FC2ブログ

米誌『2019年 世界最高の国ランキング』で日本は2位に

米誌「USニュース&ワールドレポート」は先日、2019年度版の「世界最高の国ランキング」を発表し、総合ランキングで日本は2位に選出されました。

この調査は36カ国、2万人以上の人々を対象に行われ、国力、文化的影響力、市民権、起業家精神、歴史遺産、経済成長、冒険心、ビジネス、生活の質に基づいて、80カ国がランク付けされています。

トップテンは以下の通り。

10位:フランス
9位:ノルウェー
8位:アメリカ
7位:オーストラリア
6位:スウェーデン
5位:イギリス
4位:ドイツ
3位:カナダ
2位:日本
1位:スイス


日本は昨年の5位から3つも順位を上げているわけですが、記事では、
「日本は世界で最も識字率が高く、技術的にも最先端の国の1つである。国土の大部分は山地や樹木が鬱蒼と茂った地帯で占められているが、 1億2600万人の人々は、都市的な生活を送っている。長らく近隣諸国から文化的影響を受けた歴史があり、今日では西洋の生活様式と古くからの伝統を融合させている」
と紹介されています。





■ 日本には1年住んでスイスには2回旅行で行ってるけど、
  どっちの国も物価があまりにも高過ぎる! ??
  それぞれ素晴らしい国ではあったけどね。 アメリカ




■ 実際に住んでる僕からすれば、スイスが1位って事はない。 スイス




■ アメリカが8位なんて位置にいるのは絶対に変よ。 +1 アメリカ



   ■ 今のアメリカが8位は高すぎるって事だよね?w (??+2) イギリス



■ スイスは寒さが苦手な人にはオススメ出来ないけどなぁ。 アメリカ




■ 上位は危険を冒してまで他国に行こうとする国民がいない国ばかり??
  やっぱりその辺が明らかな差だよね。 アメリカ




■ アメリカがノルウェーより上って……。ハハハハ! +12 カナダ




■ これは完全に妥当。
  俺はスイスと日本両方の国に行ったことがあるんだ。
  どちらもナンバーワンとナンバーツーに相応しいよ。
  文化と国民が本当に素晴らしくて大好きなんだ?? +2 アメリカ

海外「日本は魔法にかけられてる」 冬の日本を映した映像に外国人が喝采




■ アメリカが8位だって?
  銃を持った住人がそこら中にいるような国だぞ?
  それはさすがにおかしいって! +6 フィリピン



   ■ いやいや、スイスなんて国民全員が銃を持ってるし。
     それでもナンバーワンになったわけだけど? アメリカ



■ つーか何でカナダの不動産って異常に高いんだ?
  マイノリティに対する寛容さも、素晴らしい環境も、
  高度な医療補償制度もこの国にはないに等しいのに。 カナダ




■ 厳格な移民政策を採ってる国は強いようだ。 +4 ドイツ




■ アメリカは8位か。
  でも何で誰もスイスには移民に行きたがらないんだろうか。
  不法移民の皆さんは8位程度の国には来ないでくれよ。 +8 アメリカ




■ 僕らは前まで2位だったのに今年は3位なんだね……。 カナダ



   ■ 日本が前年に比べて3つ順位を上げたから。
     でも人の感覚をベースにしたこういったランキングは、
     そう簡単に順位が変動するものではないわけで、
     カナダが下がり続けるという事もないから安心しろ。 +1 カナダ



■ スイスが1位なのはEUに加盟してないからでしょうか? +3 イギリス

海外「日本に干渉するな!」 日本に死刑廃止を求めるEUに外国人から怒りの声




■ スイスがトップなのは親切で誠実な国民のおかげだよ。 +2 アメリカ



   ■ その2つに加えて非常に勤勉な国民でもあるね。 +1 アメリカ



■ えっ、日本が2位ってどういうこと? +1 韓国




■ 笑った。カナダの何がそんなに高く評価されてんだよ。 +76 カナダ



   ■ 俺はイギリスを出てからまだちょっとしか経ってないけど、
     イギリスが5位に値するとはとても思えない……。
     ホームレスが急増してるし、公共サービスは終わってるし、
     家賃の高騰ぶりはありえないことになってる。
     オンコールワーカー*だって大変な状況にある。
     でも失業率は低いっていう理由で、
     政府はよくやってると思われてるんだよ。 +1 イギリス

    ( *事業主の求めに応じて不定期に短時間就労する契約労働者)



■ アメリカがあんなに高いって、これは壮大なギャグだよね!? +11 アメリカ



   ■ アメリカがそんなに悪い国だと思うならスウェーデンに行って来い。
     給料の8割が税金で持っていかれる生活が待ってるぞ。 国籍不明



■ 日本は差別が多い国として知られてる。
  アメリカが黒人たちに対して行ったのと同じような扱いを、
  女性や朝鮮半島出身の人たちに対して行ってるから。
  日本が最高の国になり得るのはあなたが男性で、
  日本人の遺伝子を持っている場合だけ。 +2 ??+2 オーストラリア

海外「日本は外国人にとって天国だ!」 日本の人種差別の実態に海外から様々な声



   ■ 残念ながらどこの国であれ人間は完璧ではないんだ!!
     みんなお互いの足を引っ張り合うのが好きだね……。 インド



■ スイスが1位なのはトブラローネのおかげだろうな。 スペイン

 574868.jpeg




■ カナダがドイツより上だって? へ?……。へ?……。 +1 アメリカ




■ まぁカナダは北米の中では間違いなくトップ3だろうけども。 +20 カナダ




■ 俺のホームであるドイツは300万人の難民を受け入れた、
  メルケルの移民政策のせいで悪くなる一方だよ。
  「難民」と呼ばれる人たちのせいで犯罪率が急上昇してるし。 +12 ドイツ




■ アジアは日本だけだね! でも完全に同意!
  あと北欧諸国もやっぱり素晴らしい国だと思う。
  だいたい、アジアはほとんど知られてすらないからね……。
  言うまでもなく日本は例外だけど。 台湾

海外「日本はアジアの中でも特殊」 『東洋と西洋の違い』が海外で話題に




■ 真実は、お金と健康さえあればどこの国も最高だ……。 +4 アメリカ




■ スイスには行ったことがないけど、日本の空港には乗り継ぎで降りた。
  その時私が受けた印象は、信じられないくらいに清潔ってこと。
  あと日本人は英語も上手だったよ。
  他の国の空港にはお決まりのフレーズだけを覚えて、
  ランダムな会話は出来ない人が多かった。 アメリカ




■ スイス、カナダ、日本。
  全ての国に住んでた俺って何気に凄くない? +1 カナダ



   ■ 私も世界最高の国ばかりに住んでた事が今判明した?? 日本在住



■ 全体的に、納得のいく順位なんじゃないかと私は思いました。 アメリカ







この記事を拡散したいと思ったら、応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★ ★↑↑ 記事はここまで ↑↑★ ★



■国際関係アナリスト北野幸伯氏の無料メルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」

国際関係アナリスト北野幸伯氏の国際情勢の分析を、無料で読むことができます。

★まぐまぐ2015年総合大賞1位

数年前のバックナンバー記事を読むと、現在の国際情勢を正確に予知していることに驚きますよ

★このメルマガの無料購読申し込みは(バックナンバーも読むことができます)
http://www.mag2.com/m/0000012950.html





■日本の情報・戦略を考える「アメリカ通信」の無料購読申し込みはこちら

https://archives.mag2.com/0000110606/index.html?l=yft0bd414b




■【国際派日本人養成講座】創刊20年目・5万8千部発行・まぐまぐ殿堂入りのメルマガ無料購読申し込みはこちら

https://www.mag2.com/m/0000000699.html





■終戦直後の日本人引揚者を襲う朝鮮人たち…「竹林はるか遠く」

朝鮮人の男たちが、藪の中へ女の人たちを引きずっていくのを見たし、若い女性に乱暴しているのも見たわ(111頁)。

彼ら(朝鮮人)は悦楽を求めて人々の間をよろよろ歩き、そして娘たちを見つける度に外へ引きずり出した。たびたび女たちの悲鳴が響いた。(118頁)。

また、朝鮮人が、日本人を殺したうえで金歯まで抜いている記述もある(129頁)。







■通州事件…盧溝橋事件発生から3週間後の1937年7月29日
北平(北京)東方の通州で中国保安隊による大規模な日本人虐殺事件が発生した■



『通州事件の惨劇 (Sさんの体験談)-日本人皆殺しの地獄絵-』

★「通州事件 目撃者の証言」 (自由社ブックレット5) より 藤岡 信勝 (著) 自由社; 初版 (2016/8/7)

夫を生きたまま腹を切り裂き…「これはおいしいぞ、日本人の腸だ、焼いて食べろ」…そうして、その妻である妊婦の腹を切り裂き胎児を取り出す。

それはこの男の人の頭の皮を学生が青竜刀で剥いでしまったのです。頭の皮を剥いでしまったら、今度は目玉を抉り取るのです。このときまではまだ日本の男の人は生きていたようですが、この目玉を抉り取られるとき微かに手と足が動いたように見えました。

目玉を抉り取ると今度は男の人の服を全部剥ぎ取りお腹が上になるように倒しました。

そして又学生が青竜刀でこの日本の男の人のお腹を切り裂いたのです。縦と横とにお腹を切り裂くと、そのお腹の中から腸を引き出したのです。ずるずると腸が出てまいりますと、その腸をどんどん引っ張るのです。

人間の腸があんなに長いものとは知りませんでした。十メートル近くあったかと思いますが、学生が何か喚いておりましたが、もう私の耳には入りません。そうしているうちに何かワーッという声が聞こえました。

ハッと目をあげてみると、青竜刀を持った学生がその日本の男の人の腸を切ったのです。そしてそれだけではありません。別の学生に引っ張らせた腸をいくつにもいくつにも切るのです。一尺づつぐらい切り刻んだ学生は細切れの腸を、さっきからじっと見ていた妊婦のところに投げたのです。

このお腹に赤ちゃんがいるであろう妊婦は、その自分の主人の腸の一切れが頬にあたると「ヒーッ」と言って気を失ったのです。その姿を見て兵隊や学生達は手を叩いて喜んでいます。残った腸の細切れを見物していた支那人の方へ二つか三つ投げて来ました。そしてこれはおいしいぞ、日本人の腸だ、焼いて食べろと申しているのです。


1937年 通州事件(つうしゅう)中国冀東保安隊による日本人虐殺事件。被害者約200名
  ・婦人は24時間強姦されたあげく鼻や喉に針金をつけられ殺害現場まで引き擦られる。
  ・旭軒では17~40歳の女性はことごとく強姦され
   陰部を銃剣で刺さたもの、口中に土砂を填めてあるもの、
   腹部を縦に断ち割つて等にて惨殺。
  ・錦水楼では女性達は手足を縄で結ばれ強姦され、斬首。
  ・男は目玉をくりぬかれ、上半身は蜂の巣の様
  ・子供は手の指を揃へて切断され惨殺
  ・南城門では腹部の骨が露出し、内臓が散乱
  ・首を縄で縛り両手を併せて針金通し一家六名数珠繋ぎにして引廻し惨殺。












■英国で10万部超、世界23ヵ国で翻訳、英国のアマゾンレビュー700件超!
「サンデー・タイムズ」紙のナンバーワンブック、「イブニング・スタンダード」紙のブックオブザイヤーに輝いたベストセラー!■


英国で数々の賞を受賞した若きジャーナリストが欧州の移民問題を徹底ルポ。
移民受け入れをめぐる「罪悪感」と「疲れ」がもたらした欧州リベラリズムの死に方を克明に描く。


















関連記事