FC2ブログ

止まらない静かなる侵略-本当に危ないのはどの国か?

┠──────────────────────────────────
┃THE STANDARD JOURNAL~アメリカ通信~┃ http://www.realist.jp
┠──────────────────────────────────
├ 2019年4月18日 (修正版)止まらない静かなる侵略-本当に危ないのはどの国か?
──────────────────────────────────
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□

【4月22日(月)】|※20時スタート※
|AJCN代表:山岡鉄秀&OTB代表:和田憲治のTSJ1

https://live.nicovideo.jp/gate/lv319564730
https://youtu.be/w0JzMfS70co
https://www.facebook.com/mediaotb/

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□

---------------------------------------
★運営より★
17日に配信した内容に一部誤字・脱字があったので、
修正版として再配信致します。

加えて、下記URLも追加しました。
★★【必見】(日本語字幕版)45:42★★
https://youtu.be/safWO68outc

---------------------------------------


全世界のアメ通読者の皆様、山岡鉄秀です。

先日、ある討論番組に出演し、次のように主張しました。

「移民政策は安全保障に
 直結していることを忘れてはならない。
 移民や留学生をフルに活用して
 世界中で浸透工作を行っている国があるからだ」

すると、元高級官僚の方がこう言いました。

「中国が悪いと言ったら、アメリカだって悪い。
 原爆や大空襲、それに、日本政府に色々言ってくる」

善悪二元論で言ったら、
世界中悪い国だらけではないでしょうか?
また、ひとつの国にも良い面と悪い面があります。

今、我々に求められているのは、
善悪の判断というよりも、
どの陣営に付いたら生き残ることができるか、
という冷徹な判断です。
今の日本の国力では単独で中立を保つことは不可能です。

オーストラリアから衝撃的なニュースが飛び込んできました。

メルボルン拠点の主要紙「ジ・エイジ」シドニー拠点の
「シドニー・モーニングヘラルド」
そして国営放送ABCが協力して調査し、
作成した「中国のオーストラリアにおける浸透工作」
に関するドキュメンタリーが放映されたというのです。
(Interference China’s covert political
  influence campaign in Australia Four Corners)

--
★★【必見】(日本語字幕版)45:42★★
https://youtu.be/safWO68outc
--

昨年、危機感から外国干渉防止法を可決したオーストラリア。
今年に入ってからは、政界工作を行っていた
中国人富豪の永住権をはく奪し、市民権申請も却下しました。
やっと目覚めたかに見えたオーストラリア。

しかし、ドキュメンタリーを見て背筋が凍りました。
中国共産党による大規模で組織的な
オーストラリア浸透工作はまったく止んでいなかったのです。

トニー・アボット元首相が、
オーストラリアのインテリジェンス機関(ASIO)
の警告を無視して
中国人富豪グループに自由党への寄付を促していた
ことも暴露されました。

全豪に本国共産党に通じる監視ネットワークが張り巡らされ、
共産党に批判的な中国人や団体は攻撃され、
協力的な中国人や団体は支援されることがつまびらかになりました。

中国総領事館が直接地方自治体に
圧力をかけてくるケースも暴露されました。

危機感を感じたタンブル前首相は、
中国関連アドバイザーのジョン・ガーナウト氏に
極秘調査を命じました。

すると、彼の調査に協力する中国人学者は
中国当局にマークされ、中国に入国するや否や
連行されて尋問を受けてしまうのです。

2018年3月、オーストラリアに帰化した
中国人作家ヤン・ヘンジュン氏は、
シドニーでガーナウト氏に会いに行く途中、
中国政府からの電話で足を止められました。
電話の主はガーナウト氏について
根掘り葉掘り質問し、
ヘンジュン氏は約束の時間に1時間も遅れてしまいました。

元中国政府の情報機関に勤務していたヘンジュン氏は、
中国共産党に批判的になったことから
解雇された経歴の持ち主で、
ガーナウト氏に貴重な内部情報を提供しました。

ガーナウト氏はヘンジュン氏に、
絶対に中国本土に行かないように警告しました。
逮捕される危険性が高いと判断したからです。

しかし、ヘンジュン氏はそのアドバイスを無視して
2019年1月に中国へ奥さんと娘を連れて渡ってしまいます。

案の定、税関では中国政府の職員が
10人ほど待ち受けていました。
ヘンジュン氏は家族と引き離され、
連行されたまま消息不明になっています。
残された家族も出国を禁じられたまま、
未だにヘンジュン氏の安否も知らされていません。

ガーナウト氏はヘンジュン氏が
精神的拷問を受けているのではないかと危惧しています。

ニュージーランド、カンタベリー大学の
アンマリー・ブレイディ教授は、
2017年にニュージーランドにおける
中国の浸透工作を暴く衝撃的なレポートを発表し、
現在も調査を続けています。

そして今年、オーストラリアの国会で
証言をすることになっていた前日、
彼女の家は泥棒に荒らされてしまいます。
現金などには一切手を付けず、
情報のみを盗んでいったとのことでした。
この犯行にも、中国政府の関与が強く疑われています。

このように、オーストラリアやニュージーランドでは、
中国共産党による浸透工作は
もはや公然の秘密になっています。

さて、ここからが本当の問題です。

開かれた移民国家であるがゆえに、
その制度を徹底的に利用されて
幅広い浸透工作を許してしまった
オーストラリアとニュージーランド。

圧倒的なマネーと人海戦術に押しまくられ、
まだ自国防衛の戦いに勝利していません。
心配な状況が続きます。
しかし、やっと現状に気づき、
法律の整備や汚職政治家の解任、
問題人物の追放も行いました。

一方、これまで、西側先進国では
最も閉ざされていた日本は
そこまで浸食されていないように見えます。

しかし、実際には全く同じことがなされている、
という情報があります。

全く同じことが進行しているが、
自浄能力が無いために、
表ざたにもならないというのです。

最近の日本政府の動きを見ていれば、
その可能性は十分高いと言えます。

猛攻撃を受けたが、現実に目覚め、
警戒感を強めるオーストラリアとニュージーランド。
表面的には何も見えず、スパイ防止法もなく、
政治家の癒着も追及されない日本。

本当に危ないのはどちらでしょうか?

「中国が悪いならアメリカも悪い」
と言っている場合でしょうか?
我々日本人はすでに「ゆでガエル」なのかもしれません。

( 山岡 鉄秀 :Twitter:https://twitter.com/jcn92977110

----------------------------------------------------------------

▼山岡鉄秀▼
AJCN Inc.代表・公益財団法人モラロジー研究所研究員
 1965年、東京都生まれ。中央大学卒業後、シドニー大学大学院、
ニューサウスウェールズ大学大学院修士課程修了。
 2014年、豪州ストラスフィールド市において、
中韓反日団体が仕掛ける慰安婦像設置計画に遭遇。
子供を持つ母親ら現地日系人を率いてAJCNを結成。
「コミュニティの平和と融和の大切さ」を説いて
非日系住民の支持を広げ、圧倒的劣勢を挽回。
 2015年8月、同市での「慰安婦像設置」阻止に成功した。
著書に、国連の欺瞞と朝日の英字新聞など
英語宣伝戦の陥穽を追及した『日本よ、もう謝るな!』(飛鳥新社)

---

▼日本を貶め続ける朝日新聞との対決 全記録
ケント・ギルバート (著), 山岡鉄秀 (著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4864106592/

▼『日本よ、もう謝るな!』(飛鳥新社)
https://goo.gl/KfjLem

★『日本よ、情報戦はこう戦え!』(育鵬社)
https://www.amazon.co.jp/dp/4594080219/

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□

※「日本エア野党の会」について
10分間でだいたいわかるw動画はこちらになります(笑)
※でも真面目にやります。

 → https://youtu.be/jFqYkFs-mUk

★『日本エア野党の会』入会はこちらから・・・
https://www.tea-party.jp/


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□

■KAZUYA Channel■
▼意味不明の中韓接待事業に血税を垂れ流す無能日本政府
https://youtu.be/AlGIKw32As0

【★署名活動にご参加下さい★】

いわゆる「慰安婦問題」はじめ、
このような日本と中韓との間の軋轢は「安全保障」の問題なのです。
韓国を利用して反日工作を仕掛ける中国の目的は、
中華大帝国再興の夢の障害となる日米同盟の分断です。

これは中国にとって、単なる反日活動ではないのです。
世界覇権を目指して展開する”超限戦”の一部である、と理解すべきです。
なので、本来であれば、日本政府はこの反日工作活動を
全力をあげて阻止しなければならないはずです。

では、日本政府はこのような中韓の反日攻勢に無為無策なのでしょうか?

いいえ。実は、日本政府は外務省を中心に
莫大な予算を投じてカウンターをしています。

ただし・・・。その施策は、ひとことで言えば「接待」です。

日本の領土が脅かされ、日本国民が呻吟する一方で、
日本政府は反日活動に血道を上げる敵性国家にまともな反論もせず、
議論を避けながら、莫大な税金を投入して「交流」の美名のもとに
せっせと接待外交に勤しんでいるのです。

日本国民はもっと怒らなくてはならないのです。

国民の覚醒がこの国を救う最後の砦です。
状況は日々悪化しています。
これは冗談や脅しではなく、
私達日本人に残された時間はあと僅かなのです。

【★署名活動にご参加下さい★】
▼日本国民の血税を壮大にドブに捨てる、
中国・韓国との無意味な交流事業を中止しよう!
http://chng.it/hD9NWfD74F

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□
※このメルマガは転送自由です。(ただし出典を残して下さい)

★オンザボードメルマガ登録★
PCの方はこちらから → https://www.on-the-board.jp/mail
スマホの方はこちらから → https://goo.gl/uwFnKG

▼Youtube THE STANDARD JOURNAL1
https://www.youtube.com/c/OTB/live

▼ニコニコ動画 THE STANDARD JOURNAL1
http://ch.nicovideo.jp/strategy

▼オンザボードFacebookページ
https://www.facebook.com/mediaotb/

■ご意見・ご要望は以下のフォームより
https://www.on-the-board.jp/ask

□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□
株式会社 オンザボード(http://www.on-the-board.co.jp/
和田憲治Twitter:https://twitter.com/media_otb

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信
のバックナンバーはこちら
https://archives.mag2.com/0000110606/index.html?l=yft0bd414b

◎日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信
の配信停止はこちら
https://www.mag2.com/m/0000110606.html?l=yft0bd414b

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
関連記事