FC2ブログ

ユダヤ人団体「Simon Wiesenthal Center」がBTS(防弾少年団)に激怒「日本とナチ被害者に謝罪しろ」

Popular Korean Band Whose Japan Performance Was Cancelled For T-Shirt Mocking A-Bomb Victims, Once Posed With Nazi SS Death Head Symbols, Flew Nazi-Like Flags At Concert

November 11, 2018

The Simon Wiesenthal Center denounced BTS, an internationally popular Korean band whose live performance on Japan TV was cancelled.

“Wearing a T-shirt in Japan mocking the victims of the Nagasaki A-bomb, is just the latest incident of this band mocking the past,” charged Rabbi Abraham Cooper. Associate Dean and Director of Global Social Action of the Simon Wiesenthal Center, a leading Jewish Human Rights NGO.

Members of the band posed for a photo shoot wearing hats with the Nazi SS Death Head logo. The SS was a key component of the Nazi mass murder of 6 million Jews during the WWII Holocaust. “Flags appearing on stage at their concert were eerily similar to the Nazi Swastika. It goes without saying that this group, which was invited to speak at the UN, owes the people of Japan and the victims of the Nazism an apology.”

“But that is not enough. It is clear that those designing and promoting this group’s career are too comfortable with denigrating the memory of the past. The result is that on young generations in Korea and around the world are more likely to identify bigotry and intolerance as being ‘cool’ and help erase the lessons of history. The management of this group, not only the front performers, should publicly apologize,” Rabbi Cooper added.

http://www.wiesenthal.com/site/apps/nlnet/content.aspx?c=lsKWLbPJLnF&b=8776547&ct=15022213¬oc=1



和訳

原爆犠牲者をあざ笑ったTシャツにより、日本の公演がキャンセルされた人気のある韓国のバンドが、ナチスのようなフラッグをコンサートで振っていた。

2018年11月11日

サイモン・ウィーゼンタール・センターは、日本のテレビでの生出演が中止された国際的に人気のある韓国のバンド、BTSを非難しました。
「長崎原爆の犠牲者をあざ笑ったTシャツを着用したことは、このバンドが過去の歴史をあざ笑った、最近の出来事だ。」とラビ・アブラハム・クーパーは語った。

有力なユダヤ人権団体であるサイモン・ウィーゼンタール・センターの副学長兼グローバルソーシャルアクションディレクター。
バンドのメンバーは、ナチスのSSのデス・ヘッド・ロゴの帽子をかぶって写真撮影を行いました。SSは第二次世界大戦中に起こったホロコースト中に、600万人のユダヤ人のナチスによる大量殺人を構成する重要な要素です。

「彼らのコンサートでステージに現れる旗は、ナチス・スワスティカとはまったく似ていた。
国連での講演に招待されたこのグループは、日本の人々とナチズムの犠牲者に謝罪の必要があることは言うまでもありません。」

しかし、それだけでは不十分です。このグループのキャリアをデザインしてプロモートしている人たちは、過去の記憶を中傷することを、とても心地よく感じていることは明らかです。

その結果、韓国や世界の若い世代では、偏見と不寛容が「クール」であると認識し、歴史の教訓を消し去る可能性が高くなるだろう。
このグループの経営陣は、(フロントパフォーマーだけでなく)公に謝罪すべきだ」とラビ・クーパー氏は付け加えた。




この記事を拡散したいと思ったら、応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★ ★↑↑ 記事はここまで ↑↑★ ★



■国際関係アナリスト北野幸伯氏の無料メルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」

国際関係アナリスト北野幸伯氏の国際情勢の分析を、無料で読むことができます。

★まぐまぐ2015年総合大賞1位

数年前のバックナンバー記事を読むと、現在の国際情勢を正確に予知していることに驚きますよ

★このメルマガの無料購読申し込みは(バックナンバーも読むことができます)
http://www.mag2.com/m/0000012950.html





■日本の情報・戦略を考える「アメリカ通信」の無料購読申し込みはこちら

https://archives.mag2.com/0000110606/index.html?l=yft0bd414b




■【国際派日本人養成講座】創刊20年目・5万8千部発行・まぐまぐ殿堂入りのメルマガ無料購読申し込みはこちら

https://www.mag2.com/m/0000000699.html





■終戦直後の日本人引揚者を襲う朝鮮人たち…「竹林はるか遠く」

朝鮮人の男たちが、藪の中へ女の人たちを引きずっていくのを見たし、若い女性に乱暴しているのも見たわ(111頁)。

彼ら(朝鮮人)は悦楽を求めて人々の間をよろよろ歩き、そして娘たちを見つける度に外へ引きずり出した。たびたび女たちの悲鳴が響いた。(118頁)。

また、朝鮮人が、日本人を殺したうえで金歯まで抜いている記述もある(129頁)。







■通州事件…盧溝橋事件発生から3週間後の1937年7月29日
北平(北京)東方の通州で中国保安隊による大規模な日本人虐殺事件が発生した■


夫を生きたまま腹を切り裂き…「これはおいしいぞ、日本人の腸だ、焼いて食べろ」…そうして、その妻である妊婦の腹を切り裂き胎児を取り出す。

それはこの男の人の頭の皮を学生が青竜刀で剥いでしまったのです。
頭の皮を剥いでしまったら、今度は目玉を抉り取るのです。このときまではまだ日本の男の人は生きていたようですが、この目玉を抉り取られるとき微かに手と足が動いたように見えました。


















関連記事