FC2ブログ

日本は、他国を見習って、もっと【ずる賢く】なるべきなのか?


■世界に向かって自分の意見を発信するには英語力が必須です■

これまで色々と英語をマスターしようと頑張ってきた人なら共感してもらえると思いますが、英語を実際に使えるかは、どのくらい英単語を知っているかで決まりますよね。

よく、「英会話には数百語ていどの英単語で十分です」などと言う人がいますが、実際に外国人と英語で話をすると、そんなのは嘘だとすぐにわかるはずです。

ここでご紹介する英単語記憶法は、東京大学の元医学博士が開発した「ミリオン・ボキャメモリー」という方法で、これまでのような長い時間をかけて暗記しなければならない大量の英単語を「短時間で効率的に覚える」学習方法です。

下記のサイトに、この超効率的な英単語記憶法を解説したサンプル動画がありますので、その驚異的な英単語記憶法を体験してみてください。
このサンプル動画を一度見るだけでも、そこで解説されている英単語を何のストレスもなく覚えてしまうのを実感できると思います。



mini20177300247miribokya.jpg

button_002.jpg

※購入後、気に入らなければ購入日から120日以内であれば
無条件で代金は返却してもらえます。


★ ★↓↓ 記事はここから ↓↓★ ★





RPE Journal==============================================



      ロシア政治経済ジャーナルNo.2182


                      2020/5/12


=========================================================


★日本は他国を見習って【ずる賢く】なるべきか?



全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


日本は、変わるべきでしょうか?

そうでしょう。

かつて一人当たりGDP世界2位だったのが、今では26位にな
っている。

これは、何かがおかしいのです。

何をどう変えたらいいのでしょうか?


私は2年前、「日本のここを変えるべきだ」という本を出し
ています。


●日本の生き筋 家族大切主義が日本を救う

詳細は↓
https://amzn.to/2zn4gC3


まだの方は、是非ご一読ください。


しかし、「変えなくていい」というか「変えてはいけない
」ものもあります。

それは、日本の国民性とか、根本的価値観とか、そういっ
たことです。


たとえば、「ウソをつくこと = 悪」と考えない人たち
もいます。

それで、「日本はだまされっぱなし」だと。


そんな他国を見習って、「日本ももっとしたたかになるべ
きだ」と。

要するに、「もっとずる賢くなろうぜ」と。


私は、こういう話には、反対です。

私は、「詐欺師にだまされないよう、自分も詐欺師になろ
う」という話には反対です。

そうでなく、「詐欺師にだまされないよう気をつけよう。

でも、自分は詐欺をしないでおこう」。

これなら賛成です。


私たちは、「日本はすばらしい!」と外国から称賛される
生き方をすべきで、

外国から、「日本はずる賢いな!」と非難される生き方を
すべきではないでしょう。

どこを変えるべきか?

どこを変えずに守るべきか?

今日は、読者のOさんからのメールをご紹介します。



<北野先生、今朝の「ちょっと独り言」です。

識別なしに、

氾濫する情報(ニュースから噂話まで…)に身を任せてい
るのがいかに楽で心地よいか。

一緒になって、誰かの、どこかの国の悪口を言って攻撃し、

「犯人」は自分ではないと安心し、

この国が、わたしのいる場所が、わたしの仕事がうまく行
かないのはわたしのせいではない、と変に納得するのが
いかに容易いか。

つまり、


「自分の頭で」考えること、

「自分の心で」感じることが


いかに面倒くさいか。

今、渡部昇一先生の『決定版 日本人論』(扶桑社新書)
を読んでいて、感じた「独り言」です。

この本を「読んでしまったら」

日本の国の益、日本人の善-それを通して、すべての人
の善-のために

「わたしは」何が出来るか、何をしなければならないか
と絶えず問いかけずにはいられなくなりますね。

以下、心にピーンときた箇所…(まだ序章ですが)

***

(50-51頁)

また、平和ボケした日本のお人よしぶりが、やがて日本を
弱小国に追いやることになることを危惧する向きもある。

隙あれば人の足元を掬おうと虎視眈々と狙っている海千山
千の諸外国に伍していくには、日本も同じような逞しさを
身に付けなければいけないという議論も盛んである。


しかし、果たしてそうだろうか。

付け焼刃で、そんな逞しさを身に付けようとしても、長年
それでやってきた国々に勝てるはずがない。

そんなことに無い知恵を絞るより、日本人だけが本来もっ
ている「強み」をもっとちゃんと見直して、それを武器に
するほうが絶対に有利である。

[…]人の足もとを掬うことなく、人も我もいいという日
本の姿勢[…]。

それを戦前の日本で株式で成功した人は


「人もよかれ。我もよかれ。我は人よりちょっとよかれ」


と表現しているが、この考え方こそ、日本人独特の「強み
」なのである。

この力を使わない手はない。

お人よし大いに結構ではないか。[…]


(51-52頁)

どの国にも、それぞれの歴史の中で国体が変化するときが
あり、日本もその例外ではない。

しかし、他の多くの国家が、国体が変化するたびに、そこ
ですべてが断ち切られるに比べて、日本は連続性を失って
いない。

その中心にあるのが皇族だ。[…]

それは、おそらく神話時代に、天孫降臨の詔勅といわれる
ものにすでに記されている豊かな四季に恵まれた日本と神
話時代から続いている皇室を持つ国民ならではの知恵であ
ろう。

自然や人や他国と対立せず、拒否せず、排除もせず、それ
を受け入れて自分の中になじむように収めてしまう知恵が
養われた。

すべてを受容するというこの知恵は、日本人の本質となっ
ている。

すなわち、それが日本人の「強み」なのである。

***


北野先生が、ご自身のメルマガで、もう49歳になって

「ただのおじさん」になってしまいました、と書いておら
れましたが、先生は、決して「ただのおじさん」ではあり
ません!

北野先生と、先生と志を同じくする方たちは
もしかしたら少数派かもしれませんが、
自分ファーストの多数派より
自分も大切だけれど、みんなでもっと善くなりたい、次の
世代に夢を引き継ぎたい、と望む少数派の方が
ずっと「すてき」です。

「すてき」というのは、かなり主観的ですが
たとえば教皇フランシスコは
教会は「勧誘」で成長するのではなく
生き方の証で人を引き付けなければならない、と言って
います。


ある人の、「多利的」な生き方は、
人々の中に眠っている良心を刺激するので
「うざっこい」「見たくない」と否定されることもあるけ
れどでも、やっぱり、何か引き付けるものがある。

「わたしの利益になりそうな考え」ではなく
ちょっと大変だけど「正しい道」を歩みたい、という望み
は誰の中にもある、と思います。

そうでなければ、人類は今まで生き延びなかったと思いま
す。

そんな望みを、
少数派であっても「すてき」な人たちが実際に生きようと
しているとしたらわたしは応援します。

…と書いていて、伊勢先生の言葉を思い出しました。

大村智教授についての話の最後に…

***
大村の偉業は、多くの人々に導かれ、助けられ、支えられ
て、成し遂げられた。まさに「一期一会」の精神で、多く
の人々との出会いを大切にしてきたからだろうが、

その姿勢も「自分はもっと何かをしなければ済まない」と
いう初志に支えられていたのだろう。

そういう志を持っていればこそ「袖振り合う縁」を生かせ
る。

そして、そういう人には世間も助力を惜しまないし、天も
必要な時に必要な人を出会わせてくれるのだろう。


(『世界が称賛する国際派日本人』、育鵬社、21頁)
***

長くなりました。

先生と、ご家族、友人方の上に
神さまの祝福が豊かにありますように!>

【メール転載ここまで ▲】


渡部先生、Oさんの意見に賛成です。

悪が蔓延しても、日本は、世界に和をもたらせる存在であ
りたいものです。

私たちは「リアリスト」ですが、普通のリアリストとは少
し違って、


理想を目指すリアリスト
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なのですから。


●PS1

極寒の時代・・・。

「どうやって生きていけばわからない・・・」

という方は、こちらを参考になさってください。



●新日本人道

詳細は↓
https://amzn.to/2TpvdQp

あなたの人生に繁栄と長期の成功をもたらす本です。

そして、日本国の復活にも貢献できます。

北野自身の解説動画もごらんいただき、是非ゲット
してください。

https://www.youtube.com/watch?v=3QPmQOsA3Uk


●PS2

中国に「戦わずして勝つ方法」を知りたい方は、この2冊
がお勧めです。



●米中覇権戦争の行方 (北野幸伯著)

詳細は↓
https://amzn.to/317ui8w

北野本人による内容紹介動画はこちら。

https://www.youtube.com/watch?v=LXHzsetajs4&t=2s


●中国に勝つ日本の大戦略 北野幸伯

詳細は↓
http://amzn.to/2iP6bXa


================================================================

●北野本コーナー



●●米中覇権戦争の行方 (北野幸伯著)

詳細は↓
https://amzn.to/317ui8w

北野本人による内容紹介動画はこちら。

https://www.youtube.com/watch?v=LXHzsetajs4&t=2s

・なぜ米中覇権戦争が起こったのか?
・米中覇権戦争の結末は?
・日本はどう動くべきか?


●●日本の生き筋 家族大切主義が日本を救う

詳細は↓
https://amzn.to/2zn4gC3

少子化問題、地方衰退、過労死、過労自殺、いじめ、孤独
死、未婚、晩婚

など、日本の諸問題を【根本的に解決する方法】を記した
本です。


●●中国に勝つ日本の大戦略 北野幸伯

詳細は↓
http://amzn.to/2iP6bXa

中国の対日戦略を明確に記し、それを無力化する方法を示
しています。

この本のごとくやれば、日本は戦わずして中国に勝てます。


●●クレムリン・メソッド ~世界を動かす11の原理

詳細は↓
http://amzn.to/2vHKRuM

「あなた自身が、世界の未来を知る方法」に関する本です。

この本を何回か読むと、自然と未来が見えるようになって
しまいます。


●●日本自立のためのプーチン最強講義

詳細は↓
http://amzn.to/2vIbBv3

ロシアで革命が起こり、プーチンが日本に亡命した。

再起を誓う矢部元総理は、プーチンから「自立の方
法」を伝授されます。

笑いながら「日本が自立する方法」を理解できます。


●●「プーチン最後の聖戦」

詳細は↓
http://amzn.to/2vIpBVC

プーチンの戦いを描いた本です。

ユダヤ新興財閥を駆逐したプーチン。

今度は、ジェイコブ・ロスチャイルド、チェイニーを敵に
回してしまいます。

陰謀論者も大満足な内容ですが、すべて【証拠つき】。


<プーチン本はいろいろ出ているが、これが独特で面白い。>

(立花隆 「週刊文春」2012年7月12日号)



↓●「おたよりコーナー」へ
================================================================

●福岡さまからのメール


北野さん、「白夜行」をご覧になっているのですか。


「白夜行」は音楽も悲劇の中の癒しという感じで良いです。

2004年のTBSドラマ「世界の中心で愛を叫ぶ」も、
若~い綾瀬はるかさんと山田孝之さんです。

2019年のNHKドラマ「透明なゆりかご」も素晴らしいです。


産婦人科の見習い看護師が主役で、
命、出産、性について深く考えさせられます。


↓●「お勧め本コーナー」へ
================================================================


★北野の「お勧め本」コーナー


私が非常に尊敬する伊勢雅臣先生の著作群です。

伊勢先生の本を何度も読み返すことで、

すべてが好転しはじめます。

まだの方は、迷うことなく、ご一読ください。


●世界が称賛する日本人が知らない日本2 「和の国」という“根っこ”

https://amzn.to/2OsmdaY

●比較中学歴史教科書─国際派日本人を育てるhttps://amzn.to/2Pg4F3r

●日本人として知っておきたい皇室の祈りhttp://amzn.to/2no1TbF

●世界が称賛する 日本の教育 http://amzn.to/2k9Jcqk

●世界が称賛する日本の経営  http://amzn.to/2karByr

●世界が称賛する
日本人が知らない日本   http://amzn.to/2k7r806

●世界が称賛する国際派日本人   http://amzn.to/2kamrml



▼編集後記へ

================================================================

★編集後記


白夜行、見るのがしんどくなってきました。

変な両親をもつ、まともな男の子、

変な母親をもつ、まともな女の子。

成り行き(?)で、男の子は父親を殺し、

女の子は、男の子を守るために、自分の母親を
犯人にしたてあげ、自分も死のうと思いました。

でも、自分は助けられてしまった。


背負ってしまった共通の闇。

隠していきていきますが、しつこい一人の刑事
さんがそれを許してくれません。

二人は、過去を隠すために、どんどん罪を重ね
ていきます。

4話まで見ましたが、見るのがつらくなってきま
した。


RPEジャーナル
北野幸伯


●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→tjkitanojp●yahoo.co.jp


▲迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。



▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事できませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4
、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★
自己責任で決定を下してください。


===========================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」


発行者 北野 幸伯


Copyright (C)RPE JournalAll Rights Reserved. 358



アドレス変更・解除は↓

http://www.mag2.com/m/0000012950.html



===========================================================

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎ロシア政治経済ジャーナル
の配信停止はこちら
https://www.mag2.com/m/0000012950.html?l=yft0bd414b

━━━━━━━━━━━━━━━━━

関連記事