FC2ブログ

【ロシア政治経済ジャーナル 】外国人労働者の賃金を上げろ!にまつわるパラドックス

RPE Journal==============================================



       ロシア政治経済ジャーナル No.1787


               2018/6/29


===========================================================

安倍総理は、外国人労働者の賃金を、会社平均まで
上げるように!と主張しています。

これ、誰にとってよいことなのでしょうか?

★外国人労働者の賃金を上げろ!にまつわるパラドックス


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。



(●米朝首脳会談後、北朝鮮の「中国属国化」が進んでいます。
なぜそうなっているのでしょうか?
いますぐこちらをご一読ください。

https://diamond.jp/articles/-/173369
(●スマホ、携帯で読めない場合は、PCでお試しください。)



では、本題。

安倍総理は、「外国人労働者の賃金を、職場の平均賃金まで引
き上げる」方針を示しました。




<首相、外国人労働者の賃金確保表明…党首討論

読売新聞 6/27(水) 22:15配信

安倍首相は27日の党首討論で、国内の外国人労働者の処遇に
ついて、受け入れ先の職場の平均賃金を保証すべきだとの考え
を表明した。

外国人労働者の不当な処遇を防ぐとともに、外国人受け入れに
伴って日本人が職にあぶれたり、賃金水準が低下したりしない
ようにする狙いがある。>



この記事を読んで、「外国人より、もっと日本人を大切にしろ
!」と思われた方はいますか?

しかし、実をいうとこれ、まさに「日本人にとって」とてもよ
いことなのです。


ある会社に二人の男性が面接にきました。

一人は日本人。

もちろん、日本語ネイティブで、ペラペラです。

もう一人は、日本語カタコトの外国人です。


ところが、この会社は、外国人を採用しました。

なぜ?

日本人は、「時給1000円」を要求した。

一方、外国人は、「時給500円でいい」といった。

それで採用されたのです。


こういうことがつづくと、そのうち低い賃金水準がスタンダー
ドになってしまいます。

最初は、「日本人は1000円、外国人は500円」だったのが、い
つの間にか、

「日本人も500円、外国人も500円」になってしまう。


それで、日本人の賃金水準が下がっていきます。


もう一つ、「労働市場に、毎年何十万人も新しい労働力が供給
される」という問題もありますね。

(安倍総理は、50万人の外国人労働者を受け入れると宣言して
いる。)


この受け入れの件はともかく、「外国人の賃金を、職場の平均
にあわせる」という話。

これが実行されるとどうなるでしょうか?


日本人と、日本語カタコトの外国人が面接にきた。

会社は、日本語カタコト外国人を500円で雇うことができませ
ん。

日本人と同じ給料で雇わなければならない。

するとどうなります?

面接している人は、「そりゃあ日本語ペラペラの方がいいよ
な」となり、

日本人を採用するでしょう。


このように、「日本人と外国人の賃金水準を同じにすること」
は、日本語ネイティブの日本人を有利になるのです。



▼賃金差別は、外国人の犯罪を増やす



以前にも書きました。

私が使っている洗車場で働いているのは、ほとんどタジキス
タン人です。

あるタジキスタン人が私にいいました。


「他人の車を一日何十台洗っても、全然金はたまらない。

俺の麻薬売ってる友達たちは、皆リッチに暮らしているのに。

友達は、いつも『一緒にやろう!リッチに暮らそう!』と誘う。

俺は、麻薬の密売は、アラーの意志に反していると思うから
やらなかったが、誘惑に負けそうになることがあるんだ・・・」



ちなみに、ロシアで流通している麻薬は、アフガンから入り、

中央アジアの人たちが売っているそうです。


こういうことは、日本でもありえます。

普通の人は、法律を守りたいし、犯罪もしたくありません。

しかし、いくら働いても、食べることしかできない水準がつづ
くと、「違法でも儲かる」方に流れやすくなる。


「日本人と外国人の賃金水準を同じにする」

とどうなるでしょうか?

「厳格に実行されたら」と仮定して考えます。


まず第一に、日本語を話せない外国人は、仕事につきにくくな
るでしょう。

つまり、「日本語をペラペラ話す」というだけで、日本人が有
利になります。


第二に、日本語をペラペラ話す外国人の給料は上がるでしょう。

そのことは、彼らがシャドウサイドに流れるのを防ぎます。


第三に、日本が極端な格差社会になるのを防ぎます。



モスクワの状況を見てみましょう。

朝起きて家を出る。

道路の清掃をしているのは、皆中央アジアの人達です。

スーパーに入ると、従業員の多くは、中央アジアの人達です。
(ロシア人も、たまにいる。)

建設現場で働いているのは、ほとんどが中央アジアの人達です。

タクシーの運転手をしているのは、ほとんどが中央アジアかコ
ーカサスの人たちです。(ロシア人もたまにいる。)


モスクワは、ロシア人と3K外国人労働者、移民でくっきりと
人生の明暗が分かれてしまいました。

そして、ロシア人は、「移民が多すぎる。イスラム教徒だらけ
だ!」と憤り、

3K外国人労働者は、差別を感じるのと長時間低賃金労働に怒
りを感じています。


私は、日本人ということで、中央アジアやコーカサスの人たち
とも気楽に話すことができます。

打ち解けてくると、彼らが口にするのは、ロシアやロシア人に
対する静かな怒り、憎しみです。

ロシア人はロシア人で、「なら、来るな!俺はおまえたちを呼
んでない!」と憤っている。


ちなみほとんどのロシア人も中央アジア人も、話してみると善
良な人達です。

間違った政策が、善良な人達同士を対立させているのです。



▼日本語試験の導入を



以前にも書きましたが、ロシア人と3K労働者、3K移民の対立
は、

居住権の取得に「ロシア語」「ロシア史」「ロシア法」のテス
トを必須にした後、沈静化しました。

それで、日本でも、少なくとも仕事で来る人たちは、「日本語
テスト」を必須にすべきだと思います。


(結婚してくる人たちに関しては、「日本語が話せないから
」という理由で家族を引き離すことはできないでしょう。

たとえば男性が日本人。

奥さんアメリカ人で日本語ができない。

それでも、もちろん受け入れるべきですね。

その場合、彼女がきちんと日本語が話せるようになるよう、サ
ポートすることが必要。

実際、サポートする仕組みは、すでにあるようですが。)


どんどん話がそれていきますが、この件に関するメールをご紹
介しましょう。



<Oさまからのメール

北野様

こんばんは。

いつもモスクワでメルマガを読んでいます。

ロシア語の試験とロシアの歴史の試験が始まったと書いてあり
ましたが、ロシアの法律のテストもあります。

私はロシア人との国際結婚ですので、ロシア語の試験、ロシア
の歴史、ロシアの法律のテストを受けました。

国際結婚でも労働者と同じです。

試験は簡単でしたが、移民局のシステムが非常に大変でした。

まず、私の自宅から移民局まで片道100km離れています。

書類を提出する前日に翌日の予約を移民局へ行ってとらなけ
ればなりません。

夫の仕事が休みの日しか行けないため、土曜日に予約へ行き、
日曜日に書類を出すということを繰り返し、9回目にして書
類が受理されました。

2か月かかりました。

その後、半年の審査期間を経て一時居住権を取得できるので
すが、移民局の作業が遅くて、結局8か月待って取得できまし
た。

その間、90日間でビザが切れるため、日本とモスクワを往復
しました。


日本も日本語のテストと日本の法律(ゴミの出し方などの生
活の決まりなど)のテストを日本語で出題するべきだと思い
ます。

モスクワに住む前に外国人児童に日本語を教える仕事をして
いました。

私がその仕事を始めた2012年ごろは、出稼ぎで日本へ来た両
親の生活が落ち着き、自国に置いてきた我が子を日本へ呼び
寄せる形が多かったです。

そのため、両親は日本語がよくでき、子供は日本語が分から
ないという状態でした。

しかし、2015年になると、両親も子供も日本語が分からない
けれども、一か八か日本へ行ってみようという家族が増えて
きました。

そして、日本語が分かるようになってきた子供たちに訊いて
みると、中国では「日本で楽に暮らす方法」というような本
がバカ売れしているということでした。

それを読んで日本へ来たという子がいました。

この話を聞いた時、日本語の試験をした方がいいなあと思い
ました。

これからもメルマガを楽しみにしています。

そして、いつかモスクワ市内でばったり会える日があるかな
あと思っています。>



いかがでしょうか?

3K労働者、3K移民の問題は、本当に重大です。

アメリカでも欧州でも大問題になっている。

それで、「アメリカとメキシコの国境に万里の長城をつくる
!」と宣言したトランプのような男がアメリカの大統領にな
る。


日本政府は、善悪吟味せず、何でもかんでも欧米の真似をし
ますが、

もう少し欧米の悲惨な現状を勉強した方がいいと思います。

ーーーー

今回は、「外国人の賃金をあげると、日本人が得をする」とい
うパラドックスの話でした。

同じように、世界には、パラドックスが満ち溢れています。


「日本のために」と思ってやったことが、実は、「中国の罠だ
った」「中国が得をした」ということが多々あるのです。

どんな罠?

全部知りたい方は、こちらをご一読ください。





●中国に勝つ日本の大戦略

(詳細は→ http://amzn.to/2iP6bXa  )



▼お勧め本コーナーへ
================================================================



【北野幸伯の秘密本】


●クレムリン・メソッド ~世界を動かす11の原理

(詳細は → http://amzn.to/2vHKRuM  )


「あなた自身が、世界の未来を知る方法」に関する本です。


「北野がその分析手法を暴露した!」ということで、大さ
わぎになりました。

この本を何回か読むと、自然と未来が見えるようになって
しまいます。

だまされたと思って、是非ご一読ください。


●クレムリン・メソッド ~世界を動かす11の原理

(詳細は → http://amzn.to/2vHKRuM  )



↓●「お勧め本コーナー」へ
================================================================


★北野の「お勧め本」コーナー


私が非常に尊敬する伊勢雅臣先生の著作群です。

伊勢先生の本を何度も読み返すことで、

すべてが好転しはじめます。

まだの方は、迷うことなく、ご一読ください。


●日本人として知っておきたい皇室の祈り → http://amzn.to/2no1TbF

●世界が称賛する 日本の教育 → http://amzn.to/2k9Jcqk

●世界が称賛する日本の経営 → http://amzn.to/2karByr

●世界が称賛する
日本人が知らない日本  → http://amzn.to/2k7r806

●世界が称賛する国際派日本人  → http://amzn.to/2kamrml



↓●おたよりコーナーへ
================================================================


【北野幸伯の激面白本】


●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://amzn.to/2vIbBv3 )


「日本自立本」の決定版!


最初から最後まで、徹底的に具体的・現実的!


これで、「日本が自立する方法」を完璧に理解できます。

09年9月、アメリカに嵌められたロシア・ベド大統領は、プ
ーチン首相を解任した。

命の危険を感じたプーチンは、日本に政治亡命する。

日本柔道界に保護され、稽古に励むプーチン。


しかし、日本政界は、彼を放っておかなかった。


行列をなして彼のもとへ訪れる日本の政治家たち。


その中に、再起を誓う矢部元首相の姿があった。

プーチンは、90年代アメリカの属国だったロシアを、どうや
って「自立」させることに成功したのか?


懇願する矢部に 、ついにプーチンは口を開き、その「秘密」
を語りはじめた。


「プーチン最強講義」の内容は?

・中国から尖閣・沖縄を守り、かつアメリカからの自立も成
し遂げる方法とは?


・集団的自衛権と憲法改正。日本にとってなぜ前者は「天
国」、後者は「地獄」になるのか?


・難問TPPにどう対処すべきか?


・日本のエネルギー自給率を100%にする方法とは?


・日本経済を復活させ、財政も再建する方法とは?


・核兵器を保有すれば、日本は自立できるのか……?

さて、首相に返り咲いた矢部は、はたしてプーチンの秘
策に従って「日本自立」を成し遂げられるだろうか……?

この本を読み終えたとき、あなたは「日本自立」までの
道筋 を、
完璧に理解できるようになっていることでしょう。


●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://amzn.to/2vIbBv3 )



↓●おたよりコーナーへ
================================================================


●Yさまからのメール


北野様


 移民について仏教的な目から申し上げます。私としてはこの動きは歴史の潮のような流れであり、ならばそれを抑える事は人為的には可能
(つまり強い意志と制度)であると思います。しかし抑えて良いかはどうなのでしょうか?政治的・経済的な目は本題でないので申し上げません。
もっと学識の高い人々が散々議論しておりますから。

仏教的に言えば人が他人を苦しめようとしないかぎりは自他利生という共存共生です。そこには生まれや育ちでの差別は無い(あり得ませんが)
というベクトルの下に生きようと努める流れがあり続けます。それが制度を生み、法律を作ってそのルールで生きて行こうとするものです。
本当の人間の社会とはそのベクトルがないとならないとなりませんが、チャーチルが言ったように民主主義・資本主義は「利益誘導」という
本質的な欠点を解消できないし、それに変わるものをまだ人類は見つけておりません。

経済的な豊かさだけを追って来る人々、領土的野心の尖兵としてもぐりこむ人はもちろん共生の原則から外れてい るでしょう。しかし、止むに
止まれぬ人々(本国では生きて行くのがやっと、子供の教育も出来ない、結婚しても満足な家庭生活も営めない)という人々はどうなのでしょうか。
かつて日本の入管は法適用からイラン日本の混血家族を引き裂いて送還しました。例外は許さないという考えです。法の執行者としては満点でも
人としては落第です。官僚とはそういうものだと言えばお終いですが。人の血の通わない法執行は間違っていると大岡越前はじめとした過去の逸話
にも多々あります。

共存共生を考える移民ならどうでしょう。かつての百済の人々や中世までの自然移民であった大陸からの人々の日本への同化でしょう。もともと
日本に限らず民俗宗教 を基盤にした考えは他者との共生や憐れみの概念はありません。それが拡大して近代ですらも暴れたのがナチズムであったり、
今も世界中で悲劇を招いているものです。どんな現代の人々でもその本質的な民族性は当然ありますが、それは時として他者にとんでもない暴力を
ふるいます。民族と民族の接触にはその摩擦が必ず起きており、それはキリスト教・イスラム教・仏教でもその本道とまぎれて起こります。

共存共生を日本人はもう少し体感で分かっていると思います。長い儒教・仏教による徳育の素質と戦後民主主義の良い所を積極的に得て来た日本
ならば共存共生にベクトルを置いた道筋を見つける事は可能でしょう。最近もDNAの解析から日本人も大陸の人々と同じものである、つまりは元々は
一緒だったのなら可能でないはずはないのです。その共存共生を考えた法施行・制度などがあればきっと世界に稀に見る外国出身者と日本出身者
の共存社会が可能ではないでしょうか。私が危惧するのは日本の鎖国に近い入管制度他はおそらく外国人の流れを食い止める能力を発揮するでしょう。
しかしその時になってみてこの潮の流れを受入無かった為に日本と日本人がその存在理由も失って自然消滅しているとしたらどうでしょうか。それは
隣国による強制的な併合も含めてです。シロアリが閉鎖された社会で資源を食いつくして消滅するか、もっと強い生物に最後はトドメとして平らげられ
るかのようではないでしょうか。ながいアジアの歴史を見れば中華王朝が常にスーパーパワーでした。アヘン戦争以後のみが日本が中国以上
の地位を占めたに過ぎない歴史から考えると、しなやかで雪に折れない笹のような賢い対応が官民あげて問われているのではないかと思います。

仏道とは信仰の有無を言うのでなく、知恵に目覚めているかという事を問うものです。この知恵は社会の全ての知識、法・科・史・智・博・経の
ような事を指しているのでなくそれらとの付き合いと森羅万象の有限の中でどうあるべきかを言う全く違う知恵を指しています。分からずとも
それをまだ長い歴史から持っている日本は良い道を見つけ得ると思いたいのですがどうでしょうか。

かく言う私もロシア圏での仏道・武道の伝授を頼まれつつ、私の移住もいとわないながらそれが可能にならずもがいています。私においてもままならぬ
ものならば公においてはなおさら大変と思うものですが、多くの人の知恵と力の結集は過去多くの偉業を成し遂げました。移民についてはそれを期待するものです。
お互いにロシア語を学びそれぞれロシア圏の人々と北野様は肉親であり、私にとっては一番の親友達を得たという人生経験から様々な共感点を常に思う次第です。




↓●編集後記へ
================================================================



★★★【北野幸伯の本】


【6刷決定!】【アマゾン(社会・政治部門)1位!】


●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://amzn.to/2vIpBVC )



<プーチン本はいろいろ出ているが、これが独特で面白い。>

(立花隆 「週刊文春」2012年7月12日号)


「100年に1度の大不況」はプーチンのせいで起こった?!

今明かされる驚愕の裏真実!(証拠つき)

2003年、フセイン政権を打倒したアメリカは、次にロシアの石油利
権獲得を目指す。

ユダヤ系新興財閥ホドルコフスキーから、ロシア石油最大手「ユコ
ス」買収の約束をとりつけることに成功したのも束の間。

プーチンはホドルコフスキー逮捕を命じ、ロシアの石油をアメリカ
に渡さない決意を示した。

しかし、ホドルコフスキーの後ろには、ロスチャイルド家、ネオコン
の首領チェイニー米副大統領が・・ 。(証拠つき)

こうしてプーチン率いるKGB軍団と世界の支配者の壮絶な戦い
が開始された。

08年のロシア-グルジア戦争でピークに達した米ロの争い。

なぜ両国は和解し、関係を「再起動」することに合意したのか?

プーチンとメドベージェフの対立。

そして、プーチンを裏切ったメドベージェフの背後にいた勢力とは?

大統領に返り咲いたプーチンは、どのようにアメリカに「とどめを
刺す」のか?

豊富な資料と証拠で、あなたの世界観を一変させる真実の書。

「洗脳マトリックス」の心地よいぬるま湯につかっていたい方は、
決して読まないでください。危険です。



●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は → http://amzn.to/2vIpBVC )



↓●編集後記へ
================================================================


★編集後記



日本、ポーランドに負けちゃいましたね。

しかし、決勝進出できてよかったです。



RPEジャーナル
北野幸伯


●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→ tjkitanojp●yahoo.co.jp 


▲迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。



▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事できませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4 、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★
自己責任で決定を下してください。



===========================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」


発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved. 358



アドレス変更・解除は http://www.mag2.com/m/0000012950.html



===========================================================

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎ロシア政治経済ジャーナル
のバックナンバーはこちら
http://archives.mag2.com/0000012950/index.html?l=yft0bd414b

◎ロシア政治経済ジャーナル
の配信停止はこちら
http://www.mag2.com/m/0000012950.html?l=yft0bd414b

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



この記事を拡散したいと思ったら、応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★ ★↑↑ 記事はここまで ↑↑★ ★



■国際関係アナリスト北野幸伯氏の無料メルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」

国際関係アナリスト北野幸伯氏の国際情勢の分析を、無料で読むことができます。

★まぐまぐ2015年総合大賞1位

数年前のバックナンバー記事を読むと、現在の国際情勢を正確に予知していることに驚きますよ

★このメルマガの無料購読申し込みは(バックナンバーも読むことができます)
http://www.mag2.com/m/0000012950.html





■終戦直後の日本人引揚者を襲う朝鮮人たち…「竹林はるか遠く」

朝鮮人の男たちが、藪の中へ女の人たちを引きずっていくのを見たし、若い女性に乱暴しているのも見たわ(111頁)。

彼ら(朝鮮人)は悦楽を求めて人々の間をよろよろ歩き、そして娘たちを見つける度に外へ引きずり出した。たびたび女たちの悲鳴が響いた。(118頁)。

また、朝鮮人が、日本人を殺したうえで金歯まで抜いている記述もある(129頁)。








■通州事件…盧溝橋事件発生から3週間後の1937年7月29日
北平(北京)東方の通州で中国保安隊による大規模な日本人虐殺事件が発生した■


夫を生きたまま腹を切り裂き…「これはおいしいぞ、日本人の腸だ、焼いて食べろ」…そうして、その妻である妊婦の腹を切り裂き胎児を取り出す。

それはこの男の人の頭の皮を学生が青竜刀で剥いでしまったのです。
頭の皮を剥いでしまったら、今度は目玉を抉り取るのです。このときまではまだ日本の男の人は生きていたようですが、この目玉を抉り取られるとき微かに手と足が動いたように見えました。








関連記事