FC2ブログ

【ロシア政治経済ジャーナル】日朝首脳会談の【 罠 】

RPE Journal==============================================



       ロシア政治経済ジャーナル No.1777


               2018/6/19


===========================================================

日朝首脳会談にむけた準備がはじまっているそうです。


★日朝首脳会談の【 罠 】


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


米朝首脳会談が終わり、今度は日朝首脳会談の話が進んでいる
ようです。




<日朝会談へ本格調整 正恩氏「首相と会ってもよい」

産経新聞 6/14(木) 7:55配信

12日の米朝首脳会談で、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン
)朝鮮労働党委員長がトランプ米大統領に対して「安倍晋三首
相と会ってもよい」と述べていたことが13日、分かった。

これを受け、日本政府は日朝首脳会談の本格調整に入った。>



この話、すでに大々的に報じられていますので、皆さんご存知
でしょう。

今回は、この会談の注意点について書きます。



▼「キッシンジャーファクター」を心配する必要は、もうない



日本政府が日朝首脳会談の話をはじめたのは、3月です。

トランプが3月8日、日本に何の相談もなく、突然「金に会う!
」といいだした。

それで、「傷ついた」日本政府が、「じゃあ、俺も会う!」と
主張しはじめた。

一種の「対抗心」ですね。


実をいうと、日本は46年前、アメリカを激怒させた前例が
あります。

冷戦時代の初期、アメリカは共産党の一党独裁国家・中華
人民共和国を敵視していた。

しかし1970年代初め、強大化するソ連に対抗するため、中
国との和解を決断します。

71年、時の大統領ニクソンは「中国から訪問要請があり、
それを了承した」と発表。

このときもアメリカ政府は日本に何の相談もせず、日本側
が発表内容を知らされたのは、発表の15分前だった。

当然、日本政府は大きな衝撃を受けます。

ニクソンは72年2月、歴史的な訪中を果たしました。

一方、日本では同年7月、田中角栄が総理大臣に就任。

彼は、同年9月に訪中。

「アッ」という間に「日中国交正常化」を成し遂げてしまっ
た。

ちなみに米中国交正常化が実現したのは、7年後の79年。


米中和解を主導してきたキッシンジャー大統領補佐官は、ア
メリカを「出し抜いた」日本に激怒。


「ジャップは最悪の裏切り者!」


と絶叫したことが、明らかになっています。

共同通信2006年5月26日から。


<「ジャップは最悪の裏切り者」(解禁された米公文書より
)72年にキッシンジャー氏

【ワシントン26日共同】ニクソン米大統領の中国訪問など197
0年代の米外交政策を主導したキッシンジャー大統領補佐官
(後に国務長官)が72年夏、田中角栄首相が訪中して日中国
交正常化を図る計画を知り


「ジャップ(日本人への蔑称(べっしょう)」


との表現を使って日本を「最悪の裏切り者」と非難していた
ことが、26日までに解禁された米公文書で分かった>



この「日本嫌い」のキッシンジャー。

90歳をとっくに超えた今も、なんとトランプさんの「最高顧
問」的立場にある。

それで私は3月、「田中角栄の過ちを繰り返すな!」と何度も
書いてきました。

幸い安倍総理は、トランプを出し抜いてキッシンジャーを怒
らせることがなかった。

そして、6月12日、「歴史的」米朝首脳会談が行われた。

ですから、日本はもう、「キッシンジャーファクター」を考
える必要がなくなったのです。



▼なぜ、金は日朝首脳会談に前向きになったのか?



これはやはり、「トランプが金にいったから」でしょう。

というのも、金にとって、トランプとの関係は、「命がかかっ
た」問題です。

トランプとの関係がよければ、彼は北朝鮮を統治しつづけ、長
生きし、安らかな死を迎えることができるかもしれない

逆に、トランプとの関係が破壊されれば、彼は、フセイン、カ
ダフィのように惨殺される可能性が高い。

だから、トランプから、「拉致問題なんとかしてくれ」といわ
れたら、「わかりました」といわざるを得ない。



<米朝首脳会談で、トランプ氏は「完全な非核化を実現すれば
経済制裁は解くが、本格的な経済支援を受けたいならば日本と
協議するしかない」との旨を金氏に説明。

その上で「安倍首相は拉致問題を解決しない限り、支援には応
じない」と述べたとされる。

この説明を受け、金氏は、安倍首相との会談に前向きな姿勢を
示したという。>

(産経新聞6月14日)



面白いですね。

アメリカは「制裁を解くことができる」。

しかし、「経済支援は、日本から受けとってくれ」と。

そのためには、「拉致問題を解決しなければならない」と。

トランプさんらしいです。



▼日朝首脳会談の【 罠 】



これから書く部分、安倍総理には、よく自覚していただきたい
と思います。

日朝首脳会談には、【 罠 】があるのです。



まず、大人の私たちは、「無料で拉致被害者が返ってくる」と
は思わないでしょう?

非常に理不尽ですが、「身代金」を払う必要がある。

もちろん「身代金」とはいわずに、「経済支援」といいます。


ところが、日本は現段階で、「経済支援」をすることができま
せん。

なぜでしょうか?


北が「対話路線」になったのは、「制裁が効いて苦しくなった
からだ」といいます。


北から「拉致被害者を返すから、経済支援してくれ」と提案さ
れ、日本が同意したとします。

そして、日本は、実際に経済支援を実施した。

すると、北朝鮮経済は潤って、どうなります?


「金が入ってくるようになったから、非核化や~~めた!」


となるでしょう。

すると、「日本のせいで、核のディールはぶち壊しだ!」と
なってしまう。

(そして、北が核を保有しつづければ、日本も困ります。)



▼動けない日本



金正恩は、これまでの北朝鮮の「成功例」を繰り返している。

つまり、「非核化を約束し、制裁を解除させ、経済支援をうけ
とり、核兵器は保有しつづける」。


安倍総理が、金と会った。

金はいいます。


「調査した結果、生存している拉致被害者が見つかった。

日本に帰国させる準備があるが、つきましては、金ください」


こういわれたときに、はたして安倍総理は「大局にたって」

「まだ経済支援はできない、非核化が実現してから支援する
ことは約束できる!」

といえるでしょうか?

ここが最重要ポイントであり、この部分が北朝鮮の【 罠 】
なのです。


拉致被害者の帰国が実現されること。

これは、まさしく全国民の悲願でしょう。

しかし、そのために、金に金(かね)を与えれば、彼は元気に
なり、

トランプに、「せっかく作った核を放棄するか、老いぼれ!」

などといい、「ディール」を破棄するかもしれない。


その時、キッシンジャーは、「ジャップは今も昔も裏切り者!」
と絶叫し。

トランプは、「シンゾーのせいでディールはぶち壊しだ!」と
嘆くことでしょう。


そして、北が核保有をつづけると、日本もとても困ります。



▼まとめ



ここまでの話、まとめてみましょう。


・金が安倍さんに会いたがっているのは、金(かね)が目当て
である


・しかし、「拉致被害者を返す」といわれても、現段階で経済
支援してはならない


・経済支援をすれば、金は余裕ができ、「やはり苦労して手に

入れた核を放棄することはできない!」と宣言するかもしれな



・そうなると、「シンゾーのせいでディールはぶち壊しだ!」
となってしまう


では、どうすればいいのでしょうか?

一番いいのは、非核化が終わるまで、会わないことです。

非核化が終わった後なら、会えばいい。

そして、金が「経済支援してくれ!」といってきたら、

「拉致被害者を全員返してくれたら、喜んでいたしましょう」
といえばいい。


ところで、安倍総理が金に会いたい件について、「選挙対策だ
」という声を耳にします。

ホントかわかりませんが、そうだとしたら愚かなことです。

なぜ?

この問題の結果は、大きく二つしかないからです。


1、安倍さんは、経済支援を拒否し、拉致被害者は戻ってこない


2、安倍さんは、経済支援を約束し、拉致被害者が返ってくる

金は日本から金(かね)を得て余裕ができ、核兵器保有継続を
決意。

トランプの「非核化ディール」はぶち壊しになる。


というわけで、私は「日朝首脳会談」を勧めません。

もし、「拉致被害者を返すから、経済支援を」とオファーされ、

「非核化が実現するまで無理です」と断れば?

日本のマスコミは、「千載一遇のチャンスを逃し、拉致被害者

を見捨てた冷酷非道な安倍!」と叩くでしょう。


もし、経済支援を約束し、拉致被害者を取り戻せば、

「安倍のせいで、金は核をもちつづける余裕ができた!

大局を読めない、ダメ首相だ!」

と叩くでしょう。


というわけで、会わないのが一番いい。

しかし、それでも会うという話になれば、


「核兵器、ミサイル廃棄、拉致被害者帰国。

この三つが成った暁には、経済支援を実施します。

北朝鮮が、東アジアのシンガポールになるのを全面的に支援し
ましょう!」


などと、「原則論」でいくことをお勧めします。

====

世の中、ホント、「狐とタヌキの騙し合い」ですね。

どこに真実があり、どこにウソがあるのでしょうか?

知りたい方は、こちらをご一読ください。

全部わかります。





●中国に勝つ日本の大戦略

(詳細は→ http://amzn.to/2iP6bXa  )



▼お勧め本コーナーへ
================================================================



【北野幸伯の秘密本】


●クレムリン・メソッド ~世界を動かす11の原理

(詳細は → http://amzn.to/2vHKRuM  )


「あなた自身が、世界の未来を知る方法」に関する本です。


「北野がその分析手法を暴露した!」ということで、大さ
わぎになりました。

この本を何回か読むと、自然と未来が見えるようになって
しまいます。

だまされたと思って、是非ご一読ください。


●クレムリン・メソッド ~世界を動かす11の原理

(詳細は → http://amzn.to/2vHKRuM  )



↓●「お勧め本コーナー」へ
================================================================


★北野の「お勧め本」コーナー


私が非常に尊敬する伊勢雅臣先生の著作群です。

伊勢先生の本を何度も読み返すことで、

すべてが好転しはじめます。

まだの方は、迷うことなく、ご一読ください。


●日本人として知っておきたい皇室の祈り → http://amzn.to/2no1TbF

●世界が称賛する 日本の教育 → http://amzn.to/2k9Jcqk

●世界が称賛する日本の経営 → http://amzn.to/2karByr

●世界が称賛する
日本人が知らない日本  → http://amzn.to/2k7r806

●世界が称賛する国際派日本人  → http://amzn.to/2kamrml



↓●おたよりコーナーへ
================================================================


【北野幸伯の激面白本】


●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://amzn.to/2vIbBv3 )


「日本自立本」の決定版!


最初から最後まで、徹底的に具体的・現実的!


これで、「日本が自立する方法」を完璧に理解できます。

09年9月、アメリカに嵌められたロシア・ベド大統領は、プ
ーチン首相を解任した。

命の危険を感じたプーチンは、日本に政治亡命する。

日本柔道界に保護され、稽古に励むプーチン。


しかし、日本政界は、彼を放っておかなかった。


行列をなして彼のもとへ訪れる日本の政治家たち。


その中に、再起を誓う矢部元首相の姿があった。

プーチンは、90年代アメリカの属国だったロシアを、どうや
って「自立」させることに成功したのか?


懇願する矢部に 、ついにプーチンは口を開き、その「秘密」
を語りはじめた。


「プーチン最強講義」の内容は?

・中国から尖閣・沖縄を守り、かつアメリカからの自立も成
し遂げる方法とは?


・集団的自衛権と憲法改正。日本にとってなぜ前者は「天
国」、後者は「地獄」になるのか?


・難問TPPにどう対処すべきか?


・日本のエネルギー自給率を100%にする方法とは?


・日本経済を復活させ、財政も再建する方法とは?


・核兵器を保有すれば、日本は自立できるのか……?

さて、首相に返り咲いた矢部は、はたしてプーチンの秘
策に従って「日本自立」を成し遂げられるだろうか……?

この本を読み終えたとき、あなたは「日本自立」までの
道筋 を、
完璧に理解できるようになっていることでしょう。


●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://amzn.to/2vIbBv3 )



↓●おたよりコーナーへ
================================================================


●美雉さまからのメール↓


北野様

お返事ありがとうございます。

美雉です。

メルマガにて、ロシアで実際にあったことを知り、よく理解しました。

私の仕事は多岐に渡りますが、その中に外国人留学生への日本語教育もあります。

最近、日本語教育の仕事が増えてきて、本業にしているつもりの中国語教育より多くなってしまいそうな勢いです。

根をあげず、日本語教育の方も、しっかり取り組んでいきたい、と決意を新たにしました。

これからも、ロシア政治経済ジャーナルを楽しみにしております。




↓●編集後記へ
================================================================



★★★【北野幸伯の本】


【6刷決定!】【アマゾン(社会・政治部門)1位!】


●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://amzn.to/2vIpBVC )



<プーチン本はいろいろ出ているが、これが独特で面白い。>

(立花隆 「週刊文春」2012年7月12日号)


「100年に1度の大不況」はプーチンのせいで起こった?!

今明かされる驚愕の裏真実!(証拠つき)

2003年、フセイン政権を打倒したアメリカは、次にロシアの石油利
権獲得を目指す。

ユダヤ系新興財閥ホドルコフスキーから、ロシア石油最大手「ユコ
ス」買収の約束をとりつけることに成功したのも束の間。

プーチンはホドルコフスキー逮捕を命じ、ロシアの石油をアメリカ
に渡さない決意を示した。

しかし、ホドルコフスキーの後ろには、ロスチャイルド家、ネオコン
の首領チェイニー米副大統領が・・ 。(証拠つき)

こうしてプーチン率いるKGB軍団と世界の支配者の壮絶な戦い
が開始された。

08年のロシア-グルジア戦争でピークに達した米ロの争い。

なぜ両国は和解し、関係を「再起動」することに合意したのか?

プーチンとメドベージェフの対立。

そして、プーチンを裏切ったメドベージェフの背後にいた勢力とは?

大統領に返り咲いたプーチンは、どのようにアメリカに「とどめを
刺す」のか?

豊富な資料と証拠で、あなたの世界観を一変させる真実の書。

「洗脳マトリックス」の心地よいぬるま湯につかっていたい方は、
決して読まないでください。危険です。



●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は → http://amzn.to/2vIpBVC )



↓●編集後記へ
================================================================


★編集後記


モスクワで、スズメの数が急減しています。

調べてみると、世界中で起こっている現象なの
ですね。

心配です。


RPEジャーナル
北野幸伯


●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→ tjkitanojp●yahoo.co.jp 


▲迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。



▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事できませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4 、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★
自己責任で決定を下してください。



===========================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」


発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved. 358



アドレス変更・解除は http://www.mag2.com/m/0000012950.html



===========================================================

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎ロシア政治経済ジャーナル
のバックナンバーはこちら
http://archives.mag2.com/0000012950/index.html?l=yft0bd414b

◎ロシア政治経済ジャーナル
の配信停止はこちら
http://www.mag2.com/m/0000012950.html?l=yft0bd414b

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




この記事を拡散したいと思ったら、応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★ ★↑↑ 記事はここまで ↑↑★ ★



■国際関係アナリスト北野幸伯氏の無料メルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」

国際関係アナリスト北野幸伯氏の国際情勢の分析を、無料で読むことができます。

★まぐまぐ2015年総合大賞1位

数年前のバックナンバー記事を読むと、現在の国際情勢を正確に予知していることに驚きますよ

★このメルマガの無料購読申し込みは(バックナンバーも読むことができます)
http://www.mag2.com/m/0000012950.html





■終戦直後の日本人引揚者を襲う朝鮮人たち…「竹林はるか遠く」

朝鮮人の男たちが、藪の中へ女の人たちを引きずっていくのを見たし、若い女性に乱暴しているのも見たわ(111頁)。

彼ら(朝鮮人)は悦楽を求めて人々の間をよろよろ歩き、そして娘たちを見つける度に外へ引きずり出した。たびたび女たちの悲鳴が響いた。(118頁)。

また、朝鮮人が、日本人を殺したうえで金歯まで抜いている記述もある(129頁)。








■通州事件…盧溝橋事件発生から3週間後の1937年7月29日
北平(北京)東方の通州で中国保安隊による大規模な日本人虐殺事件が発生した■


夫を生きたまま腹を切り裂き…「これはおいしいぞ、日本人の腸だ、焼いて食べろ」…そうして、その妻である妊婦の腹を切り裂き胎児を取り出す。

それはこの男の人の頭の皮を学生が青竜刀で剥いでしまったのです。
頭の皮を剥いでしまったら、今度は目玉を抉り取るのです。このときまではまだ日本の男の人は生きていたようですが、この目玉を抉り取られるとき微かに手と足が動いたように見えました。












関連記事