FC2ブログ

【おすすめの書籍】 コリン・グレイ『戦略の未来』(奥山真司​氏・訳)





戦略の未来 単行本 – 2018/4/28

Colin S. Gray (原著), コリン グレイ (著), 奥山 真司 (翻訳)



内容紹介

戦略の歴史は人類の歴史と同じくらい古い。将来にわたって私達はこの不愉快な現実から逃れられないのだ。ルトワックやクレフェルトと並ぶ世界三大戦略家の一人コリン・グレイは、古今東西の戦争や戦略家を論じつくし、時代や場所を越えて通用する「戦略の一般理論」を指し示す。新クラウゼヴィッツ主義のエッセンスを伝える必読の一冊!



内容(「BOOK」データベースより)

戦略の歴史は人類の歴史と同じくらい古い。将来にわたって私たちはこの不愉快な現実から逃れられないのだ。ルトワックやクレフェルトと並ぶ世界三大戦略家の一人コリン・グレイは、古今東西の戦争や戦略家を論じつくし、時代や場所を越えて通用する「戦略の一般理論」を指し示す。いったい何が変わり、何が変わらないのか?新クラウゼヴィッツ主義のエッセンスを伝える必読の一冊が登場!



著者について

コリン・グレイ(Colin S. Gray)
英国レディング大学政治・国際関係論学院名誉教授. 専門は安全保障, 戦略研究, 地政学, 戦略文化など多岐におよぶ. 1943年イギリス生まれ. 1970年にオックスフォード大学で博士号(Ph. D.)を取得. イギリスやカナダの大学で教鞭をとった後, ニューヨークのハドソン研究所で研究員を務め, 英米の二重国籍を取得. 自らもワシントンにシンクタンクを設立し, 米国レーガン政権では戦略アドバイザーを5年間務めた. 1990年代半ばに英国ハル大学教授となり, 2000年からレディング大学教授, 2014年より現職. 著者は20冊を超えるが, 邦訳されているものとして『現代の戦略』(奥山真司訳, 中央公論新社), 『戦略の格言――戦略家のための40の議論』(奥山真司訳, 芙蓉書房出版), 『核時代の地政学』(小島康男訳, 紀尾井書房)などがある.




著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

グレイ,コリン
英国レディング大学政治・国際関係論学院名誉教授。専門は安全保障、戦略研究、地政学、戦略文化など多岐におよぶ。1943年イギリス生まれ。1970年にオックスフォード大学で博士号(Ph.D.)を取得。イギリスやカナダの大学で教鞭をとった後、ニューヨークのハドソン研究所で研究員を務め、英米の二重国籍を取得。自らもワシントンにシンクタンクを設立し、米国レーガン政権では戦略アドバイザーを5年間務めた。1990年代半ばに英国ハル大学教授となり、2000年からレディング大学教授、2014年より現職

奥山/真司
国際地政学研究所上席研究員、青山学院大学非常勤講師。専門は地政学、戦略研究。1972年生まれ。カナダのブリティッシュ・コロンビア大学を卒業(B.A.)。英国レデイング大学大学院で修士号(M.A.)と博士号(Ph.D.)を取得。戦略学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)




この記事を拡散したいと思ったら、応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★ ★↑↑ 記事はここまで ↑↑★ ★



■国際関係アナリスト北野幸伯氏の無料メルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」

国際関係アナリスト北野幸伯氏の国際情勢の分析を、無料で読むことができます。

★まぐまぐ2015年総合大賞1位

数年前のバックナンバー記事を読むと、現在の国際情勢を正確に予知していることに驚きますよ

★このメルマガの無料購読申し込みは(バックナンバーも読むことができます)
http://www.mag2.com/m/0000012950.html





■終戦直後の日本人引揚者を襲う朝鮮人たち…「竹林はるか遠く」

朝鮮人の男たちが、藪の中へ女の人たちを引きずっていくのを見たし、若い女性に乱暴しているのも見たわ(111頁)。

彼ら(朝鮮人)は悦楽を求めて人々の間をよろよろ歩き、そして娘たちを見つける度に外へ引きずり出した。たびたび女たちの悲鳴が響いた。(118頁)。

また、朝鮮人が、日本人を殺したうえで金歯まで抜いている記述もある(129頁)。








■通州事件…盧溝橋事件発生から3週間後の1937年7月29日
北平(北京)東方の通州で中国保安隊による大規模な日本人虐殺事件が発生した■


夫を生きたまま腹を切り裂き…「これはおいしいぞ、日本人の腸だ、焼いて食べろ」…そうして、その妻である妊婦の腹を切り裂き胎児を取り出す。

それはこの男の人の頭の皮を学生が青竜刀で剥いでしまったのです。
頭の皮を剥いでしまったら、今度は目玉を抉り取るのです。このときまではまだ日本の男の人は生きていたようですが、この目玉を抉り取られるとき微かに手と足が動いたように見えました。











関連記事