FC2ブログ

10万本以上のyoutube人種差別・ヘイト動画を消滅させた、「BAN祭り」は、ネット上の革命なのか

5ちゃんねるハングル板
http://lavender.5ch.net/korea/
なんでも実況J板
http://hawk.5ch.net/livejupiter/

ことの始まりは、5月15日、掲示板サイト「5ちゃんねる」に立ち上がったスレッドだった。
当初は、ネット掲示板でよく見かける「匿名投稿者」たちの「悪ふざけ」の域を超える事はなかった。
しかし5月18日「新潟女児殺害事件の犯人は在日だった」というデマ動画がYouTubeから削除された。
YouTubeの運営サイドが、彼らの通報によって動画を削除したのだ。
本稿では、「彼ら」の事を「なんJ民」と呼ぶことにする。
「5ちゃんねる」(旧:「2ちゃんねる」)という掲示板集合サイトの中に
「なんでも実況J」という掲示板があり、そこに書き込んでいる匿名投稿者たちの総称を「なんJ民」と呼ぶ。
今回の一件においては、「ハンJ民」という呼称もあるが、その説明はあえて省く。
この「なんJ民」らは、YouTubeに無数にアップされている「ネトウヨ動画」の削除に向けた行動を開始する。
そして5月19日には、チャンネル登録者5万人以上、投稿動画数900本を超えるアカウントが、YouTubeによって凍結された。
これが「なんJ民」の初めての戦果となる。
「5ちゃんねる」の掲示板には、次々と「ネトウヨ動画」が報告され、それを見た「なんJ民」の通報によって、
動画投稿者らは、アカウント停止や自主削除へと追い込まれていく。
「なんJ民」が標的にしているYouTube動画は、人種差別やヘイトを助長しているものや悪質なデマだ。
そもそもYouTubeでは、その「コミュニティガイドライン」において「悪意のある表現に関するポリシー」を明記している。
曰く、「YouTubeでは表現の自由を支持し、あまり一般的でない意見でも自由に表現できるように努めていますが、悪意のある表現は許可されません。
悪意のある表現とは、次のような特性に基づいて個人や集団に対する暴力を助長したり差別を扇動したりするようなコンテンツを指します」としながら、
「人種又は民族的出自、宗教、身体障がい、性別、年齢、性的指向性/性同一性」等を明記している。

最終的な動画削除の判断は、YouTubeがする。「ネトウヨ」と呼ばれる人たちが、
このポリシーに反して「レイシズムや悪質なデマを含む動画」をアップしていることを、「なんJ民」はYouTube運営者に通報し続けただけだ。

ちなみにYouTubeでは、同一アカウントの動画は2本削除されれば、2週間動画投稿禁止のペナルティが与えられ、3本削除された時点でアカウントは停止される。
「なんJ民」らの活動は加速する。Twitter上には「#ネトウヨ春のBAN祭り」(※「BAN」とはアカウントがサイト運営側によって停止されること)というハッシュタグが躍った。
 多くの「なんJ民」がこの活動に参加しはじめると、今度は活動の効率化が図られた。始めは目につく違反動画を無作為に通報していたが、
投稿数が多いチャンネル動画を優先して通報するようになった。
また動画タイトルやサムネイルがYouTubeのポリシーに反すると通報していたものの、動画内のどの部分(何分何秒の時点の動画)が
ポリシーに違反しているのか具体的に通報するようにもなった。
「5ちゃんねる」のネット掲示板「YouTubeのネトウヨ動画を報告しまくって潰そうぜ」にも5万件(50スレ)以上のコメントが付き、「なんJ民」の活動は完全に「祭り」となった。
本稿を執筆している5月30日の段階で、「なんJ民」らが確認したところによると、YouTubeから「ネトウヨ動画」がアップされている62チャンネルが
アカウント停止や自主削除となり、動画数にして10万本以上が削除された。
そのような数々の動画をアップしていた投稿者側からは「言論の自由に対する侵害だ」、「言論弾圧だ」との声も上がるが、「言論の自由」と、
他者を傷つける「表現による暴力」は明らかに違う。
「表現による暴力」は駆逐されて然るべきである。その点において、最終的なアカウント停止や動画削除の判断はYouTubeがしているという
「なんJ民」の主張は至極正しく、その判断を下しているYouTubeに筆者は賛意を示したい。

YouTubeは、「表現の自由」、「情報にアクセスする自由」、「機会を得る自由」、「参加する自由」の4つの自由を、YouTubeの「在り方」として定義している。
「自由」を標榜するからこそ、その「自由」を守りたいからこそ、その「自由」を利用しようとする「悪意」に対してYouTubeは正しい。
全文はこちら
http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180531-00167028-hbolz-soci







■「ヘイトスピーチ規制」という言論弾圧で治安が崩壊した欧州■

数十年前のスウェーデンは、欧州でも最も治安の良い国であった。
その当時のスウェーデンでは、外出するときにもドアの鍵を掛けない家が多かったという。
しかし、現在のスウェーデンは大量の移民により、欧州でも最も治安の悪い国になってしまった。

なぜ、スウェーデンがこのような国になったのか?

スウェーデンの政治家が「移民による犯罪の多発」を発言しただけで、ヘイトスピーチだとして逮捕されてしまうような国が現在のスウェーデンなのです。

http://blog.livedoor.jp/sofutob/archives/49496732.html









この記事を拡散したいと思ったら、応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★ ★↑↑ 記事はここまで ↑↑★ ★



■国際関係アナリスト北野幸伯氏の無料メルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」

国際関係アナリスト北野幸伯氏の国際情勢の分析を、無料で読むことができます。

★まぐまぐ2015年総合大賞1位

数年前のバックナンバー記事を読むと、現在の国際情勢を正確に予知していることに驚きますよ

★このメルマガの無料購読申し込みは(バックナンバーも読むことができます)
http://www.mag2.com/m/0000012950.html





■終戦直後の日本人引揚者を襲う朝鮮人たち…「竹林はるか遠く」

朝鮮人の男たちが、藪の中へ女の人たちを引きずっていくのを見たし、若い女性に乱暴しているのも見たわ(111頁)。

彼ら(朝鮮人)は悦楽を求めて人々の間をよろよろ歩き、そして娘たちを見つける度に外へ引きずり出した。たびたび女たちの悲鳴が響いた。(118頁)。

また、朝鮮人が、日本人を殺したうえで金歯まで抜いている記述もある(129頁)。








■通州事件…盧溝橋事件発生から3週間後の1937年7月29日
北平(北京)東方の通州で中国保安隊による大規模な日本人虐殺事件が発生した■


夫を生きたまま腹を切り裂き…「これはおいしいぞ、日本人の腸だ、焼いて食べろ」…そうして、その妻である妊婦の腹を切り裂き胎児を取り出す。

それはこの男の人の頭の皮を学生が青竜刀で剥いでしまったのです。
頭の皮を剥いでしまったら、今度は目玉を抉り取るのです。このときまではまだ日本の男の人は生きていたようですが、この目玉を抉り取られるとき微かに手と足が動いたように見えました。


















関連記事