FC2ブログ

中国有名寺院の高僧が女性出家者に性的暴行の疑い

このほど、2人の仏教僧侶が、北京市にある古刹、龍泉寺の住職が女性出家弟子数人に対して性的暴行をしたと告発した。

名門清華大学出身で博士号を持つ告発者2人は、龍泉寺の元都監で、住職の秘書役として寺内の管理、戒律作法などを担当していた。2人は7月30日、インターネット上で95ページに及ぶ告発資料を公開した。

これによると、釈学誠が女性出家弟子に対して、セクハラ行為やマインドコントロールを繰り返したうえ、性的暴行に及んだ。また、住職が龍泉寺の資金を不正に流用したと訴えた。

釈学誠は中国仏教協会会長、全国政治協商会議(政協)常務委員、政協の民族・宗教委員会副主任を務め、中国仏教界のドンだ。同会長は過去、中国当局の弾圧方針に従い、気功グループ法輪功への誹謗中傷を繰り返していた。

龍泉寺は1日、ネット上で声明文を公表し、釈学誠による性的暴行について「でっち上げだ」「事実を曲げた」などと反論し、告発者が意図的に釈学誠を陥れようとしたとし、当局に対して調査するよう求めた。

一方、2日ネット上では、もう一人の匿名希望の告発者が、当局が有名な高僧による性的スキャンダルを隠ぺいしようとしたと非難した。「18年2月、党中央規律委員会に通報したが、当局は調査を行わないだけでなく、告発した人に脅迫し口封じをした」

釈学誠の公式微博(ウェイボー)アカウントでは、コメントの書き込み機能が停止された。また、ネット上では、龍泉寺に関する投稿がすべて削除された。

ネットユーザーは、当局が「釈学誠をかばっている」「党の指導を受ける和尚だから、このようなスキャンダルが出ても驚かない」などとの意見を挙げた。

中国では近年、仏法修練の場である寺院は金儲けに走り、高級車を乗り美女が囲まれている僧侶らがたびたび報じられ、市民の嫌悪感が高まっている。


https://news.nifty.com/article/world/china/12241-067178/




この記事を拡散したいと思ったら、応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★ ★↑↑ 記事はここまで ↑↑★ ★



■国際関係アナリスト北野幸伯氏の無料メルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」

国際関係アナリスト北野幸伯氏の国際情勢の分析を、無料で読むことができます。

★まぐまぐ2015年総合大賞1位

数年前のバックナンバー記事を読むと、現在の国際情勢を正確に予知していることに驚きますよ

★このメルマガの無料購読申し込みは(バックナンバーも読むことができます)
http://www.mag2.com/m/0000012950.html





■日本の情報・戦略を考える「アメリカ通信」の無料購読申し込みはこちら

https://archives.mag2.com/0000110606/index.html?l=yft0bd414b






■終戦直後の日本人引揚者を襲う朝鮮人たち…「竹林はるか遠く」

朝鮮人の男たちが、藪の中へ女の人たちを引きずっていくのを見たし、若い女性に乱暴しているのも見たわ(111頁)。

彼ら(朝鮮人)は悦楽を求めて人々の間をよろよろ歩き、そして娘たちを見つける度に外へ引きずり出した。たびたび女たちの悲鳴が響いた。(118頁)。

また、朝鮮人が、日本人を殺したうえで金歯まで抜いている記述もある(129頁)。







■通州事件…盧溝橋事件発生から3週間後の1937年7月29日
北平(北京)東方の通州で中国保安隊による大規模な日本人虐殺事件が発生した■


夫を生きたまま腹を切り裂き…「これはおいしいぞ、日本人の腸だ、焼いて食べろ」…そうして、その妻である妊婦の腹を切り裂き胎児を取り出す。

それはこの男の人の頭の皮を学生が青竜刀で剥いでしまったのです。
頭の皮を剥いでしまったら、今度は目玉を抉り取るのです。このときまではまだ日本の男の人は生きていたようですが、この目玉を抉り取られるとき微かに手と足が動いたように見えました。








関連記事