FC2ブログ

政治家は死んでも批評される存在だ★河野洋平元官房長官や宮沢喜一元首相の 売国奴ぶりは、現在も批判されていますが、 後年もさらに厳しく批判されるべき存在だ。


┠──────────────────────────────────
┃THE STANDARD JOURNAL~アメリカ通信~┃ http://www.realist.jp
┠──────────────────────────────────
├ 2019年9月23日 政治家は死んでも批評される存在だ
──────────────────────────────────
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□

▼政治家は死んでも批評される存在である。

こんにちは

和田です。

政治家は批評、批判の対象です。

国民から権力を与えられ、
国民の税金から報酬がでているためです。
禄を食む以上、国民に仕え、
国益を追求するのは当たり前です。

例えば、河野洋平元官房長官や宮沢喜一元首相の
売国奴ぶりは、現在も批判されていますが、
後年もさらに厳しく批判されるべき存在だと思います。


慰安婦問題での河野談話は、
韓国側からの「お願い」を受け入れ、
韓国人慰安婦たちの名誉を守り、
代わりに、
戦った日本の英霊たちの名誉を売りました。
現代の日本人を性奴隷を強いた民族
というイメージをかぶせるとともに
今なお外交でも足を縛っている状態です。

宮沢喜一元首相は、
中国共産党が自国民を虐殺するという
天安門事件以降、国交、貿易を制裁されていた中、
中国共産党の「お願い」を聞いたわけです。
「日本の天皇陛下が中国に来てもらえたら、
国際的にも制裁が止まる。だから来て欲しい」
というものをしっぽを振って受け入れました。
以後、どうなったか?
中国共産党と中華人民共和国は国際社会に復帰し、
今日の繁栄まで世界の貿易大国として繁栄が続きます。

そんな国際社会での、
中国の経済大国としての地位に協力してきた
日本に対してどうであったか?

南京大虐殺や「従軍」慰安婦問題、
教科書問題と歴史戦をふっかけられ、
尖閣諸島には連日、中国人民解放軍直下の
武装した海警船が侵入してくる状態です。
恩を仇で返され、完全になめられている状態です。

宮沢喜一や河野洋平についてはたくさんありますが、
思想を問わなくとも(思想もカスですが)、
政治家はやった結果を見れば、
まさに国賊といえるでしょう。
彼らがここまで、中韓に
やられると思っていなかった

日米安保改正を断行した岸信介など、
英断を持って国民を
正しい道に導いた指導者は
歴史に名を刻み、
称賛され続ける。

それが政治家という職業です。
禄を食む以上そういう覚悟で望む仕事です。

河野洋平は存命で、
宮沢喜一は鬼籍に入ってますが、
もっと彼らのやったことは
調査研究されるべきだし、
批判され続けるべきです。

それが現代の政治家へのプレッシャーにもなるからです。

さて、先日9月12日、ガンで亡くなった
衆議院議員宮川典子氏についてです。

日教組のドンといわれる輿石東氏の君臨する
山梨で自民党から出馬しているだけに、
保守政治家のように思っていました。

ところが、ネット放送のアメリカ通信でも
取り上げましたが、最新の孔子学院が
山梨県の山梨学院大に作られました。
その5月13日の開校式に満面の笑みで
記念写真の中央に写っているのが
宮川典子氏だったのには残念な思いでした。
https://www.ygu.ac.jp/info/detail.php?id=5bwwDPIq
彼女の母校でもあるため、地元国会議員だけに
OB会では絶大な実力もあったはずです。

輿石東氏を倒すためというカラーをつけるために、
保守的な立場をとっていたのか?

孔子学院がアメリカやオーストラリアでは
中国の外国コントロールのための、
スパイ養成学校と認定されていることを
勉強不足で知らなかったのか?

自分の母校、自分の選挙区に
そんなものが作られるのなら
体を張って反対すべきでしょう。

日教組を追い出して、
孔子学院を入れるのか?
日教組の戦いはポーズだったのか?

すでにアメリカでは廃校にするという
方向で進んでいる孔子学院を
さらに新たに増加する失態をしている
宮川典子氏、政治家は勉強不足では
すまされないと思います。

それくらい、政治家であれば、
中国共産党のつくる機関については
世界的に敏感になっていることを
知っていないといけない時期なのです。
自民党全体も歯がゆいほどゆるい状態です。

孔子学院やサイレントインベージョンでも
まともな勉強会、部会がないのでしょう。
あっても「やってみました」的、
アリバイ作り的な
税金の無駄状態なのでしょう。

はっきりいうと、日本では、
政治家が勉強不足だし、覚悟もない。
国民も侵略されている点について認識が甘い。
だから政治家の実質的なスパイ幇助を
許してしまっているのかと思います。

このメルマガを読んだあなたには、
厳しく政治家をとがめる国民であって欲しいと思っています。
私と奥山先生だけがしゃかりきに、
この問題を伝えているだけでなく、
そういう国民が一人でも多くなった時に
本当に底力のある国家ができるはずだと思っています。

オーストラリア、ニュージーランド、
カナダへの中国の侵略を研究した、
『トリプル・インベージョン音声レポート』は、
本当は宮川典子議員に送ってその見解を
聞こうと思って作っていた矢先に
訃報を聞きました。

闘病していたことや、
若くして期待されつつ急逝したことは
気の毒に思います。
しかし、繰り返しますが、禄を食む
政治家は死んでも批評される立場です。
でないと、国家は侵略され滅んでしまいます。

もはやニュージーランドなどは、
元のニュージーランドに戻れず、
終わった国家になりつつあります。

サイレントインベージョン研究により、
アメリカは中国の侵略を食い止めました。

カナダ、オーストラリアはまだ侵略との奮闘、
膿出し、さらなる新しい侵略との駆け引きが続いています。

日本には、米国のように、
『自力で、サイレントインベージョンに打って勝つ国』
になってもらいたいと
この音声レポートをつくりました。

このような甘い認識のままで、
日本は移民の受け入れ拡大をしていいのか?

・日本から売国政治家をこれ以上誕生させたくない人、
・中国の侵略から日本を守りたい人、
・侵略を受け入れる政治家を許しがたい人、
・中国の侵略等を研究する組織が必要だと思う人
・政治家は結果で評価されるべきと思う人
  ・・・・・・・・。

上記の一つでも思う人はこちらをクリックして下さい。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.realist.jp/tripleinvasion/

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□
※このメルマガは転送自由です。(ただし出典を残して下さい)

★オンザボードメルマガ登録★
PCの方はこちらから → https://www.on-the-board.jp/mail
スマホの方はこちらから → https://goo.gl/uwFnKG

▼Youtube THE STANDARD JOURNAL1
https://www.youtube.com/c/OTB/live

▼ニコニコ動画 THE STANDARD JOURNAL1
http://ch.nicovideo.jp/strategy

▼オンザボードFacebookページ
https://www.facebook.com/mediaotb/

■ご意見・ご要望は以下のフォームより
https://www.on-the-board.jp/ask

□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□
株式会社 オンザボード(http://www.on-the-board.co.jp/
和田憲治Twitter:https://twitter.com/media_otb

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信
の配信停止はこちら
https://www.mag2.com/m/0000110606.html?l=yft0bd414b

━━━━━━━━━━━━━━━━━




この記事を拡散したいと思ったら、応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★ ★↑↑ 記事はここまで ↑↑★ ★



■国際関係アナリスト北野幸伯氏の無料メルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」

国際関係アナリスト北野幸伯氏の国際情勢の分析を、無料で読むことができます。

★まぐまぐ2015年総合大賞1位

数年前のバックナンバー記事を読むと、現在の国際情勢を正確に予知していることに驚きますよ

★このメルマガの無料購読申し込みは(バックナンバーも読むことができます)
http://www.mag2.com/m/0000012950.html





■日本の情報・戦略を考える「アメリカ通信」の無料購読申し込みはこちら

https://archives.mag2.com/0000110606/index.html?l=yft0bd414b




■【国際派日本人養成講座】創刊20年目・5万8千部発行・まぐまぐ殿堂入りのメルマガ無料購読申し込みはこちら

https://www.mag2.com/m/0000000699.html





■終戦直後の日本人引揚者を襲う朝鮮人たち…「竹林はるか遠く」

朝鮮人の男たちが、藪の中へ女の人たちを引きずっていくのを見たし、若い女性に乱暴しているのも見たわ(111頁)。

彼ら(朝鮮人)は悦楽を求めて人々の間をよろよろ歩き、そして娘たちを見つける度に外へ引きずり出した。たびたび女たちの悲鳴が響いた。(118頁)。

また、朝鮮人が、日本人を殺したうえで金歯まで抜いている記述もある(129頁)。







■通州事件…盧溝橋事件発生から3週間後の1937年7月29日
北平(北京)東方の通州で中国保安隊による大規模な日本人虐殺事件が発生した■



『通州事件の惨劇 (Sさんの体験談)-日本人皆殺しの地獄絵-』

★「通州事件 目撃者の証言」 (自由社ブックレット5) より 藤岡 信勝 (著) 自由社; 初版 (2016/8/7)

夫を生きたまま腹を切り裂き…「これはおいしいぞ、日本人の腸だ、焼いて食べろ」…そうして、その妻である妊婦の腹を切り裂き胎児を取り出す。

それはこの男の人の頭の皮を学生が青竜刀で剥いでしまったのです。頭の皮を剥いでしまったら、今度は目玉を抉り取るのです。このときまではまだ日本の男の人は生きていたようですが、この目玉を抉り取られるとき微かに手と足が動いたように見えました。

目玉を抉り取ると今度は男の人の服を全部剥ぎ取りお腹が上になるように倒しました。

そして又学生が青竜刀でこの日本の男の人のお腹を切り裂いたのです。縦と横とにお腹を切り裂くと、そのお腹の中から腸を引き出したのです。ずるずると腸が出てまいりますと、その腸をどんどん引っ張るのです。

人間の腸があんなに長いものとは知りませんでした。十メートル近くあったかと思いますが、学生が何か喚いておりましたが、もう私の耳には入りません。そうしているうちに何かワーッという声が聞こえました。

ハッと目をあげてみると、青竜刀を持った学生がその日本の男の人の腸を切ったのです。そしてそれだけではありません。別の学生に引っ張らせた腸をいくつにもいくつにも切るのです。一尺づつぐらい切り刻んだ学生は細切れの腸を、さっきからじっと見ていた妊婦のところに投げたのです。

このお腹に赤ちゃんがいるであろう妊婦は、その自分の主人の腸の一切れが頬にあたると「ヒーッ」と言って気を失ったのです。その姿を見て兵隊や学生達は手を叩いて喜んでいます。残った腸の細切れを見物していた支那人の方へ二つか三つ投げて来ました。そしてこれはおいしいぞ、日本人の腸だ、焼いて食べろと申しているのです。


1937年 通州事件(つうしゅう)中国冀東保安隊による日本人虐殺事件。被害者約200名
  ・婦人は24時間強姦されたあげく鼻や喉に針金をつけられ殺害現場まで引き擦られる。
  ・旭軒では17~40歳の女性はことごとく強姦され
   陰部を銃剣で刺さたもの、口中に土砂を填めてあるもの、
   腹部を縦に断ち割つて等にて惨殺。
  ・錦水楼では女性達は手足を縄で結ばれ強姦され、斬首。
  ・男は目玉をくりぬかれ、上半身は蜂の巣の様
  ・子供は手の指を揃へて切断され惨殺
  ・南城門では腹部の骨が露出し、内臓が散乱
  ・首を縄で縛り両手を併せて針金通し一家六名数珠繋ぎにして引廻し惨殺。












■英国で10万部超、世界23ヵ国で翻訳、英国のアマゾンレビュー700件超!
「サンデー・タイムズ」紙のナンバーワンブック、「イブニング・スタンダード」紙のブックオブザイヤーに輝いたベストセラー!■


英国で数々の賞を受賞した若きジャーナリストが欧州の移民問題を徹底ルポ。
移民受け入れをめぐる「罪悪感」と「疲れ」がもたらした欧州リベラリズムの死に方を克明に描く。


















関連記事