FC2ブログ

ポンペオ国務長官が、歴史的【中国打倒宣言】をしました。



■英語圏の大学に留学する場合、大学の講義についていくには最低でも2万語程度の英単語を知っていることが必要です★ 英語は英単語をたくさん暗記しないと実用では使えません"■

これまで色々と英語をマスターしようと頑張ってきた人なら共感してもらえると思いますが、英語を実際に使えるかは、どのくらい英単語を知っているかで決まりますよね。

ここでご紹介する英単語記憶法は、東京大学の元医学博士が開発した「ミリオン・ボキャメモリー」という方法で、これまでのような長い時間をかけて暗記しなければならない大量の英単語を「短時間で効率的に覚える」学習方法です。

下記のサイトに、この超効率的な英単語記憶法を解説したサンプル動画がありますので、その驚異的な英単語記憶法を体験してみてください。
このサンプル動画を一度見るだけでも、そこで解説されている英単語を何のストレスもなく覚えてしまうのを実感できると思います。



mini20177300247miribokya.jpg

button_002.jpg

※購入後、気に入らなければ購入日から120日以内であれば無条件で代金は返却してもらえます。


★ ★↓↓ 記事はここから ↓↓★ ★




RPE Journal==============================================




      ロシア政治経済ジャーナルNo.2196


                      2020/7/26


=========================================================

ポンペオ国務長官が、歴史的【中国打倒宣言】をしました。

【 重要 】

●RPEの配信頻度が減っています
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

北野です。

重大な理由があって、RPEの配信頻度が激減しています。

そのかわり、

【裏RPE】を創刊しました。


◆サンプル↓

●断交へ向かうアメリカと中国

https://rpejournal.com/urarpe39.html

これについて、


1、RPEと裏RPEは、【全然違う内容】です。

2、裏RPEも、【完全無料】です。

3、RPEに出せないヤバい内容は、裏RPEに書きます。

4、裏RPEの配信頻度は、表RPEの3~4倍です。


この世界のディープな真実を知りたい方は、います
ぐご登録ください。

https://rpejournal.biz/p/r/LcJ9oxS8

●重要なPS

新しく立ち上げたせいか、人によっては、「これは危険
サイトです!」と出るケースがあるようです。

その場合は、無理に登録せず、私の方にご連絡ください。

メルアドは、tjkitanojp●yahoo.co.jp です。

(●の部分に @  を入れてください。)






●アメリカは、中国の資産を凍結する???


北野です。

今年初、パワーゲームで


「今年も、米中覇権戦争が軸になる」

「2020年は、1941年に匹敵する年になる」


という話をしました。

パンデミックで、わけがわからない状態になりましたが、
結局「米中覇権戦争が軸」に戻ってきました。

アメリカが「ヒューストンの中国総領事館閉鎖」を命令し、

中国が「成都のアメリカ総領事館閉鎖」を要求したという

ニュース、皆さんもご存知でしょう。

米中覇権戦争はますますエスカレートし、「中国資産凍結」
にむかう可能性があります。


米中の現状について、動画で解説しています。

是非ごらんください。

https://in.powergame.jp/kipg_pvcp?cap=kmag


本文へ▼
===========================================================

【超重要】


★ポンペオ長官、【中国打倒宣言】!



全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。



歴史的な瞬間が近づいています。


日本は、戦勝国になるのか?

それとも、また敗戦国になるのか?


なんの話でしょうか?



▼歴史的ポンペオ演説



アメリカのポンペオ国務長官は7月23日、カリフォルニア
で【歴史的演説】を行いました。

大げさではなく、【歴史的演説】です。


何を語ったのか?

日経新聞2020年7月24日を参考にしてみましょう。



<中国との闇雲な関与の古い方法論は失敗した。

我々はそうした政策を継続してはならない。

戻ってはならない。

自由世界はこの新たな圧政に勝利しなくてはならない。>



ポンペオさんの【中国打倒宣言】です。



<ニクソン元大統領はかつて、中国共産党に世界を開いた
ことで


「フランケンシュタインを作ってしまったのではないかと
心配している」


と語ったことがある。

なんと先見の明があったことか。


今日の中国は国内でより独裁主義的となり、海外ではより
攻撃的に自由への敵意をむき出しにしている。

トランプ大統領は言ってきた。「もうたくさんだ」と。>

(同上)



「中国 = フランケンシュタイン」だそうです。


そして、ポンペオさんは、習近平についても遠慮なく語り
ます。



<(中国共産党の)習近平総書記は、破綻した全体主義の
イデオロギーの真の信奉者だ。

中国の共産主義による世界覇権への長年の野望を特徴付け
ているのはこのイデオロギーだ。

我々は、両国間の根本的な政治的、イデオロギーの違いを
もはや無視することはできない。>(同上)



「習近平 = 全体主義イデオロギーの真の信奉者」

だそうです。


「いいえ、違います!習主席は、真の民主主義者です!」

という人は、世界に一人もいないでしょう。


そして、彼は「世界覇権」を狙っているそうです。

もちろん、これも「その通り」でしょう。

でなければ、「南シナ海は、全部中国のもの」などと、と
んでも主張はしないでしょう。

ちなみに中国は、「日本には沖縄の領有権もない!」と宣
言しています。(後述)



<いま行動しなければ、中国共産党はいずれ我々の自由を
侵食し、自由な社会が築いてきた規則に基づく秩序を転覆
させる。

1国でこの難題に取り組むことはできない。

国連やNATO、主要7カ国(G7)、20カ国・地域(G20)、私
たちの経済、外交、軍事の力を適切に組み合わせれば、こ
の脅威に十分対処できる。>(同上)



まさに。


ソ連傘下の国々は、すべて共産党の一党独裁でした。

中国が覇権国家になれば、傘下の国々は、当然「一党独裁
体制」になることでしょう。

香港がそうなってしまったように、言論の自由はなくなり
ます。

あなたが中国や、中国の支配下に堕ちた小日本省政府を批
判すれば、逮捕されることになる。


信教の自由もなくなります。

ダライラマがインドに亡命せざるを得なかったように、天
皇陛下もアメリカに脱出せざるを得なくなるかもしれない。


将来は、日本語の使用が禁止される可能性もある。


少数民族である日本人女性は、「不妊手術を強制される」
可能性があります。

ウイグル女性がそうされているように。


ニューズウィーク7月8日付に、


<ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制
──中国政府の「断種」ジェノサイド>


という驚愕の記事があります。


この記事によると、中国政府は、ウイグル人女性に「不妊
手術」を強制している。

一部引用します。


<中国西北部の新疆ウイグル自治区では2017年以降、ウイ
グル人、カザフ人などテュルク系の少数民族が最大で180
万人強制収容所に入れられた。

これはホロコースト(ナチスのユダヤ人大虐殺)以降では
世界最大規模のマイノリティー排除の暴挙である。

亡命ウイグル人らはこの動きを


「文化的なジェノサイド(集団虐殺)」と呼ぶ。>


<強制収容所に入れられていた女性たちが所内で注射を
打たれ、その後に月経周期が変わったり、なくなったり
したことを語り始めたのは2018年以降のことだ。

収容される前にIUDの装着や不妊手術を強制されたとい
う証言もあった。

公表されたデータを見ると、2018年に新疆ウイグル自治
区における人口の自然増加率(出生と死亡の差。移住は
含まない)は急減している。

ウイグル文化の中心地であるカシュガル地区とホータン
地区の人口の自然増加率は2015年の1.6%から2018年に
は0.26%と、実に86%も減った。

一部のウイグル人地域では、2018年には死亡数が出生数
を上回った。

2019年には自治区全体の出生率は24%低下し、とりわけ
少数民族地域では30~56%も低下した。

一方、中国全土の出生率は2018年から19年にわずか4.2
%低下しただけだ。>

(同上)



もし日本が中国の支配下に入れば?

中国が、「ウイグルには厳しいけど、日本には優しくし
よう」となる理由はありますか?

もちろん、ありません。


ポンペオさんは、結論を言います。




<志を同じくする国々の新たな集団、民主主義諸国の新た
な同盟を構築するときだろう。

自由世界が共産主義の中国を変えなければ、中国が我々を
変えるだろう。

中国共産党から我々の自由を守ることは現代の使命だ。

米国は建国の理念により、それを導く申し分のない立場に
ある。

ニクソンは1967年に「中国が変わらなければ、世界は安全
にはならない」と記した。

危険は明確だ。

自由世界は対処しなければならない。

過去に戻ることは決してできない。>(日経新聞 7月24日)



これはアメリカの


【 反中バランシング同盟を率いる宣言 】


です。



▼日本は、どうすべきか?



日本は、どうすべきでしょうか?

答えは、決まっています。


まず日本は、アメリカの同盟国です。

アメリカの戦いに参加するのは、日本の義務です。


そして、中国は、【反日統一共同戦線】戦略により、日本
を破滅させようとしている。

●全国民必読証拠↓
https://rpejournal.com/rosianokoe.pdf



さらに、中国は、露骨に尖閣を狙っている。



<尖閣周辺に中国船航行 100日連続、海保「領海を守
り抜く」

TBS NEWS 7月22日 12時34分

22日朝、尖閣諸島周辺の水域で中国当局の船4隻が航行
しているのを、海上保安庁の巡視船が確認しました。

中国公船の航行は100日連続となり、過去最長を更新し
ました。(中略)

第11管区海上保安本部によりますと、1隻は機関砲のよ
うなものを搭載しているということで、巡視船が領海に近
づかないよう警告しています。

海上保安庁は「我が国の領土領海を断固として守り抜くと
の方針のもと、関係機関と連携し、冷静にかつ毅然と対応
する」としています。>



中国は、このように、日本の領土を狙っている。

そしてこの国は核大国であり、軍事費は日本の5倍もある
のです。

日本一国では、どうすることもできない中国。


しかし、アメリカが「バランシング同盟を率いる」と宣言
した。

日本は、ありがたくこの同盟に参加するべきです。



1939年、第2次大戦がはじまったとき、日本はナチスドイ
ツの同盟国ではありませんでした。

しかし、翌1940年、日本は愚かにも、ユダヤ人絶滅を画
策していたナチスドイツの軍事同盟国になった。

そして、必然的に敗戦国になりました。


それから79年後の2018年、米中覇権戦争がはじまりまし
た。

日本は、どうするのでしょうか?

ウイグル族絶滅を画策する中国の側につくのでしょうか?

そうなれば、また敗戦です。


過去の過ちから学び、勝利するアメリカ側につくのでしょ
うか?

そうなれば、日本は戦勝国です。


この号の最初に、「歴史的な日が近づいている」と書きま
した。


「日本は、アメリカと中国、どっちを選ぶか」を選択する

日です。


安倍総理が、はっきりと「アメリカ」を選択すれば、彼は


「日本を戦勝に導いた偉大な総理」


として、歴史に名を残すでしょう。


逆に、中国を選択すれば?


「任期は長かったが、判断ミスで、日本を『また敗戦』さ
せた、『残念な総理』」


として、悪名を歴史に残すことになるでしょう。


私は、総理が、正しい歴史的決断を下されることを、心か
ら願っています。

(可能性がある方は、総理に働きかけてください。)




●PS1

極寒の時代・・・。

「どうやって生きていけばわからない・・・」

という方は、こちらを参考になさってください。



●新日本人道

詳細は↓
https://amzn.to/2TpvdQp

あなたの人生に繁栄と長期の成功をもたらす本です。

そして、日本国の復活にも貢献できます。

北野自身の解説動画もごらんいただき、是非ゲット
してください。

https://www.youtube.com/watch?v=3QPmQOsA3Uk


●PS2

中国に「戦わずして勝つ方法」を知りたい方は、この2冊
がお勧めです。



●米中覇権戦争の行方 (北野幸伯著)

詳細は↓
https://amzn.to/317ui8w

北野本人による内容紹介動画はこちら。

https://www.youtube.com/watch?v=LXHzsetajs4&t=2s


●中国に勝つ日本の大戦略 北野幸伯

詳細は↓
http://amzn.to/2iP6bXa



===========================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」


発行者 北野 幸伯


Copyright (C)RPE JournalAll Rights Reserved. 358



アドレス変更・解除は↓

http://www.mag2.com/m/0000012950.html



===========================================================


◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎ロシア政治経済ジャーナル
の配信停止はこちら
https://www.mag2.com/m/0000012950.html?l=yft0bd414b

━━━━━━━━━━━━━━━━━


この記事を拡散したいと思ったら、応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★ ★↑↑ 記事はここまで ↑↑★ ★




■国際関係アナリスト北野幸伯氏の無料メルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」

国際関係アナリスト北野幸伯氏の国際情勢の分析を、無料で読むことができます。

★まぐまぐ2015年総合大賞1位

数年前のバックナンバー記事を読むと、現在の国際情勢を正確に予知していることに驚きますよ

★このメルマガの無料購読申し込みは(バックナンバーも読むことができます)
http://www.mag2.com/m/0000012950.html





■日本の情報・戦略を考える「アメリカ通信」の無料購読申し込みはこちら

https://archives.mag2.com/0000110606/index.html?l=yft0bd414b




■【国際派日本人養成講座】創刊20年目・5万8千部発行・まぐまぐ殿堂入りのメルマガ無料購読申し込みはこちら

https://www.mag2.com/m/0000000699.html





■終戦直後の日本人引揚者を襲う朝鮮人たち…「竹林はるか遠く」

朝鮮人の男たちが、藪の中へ女の人たちを引きずっていくのを見たし、若い女性に乱暴しているのも見たわ(111頁)。

彼ら(朝鮮人)は悦楽を求めて人々の間をよろよろ歩き、そして娘たちを見つける度に外へ引きずり出した。たびたび女たちの悲鳴が響いた。(118頁)。

また、朝鮮人が、日本人を殺したうえで金歯まで抜いている記述もある(129頁)。







■通州事件…盧溝橋事件発生から3週間後の1937年7月29日
北平(北京)東方の通州で中国保安隊による大規模な日本人虐殺事件が発生した■



『通州事件の惨劇 (Sさんの体験談)-日本人皆殺しの地獄絵-』

★「通州事件 目撃者の証言」 (自由社ブックレット5) より 藤岡 信勝 (著) 自由社; 初版 (2016/8/7)

夫を生きたまま腹を切り裂き…「これはおいしいぞ、日本人の腸だ、焼いて食べろ」…そうして、その妻である妊婦の腹を切り裂き胎児を取り出す。

それはこの男の人の頭の皮を学生が青竜刀で剥いでしまったのです。頭の皮を剥いでしまったら、今度は目玉を抉り取るのです。このときまではまだ日本の男の人は生きていたようですが、この目玉を抉り取られるとき微かに手と足が動いたように見えました。

目玉を抉り取ると今度は男の人の服を全部剥ぎ取りお腹が上になるように倒しました。

そして又学生が青竜刀でこの日本の男の人のお腹を切り裂いたのです。縦と横とにお腹を切り裂くと、そのお腹の中から腸を引き出したのです。ずるずると腸が出てまいりますと、その腸をどんどん引っ張るのです。

人間の腸があんなに長いものとは知りませんでした。十メートル近くあったかと思いますが、学生が何か喚いておりましたが、もう私の耳には入りません。そうしているうちに何かワーッという声が聞こえました。

ハッと目をあげてみると、青竜刀を持った学生がその日本の男の人の腸を切ったのです。そしてそれだけではありません。別の学生に引っ張らせた腸をいくつにもいくつにも切るのです。一尺づつぐらい切り刻んだ学生は細切れの腸を、さっきからじっと見ていた妊婦のところに投げたのです。

このお腹に赤ちゃんがいるであろう妊婦は、その自分の主人の腸の一切れが頬にあたると「ヒーッ」と言って気を失ったのです。その姿を見て兵隊や学生達は手を叩いて喜んでいます。残った腸の細切れを見物していた支那人の方へ二つか三つ投げて来ました。そしてこれはおいしいぞ、日本人の腸だ、焼いて食べろと申しているのです。


1937年 通州事件(つうしゅう)中国冀東保安隊による日本人虐殺事件。被害者約200名
  ・婦人は24時間強姦されたあげく鼻や喉に針金をつけられ殺害現場まで引き擦られる。
  ・旭軒では17~40歳の女性はことごとく強姦され
   陰部を銃剣で刺さたもの、口中に土砂を填めてあるもの、
   腹部を縦に断ち割つて等にて惨殺。
  ・錦水楼では女性達は手足を縄で結ばれ強姦され、斬首。
  ・男は目玉をくりぬかれ、上半身は蜂の巣の様
  ・子供は手の指を揃へて切断され惨殺
  ・南城門では腹部の骨が露出し、内臓が散乱
  ・首を縄で縛り両手を併せて針金通し一家六名数珠繋ぎにして引廻し惨殺。












■英国で10万部超、世界23ヵ国で翻訳、英国のアマゾンレビュー700件超!
「サンデー・タイムズ」紙のナンバーワンブック、「イブニング・スタンダード」紙のブックオブザイヤーに輝いたベストセラー!■


英国で数々の賞を受賞した若きジャーナリストが欧州の移民問題を徹底ルポ。
移民受け入れをめぐる「罪悪感」と「疲れ」がもたらした欧州リベラリズムの死に方を克明に描く。











関連記事