FC2ブログ

米中覇権戦争の行方★米中覇権戦争が、わが国にとって「深刻な問題」<米国が経済、テクノロジー、軍事面でその覇権を脅かす 中国を放っておくことはない。


RPE Journal==============================================



      ロシア政治経済ジャーナルNo.2062


                      2019/9/26


=========================================================


★米中覇権戦争の行方



全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。



今日、私の新刊


●米中覇権戦争の行方

詳細は↓
https://amzn.to/317ui8w


が発売になりました。

今日は、この重要な本についてお話しさせていただきます。

私がこの本を書きはじめた目的は、大きく二つあります。



一つは、米中覇権戦争が、わが国にとって「深刻な問題」
であることを理解していただくことです。


2018年、アメリカと中国の対立が激化しました。

それは、「米中貿易戦争」などと呼ばれています。


しかし、私は、【 米中覇権戦争 】と呼んでいます。

なぜなら、18年にはじまったのは、「貿易不均衡を是正
しよう」といった次元を超えた対立だからです。

そう、これは「覇権」「世界の支配権」をかけた、アメ
リカと中国の戦いなのです。


「ふぉふぉふぉ。
大げさじゃのう。
トンデモ系、陰謀論の類じゃな」


そう思われた方もたくさんいることでしょう。

日本人のほとんどは、今回の米中対立がそれほど深刻だと
は考えていない。

しかし、私の話は、「トンデモ」とか「陰謀論」の類では
ありません。

実際、日本を代表する「真面目な雑誌」も、多少表現は違
いますが、同じようなことを書いています。

例を挙げましょう。

週刊 東洋経済」2018年12月29日-2019年1月5日合併号の
特集は、「2019大予測」でした。

128~129pを見ると、


【 米中新冷戦 】


という用語が使われています。

「米ソ冷戦」を思い出させますね。

129pには、こうあります。


<米国が経済、テクノロジー、軍事面でその覇権を脅かす
中国を放っておくことはない。

18年は安全保障関係者を含め、政官財の超党派で対中警戒
論が米国に完全定着した年だった。>


ここでは、中国が「覇権を脅かしている」ので、アメリカ
は中国を放っておかないと書かれています。

そう、米中の争いは、ただの貿易戦争ではなく、


【 覇権戦争 】


なのです。


「週刊 ダイヤモンド」2018年11月24日号の表紙は「米中
戦争 日系メーカー危険度ランキング」となっています。

ここでも戦いの真因は、「貿易不均衡」ではないことが語
られています。


<米国が許せない共産党支配>(36p)

<米中では基本思想、政治システムが相いれないのだから
互いに譲れない。

技術覇権も軍事覇権も譲れない。

米中戦争が長期化するのは必然だ。>(37p)


米中戦争の本質は「基本思想、政治システムの違い」にあ
るとしている。

要するに、


「資本主義アメリカ 対 共産主義ソ連」

「民主主義アメリカ 対 共産党一党独裁ソ連」


と似た構造の対立だというわけです。 

この戦争はいつまでつづくのでしょうか?


<戦争長期化のレンジは30年、40年先とみておいた方
がいい。>(同上)


なんと、米中戦争は、30~40年つづく可能性があると。

ちなみに米ソ冷戦は、第2次大戦直後(1945年)から
はじまり、ソ連が崩壊した1991年12月で終わりました。

つまり、46年間つづいた。

米中覇権戦争は、そこまで長くはないが、かなり長期にな
るだろうと。


「週刊エコノミスト」2018年11月27日号は、「ドル・原油
・金 「新冷戦」でこう変わる」です。


表紙から「新冷戦」という用語が使われています。 

3つ例をあげましたが、日本の真面目な雑誌は、アメリカ
と中国の対立が、「ただの貿易戦争」ではないことに気が
ついている。

それで、「米中戦争」「新冷戦」といった用語が、2018年
から使われていたのです。


問題は、一般国民だけでなく、政府も「事の重大さ」に気
がついていないこと。

すると、どういうことが起こるのでしょうか?

政府は、「米中対立」を「覇権戦争」と認識していない。

「もっと軽いもの」と考えている。

すると、政府の動き自体が【 軽く 】なってしまうの
です。


たとえば、「覇権戦争」がはじまった2018年、当たり前
ですがアメリカと中国の関係は、著しく悪化しました。

ところが、日本と中国の関係は、大いに改善された。

これ、アメリカのトップは、どう感じるでしょうか?


「わが国が中国との戦争を開始した途端、同盟国日本は、
中国との関係を大いに改善させた。

これは、裏切り行為だ!」


そう思われても仕方ありません。

たとえば、日本とロシアの関係は、2018年秋頃からギク
シャクしています。

理由は、安倍総理が、平和条約締結を急ぎ始めたからで
す。

日本は、「平和条約締結を急ごう!」というのですが、
ロシア側からは、別の言葉に聞こえます。

そう、「はやく島返しやがれ、この野郎!」と聞こえる。

だから、日ロ関係が、停滞してしまうのです。


私はもちろん4島の返還を望んでいますし、「北方領土」
が重要な問題であることは誰も否定しません。

しかし、「米中覇権戦争」の最中に気合を入れて取り組
む問題ではないだろうと思うのです。


この本の第1の目的は、「米中覇権戦争が、わが国にとっ
て「深刻な問題」であることを、理解していただくこと」
と書きました

米中対立の深刻さが理解できれば、日本の行動は、より
戦略的、大局的になるでしょう。


この本を書く第2の目的は、「米中覇権戦争」で日本が



【 戦勝国 】


になる道を示すことです。

皆さんご存知のように、日本は戦後、長い間「自虐史観」
に汚染されてきました。

理由は、アメリカを中心とする戦勝国が、「日本が再び
強くなって反抗的にならないよう」教育(洗脳)したか
らです。

しかし、日本が近現代で負けた戦争は、第2次大戦しかあ
りません。

日本は、日清戦争、日ロ戦争、第1次世界大戦、冷戦で勝
利しています。

第2次大戦の大きな教訓は、やはり


【戦争は勝たなければならない】


ということでしょう。

そうでないと、戦勝国に、国の誇りも、歴史も伝統も、
すべて破壊されてしまいます。

ですから、日本は、「米中覇権戦争」で「戦勝国」にな
るべきなのです。


この本の構成について、簡単に触れておきます。


第1章では、なぜ米中覇権戦争が起こったのか、その経
緯を書いていきます。


第2章では、米中覇権戦争の結末を予想します。


第3章では、日本が「戦勝国」になる道を示します。


逆に「また敗戦国」にならないよう、「避けて通るべ
き道」についても触れます。



今からちょうど80年前、第2次世界大戦がはじまりま
した。

日本は、その2年後、真珠湾を攻撃。


敗戦必至の戦争に突入しました。

結果、私の父方の祖父は満州で戦死。

父方の祖母は、30歳で未亡人になり、4人の子供たち
を苦労して育てることになりました。

母方の祖父母は生き残ったものの、子供を二人(私
の母の弟と妹)失いました。

当時、日本国で普通に見られたこれらの悲劇。

二度と繰り返さないために、日本はどう動けばいい
のでしょうか?

答えは、この本の中にあります。


日本を再び敗戦国にしたくない皆さん。

日本を戦勝国にした皆さん。


迷うことなくご一読ください。



●米中覇権戦争の行方

詳細は↓
https://amzn.to/317ui8w










===========================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」


発行者 北野 幸伯


Copyright (C)RPE JournalAll Rights Reserved. 358



アドレス変更・解除はhttp://www.mag2.com/m/0000012950.html



===========================================================

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎ロシア政治経済ジャーナル
の配信停止はこちら
https://www.mag2.com/m/0000012950.html?l=yft0bd414b

━━━━━━━━━━━━━━━━━


この記事を拡散したいと思ったら、応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★ ★↑↑ 記事はここまで ↑↑★ ★



■国際関係アナリスト北野幸伯氏の無料メルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」

国際関係アナリスト北野幸伯氏の国際情勢の分析を、無料で読むことができます。

★まぐまぐ2015年総合大賞1位

数年前のバックナンバー記事を読むと、現在の国際情勢を正確に予知していることに驚きますよ

★このメルマガの無料購読申し込みは(バックナンバーも読むことができます)
http://www.mag2.com/m/0000012950.html





■日本の情報・戦略を考える「アメリカ通信」の無料購読申し込みはこちら

https://archives.mag2.com/0000110606/index.html?l=yft0bd414b




■【国際派日本人養成講座】創刊20年目・5万8千部発行・まぐまぐ殿堂入りのメルマガ無料購読申し込みはこちら

https://www.mag2.com/m/0000000699.html





■終戦直後の日本人引揚者を襲う朝鮮人たち…「竹林はるか遠く」

朝鮮人の男たちが、藪の中へ女の人たちを引きずっていくのを見たし、若い女性に乱暴しているのも見たわ(111頁)。

彼ら(朝鮮人)は悦楽を求めて人々の間をよろよろ歩き、そして娘たちを見つける度に外へ引きずり出した。たびたび女たちの悲鳴が響いた。(118頁)。

また、朝鮮人が、日本人を殺したうえで金歯まで抜いている記述もある(129頁)。







■通州事件…盧溝橋事件発生から3週間後の1937年7月29日
北平(北京)東方の通州で中国保安隊による大規模な日本人虐殺事件が発生した■



『通州事件の惨劇 (Sさんの体験談)-日本人皆殺しの地獄絵-』

★「通州事件 目撃者の証言」 (自由社ブックレット5) より 藤岡 信勝 (著) 自由社; 初版 (2016/8/7)

夫を生きたまま腹を切り裂き…「これはおいしいぞ、日本人の腸だ、焼いて食べろ」…そうして、その妻である妊婦の腹を切り裂き胎児を取り出す。

それはこの男の人の頭の皮を学生が青竜刀で剥いでしまったのです。頭の皮を剥いでしまったら、今度は目玉を抉り取るのです。このときまではまだ日本の男の人は生きていたようですが、この目玉を抉り取られるとき微かに手と足が動いたように見えました。

目玉を抉り取ると今度は男の人の服を全部剥ぎ取りお腹が上になるように倒しました。

そして又学生が青竜刀でこの日本の男の人のお腹を切り裂いたのです。縦と横とにお腹を切り裂くと、そのお腹の中から腸を引き出したのです。ずるずると腸が出てまいりますと、その腸をどんどん引っ張るのです。

人間の腸があんなに長いものとは知りませんでした。十メートル近くあったかと思いますが、学生が何か喚いておりましたが、もう私の耳には入りません。そうしているうちに何かワーッという声が聞こえました。

ハッと目をあげてみると、青竜刀を持った学生がその日本の男の人の腸を切ったのです。そしてそれだけではありません。別の学生に引っ張らせた腸をいくつにもいくつにも切るのです。一尺づつぐらい切り刻んだ学生は細切れの腸を、さっきからじっと見ていた妊婦のところに投げたのです。

このお腹に赤ちゃんがいるであろう妊婦は、その自分の主人の腸の一切れが頬にあたると「ヒーッ」と言って気を失ったのです。その姿を見て兵隊や学生達は手を叩いて喜んでいます。残った腸の細切れを見物していた支那人の方へ二つか三つ投げて来ました。そしてこれはおいしいぞ、日本人の腸だ、焼いて食べろと申しているのです。


1937年 通州事件(つうしゅう)中国冀東保安隊による日本人虐殺事件。被害者約200名
  ・婦人は24時間強姦されたあげく鼻や喉に針金をつけられ殺害現場まで引き擦られる。
  ・旭軒では17~40歳の女性はことごとく強姦され
   陰部を銃剣で刺さたもの、口中に土砂を填めてあるもの、
   腹部を縦に断ち割つて等にて惨殺。
  ・錦水楼では女性達は手足を縄で結ばれ強姦され、斬首。
  ・男は目玉をくりぬかれ、上半身は蜂の巣の様
  ・子供は手の指を揃へて切断され惨殺
  ・南城門では腹部の骨が露出し、内臓が散乱
  ・首を縄で縛り両手を併せて針金通し一家六名数珠繋ぎにして引廻し惨殺。












■英国で10万部超、世界23ヵ国で翻訳、英国のアマゾンレビュー700件超!
「サンデー・タイムズ」紙のナンバーワンブック、「イブニング・スタンダード」紙のブックオブザイヤーに輝いたベストセラー!■


英国で数々の賞を受賞した若きジャーナリストが欧州の移民問題を徹底ルポ。
移民受け入れをめぐる「罪悪感」と「疲れ」がもたらした欧州リベラリズムの死に方を克明に描く。















関連記事