FC2ブログ

中国側は「プロービング」している。 「プロービング」とは、あいまいだったり、 グレーゾーンに対して、試しに侵入したり、 相手が強くでないか試しながら、 自国の権益を強める挑戦していくことです。中国はウイグル、チベットについては侵略しても、 国際社会からそれほど非難されなかったから、 今では気にせず宗教弾圧や再教育施設に送り込んだり、 奴隷化していている状態です。



┠──────────────────────────────────
┃THE STANDARD JOURNAL~アメリカ通信~┃ http://www.realist.jp
┠──────────────────────────────────
├ 2019年9月30日 人生は有限だっていつも思っていますか?
──────────────────────────────────
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□

▼人生は有限だっていつも思っていますか?

こんにちは、和田です。

9月3日、経済評論家の長谷川慶太郎先生が
お亡くなりになりました。

長谷川先生の朝食会を兼ねた経済の勉強会には、
月一で4年ほど参加させて頂きておりましたし、
ご自宅にお邪魔させていただいたこともあります。

2017年春には渡部昇一先生が逝去してます。

父が『諸君!』を読んでいたため、
高校時代から読み始め、
大学時代から昭和一桁生まれの先生方の
影響を受けてきました。

その先生方の殆どはもうお亡くなりになっています。

長谷川先生は朝食会で、
「私の目の黒いうちに中国共産党が崩壊するのを見たい。
 私とどっちが先か?」
そうおっしゃっていました。
渡部先生もかつて同様の発言をしていました。

残念ながら長谷川先生も渡部先生も
見ることができませんでした。

現在日本政府は、
日中関係の改善基調を背景に
控えめな動きに終始していますし、
茂木敏充外相も中国の王毅外相との
会談でも香港問題を取り上げません。
人権問題を取り上げたり、
刺激を与えないように努めています。

アメリカ通信の番組で奥山先生が言いましたが、

中国側は「プロービング」している。
「プロービング」とは、あいまいだったり、
グレーゾーンに対して、試しに侵入したり、
相手が強くでないか試しながら、
自国の権益を強める挑戦していくことです。

中国はウイグル、チベットについては侵略しても、
国際社会からそれほど非難されなかったから、
今では気にせず宗教弾圧や再教育施設に送り込んだり、
奴隷化していている状態です。

南シナ海も批判されても強い批判でもなく、
紛争に入るほどでもないと、埋め立て島を作りました。
空港も作り、ミサイル基地化しています。
東シナ海も尖閣領域に毎日のように
武装船を送り込んでいます。
じゃあ、日本はどうしたらいいか?

奥山先生は、
日本も「プロービング」すべきだといいます。

具体的には、香港の民主主義を弾圧する中共政府を
強く批判すべきだし、チベットやウイグルの宗教弾圧、
人権弾圧を批判すべきだということです。
中共がどうでるか、どんどん試すべきだと言います。
政治の駆け引きでプロービングや
他国の批判は当たり前だというのです。

私もそう思います。

現在の国際社会では、多少の内政干渉は当たり前です。
特に、環境問題や人権問題は相互に干渉します。
日本は福島原発の汚染水(本当は処理水)問題や
慰安婦問題などで、第三国からも
国際社会からも批判されるように、
韓国に悪意のある広め方で攻撃されています。

韓国に対しても、ずっと刺激しないように
やってきましたが、日本は最近やっと
反論するようになりました。
中国には何もやっていません。
相変わらず「刺激したくない」の一本槍です。

中国がアメリカから干されて、
日本に通商強化を求めて来ている時に、
尖閣の侵入武装船のことは一言も言わずに、
「日中関係は過去最高に良くなっています」
なんて清和会のパーティでは自慢げに
清和会の中心議員らは演説しているくらいです。

尖閣海域にはもう日本の漁船は入って
漁が出来ない状態です。
日本国民の安全と利益を失っている状態ならば、
日本の政治家には中国を批判する「義」があるはずなのに、
「刺激したくない」という態度では、
仕事していないといえるのではないでしょうか?

「弱い刺激から与えてみて、様子を見よう」
ともしていません。
あなたは、
「香港の話を出して、顔色を伺うくらいは
 政治家ならやれよ」
と思いませんか?

「ウイグルのヒットラーばりの人権弾圧の現状が
 本当に世界に広がったら、中国側は各方面で
 折れるしかない状態になるのでは?」
と、思いませんか?

会社の営業マンは、
取引先がライバル企業に移らないよう、
「現状、これ以上得な取引はないですよね?」
「これに来年の予算でこれを加えたらさらに効果あがりますが」など、
プロービング発言を繰り返しますよね。
日本の政治家はなぜかそれをしない。
日本は戦後ずっと我慢してきた。
ずっと譲歩してきました。
それは戦略的でなく、ただの対処です。
国益を失っても「刺激したくない」
のオンパレードでここまできました。

昭和一桁代の論客たちがいなかったら、
昭和後半からの言論誌の進展成長し、
日本での保守思想再興はなかったでしょうし、
安倍政権誕生もなかったでしょう。

昭和一桁代の論客の言論が、
ネットの発展とギリギリ交差したから、
日本に保守政権ができたのです。
なんとか安倍政権は続いていますが、
その昭和一桁代の論客たちの世界観を
引き継ぐ政治家は全く足りてません。

なんとか受け継ぐ人材を我々が
作らないといけないのです。
人生は有限です。
私の人生も有限です。
あなたの人生もそうです。

そうこうしているうちに終わります。
情報を入れて、決断できない民族は
終わっていくのです。
日本はプロービングしない、仕事しない、
刺激したくない政治家ばかりです。
長谷川慶太郎先生らの無念が感じられます。

私は先生方の夢の世界を見て死にたいと思っています。
ただ、逆に、侵略されて日本が終わる可能性もあるのです。

中国はありとあらゆるプロービングを行っています。
島を奪うだけでなく、その国のマスコミを脅したり、
政治家を買収したり・・・。

その成果でできた静かなる侵略「サイレントインベージョン」。
その成果を音声レポートのまとめているのが、
『トリプル・インベージョン』です。

人生は有限なんです。
中国のサイレントインベージョンを含む
中国のプロービングを許していては、
先にこっちがやられます。
昨日書きましたが、政治的無関心は、
香港では「豚」というそうです。
豚なら、奴隷になるのです。

奥山先生と私はできることを、
まとめ上げる形でここにぶつけました。

このメルマガを読んでいる
あなたにも動いて欲しいのです。
今すぐ対抗しないといけないのです。

侵略を許さない!
さらには、中共崩壊を見たいという方は、
ここをクリックして下さい。
特典は10月1日のアメリカ通信の放送までです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.realist.jp/tripleinvasion/

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□
※このメルマガは転送自由です。(ただし出典を残して下さい)

★オンザボードメルマガ登録★
PCの方はこちらから → https://www.on-the-board.jp/mail
スマホの方はこちらから → https://goo.gl/uwFnKG

▼Youtube THE STANDARD JOURNAL1
https://www.youtube.com/c/OTB/live

▼ニコニコ動画 THE STANDARD JOURNAL1
http://ch.nicovideo.jp/strategy

▼オンザボードFacebookページ
https://www.facebook.com/mediaotb/

■ご意見・ご要望は以下のフォームより
https://www.on-the-board.jp/ask

□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□
株式会社 オンザボード(http://www.on-the-board.co.jp/
和田憲治Twitter:https://twitter.com/media_otb

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信
の配信停止はこちら
https://www.mag2.com/m/0000110606.html?l=yft0bd414b

━━━━━━━━━━━━━━━━━



この記事を拡散したいと思ったら、応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★ ★↑↑ 記事はここまで ↑↑★ ★



英語力は国際発信力です。世界に日本人の意見を発信するには絶対に英語が必要です。

やはり、英語は英単語をたくさん暗記しないと実用では使えません

これまで色々と英語をマスターしようと頑張ってきた人なら共感してもらえると思いますが、英語を実際に使えるかは、どのくらい英単語を知っているかで決まりますよね。

ここでご紹介する英単語記憶法は、東京大学の元医学博士が開発した「ミリオン・ボキャメモリー」という方法で、これまでのような長い時間をかけて暗記しなければならない大量の英単語を「短時間で効率的に覚える」学習方法です。

下記のサイトに、この超効率的な英単語記憶法を解説したサンプル動画がありますので、その驚異的な英単語記憶法を体験してみてください。
このサンプル動画を一度見るだけでも、そこで解説されている英単語を何のストレスもなく覚えてしまうのを実感できると思います。

>>ミリオン・ボキャメモリーの詳細はここをクリック<<

※購入後、気に入らなければ購入日から120日以内であれば無条件で代金は返却してもらえます。

mini20177300247miribokya.jpg





■国際関係アナリスト北野幸伯氏の無料メルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」

国際関係アナリスト北野幸伯氏の国際情勢の分析を、無料で読むことができます。

★まぐまぐ2015年総合大賞1位

数年前のバックナンバー記事を読むと、現在の国際情勢を正確に予知していることに驚きますよ

★このメルマガの無料購読申し込みは(バックナンバーも読むことができます)
http://www.mag2.com/m/0000012950.html





■日本の情報・戦略を考える「アメリカ通信」の無料購読申し込みはこちら

https://archives.mag2.com/0000110606/index.html?l=yft0bd414b




■【国際派日本人養成講座】創刊20年目・5万8千部発行・まぐまぐ殿堂入りのメルマガ無料購読申し込みはこちら

https://www.mag2.com/m/0000000699.html





■終戦直後の日本人引揚者を襲う朝鮮人たち…「竹林はるか遠く」

朝鮮人の男たちが、藪の中へ女の人たちを引きずっていくのを見たし、若い女性に乱暴しているのも見たわ(111頁)。

彼ら(朝鮮人)は悦楽を求めて人々の間をよろよろ歩き、そして娘たちを見つける度に外へ引きずり出した。たびたび女たちの悲鳴が響いた。(118頁)。

また、朝鮮人が、日本人を殺したうえで金歯まで抜いている記述もある(129頁)。







■通州事件…盧溝橋事件発生から3週間後の1937年7月29日
北平(北京)東方の通州で中国保安隊による大規模な日本人虐殺事件が発生した■



『通州事件の惨劇 (Sさんの体験談)-日本人皆殺しの地獄絵-』

★「通州事件 目撃者の証言」 (自由社ブックレット5) より 藤岡 信勝 (著) 自由社; 初版 (2016/8/7)

夫を生きたまま腹を切り裂き…「これはおいしいぞ、日本人の腸だ、焼いて食べろ」…そうして、その妻である妊婦の腹を切り裂き胎児を取り出す。

それはこの男の人の頭の皮を学生が青竜刀で剥いでしまったのです。頭の皮を剥いでしまったら、今度は目玉を抉り取るのです。このときまではまだ日本の男の人は生きていたようですが、この目玉を抉り取られるとき微かに手と足が動いたように見えました。

目玉を抉り取ると今度は男の人の服を全部剥ぎ取りお腹が上になるように倒しました。

そして又学生が青竜刀でこの日本の男の人のお腹を切り裂いたのです。縦と横とにお腹を切り裂くと、そのお腹の中から腸を引き出したのです。ずるずると腸が出てまいりますと、その腸をどんどん引っ張るのです。

人間の腸があんなに長いものとは知りませんでした。十メートル近くあったかと思いますが、学生が何か喚いておりましたが、もう私の耳には入りません。そうしているうちに何かワーッという声が聞こえました。

ハッと目をあげてみると、青竜刀を持った学生がその日本の男の人の腸を切ったのです。そしてそれだけではありません。別の学生に引っ張らせた腸をいくつにもいくつにも切るのです。一尺づつぐらい切り刻んだ学生は細切れの腸を、さっきからじっと見ていた妊婦のところに投げたのです。

このお腹に赤ちゃんがいるであろう妊婦は、その自分の主人の腸の一切れが頬にあたると「ヒーッ」と言って気を失ったのです。その姿を見て兵隊や学生達は手を叩いて喜んでいます。残った腸の細切れを見物していた支那人の方へ二つか三つ投げて来ました。そしてこれはおいしいぞ、日本人の腸だ、焼いて食べろと申しているのです。


1937年 通州事件(つうしゅう)中国冀東保安隊による日本人虐殺事件。被害者約200名
  ・婦人は24時間強姦されたあげく鼻や喉に針金をつけられ殺害現場まで引き擦られる。
  ・旭軒では17~40歳の女性はことごとく強姦され
   陰部を銃剣で刺さたもの、口中に土砂を填めてあるもの、
   腹部を縦に断ち割つて等にて惨殺。
  ・錦水楼では女性達は手足を縄で結ばれ強姦され、斬首。
  ・男は目玉をくりぬかれ、上半身は蜂の巣の様
  ・子供は手の指を揃へて切断され惨殺
  ・南城門では腹部の骨が露出し、内臓が散乱
  ・首を縄で縛り両手を併せて針金通し一家六名数珠繋ぎにして引廻し惨殺。












■英国で10万部超、世界23ヵ国で翻訳、英国のアマゾンレビュー700件超!
「サンデー・タイムズ」紙のナンバーワンブック、「イブニング・スタンダード」紙のブックオブザイヤーに輝いたベストセラー!■


英国で数々の賞を受賞した若きジャーナリストが欧州の移民問題を徹底ルポ。
移民受け入れをめぐる「罪悪感」と「疲れ」がもたらした欧州リベラリズムの死に方を克明に描く。











関連記事