FC2ブログ

元共同通信ソウル特派員、青木理氏は大活躍


┠──────────────────────────────────
┃THE STANDARD JOURNAL~アメリカ通信~┃ http://www.realist.jp
┠──────────────────────────────────
├ 2019年9月19日 元共同通信ソウル特派員、青木理氏は大活躍
──────────────────────────────────
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□

▼元共同通信ソウル特派員、青木理氏は大活躍

みなさん、こんにちは。

和田です。

元共同通信ソウル特派員、青木理氏は
今でもTVでも大活躍ですよね。

韓国で文在寅大統領の側近、
チョ・グクが疑惑の玉ねぎ男と言われるほど、
剥いても剥いても新たな疑惑がでる。
チョ氏は娘の高麗大学への不正入学や息子の兵役逃れ
チョとその親族が出資しているファンド運用のスキャンダル。

チョ・グクは疑惑に答えるべく
11時間にわたる記者会見をしたが、

それを、青木氏は、
民主主義のありよう、正義のありよう
と韓国を評し、

さらにチョ・グクを捉えて、

「非常にスマート、頭のいい人だ」

と褒め言い切った。

彼は、韓国文政権や、
すでに親族が逮捕されているチョ・グク褒めこそしても、
決して伝統的な「悪」儒教縁故政治とか、
疑惑の総合商社だとか
批判めいたことはいいません。

片や日本の、モリカケ問題は、
安倍総理との関連の証拠は何もでてこなかったのに
追求が足りないし、
忖度させる雰囲気を作った罪は重いとさえ
言及していた。

もちろん、完全なダブルスタンダードですね!

青木理氏は、元共同通信ソウル特派員です。
韓国滞在時に、なにか”いいこと”があったのか?

彼が日本や安倍政権を批判するのはいいが、
彼が韓国を批判する発言は聞いたことがない。

マネートラップ、ハニートラップ、
それとも「日本は犯罪国家だ」と
韓国で韓国民を教育しているように、
オルグされているのか?


日本のTVがそんな青木氏を重用している点を見れば、
TV局上層部の意向とも思えます。

韓国を批判する百田尚樹氏などは
出演すらさせてもらえない。

韓国では、文在寅政権を批判するデモ隊のほうが、
多くの人を集めていても報じない。

出演するジャーナリストや学者、
そして出演者や放送方針を最終的に決定する
TV局上層部はなにかがオカシイのではないでしょうか?

韓国になぜか忖度する日本のジャーナリストと新聞TV。

そして、中国に対してはどうでしょうか?

アメリカ通信の放送で、
中国によるオーストラリアへの
『サイレント・インベージョン』の内容を
伝えてきましたが、
まさに、そっくりな構図が浮き上がります。

構図だけでなく、証拠つきで、
政治家、役人、そしてメディアが
チャイナに買収されていました。

メディアには広告費や買収工作、
政治家個人には、マネートラップ含め
さまざまな自然、不自然な工作の実態がわかります。

一つ、首相を引退した政治家にアプローチする
チャイナの手口を紹介します。

首相を引退したら、給料はお金は入りません。
そして権力から離れると、人からも声がかかりません。

(あなたが、そういう引退した立場の
 ”元首相”だったら・・・
 と想像して以下を読んで下さい。)

そこに、チャイナのほうから、
こんなオファーが来ます。

「まず、我が協会で講演会をやってもらえませんか?
報酬は X X X X ドルです。」

と言って、かなり大きな報酬を支払います。

引退した元首相は、金額にびっくりしますし、
それだけもらえるならと、
チャイナスポンサーのために、
ヨイショ発言したりしてしまいます。

そのあとです。

「あなたは素晴らしい。
ぜひ、中国と豪州の架け橋になって下さい。
あなたはその素晴らしい能力を使って、
オーストラリアの発展に寄与することができます。
我が協会の理事に就任していただけませんか?
次月報酬として◯◯◯◯ドルお支払いします。」

講演会なら単発収入かもしれませんが、
協会の理事なら固定給がもらえます。
引退後の生活考えると魅力的ですよね?

住宅ローンも終わる。
もしくは別荘も建てられる?

そのあと、さらに、

「先生、中国に来て下さい。
ファーストクラスの飛行機と、
最高級ホテルと素晴らしい料理を準備します。
ぜひ先生に紹介したい、我が国の政治家たちや
オーストラリアに投資したい企業家たちが
多数いるのです。
ご旅行のお足代は◯◯◯◯ドルです」

ここで、
「もちろん美女たちも待ってます」
というかは知りません。

しかし、こういうオファーを受けて、
毒を食らわば皿までとなってしまった
豪州の政治家たちが実際にたくさんいるのです。

非常にうまいですよね。
単純に中国側の要求を飲むほうが、
少々の無理難題であっても受け入れるほうが、
中国との通商を拡大することになり、
オーストラリアが発展すると信じ込むようになり、
さらに自分にカネと地位が入ってくる・・・。

結局、絶対に中国を批判しない政治家が
どんどんでてくるのです。

だからこそ、これは日本の知識人たちには、
絶対に知ってほしい内容なのです。
愛国心が多少あったとしても、
その隙間を突かれるとあっさり崩れてしまうのです。

これがチャイナによる豪州への
サイレントインベージョンの手口の一つです。

日本にもいますよね?

絶対に中国を批判しない政治家。
引退した元首相・・・。

日本の政治家、役人、ジャーナリスト、
メディア幹部も毒饅頭を食らっているのか?

と、考えをめぐらしていただきたい。
マネートラップか、ハニートラップか、オルグか?

国民は政治家や役人を
厳しく監視しなければなりません。
それが、国民の努めです。

自国の予算、自分の払った税金が
結局、チャイナのために使われてしまうのです。

この『サイレント・インベージョン』を含めた、
オーストラリア、
ニュージーランド
カナダへの
3カ国への侵略のまとめた、
『トリプル・インベージョン』音声レポート

現在、増税前特典期間中です。

興味のある方はここをクリック!!

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.realist.jp/tripleinvasion/

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□
※このメルマガは転送自由です。(ただし出典を残して下さい)

★オンザボードメルマガ登録★
PCの方はこちらから → https://www.on-the-board.jp/mail
スマホの方はこちらから → https://goo.gl/uwFnKG

▼Youtube THE STANDARD JOURNAL1
https://www.youtube.com/c/OTB/live

▼ニコニコ動画 THE STANDARD JOURNAL1
http://ch.nicovideo.jp/strategy

▼オンザボードFacebookページ
https://www.facebook.com/mediaotb/

■ご意見・ご要望は以下のフォームより
https://www.on-the-board.jp/ask

□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□
株式会社 オンザボード(http://www.on-the-board.co.jp/
和田憲治Twitter:https://twitter.com/media_otb

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信
の配信停止はこちら
https://www.mag2.com/m/0000110606.html?l=yft0bd414b




この記事を拡散したいと思ったら、応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★ ★↑↑ 記事はここまで ↑↑★ ★



■国際関係アナリスト北野幸伯氏の無料メルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」

国際関係アナリスト北野幸伯氏の国際情勢の分析を、無料で読むことができます。

★まぐまぐ2015年総合大賞1位

数年前のバックナンバー記事を読むと、現在の国際情勢を正確に予知していることに驚きますよ

★このメルマガの無料購読申し込みは(バックナンバーも読むことができます)
http://www.mag2.com/m/0000012950.html





■日本の情報・戦略を考える「アメリカ通信」の無料購読申し込みはこちら

https://archives.mag2.com/0000110606/index.html?l=yft0bd414b




■【国際派日本人養成講座】創刊20年目・5万8千部発行・まぐまぐ殿堂入りのメルマガ無料購読申し込みはこちら

https://www.mag2.com/m/0000000699.html





■終戦直後の日本人引揚者を襲う朝鮮人たち…「竹林はるか遠く」

朝鮮人の男たちが、藪の中へ女の人たちを引きずっていくのを見たし、若い女性に乱暴しているのも見たわ(111頁)。

彼ら(朝鮮人)は悦楽を求めて人々の間をよろよろ歩き、そして娘たちを見つける度に外へ引きずり出した。たびたび女たちの悲鳴が響いた。(118頁)。

また、朝鮮人が、日本人を殺したうえで金歯まで抜いている記述もある(129頁)。







■通州事件…盧溝橋事件発生から3週間後の1937年7月29日
北平(北京)東方の通州で中国保安隊による大規模な日本人虐殺事件が発生した■



『通州事件の惨劇 (Sさんの体験談)-日本人皆殺しの地獄絵-』

★「通州事件 目撃者の証言」 (自由社ブックレット5) より 藤岡 信勝 (著) 自由社; 初版 (2016/8/7)

夫を生きたまま腹を切り裂き…「これはおいしいぞ、日本人の腸だ、焼いて食べろ」…そうして、その妻である妊婦の腹を切り裂き胎児を取り出す。

それはこの男の人の頭の皮を学生が青竜刀で剥いでしまったのです。頭の皮を剥いでしまったら、今度は目玉を抉り取るのです。このときまではまだ日本の男の人は生きていたようですが、この目玉を抉り取られるとき微かに手と足が動いたように見えました。

目玉を抉り取ると今度は男の人の服を全部剥ぎ取りお腹が上になるように倒しました。

そして又学生が青竜刀でこの日本の男の人のお腹を切り裂いたのです。縦と横とにお腹を切り裂くと、そのお腹の中から腸を引き出したのです。ずるずると腸が出てまいりますと、その腸をどんどん引っ張るのです。

人間の腸があんなに長いものとは知りませんでした。十メートル近くあったかと思いますが、学生が何か喚いておりましたが、もう私の耳には入りません。そうしているうちに何かワーッという声が聞こえました。

ハッと目をあげてみると、青竜刀を持った学生がその日本の男の人の腸を切ったのです。そしてそれだけではありません。別の学生に引っ張らせた腸をいくつにもいくつにも切るのです。一尺づつぐらい切り刻んだ学生は細切れの腸を、さっきからじっと見ていた妊婦のところに投げたのです。

このお腹に赤ちゃんがいるであろう妊婦は、その自分の主人の腸の一切れが頬にあたると「ヒーッ」と言って気を失ったのです。その姿を見て兵隊や学生達は手を叩いて喜んでいます。残った腸の細切れを見物していた支那人の方へ二つか三つ投げて来ました。そしてこれはおいしいぞ、日本人の腸だ、焼いて食べろと申しているのです。


1937年 通州事件(つうしゅう)中国冀東保安隊による日本人虐殺事件。被害者約200名
  ・婦人は24時間強姦されたあげく鼻や喉に針金をつけられ殺害現場まで引き擦られる。
  ・旭軒では17~40歳の女性はことごとく強姦され
   陰部を銃剣で刺さたもの、口中に土砂を填めてあるもの、
   腹部を縦に断ち割つて等にて惨殺。
  ・錦水楼では女性達は手足を縄で結ばれ強姦され、斬首。
  ・男は目玉をくりぬかれ、上半身は蜂の巣の様
  ・子供は手の指を揃へて切断され惨殺
  ・南城門では腹部の骨が露出し、内臓が散乱
  ・首を縄で縛り両手を併せて針金通し一家六名数珠繋ぎにして引廻し惨殺。












■英国で10万部超、世界23ヵ国で翻訳、英国のアマゾンレビュー700件超!
「サンデー・タイムズ」紙のナンバーワンブック、「イブニング・スタンダード」紙のブックオブザイヤーに輝いたベストセラー!■


英国で数々の賞を受賞した若きジャーナリストが欧州の移民問題を徹底ルポ。
移民受け入れをめぐる「罪悪感」と「疲れ」がもたらした欧州リベラリズムの死に方を克明に描く。















関連記事