在日外国人の国民健康保険悪用問題-制度設計は性悪説でするのが大原則

┠──────────────────────────────────
┃THE STANDARD JOURNAL~アメリカ通信~┃ http://www.realist.jp
┠──────────────────────────────────
├ 2018年6月9日 国民健康保険悪用問題-制度設計は性悪説でするのが大原則
──────────────────────────────────
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

全世界のアメ通読者の皆様、山岡鉄秀です。

外国人に日本の国民保険制度が悪用されている
多くの事例が発覚して問題になっていますね。

高度のがん治療に国保を使って踏み倒したり、
海外で出産して日本で支援金をもらったり、
海外にいる家族まで扶養に入っていたり、
やりたい放題やられているようですね。

真面目に税金を払っている日本国民からしたら
たまったものじゃありません。

しかも、厚生労働省は被害の実態の把握すら
できていないらしい。あきれたものです。

結論から言えば、
悪用されるようなシステムを放置している方が悪いのです。

穴があれば付け込む人がいるのは常識です。
では、悪用する人はみんな悪人でしょうか?
そうとも言い切れません。
騙される方が悪い社会なんて世界にいくらでもあるのです。

私が利用していた、あるシドニーの床屋さんでは、
様々な人種がヘアドレッサーとして働いていました。
たまたま中国出身の女の子が何度か担当になりました。
彼女は日本が大好き。
中国語なまりの英語でフレンドリーに話しかけてきました。

---

「来月は、中国に一時帰国するのでいませんから」

「へー、ご両親に会いに行くの?」

「いや、妹が入学試験受けるの」

「妹さんの入学試験に付き添うの?優しいね」

「そうじゃなくて、私が英語の試験を受けてあげるの」

「は?なんであなたが受けるの?」

「オーストラリアで働いている私の方が
 英語ができるからに決まっているじゃないの」

「それ、不正じゃん」

「ばれないからいいのよ」

「でも、それって妹さんがあとで苦労することにならないの?」

「そんなこと言い出したら、
 オーストラリアの大学生なんてどうするのよ?」

「え?どういう意味?」

「オーストラリアの大学だって、お金を払えば、
 卒業証書を作ってくれるサービスがあるのよ」

「なんじゃそりゃ。そういうサービスをしている会社があるの?」

「大学の中にもあるわね」

「まさか~」

「本当よ、シドニー大学でも問題ないわよ」

「それで中国に帰って就職するわけ?ばれないの?」

「ばれないわね。ひとつだけ問題があるけどね」

「それは何?」

「そうやって学位を取った人は、知識がゼロってことかしらね」

---


彼女、終始ご機嫌で、
周囲にはばかることなく楽しそうに話していました。

明らかに罪の意識ゼロ。

繰り返しますが、彼女は日本が大好きで、
とても親切でした。むしろ善人です。

ただ、道徳基準が全然違うのです。

日本の国保を使い込んでも、きっと明るい笑顔で
「日本ってやっぱり親切な国よね!ますます好きになるわ!」
なんて言うことでしょう。容易に想像できてしまいます。

日本人だって、海外で交通違反で止められたら
急に英語が話せないフリをする人がいますよね。

この問題を取り上げている
長尾たかし議員や杉田水脈議員にはアドバイスしましたが、
外国人の国民健康保険への加入条件を厳しくするとか、
書類審査を厳しくするなんて議論は無駄です。

国民健康保険はその名の通り国民のもの。
外国人には別のシステムを用意するのが常識です。
これは差別でもなんでもありません。

あの開かれた移民国家のオーストラリアでさえ、
永住権を取得するまで国民健康保険には入れません。
日本も単純に真似すればいいのです。

すなわち

留学生の場合、
指定の医療機関で健康診断を受けて、
学生用の民間保険に加入することを
学生ビザ発給の条件とする。

就労の場合も同様に、
指定の医療機関で健康診断を受けて、
専用の民間保険に加入することをビザ発給の条件とする。
短期滞在の場合は保険料は一括納入。
長期滞在の場合は給料からの天引きとする。
雇用契約が喪失したら労働ビザも自動的にキャンセル。

医療機関は信頼できるところを
こちらから指定しなければいけません。
前述のヘアドレッサーの話じゃないけど、
いくらでも偽造されちゃいますから。

これ、常識です。私もそうやって
学生ビザを取って留学しました。

長尾議員が、厚労省も損害の実態を把握できていない、
と嘆いておられましたが、
欠陥システムを放置していたんだから、
把握してるわけがないですよね。

この件は、科研費の問題などと比べて、単純明快ですから、
被害の実態の把握に時間をかけるのではなく、
さっさと外国(オーストラリアなど)の例を模倣して、
システムを改訂してしまうことが肝要です。

杉田議員によると、厚労省は
「人道的立場から外国人の人権も守らなければいけないので」
という答弁を繰り返してばかりいるようです。

誰が外国人の人権を
ないがしろにしろなどと言っているのでしょう?

移民大国オーストラリアは
外国人の人権をないがしろにしてるんですか?

人に罪を犯させないように制度を設計するのが
本当の人道的立場ではないのでしょうか?

こんな基本的なことにも迅速に対応できないで、
単純労働者を何十万人も入れようというのですから、
日本という国は案外あっさりと消失してしまうかもしれませんね。

( 山岡 鉄秀 :Twitter:https://twitter.com/jcn92977110 )

--

▼山岡鉄秀▼
AJCN Inc.代表・公益財団法人モラロジー研究所研究員
 1965年、東京都生まれ。中央大学卒業後、シドニー大学大学院、
ニューサウスウェールズ大学大学院修士課程修了。
 2014年、豪州ストラスフィールド市において、
中韓反日団体が仕掛ける慰安婦像設置計画に遭遇。
子供を持つ母親ら現地日系人を率いてAJCNを結成。
「コミュニティの平和と融和の大切さ」を説いて
非日系住民の支持を広げ、圧倒的劣勢を挽回。
 2015年8月、同市での「慰安婦像設置」阻止に成功した。
著書に、国連の欺瞞と朝日の英字新聞など英語宣伝戦の陥穽を追及した
『日本よ、もう謝るな!』(飛鳥新社)

【Youtube動画】
▼山岡鉄秀(@jcn92977110)さんの肩書にある
 「AJCN」ってなんですか?
|TSJ|ON THE BOARD
https://youtu.be/1MzCzSoFjUw

 ▼AJCNについて▼
   Australia-Japan Community Network (AJCN)
http://jcnsydney.blogspot.jp/p/about-jcn.html

---
※山岡鉄秀『月刊Hanada』プラス寄稿文:
▼慰安婦像問題 なぜ日本は負け続けるのか 
https://hanada-plus.jp/posts/637


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□

<TSJ編集後記>

TSJ管理人です。
※TSJ=「THE STANDARD JOURNAL~アメリカ通信~」の略です。

さて・・・。
山岡さんの今回のお話・・・
お読みになってみて如何でしたでしょうか・・・

管理人は、特に中国人のヘアドレッサーさんの言葉が
ちょっとした衝撃で・・・。
いや、ちょっとどころかかなりの衝撃で、
まだ頭がクラクラしていますw

世界にはまだまだ自らが知らないことばかりで、
日々勉強するより他ありませんが、
知れば知るほど、頭クラクラして来そうで恐ろしいです・・・

特に、山岡さんのお話はその傾向が強く・・・www

というわけで、来週の月曜日(6月11日)★20時★から
山岡鉄秀さんをお迎えして生放送をお送りしますので、
皆さん、心してwご覧ください。

【Youtubeライブ】
https://www.youtube.com/c/OTB/live

【ニコニコ生放送】
http://ch.nicovideo.jp/strategy/live

内容としては、
12日はいよいよ行なわれる(であろうw)
歴史的な「米朝会談」ですので、
もちろん、その「前日SP」wということで、
この話題もやりまして、
加えて、山岡さんが現地視察をしてこられた
海保の「北朝鮮工作船」展示館についての話題、
また、今回のテキストにあった国保タダ乗りの件、
これは、先日、政府方針としても出た、
「日本の移民政策」とも関連する話題なので、
取り上げられたらよいな、と思ってます。

6月11日(月曜日)★20時★からです。
お見逃し無く!

(TSJ"@紫"管理人 / https://twitter.com/realistjp

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□
なぜ、日本にリアリズムが必要なのか?
これまでニコニコ動画やYoutubeで展開してきた
The Standard Journalアメリカ通信でのメインテーマは、

『地政学』 『プロパガンダ』 『リアリズム』
の3つです。

これらの3つが足りない、理解できないから、
日本の危機を晴らすことができない...

そう思って番組をスタートし、これまで続けてきました。

ただ、まだ日本では諸外国の仕掛けてくる
プロパガンダに対抗する考え方は普及してませんし、
ましてや日本側がプロパガンダを
応用していくという考え方もありません。

なので、再度まとめ上げが必要だとは思っています。

現実よりも、ウソの世界観を広めたら
それで世界は動き出すという点を
これからもっと強調したものを、と考えています。

番組では、
「日本にはリアリズムが必要だ!」
ということをずっと強調してきました。

でも、なぜ必要なのか?
そもそもリアリズムって何なのか?

★奥山真司戦略学講義CDシリーズ
 THE REALISTs リアリスト入門
http://www.realist.jp/8realists.html

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□

※このメルマガは転送自由です。(ただし出典を残して下さい)

▼番組へご意見・ご感想はこちらから
http://www.realist.jp/goiken.html

▼Youtube THE STANDARD JOURNAL1
https://www.youtube.com/c/OTB/live

▼ニコニコ動画 THE STANDARD JOURNAL1
http://ch.nicovideo.jp/strategy

▼戦略学博士 奥山真司の「アメ通 LIVE!」
Youtube https://www.youtube.com/c/TheStandardJournal/live
ニコ生 http://ch.nicovideo.jp/strategy2/live
FRESH! https://freshlive.tv/tsj/
FacebookPage https://www.facebook.com/realist.jp

・奥山真司Twitter:
https://twitter.com/masatheman
・奥山真司ブログ:地政学を英国で学んだ
https://geopoli.exblog.jp/

★奥山真司博士への講演依頼・執筆依頼は、
【webmaster@realist.jp】までお問合せ下さい。

□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□
株式会社 オンザボード(http://www.on-the-board.co.jp/
和田憲治Twitter:https://twitter.com/media_otb

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信
のバックナンバーはこちら
http://archives.mag2.com/0000110606/index.html?l=yft0bd414b

◎日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信
の配信停止はこちら
http://www.mag2.com/m/0000110606.html?l=yft0bd414b

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽こちらもいかが? "独立・起業/ベンチャー"ジャンルの注目メルマガ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
●右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
http://www.mag2.com/w/0000114948.html  日刊

【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】

ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、
複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ
鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。

創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた
定番メルマガ。

経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、
営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、
盛り沢山のコンテンツ。

★発行者webもご覧ください↓
http://www.2nd-stage.jp/


━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽『マネーボイス』人気記事トップ5
━━━━━━━━━━━━━━━━━
●成功したいならやっぱり東京。田舎のマイルドヤンキーが知らないチャンスがある
http://i.mag2.jp/r?aid=a5b178ab9397bb

●なぜ日本は「少子高齢化」に目を背ける? 老いぼれ国家に若者が殺される現実
http://i.mag2.jp/r?aid=a5b178ab94eb93

●元メガバンク融資担当のプロ大家が教える、サブリースに騙されない不動産投資術-PR-
http://i.mag2.jp/r?aid=a5b0cae650748c

●夜の銀座ママを25年やって気づいた、一流の男に共通する「我慢しない生き方」
http://i.mag2.jp/r?aid=a5b178ab9535cb

●元公務員の私に「FXでセミリタイア」を決意させた“予測いらずのトレード手法”-PR-
http://i.mag2.jp/r?aid=a5b0df906eafdd

『マネーボイス』 http://i.mag2.jp/r?aid=a5a67f3f41df2f
専門家と個人投資家の本音でつくる総合金融情報メディア

━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽注目の著者 独占インタビュー!
━━━━━━━━━━━━━━━━━
●高野孟氏「日本は大危機時代に入った、マスメディアはもう役に立たない」
http://i.mag2.jp/r?aid=a5b0fccff2fe8b

●辛坊治郎氏「TVや新聞は言えないことだらけで限界があるんです」
http://i.mag2.jp/r?aid=a5b0fccff3485f

●山崎和邦氏「私が野村證券を干された理由は、“株価操作”だったんです(笑)」
http://i.mag2.jp/r?aid=a5b0fccff36795

関連記事