FC2ブログ

中国から「西洋で最弱」と判断され、 侵略されつつあるオーストラリア。 『西洋で最弱』とも判断されないほど、 楽勝で侵略されたニュージーランド。 オーストラリアは侵略と奮闘中。 ニュージーランドは侵略のほぼ完了形。 しかし、NZだけでなく、 オーストラリアも中国政府と深く関係ある人物を 帰化させ、国会議員にしてしまっている。 という残念な話でした。


┠──────────────────────────────────
┃THE STANDARD JOURNAL~アメリカ通信~┃ http://www.realist.jp
┠──────────────────────────────────
├ 2019年9月26日 奥山先生が日本版サイレントインベージョンを書かない理由
──────────────────────────────────
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□

▼奥山先生が日本版サイレントインベージョンを書かない理由があります。

こんにちは、和田です。

オーストラリア、ニュージーランド、
カナダの3カ国への中国の侵略をまとめた、
音声セミナーの『トリプル・インベージョン』ですが、
そこまでやってるなら、

「奥山先生が、日本へのサイレントインベージョンも
 調査して書いて下さい。」

そういう意見をたくさんもらいます。

しかし、奥山先生はここまでです。
これからも放送で進行状態を知らせますが、
調査し、本にまとめることはやりません。

なぜか?

昨日のメルマガをまとめると、

中国から「西洋で最弱」と判断され、
侵略されつつあるオーストラリア。

『西洋で最弱』とも判断されないほど、
楽勝で侵略されたニュージーランド。

オーストラリアは侵略と奮闘中。
ニュージーランドは侵略のほぼ完了形。

しかし、NZだけでなく、
オーストラリアも中国政府と深く関係ある人物を
帰化させ、国会議員にしてしまっている。
という残念な話でした。

サイレントインベージョンに気づきながらも、
対抗しつつも、一筋縄にはいかず、
現在も、オーストラリアは奮闘中なのです。

日々さまざまな侵略されている情報が出てきても、
侵略されているとわかっても、
帰化した中国人を国会議員にしてしまうように、
国はすぐにすべて解決はできないのです。

いくら警戒心が上がろうが、
中国側も必死で籠絡させてくるのです。

これが理由です。

なぜ、奥山先生が「日本版」を書かないかというと、
簡単に言うと、誰かに、
そしてたくさんの人に参加してもらって
『日本版サイレントインベージョン』を
書き上げて欲しいからだというのです。

多くの人に興味をもってもらい、
この調査に参加してもらわないと、
この警告はしょぼしょぼで終わってしまい、
中国からのサイレントインベージョンに勝てないのです。

それでは、戦略的に価値のないことです。

少なくとも『トリプル・インベージョン』を聞けば、
月刊誌や週刊誌にコラムを寄稿するに
十分な情報があります。

この『トリプル・インベージョン』を聞いて、
踏み台にする人が現れて欲しいというのです。

こういう静かなる侵略に、
新たに興味を持っていただける人を
たくさんつくらないと
日本への侵略は解決しません。

政治家や官僚の認識が甘く、
侵略を許している現状、
中国からの侵略との戦いは、
長くタフな戦いだからです。

最後は日本政府を動かさないといけないのですが、
政府の認識が変わっても、そこから先も、
長くタフな戦いになります。

戦略は、ルトワックの言葉を引用するまでもなく
必ずアクションがあれば、
リアクションがあります。

すなわち、1人が動きを起こしても、
必ず押し返されますし、
引き続き買収される議員はあとを絶ちません。

売国議員や売国官僚たちを、
徹底的に調査し糾弾していく
分厚い支持者や調査団や
作家たちが必要になるのです。

慰安婦問題では
韓国は飽きもせず、何度も何度も、
もう何十年も日本を攻撃してますよね。
それと同じで、中国も侵略を諦めません。

チャイナリスクを警鐘を鳴らし、
飽きずに、ウォッチし続ける、
「サイレントインベージョン」を許さない
分厚いたくさんの支持者が必要なのです。

「サイレントインベージョンをぶっ壊す!」
という大きな強い意志を持った、
たくさんの人が必要なのです。

頭のいい官僚たちでは、理解できません。
国益を考える新しい才能に参加して
欲しいと思っています。

興味のあるかたはここをクリック

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.realist.jp/tripleinvasion/

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□
※このメルマガは転送自由です。(ただし出典を残して下さい)

★オンザボードメルマガ登録★
PCの方はこちらから → https://www.on-the-board.jp/mail
スマホの方はこちらから → https://goo.gl/uwFnKG

▼Youtube THE STANDARD JOURNAL1
https://www.youtube.com/c/OTB/live

▼ニコニコ動画 THE STANDARD JOURNAL1
http://ch.nicovideo.jp/strategy

▼オンザボードFacebookページ
https://www.facebook.com/mediaotb/

■ご意見・ご要望は以下のフォームより
https://www.on-the-board.jp/ask

□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□
株式会社 オンザボード(http://www.on-the-board.co.jp/
和田憲治Twitter:https://twitter.com/media_otb

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信
の配信停止はこちら
https://www.mag2.com/m/0000110606.html?l=yft0bd414b

━━━━━━━━━━━━━━━━━




この記事を拡散したいと思ったら、応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★ ★↑↑ 記事はここまで ↑↑★ ★



■国際関係アナリスト北野幸伯氏の無料メルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」

国際関係アナリスト北野幸伯氏の国際情勢の分析を、無料で読むことができます。

★まぐまぐ2015年総合大賞1位

数年前のバックナンバー記事を読むと、現在の国際情勢を正確に予知していることに驚きますよ

★このメルマガの無料購読申し込みは(バックナンバーも読むことができます)
http://www.mag2.com/m/0000012950.html





■日本の情報・戦略を考える「アメリカ通信」の無料購読申し込みはこちら

https://archives.mag2.com/0000110606/index.html?l=yft0bd414b




■【国際派日本人養成講座】創刊20年目・5万8千部発行・まぐまぐ殿堂入りのメルマガ無料購読申し込みはこちら

https://www.mag2.com/m/0000000699.html





■終戦直後の日本人引揚者を襲う朝鮮人たち…「竹林はるか遠く」

朝鮮人の男たちが、藪の中へ女の人たちを引きずっていくのを見たし、若い女性に乱暴しているのも見たわ(111頁)。

彼ら(朝鮮人)は悦楽を求めて人々の間をよろよろ歩き、そして娘たちを見つける度に外へ引きずり出した。たびたび女たちの悲鳴が響いた。(118頁)。

また、朝鮮人が、日本人を殺したうえで金歯まで抜いている記述もある(129頁)。







■通州事件…盧溝橋事件発生から3週間後の1937年7月29日
北平(北京)東方の通州で中国保安隊による大規模な日本人虐殺事件が発生した■



『通州事件の惨劇 (Sさんの体験談)-日本人皆殺しの地獄絵-』

★「通州事件 目撃者の証言」 (自由社ブックレット5) より 藤岡 信勝 (著) 自由社; 初版 (2016/8/7)

夫を生きたまま腹を切り裂き…「これはおいしいぞ、日本人の腸だ、焼いて食べろ」…そうして、その妻である妊婦の腹を切り裂き胎児を取り出す。

それはこの男の人の頭の皮を学生が青竜刀で剥いでしまったのです。頭の皮を剥いでしまったら、今度は目玉を抉り取るのです。このときまではまだ日本の男の人は生きていたようですが、この目玉を抉り取られるとき微かに手と足が動いたように見えました。

目玉を抉り取ると今度は男の人の服を全部剥ぎ取りお腹が上になるように倒しました。

そして又学生が青竜刀でこの日本の男の人のお腹を切り裂いたのです。縦と横とにお腹を切り裂くと、そのお腹の中から腸を引き出したのです。ずるずると腸が出てまいりますと、その腸をどんどん引っ張るのです。

人間の腸があんなに長いものとは知りませんでした。十メートル近くあったかと思いますが、学生が何か喚いておりましたが、もう私の耳には入りません。そうしているうちに何かワーッという声が聞こえました。

ハッと目をあげてみると、青竜刀を持った学生がその日本の男の人の腸を切ったのです。そしてそれだけではありません。別の学生に引っ張らせた腸をいくつにもいくつにも切るのです。一尺づつぐらい切り刻んだ学生は細切れの腸を、さっきからじっと見ていた妊婦のところに投げたのです。

このお腹に赤ちゃんがいるであろう妊婦は、その自分の主人の腸の一切れが頬にあたると「ヒーッ」と言って気を失ったのです。その姿を見て兵隊や学生達は手を叩いて喜んでいます。残った腸の細切れを見物していた支那人の方へ二つか三つ投げて来ました。そしてこれはおいしいぞ、日本人の腸だ、焼いて食べろと申しているのです。


1937年 通州事件(つうしゅう)中国冀東保安隊による日本人虐殺事件。被害者約200名
  ・婦人は24時間強姦されたあげく鼻や喉に針金をつけられ殺害現場まで引き擦られる。
  ・旭軒では17~40歳の女性はことごとく強姦され
   陰部を銃剣で刺さたもの、口中に土砂を填めてあるもの、
   腹部を縦に断ち割つて等にて惨殺。
  ・錦水楼では女性達は手足を縄で結ばれ強姦され、斬首。
  ・男は目玉をくりぬかれ、上半身は蜂の巣の様
  ・子供は手の指を揃へて切断され惨殺
  ・南城門では腹部の骨が露出し、内臓が散乱
  ・首を縄で縛り両手を併せて針金通し一家六名数珠繋ぎにして引廻し惨殺。












■英国で10万部超、世界23ヵ国で翻訳、英国のアマゾンレビュー700件超!
「サンデー・タイムズ」紙のナンバーワンブック、「イブニング・スタンダード」紙のブックオブザイヤーに輝いたベストセラー!■


英国で数々の賞を受賞した若きジャーナリストが欧州の移民問題を徹底ルポ。
移民受け入れをめぐる「罪悪感」と「疲れ」がもたらした欧州リベラリズムの死に方を克明に描く。














関連記事