ソウル独立門の由来に 現地朝鮮人の若者「日本からだ!」⇒正解は中国   自国の歴史も知らない朝鮮人達


まず、ポチッと応援クリックお願いします m(_ _)m



国際政治・外交 ブログランキングへ









◆ソウル独立門の由来に現地若者「日本からだ!」→正解は中国


井沢元彦氏は1954年、名古屋生まれ。週刊ポストに連載中の『逆説の日本史』は シリーズ累計440万部を突破した 。10月より小学館のウェブマガジン『BOOK PEOPLE』にて『逆説の世界史』も連載中の井沢氏が、朝鮮半島の過去現在未来を、東アジア流転の歴史から読み解いている。

* * *

朝鮮半島の国家は歴史的に「つらい」国であった。
日本のように海に囲まれておらず、中国と陸続きであるから、 何かと中国が戦争を仕掛けて来る。

七世紀高句麗や百済は唐に抵抗したが、新羅の金春秋(武烈王)は結局 唐の臣下(新羅国王)となってライバルを滅し半島を統一する道を選んだ。

これ以後、半島の国家は新羅であれ高麗であれ朝鮮であれ、すべて「国王」すなわち中国皇帝の臣下であった。 それが歴史上のまぎれもない事実だ。



注:朝鮮人が日本の天皇陛下の事を「日王」と言うのは、日本の天皇はシナ皇帝の臣下であった…と、歴史を捏造して日本の天皇を侮辱しているのである。


だからこそ、日本が清との日清戦争に勝って、下関条約で中国に初めて「朝鮮国の独立」を認めさせた時、これで長年にわたる屈辱から解放されたと喜んだ朝鮮人は、欣喜雀躍して独立門を建てた。これが今も大韓民国ソウル特別市にある独立門だ。

つまりこれは「中国からの独立」を記念して建てられたものであり、 朝鮮人もそれを明確に意識していたということなのだ。

現在ある場所に建てられたのも理由がある。
ここは、迎恩門といい、朝鮮歴代の王が中国皇帝の使者を迎えるにあたって土下座以上の屈辱的な三跪九叩頭の礼をさせられていた場所なのである。 骨の髄まで中国文化(儒教文化)に染まっていた朝鮮は漢民族の国家である明が滅ぼされ 遊牧民族が清を建てた時、「野蛮人には従えない」と明に義理立てした。

怒った清は朝鮮に「征伐軍」を送り、朝鮮の仁祖王を追い詰め「土下座(正確には三跪九叩頭礼)」をさせて服属させた。これは「神話」ではない、事実である。

しかも、清国皇帝は「お前たち朝鮮人を滅ぼさないで済ませてやったのだぞ。 恩義と思え」と強制し、歴代国王に三跪九叩頭礼を強制した。

その場所が「迎恩門」なのである。


日本が清に勝ち、朝鮮の独立を認めさせた時、まず朝鮮人たちが行なったことが 迎恩門の破壊であった。そして、募金によって独立門が建てられたのだ。

ところが、韓国の若い世代はこのことを知らない。

「有史以来、朝鮮半島の国は独立国家であった」などというデタラメが 学校で教えられているからだ。


独立門前で「この独立って、どこの国からの独立?」と質問すると、多くの若者はそんなことも知らないのかと憤慨しつつ「日本からに決まっているだろう」と答える。

しかし、そこで「でも、説明板を見てごらん。この独立門が建てられたのは一八九七年だ。

韓国併合は一九一〇年だし、光復(独立)は一九四五年だろう。 それ以前の話なんだよ」と言うと、彼等は絶句し思考停止してしまう。

週刊ポスト 2011年12月16日
http://www.news-postseven.com/archives/20111208_74172.html





cyonzotukoku1.jpg





zoltukoku.jpg




独立門
cyondokuritumon.jpg

日清戦争後に建てられた「独立門」、なぜ独立なのかは、清から独立したからです。

で、その前にある石柱が残っているでしょ?


cyondokuritu2.jpg



cyondokuritu44.jpg
迎恩門

清皇帝から受けた恩に、感謝して迎えるために作った門

ここで朝鮮王は、9回頭を地面に叩きつけて、ひれ伏し、清の使者を迎えました



69119.jpg






cyonahohhh.jpg


『三田渡碑(さんでんとひ、サムジョンドビ、Samjeondo-bi)』 (大清皇帝功徳碑(だいしんこうていこうとくひ))
1963年に洪水で流されたが、ソウル特別市松坡区石村洞 289-3に復元された。


『三田渡碑』丙子胡乱で朝鮮が負けた時に、朝鮮王が清国皇帝に服従を誓った記念碑。


大意

愚かな朝鮮王は、偉大な清国皇帝に逆らった。
清国皇帝は愚かな朝鮮王をたしなめ、己の大罪を諭してやった。
良心に目覚めた朝鮮王は自分の愚かさを猛省し、偉大な清国皇帝の臣下になることを誓った。
我が朝鮮はこの清国皇帝の功徳を永遠に忘れず、
また清国に逆らった愚かな罪を反省するために、この石碑を建てることにする。




和議の内容

朝鮮は清国に対し、臣としての礼を尽くすこと。
朝鮮は明の元号を廃し、明との交易を禁じ、
明から送られた誥命と明から与えられた朝鮮王の印璽を清国へ引き渡すこと。
王の長子と次男、および大臣の子女を人質として送ること。
清国が明を征服する時には、求められた期日までに、遅滞なく援軍を派遣すること。
内外(清国)の諸臣と婚姻を結び、誼を固くすること。
城郭の増築や修理については、清国に事前に承諾を得ること。 
清国皇帝の誕生日である聖節・正朔である正月一日・冬至と慶弔の使者は、明との旧例に従って送ること。
清国が鴨緑江の河口にある島を攻撃する時に、兵船五十隻を送ること。
清国からの逃亡者を隠してはいけない。
日本との交流を許すこと。
清国に対して黄金100両・白銀1000両と20余種の物品を毎年上納すること。


aho1.jpg


http://f17.aaacafe.ne.jp/~kasiwa/korea/photo/dependency.html



mandai1.jpg
cyonseitai.jpg
dojin.jpg


13.jpg

cyondojin1.jpg





世界中探してもおそらく朝鮮人ほど恥ずかしい民族はいないでしょう。

朝鮮人は紀元前2世紀の考古学的に立証できる衛氏朝鮮の建国以来、常に中国(当時は漢)の支配下にありその衛氏朝鮮が100年足らずで漢の武帝に滅ぼされると漢が楽浪郡などの直轄地を置いて漢民族の直接 支配を受け、その後独立国家を造った新羅は唐の属国であり、その後を継いだ高麗は宋に朝貢してその庇護を受けざるを得なかった。しかも高麗末期にはモンゴル国家である元に征服され代々の国王は元の皇女を妃としその間に生まれた皇子は、元の宮廷で養育されると言う惨めなありさまであった。

その後モンゴルからの独立に成功するが、その為の戦に功のあった李氏が政権を簒奪して李氏朝鮮を成立させた。しかしこの李氏朝鮮も国家を維持する為には当時の中国の国家である明に服属せざるを得ず 明から冊封されてようやく朝鮮王として認められた。

しかも中国に対する忠誠心を表わすために前政権の高麗の国教であった仏教を排撃して中国の土着の教えである儒教を国教とした。16世紀末には豊臣秀吉の侵攻により滅亡寸前にまで追い込まれたが明の援助によりかろうじて生きながらえたが国力は疲弊しきっていた。 そして17世紀初頭に満州の女真族に破れ女真族を兄、朝鮮を弟とする条件を飲んで降伏した。

ところが10年もたたないうちに清と国号を変えた女真から明への出兵を命じられると、これに逆らって清と交戦しあっけなく敗れる。この時の清との講和の条件は次のような悲惨なものだった。

  1 明と断交して清に服従すること
  2 朝鮮王子を人質として送ること
  3 莫大な賠償金を支払うことと毎年清に対し貢物を贈ること
  4 朝鮮国王自らが清の使節を土下座して迎えること

しかもこの敗戦の証としてソウル近郊に建立された三田渡碑には、「 愚かな朝鮮王は偉大な清国皇帝に逆ったが清国皇帝はこの大罪を許してやった。朝鮮国王は、自らの愚かさを反省し、清国皇帝の臣下になることを誓った。」などと刻まれ、 この碑は日清戦争で日本が清を破って朝鮮を解放するまで立てられていた。

朝鮮人が好んで引用する儒教の教えに基づく父子、兄弟関係などというのは17世紀以後、満州族などに蹂躙されその満州族から弟分扱いされた自国の恥ずかしい歴史を誤魔化してあたかも漢民族との間で平穏な冊封関係の下で国王として 品位を保ってきた振りをする為の寝言に過ぎない。




ポチッと応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★完全定額制で、安心して利用できる★
老舗の出会い系サイト「ラブサーチ」[18歳以上]



★超大型出会いのコミュニティーサイト!★
日本最大級の会員を誇り、皆様に出会いを提供し続けて20年の歴史を持ち、
信頼され続けているハッピーメール!会員登録無料(18禁)



★ライブドア運営の出会い応援サイトYYC★
ライブドアが運営しているので出会い系サイトに登録するのが不安な人にもオススメです









関連記事