FC2ブログ

日本がシナから"目に見えぬ侵略"をされる4つの土壌



■英語圏の大学に留学する場合、大学の講義についていくには最低でも2万語程度の英単語を知っていることが必要です★ 英語は英単語をたくさん暗記しないと実用では使えません"■

これまで色々と英語をマスターしようと頑張ってきた人なら共感してもらえると思いますが、英語を実際に使えるかは、どのくらい英単語を知っているかで決まりますよね。

ここでご紹介する英単語記憶法は、東京大学の元医学博士が開発した「ミリオン・ボキャメモリー」という方法で、これまでのような長い時間をかけて暗記しなければならない大量の英単語を「短時間で効率的に覚える」学習方法です。

下記のサイトに、この超効率的な英単語記憶法を解説したサンプル動画がありますので、その驚異的な英単語記憶法を体験してみてください。
このサンプル動画を一度見るだけでも、そこで解説されている英単語を何のストレスもなく覚えてしまうのを実感できると思います。



mini20177300247miribokya.jpg

button_002.jpg

※購入後、気に入らなければ購入日から120日以内であれば無条件で代金は返却してもらえます。


★ ★↓↓ 記事はここから ↓↓★ ★





┠──────────────────────────────────
┃THE STANDARD JOURNAL~アメリカ通信~┃ http://www.realist.jp
┠──────────────────────────────────
├ 日本がシナから"目に見えぬ侵略"をされる4つの土壌
──────────────────────────────────
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□

▼日本がシナから"目に見えぬ侵略"をされる4つの土壌

和田です。

日本は既に実態として
中国共産党から「目に見えぬ侵略」をされています。

なので、まず、日本がなぜ
「目に見えぬ侵略」を受けるようになったのか?
その理由を考えてみる必要があります。
侵略を許してしまう・受けてしまう…
その受け皿、土壌があるのです。

「侵略を許す土壌」は、それは主に次の4点です。

その1。共産主義。

戦前の日本では「治安維持法」
という法律を制定しなければならないほど
明確に「共産主義の脅威」というものがありました。
それは、現代を生きる現在の我々の感覚では
なかなか実感としてわかりにくいものですが、
私有財産を否定し、日本の国体の変革すら狙う…
そんな思想に基づいた組織が共産党でした。

そして、戦後になっても、様々な事情から
共産主義シンパや隠れマスクスレーニン主義者たちは
いわゆる「敗戦利得者」として、
戦後から現在に至るまでしぶとく生き残り、
その系譜に連なる人達が、
一定の社会的影響力をもっていることは、
最近の『日本学術会議』問題や、
いわゆる「世人計画」の件において、
図らずも明らかになったことは、
皆さんもご存知だろうと思います。

その2。公職追放。

1946(昭和21)年1月より
GHQから日本政府への指令で「公職追放」が始まりました。

愛国者であり、戦前、国を守ってきたリーダーたちが、
日本の要職から公職追放されました。

当時首相候補だった鳩山一郎ですら追放されました。
(彼は、孫の由紀夫とは違って、わざわざ韓国に行って
 土下座するような男でない、真っ当な政治家でした)

政治家、公務員だけでなく、学校等の教育界やマスコミ、
言論界からも保守の有力者20万人余りが追放されました。

そして、代わりに入り込んだのは、
共産主義者たちや反日的活動をして、
戦前評価されていなかった者、
加えて、思想を転向した者たちです。
彼らがみな、前述のいわゆる「敗戦利得者」となりました。

権力を握った人間は
自分を否定しない同じ思想の者を後継に選ぶ。
よって、現在でも、教育界とマスコミには
脈々と反日的思想をもつ人脈が、
「敗戦利得者」として跋扈し続けているわけです。

吉田茂が進めた講和条約、それはつまり、
日本が独立を取り戻す、ということですが、
なんと、これに反対していた国会議員たちがいました。
それが当時の社会党や共産党やマスコミです。

日本の再軍備や憲法改正に反対する人、
日本の独立に反対する国会議員やマスメディアの人間。

日本が独立したら損をするのは誰なのか?
ということを冷静に考えてみて下さい。

これはまさに「今」に通じる問題なのです。

その3。東京裁判。

「極東軍事裁判」は1946(昭和21)年5月3日から始まります。
いわゆる「A級戦犯」7人の処刑など、
この東京裁判の判決をもとにした
「東京裁判史観」が戦後の日本人の思考回路と精神構造、
そして、社会空間を支配しています。

この裁判は法的根拠のないでっち上げの裁判でしたが、
「アメリカは正義で日本は悪だった」という刷り込みによる
日本人の勝手な思い込みが、当時よりもむしろ
日本が主権を回復した後、より一層影響力を及ぼすようになります。

媚中派として名を馳せた、故・加藤紘一などは、
無邪気だったのか、意図的だったのかは知りませんが、

「日本は東京裁判を受け入れて国際社会に復帰した」

などと発言し、世に大嘘を広めていた…というお粗末さです。

東京裁判当時の日本は占領されていたわけですから、
「判決」それ自体は受け入れざるをえません。
しかし、「裁判とそれに関わる歴史観」を承服したのか否か?
となると話は全く別で、到底、
「受け入れて」などはなかったわけです。

実際、主権回復直後に、
生き残ったいわゆる「戦犯」たちは、
全員、正式に全国会議員によって名誉回復させている、
という点を考えれば、「判決」には従ったのですが、
「裁判そのもの」を受け入れてなかったことは、
言うまでもないことです。

しかし、現在の日本人の多くは
そんな客観的な「歴史的事実」すらすっかり忘れて
その歴史観は、あの加藤紘一らの頭と同様に、
奇妙なまでに自虐的な思考に書き換えられたままです。

その4.WGIP。

『War Guilt Information Program』
=ウォー・ギルド・インフォメーション・プログラム、
略称:WGIPです。

GHQが、戦後、日本人に行った洗脳教育であり、
『戦争についての罪悪感を
  日本人の心に植え付けるための宣伝計画』
のことです。

GHQによる、この日本国民に打ち込まれた「楔」は
当のGHQが日本から引いたあとも抜けることなく、
延々と日本人の精神に残ったままです。
未だに「日本は戦犯国家」だと
勝手に思い込んでいる日本人が多いのではないでしょうか?

大東亜戦争は太平洋戦争と言い換えられ、
戦争の真実を語ることもできず、
日本側の弁明は一切許されない。
ましてや、戦勝国であるアメリカや
中華民国らの批判などもってのほか。
更には、第三国である朝鮮についても同様でした。

周到なことに、GHQは、戦前の日本の良き伝統や
当時の国際情勢を鋭く分析した
日本の優良書物7000冊を秘密裏に焚書しています。

当然、この恐るべき「焚書」に協力した
恥ずべき日本の知識人たちも多数いるわけですが、
その協力者の詳細な名簿などは残されていません。

平成から令和の御世となり、
『古事記』や『日本書紀』に関する本などは
読まれ親しまれるようになりましたが、
昭和の時代は、『古事記』に記載があるような
日本の神話について、公の場などで語っただけで
「右翼だ!」とほぼ間違いなく言われたほどでした。

政治家と官僚のエリート層、大手マスコミ、そして教育界。

この三位一体に巣食う「敗戦利得者」たちが
日本人の美しい歴史を消し、
戦犯国家としての贖罪意識を今も与え続けています。

彼ら「敗戦利得者」は基本的に
「日本は邪悪な国家なのだ」という考えですから、
シナの側からすれば、
これほど御しやすい相手は他にいません。
これが、シナからの歴史侵略を
易易と受け入れてしまう土壌となっているのです。

日本は島国であったためか、
隣人への気遣いを大切にする国です。
これまで、外国人との交流は少なく、
そのため諸外国の人に比べると、
自分の意見を押し通さずに、
相手の気持ちを慮ってしまう習慣があります。
まず、相手に気に入られようとしてしまう
そんな傾向を持つ国民性です。
まずは自分が譲って、そして最後は同じ人間同士、
わかりあえるという、性善説的「幻想」が災いしています。

GHQはとっくの昔にこの島を去り、
我が国は「主権国家」として、
独立を回復したはずなのに、
「日本が悪い国なのだ」と常に内外からオルグされ、
心からそれが正しい歴史認識なのだ、
と考えてしまったり、挙げ句の果てには、
なぜか自らの母国を貶めるような言動で、
「反日」でいることが「利得」となるような人たちが
この日本国にはまだまだたくさん居るのです。

------

今夜の奥山博士とのアメリカ通信では、
アメリカの大統領選挙にまつわる、
日本の保守界の問題点に迫ります。

Youtube
(前半)→ https://youtu.be/iT8BEQ9AsqQ
(後半)→https://youtu.be/Bwxdjct0iA4

ニコ生
https://live2.nicovideo.jp/watch/lv328528106

---

※Twitterもやってるので、
 よかったらフォローしてみて下さい。

 https://twitter.com/media_otb

(和田 憲治)

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□

※このメルマガは転送自由です。(ただし出典を残して下さい)

★オンザボードメルマガ登録★
PCの方はこちらから → https://www.on-the-board.jp/mail
スマホの方はこちらから → https://goo.gl/uwFnKG

▼Youtube THE STANDARD JOURNAL1
https://www.youtube.com/c/OTB/live

▼ニコニコ動画 THE STANDARD JOURNAL1
http://ch.nicovideo.jp/strategy

□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□
株式会社 オンザボード(http://www.on-the-board.co.jp/
和田憲治Twitter:https://twitter.com/media_otb

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信
の配信停止はこちら
https://www.mag2.com/m/0000110606.html?l=pln00045fb


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■まぐまぐ大賞2020 投票受付中!~12/6(日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今年のNo.1メルマガを決めるのはあなたです!
早速このメルマガに投票する
https://www.mag2.com/events/mag2year/2020/form.html?id=0000110606

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信
の配信停止はこちら
https://www.mag2.com/m/0000110606.html?l=yft0bd414b

━━━━━━━━━━━━━━━━━


この記事を拡散したいと思ったら、応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★ ★↑↑ 記事はここまで ↑↑★ ★




■国際関係アナリスト北野幸伯氏の無料メルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」

国際関係アナリスト北野幸伯氏の国際情勢の分析を、無料で読むことができます。

★まぐまぐ2015年総合大賞1位

数年前のバックナンバー記事を読むと、現在の国際情勢を正確に予知していることに驚きますよ

★このメルマガの無料購読申し込みは(バックナンバーも読むことができます)
http://www.mag2.com/m/0000012950.html





■日本の情報・戦略を考える「アメリカ通信」の無料購読申し込みはこちら

https://archives.mag2.com/0000110606/index.html?l=yft0bd414b




■【国際派日本人養成講座】創刊20年目・5万8千部発行・まぐまぐ殿堂入りのメルマガ無料購読申し込みはこちら

https://www.mag2.com/m/0000000699.html





■終戦直後の日本人引揚者を襲う朝鮮人たち…「竹林はるか遠く」

朝鮮人の男たちが、藪の中へ女の人たちを引きずっていくのを見たし、若い女性に乱暴しているのも見たわ(111頁)。

彼ら(朝鮮人)は悦楽を求めて人々の間をよろよろ歩き、そして娘たちを見つける度に外へ引きずり出した。たびたび女たちの悲鳴が響いた。(118頁)。

また、朝鮮人が、日本人を殺したうえで金歯まで抜いている記述もある(129頁)。







■通州事件…盧溝橋事件発生から3週間後の1937年7月29日
北平(北京)東方の通州で中国保安隊による大規模な日本人虐殺事件が発生した■



『通州事件の惨劇 (Sさんの体験談)-日本人皆殺しの地獄絵-』

★「通州事件 目撃者の証言」 (自由社ブックレット5) より 藤岡 信勝 (著) 自由社; 初版 (2016/8/7)

夫を生きたまま腹を切り裂き…「これはおいしいぞ、日本人の腸だ、焼いて食べろ」…そうして、その妻である妊婦の腹を切り裂き胎児を取り出す。

それはこの男の人の頭の皮を学生が青竜刀で剥いでしまったのです。頭の皮を剥いでしまったら、今度は目玉を抉り取るのです。このときまではまだ日本の男の人は生きていたようですが、この目玉を抉り取られるとき微かに手と足が動いたように見えました。

目玉を抉り取ると今度は男の人の服を全部剥ぎ取りお腹が上になるように倒しました。

そして又学生が青竜刀でこの日本の男の人のお腹を切り裂いたのです。縦と横とにお腹を切り裂くと、そのお腹の中から腸を引き出したのです。ずるずると腸が出てまいりますと、その腸をどんどん引っ張るのです。

人間の腸があんなに長いものとは知りませんでした。十メートル近くあったかと思いますが、学生が何か喚いておりましたが、もう私の耳には入りません。そうしているうちに何かワーッという声が聞こえました。

ハッと目をあげてみると、青竜刀を持った学生がその日本の男の人の腸を切ったのです。そしてそれだけではありません。別の学生に引っ張らせた腸をいくつにもいくつにも切るのです。一尺づつぐらい切り刻んだ学生は細切れの腸を、さっきからじっと見ていた妊婦のところに投げたのです。

このお腹に赤ちゃんがいるであろう妊婦は、その自分の主人の腸の一切れが頬にあたると「ヒーッ」と言って気を失ったのです。その姿を見て兵隊や学生達は手を叩いて喜んでいます。残った腸の細切れを見物していた支那人の方へ二つか三つ投げて来ました。そしてこれはおいしいぞ、日本人の腸だ、焼いて食べろと申しているのです。


1937年 通州事件(つうしゅう)中国冀東保安隊による日本人虐殺事件。被害者約200名
  ・婦人は24時間強姦されたあげく鼻や喉に針金をつけられ殺害現場まで引き擦られる。
  ・旭軒では17~40歳の女性はことごとく強姦され
   陰部を銃剣で刺さたもの、口中に土砂を填めてあるもの、
   腹部を縦に断ち割つて等にて惨殺。
  ・錦水楼では女性達は手足を縄で結ばれ強姦され、斬首。
  ・男は目玉をくりぬかれ、上半身は蜂の巣の様
  ・子供は手の指を揃へて切断され惨殺
  ・南城門では腹部の骨が露出し、内臓が散乱
  ・首を縄で縛り両手を併せて針金通し一家六名数珠繋ぎにして引廻し惨殺。












■英国で10万部超、世界23ヵ国で翻訳、英国のアマゾンレビュー700件超!
「サンデー・タイムズ」紙のナンバーワンブック、「イブニング・スタンダード」紙のブックオブザイヤーに輝いたベストセラー!■


英国で数々の賞を受賞した若きジャーナリストが欧州の移民問題を徹底ルポ。
移民受け入れをめぐる「罪悪感」と「疲れ」がもたらした欧州リベラリズムの死に方を克明に描く。












関連記事