毎日新聞系列…TBSのテレビ番組で…… 「安倍元首相に期待するか」という街頭インタビュー⇒8割が『安倍晋三には期待しない』とのご意見でした」と説明する。

★安倍総裁「番組に国民の声反映されるべき」の風潮紹介


・自民党の安倍晋三総裁(58)が自身のFacebookで、「『番組作りには本当の国民の声が反映されるべき!』との
 大きなうねりが起きつつあります」とのコメントを寄せている。

 安倍総裁は自民党の総裁選直前に朝の情報番組『みのもんたの朝ズバッ!』(TBS系列)に出演しており、
 その番組上で「安倍元首相に期待するか」という街頭インタビューの内容が紹介されたのだが、安倍総裁は
 「『安倍さんは結局(首相在任中に)何もしなかった!』などのコメントを取り上げ、実に八割の方々が
 『安倍晋三には期待しない』とのご意見でした」と説明する。



 同番組に関しては、ネット上で「あの報道は明らかにおかしい」「絶対に情報操作している」などとの声が寄せられ、
 10月12日に「反日メディア連続抗議行動~安倍バッシングを許すな!」と題したデモがTBS周辺で行われており、
 安倍総裁も「TBSがデモ隊に取り囲まれたのは記憶に新しいと思います」とデモが行われたことを知っている様子。

 こうした動きに安倍総裁は「『番組作りには本当の国民の声が反映されるべき!』との大きなうねりが
 起きつつあります」とコメント。
 「その意味では皆様に積極的に番組に意見を伝えることも、草の根の声を活かしていくことに繋がるのでは
 ないでしょうか」とし、同局の視聴者センターの電話番号をFacebook上で紹介している。

 
11月05日12時04分

提供:アメーバニュース/政治・社会


http://yukan-news.ameba.jp/20121105-250/









ポチッと応援クリックお願いします







関連記事