FC2ブログ

アメリカ、ついに【チベットカード】を切る

RPE】★アメリカ、ついに【チベットカード】を切る

RPE Journal==============================================



      ロシア政治経済ジャーナルNo.2185


                      2020/5/23


=========================================================

ついにアメリカが、【チベットカード】を切ってきました。


詳細は【本文】で!↓






●新型コロナ【米軍起源説】が【定説】になる可能性
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

米中の情報戦が活発化しています。

アメリカは、「中国政府が情報を隠蔽したせいで、パンデ
ミックが起こった。賠償金払いやがれ!」と主張している。

これに対し、中国外務省は、


「武漢に新型コロナウイルスを持ち込んだのは、【米軍】だ
!」


とトンデモ主張で切り返しています。

これ、日本人なら、「またトンデモかよ!勘弁してくれ!」
という感じでしょう。

気にもしないし、1日経ったら忘れていることでしょう。

しかし、中国は、プロパガンダ力で、このトンデモ説を
【定説】【事実】にしてしまうかもしれません。

少なくとも、世界の20%の人は、かなりの確率で、

【米軍起源説】を信じてしまうことでしょう。


どうして、そんなことが可能なのでしょうか?

動画で解説しています。

https://in.powergame.jp/kipg_pvcp?cap=kmag

是非ごらんになってみてください。

==========================================================

★アメリカ、ついに【チベットカード】を切る



全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


アメリカが、ついに【チベットカード】を切りました。



▼米中覇権戦争



世界では今、何が起こっているのでしょうか?

そう、「米中覇権戦争」が起こっているのです。


米中覇権戦争の前哨戦がはじまったのは、2015年です。

この年の3月、「AIIB事件」が起こった。

イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スイス、オース
トラリア、イスラエル、韓国

など、いわゆる「親米諸国群」が、中国主導AIIBへの参加
を表明した。

これらの国々は、「入るなよ!」というアメリカの要求を
完無視したのです。

世界はこの時、「親米諸国ですら、アメリカではなく中国
のいうことを聞く。アメリカの覇権は終わった。これから
は中国の時代だ!」と考えた。


アメリカのリベンジがはじまりました。

突如、「南シナ海埋め立て」が大騒ぎされるようになった。


2016年、反中のトランプさんが大統領選で勝利しました。

2017年、トランプさん、大統領に就任。

彼は反中ですが、米中関係はこの年、穏やかでした。

この年、金正恩が狂ったように、核実験、ミサイル実験を
繰り返していた。

それで、トランプは、北朝鮮貿易の9割を占める中国の助
けを必要としていた。


しかし、2018年になると、中国は「北核問題を解決する気
が全然ない」ことがわかってきました。

そこで、トランプは、金との直接交渉に乗り出します。

2018年6月、米朝首脳会談が行われました。

中国のサポートが不必要になったトランプは、遠慮なく中
国を叩くことにします。

2018年7月、8月、9月、トランプは連続で中国製品の関税
を引き上げました。

そして、2018年10月4日、ペンス大統領がハドソン研究所
で、中国との【冷戦開始】を宣言した。


こうして、オフィシャルに、「米中覇権戦争」がはじまっ
たのです。



▼米中覇権戦争の形態



米中戦争とはいっても、両国は「核大国」。

大規模な戦闘は、なかなか起こりにくい。

それで、戦争は他の形態をとっています。


情報戦、外交戦、経済戦、代理戦争。


外交戦とは、味方を増やし、敵国を孤立させること。


経済戦。

たとえば、関税引き上げ戦争。

ファーウェイバッシング。


代理戦争。

たとえば、アメリカは、香港の民主化勢力を支援する。

あるいは、台湾への武器売却を激増させる。

台湾が、WHOに参加できるよう、運動を盛り上げていく。


情報戦。

これは、「敵国を悪魔化させること」を目的とします。


突如、「中国は、ウイグル人100万人を強制収容している」
という事実が注目されるようになりました。



<国連、中国政府がウイグル人100万人拘束と批判

BBC NEWS JAPAN 2018年09月11日

中国政府が新疆ウイグル自治区でウイグル人を約100万
人、テロ取り締まりを「口実」に拘束していると、国
連は懸念を強めている。

国連人種差別撤廃委員会は8月末、最大100万人のウイグ
ル人住民が刑事手続きのないまま、「再教育」を目的と
した強制収容所に入れられているという指摘を報告した。

8月半ばにスイス・ジュネーブで開かれた同委員会の会
合では、信頼できる報告をもとに中国政府が「ウイグル
自治区を、大規模な収容キャンプのようにしてしまった」
と委員たちが批判。>


もう一つのネタは、新型コロナウイルスです。


「中国政府が新型コロナウイルスの真実を隠蔽したせいで
パンデミックが起こった!

賠償金払え!」と。


さらにアメリカは、【チベットカード】を出してきました。



▼パンチェンラマはどこに?



<中国はパンチェン・ラマの居場所を「直ちに」公表せよ
、米国務長官

5/19(火) 9:19配信

【AFP=時事】マイク・ポンペオ(Mike Pompeo)米国務長
官は18日、25年前にチベット仏教第2の高位者パンチェン・
ラマ(Panchen Lama)に認定され、その後まもなく拘束さ
れた男性の居場所を「直ちに」公表するよう中国に要求し
た。

チベット亡命政府も17日、パンチェン・ラマの「健康状態
と居場所」を公表するよう中国に求めていた。>



これ、普通の人は、意味がよくわかりません。

どういうことなのでしょうか?



<世界的な支持を得ているノーベル平和賞(Nobel Peace
Prize)受賞者で、亡命中のチベット仏教の最高指導者ダ
ライ・ラマ(Dalai Lama)14世は1995年5月14日、当時6
歳だったゲンドゥン・チューキ・ニマ(Gedhun Choekyi
Nyima)氏をパンチェン・ラマの生まれ変わりと認定した。
> (同上)


パンチェン・ラマは、チベット仏教では、ダライ・ラマ
に次ぐ地位にあります。

ダライ・ラマ同様、「転生している」とされます。

ダライ・ラマは1995年、ゲンドゥン・チューキ・ニマを
「パンチェン・ラマの生まれ変わり」と認定しました。

しかし、中国政府は、6歳のこの少年をパンチェン・ラマ
と認めず、捕まえてしまったのです。



<パンチェン・ラマはその3日後に拘束され、以来、一度
も姿が確認されていない。

人権団体はパンチェン・ラマが「世界最年少の政治犯」に
なったとして、中国政府を非難した。>(同上)



さらに中国政府は、ギェンツェン・ノルブという人物を、
勝手に「パンチェン・ラマである」と決めてしまった。

つまり、今世界には、二人パンチェン・ラマがいる。


ダライ・ラマ公認のパンチェン・ラマ。(中国政府が拘束
している。)

中国政府公認のパンチェン・ラマ。


<ポンペオ氏は、「チベット仏教徒は、他のあらゆる宗教
団体の信徒らと同様、政府に干渉されることなくその伝統
に従って宗教的指導者を選出、教育、崇拝できなければな
らない」「パンチェン・ラマの居場所を直ちに公表するよ
う中華人民共和国政府に求める」と述べた。>(同上)


当然の要求ですね。



▼日本は、2次大戦の過ちを繰り返すな



日本は第2次大戦時、致命的なミスを犯しました。

1939年、第2次大戦がはじまった時、日本はナチスドイツ
の同盟国ではありませんでした。

ところが、1940年、正式な軍事同盟国になった。

日本は、ナチスドイツが、「ユダヤ人を大量虐殺してい
ること」は、全然気にしなかったのですね。


第2次大戦開始から79年後の2018年、今度は「米中覇権戦
争」がはじまりました。

日本がドイツの軍事同盟国になってから79年後の2019年、
安倍総理は、習近平を国賓として日本に招待しました。


チベットの民を120万人虐殺した国。

今もウイグル人100万人を強制収容している国。


「武漢に新型コロナウイルスを持ち込んだのは米軍だ!」



とトンデモフェイク情報を、外務省報道官が世界に宣言す
る国。

こんな国のトップを天皇陛下に会わせて、一体何がしたい
のでしょうか?


「日本は、現代のナチスドイツ、中国の味方だぜ!」



と世界に宣言したいのでしょうか?


人は誰でもミスを犯します。

しかし、賢明な人は、過去の失敗から学び、同じ間違いは
繰り返しません。


日本は80年前、ユダヤ人を大虐殺しているナチスドイツの
同盟国になり、大失敗しました。

ウイグル人を100万人強制収容している中国は、「現代の
ナチスドイツ」と呼ばれています。

同じ間違いを繰り返さないでください。


安倍総理、「現代の近衛文麿」にならないでください。

「近衛文麿の間違いから学ぶ人」であってください。


●PS1

極寒の時代・・・。

「どうやって生きていけばわからない・・・」

という方は、こちらを参考になさってください。



●新日本人道

詳細は↓
https://amzn.to/2TpvdQp

あなたの人生に繁栄と長期の成功をもたらす本です。

そして、日本国の復活にも貢献できます。

北野自身の解説動画もごらんいただき、是非ゲット
してください。

https://www.youtube.com/watch?v=3QPmQOsA3Uk


●PS2

中国に「戦わずして勝つ方法」を知りたい方は、この2冊
がお勧めです。



●米中覇権戦争の行方 (北野幸伯著)

詳細は↓
https://amzn.to/317ui8w

北野本人による内容紹介動画はこちら。

https://www.youtube.com/watch?v=LXHzsetajs4&t=2s


●中国に勝つ日本の大戦略 北野幸伯

詳細は↓
http://amzn.to/2iP6bXa


【●おたよりコーナーへ↓】

================================================================

●北野本コーナー



●●米中覇権戦争の行方 (北野幸伯著)

詳細は↓
https://amzn.to/317ui8w

北野本人による内容紹介動画はこちら。

https://www.youtube.com/watch?v=LXHzsetajs4&t=2s

・なぜ米中覇権戦争が起こったのか?
・米中覇権戦争の結末は?
・日本はどう動くべきか?


●●日本の生き筋 家族大切主義が日本を救う

詳細は↓
https://amzn.to/2zn4gC3

少子化問題、地方衰退、過労死、過労自殺、いじめ、孤独
死、未婚、晩婚

など、日本の諸問題を【根本的に解決する方法】を記した
本です。


●●中国に勝つ日本の大戦略 北野幸伯

詳細は↓
http://amzn.to/2iP6bXa

中国の対日戦略を明確に記し、それを無力化する方法を示
しています。

この本のごとくやれば、日本は戦わずして中国に勝てます。


●●クレムリン・メソッド ~世界を動かす11の原理

詳細は↓
http://amzn.to/2vHKRuM

「あなた自身が、世界の未来を知る方法」に関する本です。

この本を何回か読むと、自然と未来が見えるようになって
しまいます。


●●日本自立のためのプーチン最強講義

詳細は↓
http://amzn.to/2vIbBv3

ロシアで革命が起こり、プーチンが日本に亡命した。

再起を誓う矢部元総理は、プーチンから「自立の方
法」を伝授されます。

笑いながら「日本が自立する方法」を理解できます。


●●「プーチン最後の聖戦」

詳細は↓
http://amzn.to/2vIpBVC

プーチンの戦いを描いた本です。

ユダヤ新興財閥を駆逐したプーチン。

今度は、ジェイコブ・ロスチャイルド、チェイニーを敵に
回してしまいます。

陰謀論者も大満足な内容ですが、すべて【証拠つき】。


<プーチン本はいろいろ出ているが、これが独特で面白い。>

(立花隆 「週刊文春」2012年7月12日号)



↓●「おたよりコーナー」へ
================================================================

●Hさまからのメール


前略

以前メールを差し上げたボルネオ在住のHです。

本日のメルマガに関連して大変憂慮すべきことがありまし
たので、ご一報いたします。

ジャーナリストの水間政憲さんが、自身のユーチューブで
武漢・関空間の貨物航空便とコンテナ船の日本への就航に
ついて報じています。

同様の記事はFBでも目にしましたので、北野先生もご存知
かもしれません。確か中国のOK航空とかいうキャリアーで
す。

月末頃には、東京便も開設の予定のようです。
https://www.youtube.com/watch?v=q0yHUw9IxdQ

レコードチャイナの記事
https://www.youtube.com/redirect?redir_token=Y1sL_qj56uoaraaVKdX3mOXP7qp8MTU4OTYzNzY1NUAxNTg5NTUxMjU1&v=q0yHUw9IxdQ&q=https%3A%2F%2Fnews.biglobe.ne.jp%2Finternational%2F0511%2Frec_200511_9016428038.html&event=video_description

今正にトランプが対中国強硬路線へ腹を括りつつあるとき
に、日本がこんな甘いことをやっていて良いものでしょう
か。

また先の大戦時の様に、負け組の枢軸国側に付くというの
でしょうか。

北野先生がおっしゃるようの、米に付いていることが死活
的に重要な現在、真っ先に我が日本が中共と物流を復活さ
せることは、米国並びに西側諸国の目にはどう映るでしょ
うか。

このコロナ禍が中国武漢発であることが明らかであるにも
関わらず、安倍政権は中国への門戸を世界で最初に開こう
というのでしょうか。

日本の非常事態宣言がまだ完全に収束していない段階で・・

日本がまた負け組に付いて敗北するのは許せません。

もしその方針が変えられないなら、安倍政権には退陣して
もらいたいと思います。

今日本が再び敗戦しないためには、米一択なのですから。

当地ボルネオのサバ州では、先週来新規のコロナ感染者が
マレー半島部からの流入者を除いてゼロの日が続いていま
す。

半島部では数十名オーダーで増えてますが、それでも3桁
台の頃より落ち着きつつあるように見えます。

3月18日から発令された活動制限令は、何度か延長を繰
り返して今の所6月9日まで続きます。日本は一部の県で
は解除と聞きますが、東京大阪などは月末までですね。

北野先生もご家族ともども大変でしょうが、いろいろな意
味でご無事でお過ごしください。

自分が出来ることは極限られると思いますが、少しでも情
報を共有したくご連絡させていただきます。


↓●「お勧め本コーナー」へ
================================================================


★北野の「お勧め本」コーナー


私が非常に尊敬する伊勢雅臣先生の著作群です。

伊勢先生の本を何度も読み返すことで、

すべてが好転しはじめます。

まだの方は、迷うことなく、ご一読ください。


●世界が称賛する日本人が知らない日本2 「和の国」という“根っこ”

https://amzn.to/2OsmdaY

●比較中学歴史教科書─国際派日本人を育てるhttps://amzn.to/2Pg4F3r

●日本人として知っておきたい皇室の祈りhttp://amzn.to/2no1TbF

●世界が称賛する 日本の教育 http://amzn.to/2k9Jcqk

●世界が称賛する日本の経営  http://amzn.to/2karByr

●世界が称賛する
日本人が知らない日本   http://amzn.to/2k7r806

●世界が称賛する国際派日本人   http://amzn.to/2kamrml



▼編集後記へ

================================================================

★編集後記


6000万部売れたという、

鬼滅の刃。

アニメを見始めました。

アマゾンプライムで見れます。

鬼にされてしまった妹を人間に戻す
ために、戦い続ける少年の話。

大正時代の話で、「日本らしさ」が
満載です。

きっと外国でも大流行するだろうと
思いました。

予告はこちら。↓
https://www.youtube.com/watch?v=BpiILiEZuF4


RPEジャーナル
北野幸伯


●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→tjkitanojp●yahoo.co.jp


▲迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。



▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事できませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4
、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★
自己責任で決定を下してください。


===========================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」


発行者 北野 幸伯


Copyright (C)RPE JournalAll Rights Reserved. 358



アドレス変更・解除は↓

http://www.mag2.com/m/0000012950.html



===========================================================

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎ロシア政治経済ジャーナル
の配信停止はこちら
https://www.mag2.com/m/0000012950.html?l=yft0bd414b


━━━━━━━━━━━━━━━━━



この記事を拡散したいと思ったら、応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★ ★↑↑ 記事はここまで ↑↑★ ★




■国際関係アナリスト北野幸伯氏の無料メルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」

国際関係アナリスト北野幸伯氏の国際情勢の分析を、無料で読むことができます。

★まぐまぐ2015年総合大賞1位

数年前のバックナンバー記事を読むと、現在の国際情勢を正確に予知していることに驚きますよ

★このメルマガの無料購読申し込みは(バックナンバーも読むことができます)
http://www.mag2.com/m/0000012950.html





■日本の情報・戦略を考える「アメリカ通信」の無料購読申し込みはこちら

https://archives.mag2.com/0000110606/index.html?l=yft0bd414b




■【国際派日本人養成講座】創刊20年目・5万8千部発行・まぐまぐ殿堂入りのメルマガ無料購読申し込みはこちら

https://www.mag2.com/m/0000000699.html





■終戦直後の日本人引揚者を襲う朝鮮人たち…「竹林はるか遠く」

朝鮮人の男たちが、藪の中へ女の人たちを引きずっていくのを見たし、若い女性に乱暴しているのも見たわ(111頁)。

彼ら(朝鮮人)は悦楽を求めて人々の間をよろよろ歩き、そして娘たちを見つける度に外へ引きずり出した。たびたび女たちの悲鳴が響いた。(118頁)。

また、朝鮮人が、日本人を殺したうえで金歯まで抜いている記述もある(129頁)。







■通州事件…盧溝橋事件発生から3週間後の1937年7月29日
北平(北京)東方の通州で中国保安隊による大規模な日本人虐殺事件が発生した■



『通州事件の惨劇 (Sさんの体験談)-日本人皆殺しの地獄絵-』

★「通州事件 目撃者の証言」 (自由社ブックレット5) より 藤岡 信勝 (著) 自由社; 初版 (2016/8/7)

夫を生きたまま腹を切り裂き…「これはおいしいぞ、日本人の腸だ、焼いて食べろ」…そうして、その妻である妊婦の腹を切り裂き胎児を取り出す。

それはこの男の人の頭の皮を学生が青竜刀で剥いでしまったのです。頭の皮を剥いでしまったら、今度は目玉を抉り取るのです。このときまではまだ日本の男の人は生きていたようですが、この目玉を抉り取られるとき微かに手と足が動いたように見えました。

目玉を抉り取ると今度は男の人の服を全部剥ぎ取りお腹が上になるように倒しました。

そして又学生が青竜刀でこの日本の男の人のお腹を切り裂いたのです。縦と横とにお腹を切り裂くと、そのお腹の中から腸を引き出したのです。ずるずると腸が出てまいりますと、その腸をどんどん引っ張るのです。

人間の腸があんなに長いものとは知りませんでした。十メートル近くあったかと思いますが、学生が何か喚いておりましたが、もう私の耳には入りません。そうしているうちに何かワーッという声が聞こえました。

ハッと目をあげてみると、青竜刀を持った学生がその日本の男の人の腸を切ったのです。そしてそれだけではありません。別の学生に引っ張らせた腸をいくつにもいくつにも切るのです。一尺づつぐらい切り刻んだ学生は細切れの腸を、さっきからじっと見ていた妊婦のところに投げたのです。

このお腹に赤ちゃんがいるであろう妊婦は、その自分の主人の腸の一切れが頬にあたると「ヒーッ」と言って気を失ったのです。その姿を見て兵隊や学生達は手を叩いて喜んでいます。残った腸の細切れを見物していた支那人の方へ二つか三つ投げて来ました。そしてこれはおいしいぞ、日本人の腸だ、焼いて食べろと申しているのです。


1937年 通州事件(つうしゅう)中国冀東保安隊による日本人虐殺事件。被害者約200名
  ・婦人は24時間強姦されたあげく鼻や喉に針金をつけられ殺害現場まで引き擦られる。
  ・旭軒では17~40歳の女性はことごとく強姦され
   陰部を銃剣で刺さたもの、口中に土砂を填めてあるもの、
   腹部を縦に断ち割つて等にて惨殺。
  ・錦水楼では女性達は手足を縄で結ばれ強姦され、斬首。
  ・男は目玉をくりぬかれ、上半身は蜂の巣の様
  ・子供は手の指を揃へて切断され惨殺
  ・南城門では腹部の骨が露出し、内臓が散乱
  ・首を縄で縛り両手を併せて針金通し一家六名数珠繋ぎにして引廻し惨殺。












■英国で10万部超、世界23ヵ国で翻訳、英国のアマゾンレビュー700件超!
「サンデー・タイムズ」紙のナンバーワンブック、「イブニング・スタンダード」紙のブックオブザイヤーに輝いたベストセラー!■


英国で数々の賞を受賞した若きジャーナリストが欧州の移民問題を徹底ルポ。
移民受け入れをめぐる「罪悪感」と「疲れ」がもたらした欧州リベラリズムの死に方を克明に描く。













関連記事