山地方食品医薬品安全庁と合同で日本人観光客にも有名な釜山観光特区内の有名グルメ店を対象で点検を行い、A氏(58歳)など23ヶ所の事業主を食品衛生法違反の容疑で書類送検して、衛生状態不良店2ヶ所について行政通達をしたと明らかにした。

グルメ店の摘発内容別では、流通期限を2年経過した食用油使用など食材の流通期限経過12ヶ所を始め、中国産食材を韓国産に虚偽表記するなど原産地虚偽表示が5ヶ所、ハングル表示事項が書かれていない食材を生産したりこれらの供給を受けて使用した店が3ヶ所、冷凍食品の常温保管など保存および流通基準違反が5ヶ所などである。

(写真)
http://imgnews.naver.net/image/003/2018/05/24/NISI20180524_0000149936_web_20180524070831_20180524075202307.jpg
▲ 残飯の横に置かれた食材

20180526b.jpg


摘発店のうちの数ヶ所はキッチンの衛生状態不良で重複さいて摘発されたが、油汚れがついた換気扇の真下で調理したり、残飯の横に開封された唐?(春雨)が放置されるなど、一部の飲食店の衛生状態は有名グルメ店のキッチン施設とは到底信じる事ができなかったと警察は伝えた。

警察は、「今回摘発されたグルメ店は有名なテレビ番組で紹介されて、韓国人はもちろん外国人観光客にも人気が高い所がほとんどだった」とし、「同時に高級店で知られる食肉食堂、日本人観光客に有名な韓定食屋、高級ホテル内のレストランなども取り締まりの対象になった」と明らかにした。

警察は夏季休暇シーズンなどの観光シーズンを控えて多くの観光客が釜山を訪れると予想されるだけに、グルメ店として有名な飲食店に対する持続的な点検と取り締まりを行う方針である。

(写真)
http://imgnews.naver.net/image/003/2018/05/24/NISI20180524_0000149937_web_20180524070914_20180524075202314.jpg
▲ 厨房ふきんに付いたネズミの糞

20180526bc.jpg


ソース:NAVER/釜山=NEWSIS(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=003&aid=0008611902



この記事を拡散したいと思ったら、応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★ ★↑↑ 記事はここまで ↑↑★ ★



■国際関係アナリスト北野幸伯氏の無料メルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」

国際関係アナリスト北野幸伯氏の国際情勢の分析を、無料で読むことができます。

★まぐまぐ2015年総合大賞1位

数年前のバックナンバー記事を読むと、現在の国際情勢を正確に予知していることに驚きますよ

★このメルマガの無料購読申し込みは(バックナンバーも読むことができます)
http://www.mag2.com/m/0000012950.html





■終戦直後の日本人引揚者を襲う朝鮮人たち…「竹林はるか遠く」

朝鮮人の男たちが、藪の中へ女の人たちを引きずっていくのを見たし、若い女性に乱暴しているのも見たわ(111頁)。

彼ら(朝鮮人)は悦楽を求めて人々の間をよろよろ歩き、そして娘たちを見つける度に外へ引きずり出した。たびたび女たちの悲鳴が響いた。(118頁)。

また、朝鮮人が、日本人を殺したうえで金歯まで抜いている記述もある(129頁)。








■通州事件…盧溝橋事件発生から3週間後の1937年7月29日
北平(北京)東方の通州で中国保安隊による大規模な日本人虐殺事件が発生した■


夫を生きたまま腹を切り裂き…「これはおいしいぞ、日本人の腸だ、焼いて食べろ」…そうして、その妻である妊婦の腹を切り裂き胎児を取り出す。

それはこの男の人の頭の皮を学生が青竜刀で剥いでしまったのです。
頭の皮を剥いでしまったら、今度は目玉を抉り取るのです。このときまではまだ日本の男の人は生きていたようですが、この目玉を抉り取られるとき微かに手と足が動いたように見えました。












関連記事