FC2ブログ

在日米軍が韓国人を“敵視”か 訪問時審査を厳格化、識者「北によるテロ警戒…米の『不快感のあらわれ』も」

在日米軍は、韓国人を「敵の可能性がある」とみなし始めたのか-。日本国内の米軍基地を訪れる韓国人に対し、確認手続きを強化し、事前審査を義務づける新指針を導入したのだ。識者は、北朝鮮によるテロ警戒に加え、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権の対北融和姿勢が関係していると分析している。

 新指針は、米軍準機関紙「スターズ・アンド・ストライプス(星条旗新聞)」が15日報じ、朝鮮日報も16日伝えた。

 在日米軍は、北朝鮮や中国、ロシア、イラン、アフガニスタンなど約50カ国を「指定第三国」とし、対象国の人間が事前審査なしに基地に立ち入ることを禁じている。韓国は米国の同盟国にもかかわらず、指定第三国に組み入れられ、規制の対象国となったのだ。

 指定第三国の人々が在日米軍基地を訪問する場合、30日前に基地の警備部門に申請する必要がある。米軍関係者が身元や訪問目的を書類に記し、関係部局の審査と基地司令官の承認を経て、初めて許可される。

 星条旗新聞によると、在韓米軍基地を訪れる日本人については、事前審査は義務づけられておらず、今回の措置が異例であることがうかがえる。

 どんな背景・事情があるのか。

 評論家で軍事ジャーナリストの潮匡人氏は「一般的には、テロを警戒していると考えられる。米政府は、北朝鮮による米国大使館や在日米軍基地へのテロに神経質になっている。日本ではもともと、在日朝鮮人について韓国と北朝鮮の種別がなく、法務省統計でも『韓国・朝鮮』という表記になっていた。北朝鮮工作員などが韓国籍に偽装する可能性も考えられる。北朝鮮人のテロを警戒するためには、韓国も対象に加える必要があったのではないか」と話す。

 加えて、文政権が最近、北朝鮮への傾斜を強めていることも影響しているとみられる。

 潮氏は「文政権の野放図な対北宥和姿勢に対する、米政府や米軍の『不快感のあらわれ』という側面もあるのではないか」と指摘している。


https://www.zakzak.co.jp/soc/news/181018/soc1810180006-n1.html






この記事を拡散したいと思ったら、応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★ ★↑↑ 記事はここまで ↑↑★ ★



■国際関係アナリスト北野幸伯氏の無料メルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」

国際関係アナリスト北野幸伯氏の国際情勢の分析を、無料で読むことができます。

★まぐまぐ2015年総合大賞1位

数年前のバックナンバー記事を読むと、現在の国際情勢を正確に予知していることに驚きますよ

★このメルマガの無料購読申し込みは(バックナンバーも読むことができます)
http://www.mag2.com/m/0000012950.html





■日本の情報・戦略を考える「アメリカ通信」の無料購読申し込みはこちら

https://archives.mag2.com/0000110606/index.html?l=yft0bd414b




■【国際派日本人養成講座】創刊20年目・5万8千部発行・まぐまぐ殿堂入りのメルマガ無料購読申し込みはこちら

https://www.mag2.com/m/0000000699.html





■終戦直後の日本人引揚者を襲う朝鮮人たち…「竹林はるか遠く」

朝鮮人の男たちが、藪の中へ女の人たちを引きずっていくのを見たし、若い女性に乱暴しているのも見たわ(111頁)。

彼ら(朝鮮人)は悦楽を求めて人々の間をよろよろ歩き、そして娘たちを見つける度に外へ引きずり出した。たびたび女たちの悲鳴が響いた。(118頁)。

また、朝鮮人が、日本人を殺したうえで金歯まで抜いている記述もある(129頁)。







■通州事件…盧溝橋事件発生から3週間後の1937年7月29日
北平(北京)東方の通州で中国保安隊による大規模な日本人虐殺事件が発生した■


夫を生きたまま腹を切り裂き…「これはおいしいぞ、日本人の腸だ、焼いて食べろ」…そうして、その妻である妊婦の腹を切り裂き胎児を取り出す。

それはこの男の人の頭の皮を学生が青竜刀で剥いでしまったのです。
頭の皮を剥いでしまったら、今度は目玉を抉り取るのです。このときまではまだ日本の男の人は生きていたようですが、この目玉を抉り取られるとき微かに手と足が動いたように見えました。














関連記事