FC2ブログ

【移民 難民問題】ドイツで難民申請中に14歳の少女を暴行・殺害、イラクに逃亡した男を拘束・送還

2018年6月10日 15:40 発信地:フランクフルトアムマイン/ドイツ

【6月10日 AFP】イラク北部クルド人自治区当局とドイツの報道によると、ドイツで難民認定申請中に14歳の少女に性的暴行を加えて殺害した男が、逃亡先のイラク北部で8日に身柄を拘束された。男はドイツに送還され、9日にフランクフルトに到着した。

 アリ・バッシャール(Ali Bashar)容疑者(20)は、ドイツのウィースバーデン(Wiesbaden)でスザナ・マリア・フェルトマン(Susanna Maria Feldman)さん(当時14)をレイプした後、首を絞めて殺害したことを認めている。バッシャール容疑者が家族と共に国外逃亡していたと認めたことで、ドイツ国内では激しい怒りの声が上がっていた。

 ドイツメディアの報道によると、イラクとドイツは正式な犯罪人引き渡し条約を結んでいないが、バッシャール容疑者はクルド人自治区の中心都市アルビル(Arbil)からルフトハンザ航空(Lufthansa)の便でフランクフルトに送還された。

 警察によると、バッシャール容疑者はフランクフルトで取り調べを受け、ヘリコプターで近隣のウィースバーデンの警察署に移送されることになっている。

 この事件を受けて、2015年の欧州難民危機のさなかに国境を開放し100万人以上の難民認定希望者をドイツに入国させたアンゲラ・メルケル(Angela Merkel)政権に対する反発がいっそう強まっている。

 バッシャール容疑者は2015年、両親と5人のきょうだいと共にドイツに入国した。2016年12月に難民認定申請が却下されたが、異議申し立てに対する判断が出るまでの一時滞在許可を得た。この一時滞在期間中に、バッシャール容疑者はけんか、強盗の容疑、法律で禁じられている飛び出しナイフの所持などで何度か警察の厄介になった。

 バッシャール容疑者には同じ難民収容施設で暮らしていた11歳の少女に他の容疑者らと共に性的暴行を働いた容疑も掛けられている。

http://www.afpbb.com/articles/-/3177935?act=all
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/4/b/1000x/img_4b668f1d51e6621aafcdd920d4ae39c1150351.jpg



この記事を拡散したいと思ったら、応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★ ★↑↑ 記事はここまで ↑↑★ ★



■国際関係アナリスト北野幸伯氏の無料メルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」

国際関係アナリスト北野幸伯氏の国際情勢の分析を、無料で読むことができます。

★まぐまぐ2015年総合大賞1位

数年前のバックナンバー記事を読むと、現在の国際情勢を正確に予知していることに驚きますよ

★このメルマガの無料購読申し込みは(バックナンバーも読むことができます)
http://www.mag2.com/m/0000012950.html





■終戦直後の日本人引揚者を襲う朝鮮人たち…「竹林はるか遠く」

朝鮮人の男たちが、藪の中へ女の人たちを引きずっていくのを見たし、若い女性に乱暴しているのも見たわ(111頁)。

彼ら(朝鮮人)は悦楽を求めて人々の間をよろよろ歩き、そして娘たちを見つける度に外へ引きずり出した。たびたび女たちの悲鳴が響いた。(118頁)。

また、朝鮮人が、日本人を殺したうえで金歯まで抜いている記述もある(129頁)。








■通州事件…盧溝橋事件発生から3週間後の1937年7月29日
北平(北京)東方の通州で中国保安隊による大規模な日本人虐殺事件が発生した■


夫を生きたまま腹を切り裂き…「これはおいしいぞ、日本人の腸だ、焼いて食べろ」…そうして、その妻である妊婦の腹を切り裂き胎児を取り出す。

それはこの男の人の頭の皮を学生が青竜刀で剥いでしまったのです。
頭の皮を剥いでしまったら、今度は目玉を抉り取るのです。このときまではまだ日本の男の人は生きていたようですが、この目玉を抉り取られるとき微かに手と足が動いたように見えました。











関連記事