FC2ブログ

帰化朝鮮人の日本ボクシング連盟会長の不正判定&横領疑惑で大騒ぎの日本ボクシング界

2018ジャカルタ-パレンバンアジア大会を控えた日本のボクシング界が、元在日僑胞会長の横領および審判判定容疑が判明して大騒ぎとなっている。

日本のボクシング界を導くのは、元在日僑胞である山根明会長(79歳)である。1990年代に日本ボクシング連盟の賞罰委員長を引き受けるなど、日本のボクシング界に大きな影響力を発揮してきた山根会長は、釜山(プサン)に兄弟がいる。世界チャンピオンを育成するエリートボクシングと生活体育の底辺拡大に貢献して、日本のボクシングを1ランク引き上げたという評価を受けている。

最近では、オリンピックやユースオリンピックで、日本の男女選手が表彰台に上がる姿をしばしば見る事ができる。 特に2011年から男女国家代表チームを導き、韓国で合宿して韓・日ボクシングパートナーの道を取り持ってきた。家庭の事情が良くない韓国のボクサーが小銭を集めて日本に合宿に来れば、食事と寝床を与えるなど、我が子のように扱った。


ソース:NAVER/スポーツソウル(韓国語)
http://sports.news.naver.com/general/news/read.nhn?oid=468&aid=0000411224





ボクシング審判恫喝、横領的行為の元在日韓国人・山根会長 このままでは韓国の名も汚すことになる

日本ボクシング連盟会長の山根明氏(78歳)が数々の横領的行為を繰り返し、
さらに自分に都合の悪いジャッジをした審判を恫喝したりパワハラをするなどしていた一連の事件で、
新たな情報が入ってきた。ほとんど知られていない山根明会長のプロフィールが判明したのだ。

・現在は山根明という名前のみを使用

山根明会長は在日韓国人だった過去があり、現在は日本に帰化して「山根明」との名を使用。
韓国名は「文甲明」だが、現在は山根明という名前のみを使用しているようだ。
山根明会長には韓国に複数の兄弟が住んでおり、少なくとも釜山市に数人の兄弟がいるという。
山根明会長は大阪市堺市出身となっているが、それはあくまで日本での出身地とされている。

・韓国人ボクサーを優遇

韓国メディアによると、山根明会長は日本に帰化して日本ボクシング連盟会長になったあと、韓国人ボクサーを優遇。
ボクシング強化のために来日する韓国人ボクサーたちに宿泊の場や食事などを与え、手厚いフォローをしていたようだ。

・奈良県出身のボクサーをひいき

また山根明会長は奈良県ボクシング連盟に所属していた時期があり、
そのこともあって、奈良県出身のボクサーをひいきする判定を良しとしていたようだが、
奈良県出身のボクサーが負けるような判定をした審判は、山根明会長から恫喝ともいえる脅しを受けていたといわれている。

・会長というポジションは甘すぎる蜜

山根明会長にとって「日本ボクシング連盟会長」というポジションは甘すぎる蜜だった。
恫喝、スキャンダル、横領、あらゆるネガティヴな行為を私利私欲のために行ってきたわけで、
これから彼に下される制裁は凄まじいものになるだろう。
このままでは、出身地である韓国の名も汚すことになるのではないだろうか。

http://buzz-plus.com/article/2018/08/02/yamane-boxing-korea-news/







この記事を拡散したいと思ったら、応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★ ★↑↑ 記事はここまで ↑↑★ ★



■国際関係アナリスト北野幸伯氏の無料メルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」

国際関係アナリスト北野幸伯氏の国際情勢の分析を、無料で読むことができます。

★まぐまぐ2015年総合大賞1位

数年前のバックナンバー記事を読むと、現在の国際情勢を正確に予知していることに驚きますよ

★このメルマガの無料購読申し込みは(バックナンバーも読むことができます)
http://www.mag2.com/m/0000012950.html





■日本の情報・戦略を考える「アメリカ通信」の無料購読申し込みはこちら

https://archives.mag2.com/0000110606/index.html?l=yft0bd414b






■終戦直後の日本人引揚者を襲う朝鮮人たち…「竹林はるか遠く」

朝鮮人の男たちが、藪の中へ女の人たちを引きずっていくのを見たし、若い女性に乱暴しているのも見たわ(111頁)。

彼ら(朝鮮人)は悦楽を求めて人々の間をよろよろ歩き、そして娘たちを見つける度に外へ引きずり出した。たびたび女たちの悲鳴が響いた。(118頁)。

また、朝鮮人が、日本人を殺したうえで金歯まで抜いている記述もある(129頁)。







関連記事