FC2ブログ

レイテ沖海戦で日本軍の艦長が敵艦に取った行動に世界が感動(海外の反応)

この海戦に米側はサマール島沖海戦という名称を与えている。

日本側は三隻の重巡を失ったが、護衛空母一隻と駆逐艦三隻を艦砲で撃沈した。アメリカの文献にも日本軍の取闘を称えるものが少なくない。

トマル・J・カトラーの「レイテ沖海戦」には、この海戦での印象的なエピソードが紹介されている。


ジョンストンは撃沈された駆逐艦の一隻だが、総員退艦で海上に投げ出されたジョンストンの生存者は迫り来る日本駆逐艦を見て、もうこれまでと覚悟を決めた。

機銃掃射と爆雷攻撃が始まると思ったからである。

しかし降ってきたのは缶詰などの食糧と水であった。

次いで彼らは信じられない光景を目撃することになる。艦橋に不動の体勢で立つ日本の駆逐艦艦長が、沈みゆくジョンストンに敬礼をしたのである。

これは生涯忘れられない光景として、ジョンストンの乗組員の瞼に焼き付いた。




・ジョンストンは本当に懸命に戦った。
乗組員たちは日本の駆逐艦の乗組員たちが敬礼をしているのを目撃した。


・↑今まで聞いたことがなかったよ。


・↑私もこの物語について読んだことがある。
本のタイトルは思い出せないが。


・何か感動させるものがあるね。


・↑ラストサムライの最後のシーンで、日本人の司令官が撃つのをやめて、軍全体が帽子をとって勝元に敬意を示した時のような感動がある。


・↑もしくはマチルダでブルーシーがチョコレートケーキを食べた時のような感動がある。


・今度のトム・ハンクスの映画がこの件についてだったらなぁと思った。


・私の祖父はガンビアベイに乗って、サマール沖海戦に関わった。
彼は自分の経験について良く話していたよ。
なんて素晴らしい出来事なんだ。


・沈みゆく自分たちの船に向かって敵が敬礼した時、自分たちは良い仕事をしたのだと分かる。


・今まで読んだ中で最も興奮させるウィキペディアの物語だった。


・こういう物語を耳にすると、自分の人生は無駄のように感じる。
彼らは意義深いことをするように招集されて、凄い功績を残した。


・The Last Stand of the Tin Can Sailorsを読んだことがないのなら、是非読んでみるべきだ。
サマール島沖海戦について書かれた素晴らしい物語だ。


・わくわくするようなスレだった。
素晴らしいスレをシェアしてくれてありがとう。

https://goo.gl/QscFvX,https://goo.gl/SYjLHy





この記事を拡散したいと思ったら、応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★ ★↑↑ 記事はここまで ↑↑★ ★



■国際関係アナリスト北野幸伯氏の無料メルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」

国際関係アナリスト北野幸伯氏の国際情勢の分析を、無料で読むことができます。

★まぐまぐ2015年総合大賞1位

数年前のバックナンバー記事を読むと、現在の国際情勢を正確に予知していることに驚きますよ

★このメルマガの無料購読申し込みは(バックナンバーも読むことができます)
http://www.mag2.com/m/0000012950.html





■終戦直後の日本人引揚者を襲う朝鮮人たち…「竹林はるか遠く」

朝鮮人の男たちが、藪の中へ女の人たちを引きずっていくのを見たし、若い女性に乱暴しているのも見たわ(111頁)。

彼ら(朝鮮人)は悦楽を求めて人々の間をよろよろ歩き、そして娘たちを見つける度に外へ引きずり出した。たびたび女たちの悲鳴が響いた。(118頁)。

また、朝鮮人が、日本人を殺したうえで金歯まで抜いている記述もある(129頁)。








■通州事件…盧溝橋事件発生から3週間後の1937年7月29日
北平(北京)東方の通州で中国保安隊による大規模な日本人虐殺事件が発生した■


夫を生きたまま腹を切り裂き…「これはおいしいぞ、日本人の腸だ、焼いて食べろ」…そうして、その妻である妊婦の腹を切り裂き胎児を取り出す。

それはこの男の人の頭の皮を学生が青竜刀で剥いでしまったのです。
頭の皮を剥いでしまったら、今度は目玉を抉り取るのです。このときまではまだ日本の男の人は生きていたようですが、この目玉を抉り取られるとき微かに手と足が動いたように見えました。








関連記事