FC2ブログ

【ロシア政治経済ジャーナル】移民に関するご意見1

【RPE】★移民に関するご意見1

RPE Journal==============================================



       ロシア政治経済ジャーナル No.1770


               2018/6/10


===========================================================


★移民に関するご意見1


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


二回連続で、移民、外国人労働者問題のお話をしました。

その後、本当にたくさんのメールが届きました。

今回は、その一部をご紹介させていただきます。



▼山口県K・Fさまからのおたより



前略

この問題に関して、本日(6月7日)のメルマガで展開されて
いる北野さんの論考について、全面的に賛同します。

安倍内閣のどの人物が主導しているのか、把握していませんが、
財界からの強い働き掛けがあったものと推測します。

財界の中でも、建設業界が先頭に立っている可能性が高いです
が、証券・金融関係者もかなり以前(10数年前)から唱導し
ていました。

それを知ったのは、以前小生が証券投資に関心を持ち、証券会
社のセミナーなどに参加した折でした。

そこでは、当該社の役職者が盛んに吹聴していました。

講演の後のアンケートにおいて、小生は、財界の目先の利益追
求であり、将来における社会的・政治的コストを無視しており、
是認出来ない旨記載しました。

暫くは、そうした演題は余り聞かれなくなりましたが、日本人
口の絶対的減少の予測値の公表などを契機に、最近また移民導
入論が喧伝されるようになり、心配しています。

政府や国会のホームページにアクセスしてみて、効果の程は分
かりませんが、慎重に扱うべきとの意見を届けられたらと思っ
ています。 草々



▼モスクワ在住、Tさまからのおたより



北野様

度々、Tです。

普段はこうやってメール投稿をしないのですが、
改めて納得なので、お手紙します。

モスクワ在住で、確かに、言語やその国の歴史を習得した労
働者にした時点で、かなりモスクワの治安が良くなったと感
じます。

でもはやり、移民や、ブルーカラーへの心の差別は消えませ
んね。

よく、ロシア人やイスラエル人が日本のことを、褒めていた
のは


「日本は移民や、労働者を簡単に入国させずに、自分の国か
ら守っている」


ということです。

つまり、日本は秩序正しいこと。

多分、今回の移民、外国人労働者受け入れで、その日本の伝
説は消えると思います。

いくらテストを導入しても入ってくるブルーカラーは入って
きますね。

日本人の格差も増えますよ。



●Oさまからのメール



親愛なる北野先生さま

突然のメールで失礼いたします。

Oと申します。

いつも本当に有益な情報を発信いただき本当にありがとうござ
います。

編済後記では遠い(と思っていた)ロシアの日常なども身近に
感じられて興味深く読ませていただいております。

さて、もうすでにご存じかもしれませんが奄美大島の小さな集
落が今大きく揺れていますので是非お知らせしたくメールをさ
せていただきました。

現在、Change.orgにて「奄美大島・西古見集落の素晴らしい自
然を残すため、約5000人を乗せた大型クルーズ船の寄港地誘致
をやめてもらいたい!」


という署名活動が行われています。

6/8現在で約3万人の反対署名があり、さまざまな反対意見が上
がっています。


特に美しい自然環境への影響を心配する声が多数ですが、中に
は中共企業による侵略を心配する声や、国防レベルでの影響を
心配する声も多く上がっています。


私は北野先生のRPE読者でありますし、ご著書も読んでおりま
すので、まさに今回の誘致活動が中共のロビー活動によるもの
と確信しております。


沖縄知事の翁長知事はもちろんですが、今回の奄美瀬戸内町
の町長である鎌田愛人町長も中共の手先となっているものと思
われます。

サイト内では誘致の進捗について頻繁に情報発信されておりま
すので是非ご覧いただき、ご賛同いただけましたらメルマガで
ご紹介いただけると幸いです。

(私は大阪在住ですが、日本人として反対著名活動に参加しま
した。)
今後も有益な情報を発信し続けていただき、たくさんの日本人
と世界の平和のためにご活躍されますことをお祈りしておりま
す。


拙文ではありますが失礼いたします。

以下URLです。
https://bit.ly/2sV2m7N


以下、抜粋

この署名は、鹿児島県・奄美大島の瀬戸内町にある集落、西古
見(にしこみ)に持ち上がった大型クルーズ船寄港地誘致に反
対するために、立ち上げました。


現在、鹿児島県・奄美大島の南側にある瀬戸内町・西古見集落
に、5000人以上の乗客を乗せ、週3~5回ほど運行する大型クル
ーズ船の寄港地を作ろうとしている計画があります。
https://goo.gl/DXMVgv
(2018年1月11日 南海日日日新聞)


西古見集落は、人口30数名ほど。

珊瑚の石垣が美しく残り、海に浮かぶ三連立神に夕陽が沈む、
静かな集落です。


瀬戸内町の人口は、平成29年12月末で9009人。

1週間で町の人口を超える人数が30数名の集落にやってくる
ことになります。


想定されている船:世界最大のクルーズ客船「オアシス・
オブ・ザ・シーズ」について


●総トン数:約22万トン 排水量:約10万トン 全長:361
.0m 幅:64.9m 高さ:72.0m
旅客定員:5400名(最大6300名) 乗組員:2160名


●カジュアル市場向けの薄利多売型大型客船(中国では¥5
000~8000 泊で販売されています。)


●3月~11月のみ、最初は週1回、後は週3~5回の運行予定
です。


●アジアクルーズの多くは、上海⇒九州⇒奄美⇒北京の、3泊
4日か4泊5日のコースです。


瀬戸内町が計画している西古見地区への大型クルーズ船誘致
について、私たちが反対している具体的な理由は、下記のと
おりです。


・・・以下は、ブログ内をご覧ください。

次の投稿楽しみにしています。



●北野から



モスクワ在住Tさまと私は、毎日同じ光景を見ているものと思
われます。

家から外に出ると、道の清掃、雪かきをしている人たち、道
路工事をしている人たちを見かけます。

ほとんどは、中央アジアから来たアジア系の人たちで、白人
は見かけません。

スーパーに行くと、レジで座っている人の大半は、中央アジ
アから来た人です。(ロシア人もいますが。)

タクシーに乗ると、運転手のほとんどは、キルギス、ウズベ
キスタン、タジキスタン、アルメニア、グルジア、アゼルバ
イジャン人などです。(たまにロシア人もいます。)

前号で書いたように、最近は、「ロシア語テスト」の導入で
少し状況が変わってきました。

しかし、基本的に「ロシア人の一部は、外国人労働者、移民
を差別し、外国人労働者、移民の一部は、ロシア人を憎悪し」
という状況になっています。

これ、欧州でもそうです。

もともとキリスト教文化圏の欧州。

しかし、「欧州人がやりたがらない3K労働は、貧しいイスラ
ム教徒にやらせればいいさ」という差別的動機で、大量に外
国人労働者を受け入れました。

その結果、テロが頻発するようになった。

そして、イスラム教徒はどんどん子供を産み、キリスト教徒
は少子化。

現実的に、欧州キリスト教文明は、数十年後になくなり、イ
スラム文明圏に吸収されてしまうでしょう。


確かに日本には、「人手不足が深刻」という目先の大問題が
あります。

それで、「今、人手が足りないのをどうするのだ!?」とい
われると、答えに窮することになる。

しかし、政治家さんは100年先を見据え、政治に取り組んで
欲しいです。


100年後、日本人は少数派に転じ、中国人が過半数を超えた。

中国ロビーの力で、「外国人参政権」は、とっくに付与され
ている。

2118年、「日本が中国の省になるべきかどうか?」に関する
国民投票が実行されました。

そして、日本は、正式に中国の省になることが決まります。

時の国家主席・習沢東は、「新省の名前は、日本省ではなく、

”小”日本省にするよう」指示しました。


こんなことにならないよう、未来を見据えた政策を行ってい
きましょう。

----

今回の話、大げさに感じた人が多いかもしれません。

しかし、中国は、はっきりと

「日本に【 沖縄 】の領有権はない!」と宣言し、

日本を壊滅させるための戦略を実行しています。

その具体的戦略の超詳細を知りたい方は、こちらをご一読
ください。

はじめて読んだ人は、気絶するかもしれない衝撃の内容で
す。(証拠付き)



●中国に勝つ日本の大戦略

(詳細は→ http://amzn.to/2iP6bXa  )



▼お勧め本コーナーへ
================================================================



【北野幸伯の秘密本】


●クレムリン・メソッド ~世界を動かす11の原理

(詳細は → http://amzn.to/2vHKRuM  )


「あなた自身が、世界の未来を知る方法」に関する本です。


「北野がその分析手法を暴露した!」ということで、大さ
わぎになりました。

この本を何回か読むと、自然と未来が見えるようになって
しまいます。

だまされたと思って、是非ご一読ください。


●クレムリン・メソッド ~世界を動かす11の原理

(詳細は → http://amzn.to/2vHKRuM  )



↓●「お勧め本コーナー」へ
================================================================


★北野の「お勧め本」コーナー


私が非常に尊敬する伊勢雅臣先生の著作群です。

伊勢先生の本を何度も読み返すことで、

すべてが好転しはじめます。

まだの方は、迷うことなく、ご一読ください。


●日本人として知っておきたい皇室の祈り → http://amzn.to/2no1TbF

●世界が称賛する 日本の教育 → http://amzn.to/2k9Jcqk

●世界が称賛する日本の経営 → http://amzn.to/2karByr

●世界が称賛する 日本人が知らない日本  → http://amzn.to/2k7r806

●世界が称賛する国際派日本人  → http://amzn.to/2kamrml



↓●おたよりコーナーへ
================================================================


【北野幸伯の激面白本】


●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://amzn.to/2vIbBv3 )


「日本自立本」の決定版!


最初から最後まで、徹底的に具体的・現実的!


これで、「日本が自立する方法」を完璧に理解できます。

09年9月、アメリカに嵌められたロシア・ベド大統領は、プ
ーチン首相を解任した。

命の危険を感じたプーチンは、日本に政治亡命する。

日本柔道界に保護され、稽古に励むプーチン。


しかし、日本政界は、彼を放っておかなかった。


行列をなして彼のもとへ訪れる日本の政治家たち。


その中に、再起を誓う矢部元首相の姿があった。

プーチンは、90年代アメリカの属国だったロシアを、どうや
って「自立」させることに成功したのか?


懇願する矢部に 、ついにプーチンは口を開き、その「秘密」
を語りはじめた。


「プーチン最強講義」の内容は?

・中国から尖閣・沖縄を守り、かつアメリカからの自立も成
し遂げる方法とは?


・集団的自衛権と憲法改正。日本にとってなぜ前者は「天
国」、後者は「地獄」になるのか?


・難問TPPにどう対処すべきか?


・日本のエネルギー自給率を100%にする方法とは?


・日本経済を復活させ、財政も再建する方法とは?


・核兵器を保有すれば、日本は自立できるのか……?

さて、首相に返り咲いた矢部は、はたしてプーチンの秘
策に従って「日本自立」を成し遂げられるだろうか……?

この本を読み終えたとき、あなたは「日本自立」までの
道筋 を、
完璧に理解できるようになっていることでしょう。


●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://amzn.to/2vIbBv3 )



↓●おたよりコーナーへ
================================================================


●Aさまからのメール↓


北野様

毎回有益な情報を無料で公開してくださり誠に感謝しております。

さてマーガリン、ショートニングは私も気にしていましたが、
もう1つ大きな食品リスクがあります。

ご存知かも知れませんがそれは残留農薬です。

一時ミツバチがいなくなったとニュースなどで取り上げられまし
たが、これも農薬の影響と言われています。

また、世界一農薬を使用しているのが日本と韓国で
この2つの国に共通しているのが自殺者数の高さです。

さらに、知的障害者が生まれる確率が最近多いように感じていま
したが、これも農薬が影響しているという話もあります。

メンタル面に影響を及ぼしている可能性が高 そうです。


健康のために食べている野菜で健康を害するようでは困りますね。

では失礼します。





↓●編集後記へ
================================================================



★★★【北野幸伯の本】


【6刷決定!】【アマゾン(社会・政治部門)1位!】


●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://amzn.to/2vIpBVC )



<プーチン本はいろいろ出ているが、これが独特で面白い。>

(立花隆 「週刊文春」2012年7月12日号)


「100年に1度の大不況」はプーチンのせいで起こった?!

今明かされる驚愕の裏真実!(証拠つき)

2003年、フセイン政権を打倒したアメリカは、次にロシアの石油利
権獲得を目指す。

ユダヤ系新興財閥ホドルコフスキーから、ロシア石油最大手「ユコ
ス」買収の約束をとりつけることに成功したのも束の間。

プーチンはホドルコフスキー逮捕を命じ、ロシアの石油をアメリカ
に渡さない決意を示した。

しかし、ホドルコフスキーの後ろには、ロスチャイルド家、ネオコン
の首領チェイニー米副大統領が・・ 。(証拠つき)

こうしてプーチン率いるKGB軍団と世界の支配者の壮絶な戦い
が開始された。

08年のロシア-グルジア戦争でピークに達した米ロの争い。

なぜ両国は和解し、関係を「再起動」することに合意したのか?

プーチンとメドベージェフの対立。

そして、プーチンを裏切ったメドベージェフの背後にいた勢力とは?

大統領に返り咲いたプーチンは、どのようにアメリカに「とどめを
刺す」のか?

豊富な資料と証拠で、あなたの世界観を一変させる真実の書。

「洗脳マトリックス」の心地よいぬるま湯につかっていたい方は、
決して読まないでください。危険です。



●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は → http://amzn.to/2vIpBVC )



↓●編集後記へ
================================================================


★編集後記


ロシアは、ずっと多民族の帝国でした。

それで、多民族の統治になれているのですね。

「強い手」で秩序を維持するのが基本です。



RPEジャーナル
北野幸伯


●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→ tjkitanojp●yahoo.co.jp 


▲迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。



▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事できませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4 、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★
自己責任で決定を下してください。



===========================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」


発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved. 358



アドレス変更・解除は http://www.mag2.com/m/0000012950.html



===========================================================

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎ロシア政治経済ジャーナル
のバックナンバーはこちら
http://archives.mag2.com/0000012950/index.html?l=yft0bd414b

◎ロシア政治経済ジャーナル
の配信停止はこちら
http://www.mag2.com/m/0000012950.html?l=yft0bd414b





この記事を拡散したいと思ったら、応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★ ★↑↑ 記事はここまで ↑↑★ ★



■国際関係アナリスト北野幸伯氏の無料メルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」

国際関係アナリスト北野幸伯氏の国際情勢の分析を、無料で読むことができます。

★まぐまぐ2015年総合大賞1位

数年前のバックナンバー記事を読むと、現在の国際情勢を正確に予知していることに驚きますよ

★このメルマガの無料購読申し込みは(バックナンバーも読むことができます)
http://www.mag2.com/m/0000012950.html





■終戦直後の日本人引揚者を襲う朝鮮人たち…「竹林はるか遠く」

朝鮮人の男たちが、藪の中へ女の人たちを引きずっていくのを見たし、若い女性に乱暴しているのも見たわ(111頁)。

彼ら(朝鮮人)は悦楽を求めて人々の間をよろよろ歩き、そして娘たちを見つける度に外へ引きずり出した。たびたび女たちの悲鳴が響いた。(118頁)。

また、朝鮮人が、日本人を殺したうえで金歯まで抜いている記述もある(129頁)。








■通州事件…盧溝橋事件発生から3週間後の1937年7月29日
北平(北京)東方の通州で中国保安隊による大規模な日本人虐殺事件が発生した■


夫を生きたまま腹を切り裂き…「これはおいしいぞ、日本人の腸だ、焼いて食べろ」…そうして、その妻である妊婦の腹を切り裂き胎児を取り出す。

それはこの男の人の頭の皮を学生が青竜刀で剥いでしまったのです。
頭の皮を剥いでしまったら、今度は目玉を抉り取るのです。このときまではまだ日本の男の人は生きていたようですが、この目玉を抉り取られるとき微かに手と足が動いたように見えました。









関連記事