FC2ブログ

【ボクシング】 山根明会長、夕刊フジ取材に「マル暴」交際認める~「韓国から密航してきた過去をばらすと脅された」

数多くの疑惑が浮上する日本ボクシング連盟をめぐり、渦中の山根明会長(78)は4日、夕刊フジの取材に応じ、元暴力団組長との50年以上にわたる交友関係や生い立ち、ロンドン五輪金メダリスト、村田諒太(32)について赤裸々に語った。「黒い交際」を認めたことで日本オリンピック委員会(JOC)加盟団体のトップとしての資格が問われる事態となるのは避けられず、連盟理事からは「持たないかもしれない」との声も上がる。「山根氏追放」が焦点となってきた。

 山根氏については、山口組系暴力団に出入りし、元組長の男性の舎弟となるなど50年以上にわたり交友関係があったと報じられた。2013年に関係者に配布した文書では、1970年代に奈良県アマチュアボクシング連盟に介入していたヤクザ組織を排除、「ヤクザ組織は一切関与することなくなり、逆に一目置かれる存在となっていきました」とも誇っている。

 以下は山根氏との一問一答。(韓国関連抜粋)

 《3日放送の日本テレビ系「スッキリ」に生出演した山根氏は、「元暴力団の組長から脅迫を受けた」と明かして騒然とさせた》

 --どんなことを脅されたのか
 「『山根は俺の舎弟や』ということで、過去をばらすと。山根は幼少期の時に韓国から密航してきたとか、そういうことを世間にばらすということがあったんです。私はあえてテレビから出演の話あっても断わっとったんですけど、元暴力団が連盟に介入したから、それで受けて立ったんですよ。進退はね、僕自身が決める問題であって、元暴力団に脅されて進退を決めることはない」

 --韓国メディアでは「釜山に兄弟がいる」と報じられている
 「ああ、おりますよ。だけど僕は今は日本人ですからね。日の丸を愛し、わしはボクシング連盟を大改革して、メダルも複数取ってきているしね。連盟に所属して僕は満43年ですわ、会員になってね。歴史を持ってますから、自分の判断は自分でします。だけど暴力団から脅迫されて引退とかありません。だから立ち上がって自分の過去を自分から言ってますからね。弱いもんいじめするやくざもんは絶対許さない」

 --日韓の架け橋になるという思いは
 「いやいや、日韓の架け橋なんか何十年前からやってますから」

 過去のこととはいえ、率直に「黒い交際」を認めた山根氏だが、スポーツ団体のトップとしての適格性を問われることになりそうだ。連日のテレビ出演で疑惑について反論するが、ある連盟理事は「これはちょっと持たないかもしれない」ともらす。山根氏をボクシング界から追放するしか、団体が生き残る道はなくなっているのか。

ソース:zakzak<山根明会長、夕刊フジ取材に“マル暴”交際認めた「元組長との付き合いは58年」 韓国、家族、村田問題を赤裸々に語る>
http://www.zakzak.co.jp/spo/news/180806/spo1808060006-n1.html




この記事を拡散したいと思ったら、応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★ ★↑↑ 記事はここまで ↑↑★ ★



■国際関係アナリスト北野幸伯氏の無料メルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」

国際関係アナリスト北野幸伯氏の国際情勢の分析を、無料で読むことができます。

★まぐまぐ2015年総合大賞1位

数年前のバックナンバー記事を読むと、現在の国際情勢を正確に予知していることに驚きますよ

★このメルマガの無料購読申し込みは(バックナンバーも読むことができます)
http://www.mag2.com/m/0000012950.html





■日本の情報・戦略を考える「アメリカ通信」の無料購読申し込みはこちら

https://archives.mag2.com/0000110606/index.html?l=yft0bd414b






■終戦直後の日本人引揚者を襲う朝鮮人たち…「竹林はるか遠く」

朝鮮人の男たちが、藪の中へ女の人たちを引きずっていくのを見たし、若い女性に乱暴しているのも見たわ(111頁)。

彼ら(朝鮮人)は悦楽を求めて人々の間をよろよろ歩き、そして娘たちを見つける度に外へ引きずり出した。たびたび女たちの悲鳴が響いた。(118頁)。

また、朝鮮人が、日本人を殺したうえで金歯まで抜いている記述もある(129頁)。







■通州事件…盧溝橋事件発生から3週間後の1937年7月29日
北平(北京)東方の通州で中国保安隊による大規模な日本人虐殺事件が発生した■


夫を生きたまま腹を切り裂き…「これはおいしいぞ、日本人の腸だ、焼いて食べろ」…そうして、その妻である妊婦の腹を切り裂き胎児を取り出す。

それはこの男の人の頭の皮を学生が青竜刀で剥いでしまったのです。
頭の皮を剥いでしまったら、今度は目玉を抉り取るのです。このときまではまだ日本の男の人は生きていたようですが、この目玉を抉り取られるとき微かに手と足が動いたように見えました。









関連記事