FC2ブログ

立憲民主党の本多平直氏 「50歳が14歳と同意性交で捕まるのはおかしい。14歳と性交で逮捕は不当だ!」 「50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」とと発言

立憲民主党の性犯罪刑法改正のワーキングチーム(WT)は7日、中学生を性被害から守るための性交同意年齢などに関する13回の議論をまとめた中間報告を作成した。これに関連し、本多平直衆院議員(56)が「50歳が14歳と同意性交で捕まるのはおかしい」と発言したことを認めた。WTは、本多氏から「興奮していたので覚えていない。本意ではない」と撤回の申し出を受け、報告から削除した。

寺田学座長はWT後、記者団に、名前を明かさずに50代の衆院議員が5月10日の会合で「成人と中学生が真摯(しんし)な恋愛関係になった場合、性交をすることは自然なことで罰するのは望ましくない」と主張する中で、「50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」と発言した事実を認めた。

党関係者によれば、本多氏は成人と中学生の性行為を一律に取り締まることについて繰り返し反対論を述べ、別の50代議員も同調した。WTが先週まとめた中間報告の案には削除された発言を記載していた。同じく案に載った「中学生から成人を口説いて恋愛関係になり性交に至る場合もある」といった出席者の発言は残った。

産経ニュース 2021/6/7 22:34
http://www.sankei.com/article/20210607-Q6PPUCN6BBI5HDJTT4UWFOVJFE/

202106080402aho.jpg

202106081345ahocyon.jpg



小学校の近所に、こんな看板がありました。
202106090840rituken.jpg




=========


「14歳と性交で逮捕は不当」発言は「自分だ」 立憲民主党の本多平直氏認める

 立憲民主党の本多平直ひらなお衆院議員は7日、自身の事務所を通じ、党会合で「50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」と発言したのは自分だと認めた。(共同)

東京新聞 2021年6月7日 22時31分
http://www.tokyo-np.co.jp/article/109216

本多平直wiki
辻元清美らが主宰するピースボートへの参加を経験

http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AC%E5%A4%9A%E5%B9%B3%E7%9B%B4


2021年5月10日と同月下旬に開かれた立憲民主党の「性犯罪刑法改正に関するワーキングチーム」で、「50歳近くの男性が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」「日本の性交同意年齢は他国と比べて低くない」と発言した議員がいたと報道された[15]。

同党の福山哲郎幹事長は「本人が『撤回』と言っているので、それでいいのではないか」と述べていたが、この発言者が後に本多だったことが判明した[16]。

この発言に対し、ワーキングチームに参加していた刑法学者の島岡まなは、「発言を聞いて絶句した。(中学生との性行為は)性的搾取にあたるから、犯罪となり得ると示すことが大事だ」
「先進国だったら議員辞職くらいのレベル」と批判した[17]。






【大炎上!14歳と性交発言】 <本多平直議員」悪評まみれ>「口汚いヤジ将軍」枝野幸男代表の秘書上がりで、党内ではやりたい放題


立憲民主党の本多平直衆院議員(56)の“14歳と性交発言”を巡る炎上は収まる気配がない。本多氏は8日、国会内で発言を謝罪・撤回したが、ふてぶてしい態度に「何様?」「議員辞職しろ」と非難ごうごう。

立民の枝野幸男代表(57)の秘書上がりで、党内ではやりたい放題だった。それにしても、なぜ炎上すると分かりきっている発言をしてしまったのか。その背景には“世代ギャップ”がありそうだ。

 本多氏の“性交発言”問題は今月4日、産経新聞が立憲民主党の性犯罪刑法改正に関するワーキングチーム(WT)で、「50歳近くの自分が14歳の子と性交したらたとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」と50代の衆院議員が発言していたと報じたのが発端だった。

 すぐに発言主探しが始まったが、立民の福山哲郎幹事長(59)は「本人が言い過ぎたと撤回しているので、それでいいのではないか」と発言者を明らかにすることなく、収束させようとした。

 ところが、7日に朝日新聞が本多氏の発言だったと特定。本多氏は謝罪コメントを発表すると同時に福山氏は厳重注意したと発表。8日の本会議後に報道陣に囲まれた本多氏は「本当にご迷惑をお掛けし、傷つけた方におわびして、謝罪をしたい。本当に申し訳ございませんでした」と頭を下げただけだった。

 本多氏は北海道大卒で、松下政経塾を経て、新党さきがけに入党。約10年にわたって、枝野氏の秘書を務め、2004年に繰り上げ当選で衆院議員となっていた。同党の西村智奈美衆院議員(54)と結婚している。

 永田町関係者は「枝野氏の威光を利用し、態度がデカければ、声もデカい、口汚いヤジ将軍で有名でした。民主党政権時は重用され、野田政権では首相補佐官、その後、経産相だった枝野氏の下で政務官も務めていたが、有権者受けは悪く、選挙は弱かった」と話す。

 与党議員が問題を起こした際は「責任を取れ」「辞職しろ」と舌鋒鋭く迫ってきた本多氏だが、いざ自分の問題になると、福山氏が当初、もみ消しを図ろうとしたように身内にはとことん甘い“民主党体質”を露呈したともいえる。

 それにしても、本多氏はどうしてこんな問題発言をしたのか。例え話にしては具体性があって気持ち悪い。この発言にはジェネレーションギャップも関係しているという見方がある。

 未成年のわいせつ事情に詳しい風俗ライターは「本多氏は56歳ですから、自分が若かったころは、今ほど大人と未成年との性交が厳しくなかったという記憶があるのではないでしょうか。1999年に児童買春・児童ポルノ禁止法ができたこと(施行)を境にして世代間で考え方の違いがあるのです」と推測した。

 90年代の半ばにあたる96年に「援助交際」という言葉が流行語になった。派手な女子高生や女子中学生が「コギャル」と呼ばれてもてはやされるなど、当時は若者の性のモラルの低さがクローズアップされる緩い時代だった。

 援助交際などが社会問題化したことを受けて作られた児童買春・児童ポルノ禁止法は、今ではすっかり世の中に浸透している。「若い人たちは未成年との性交はよくないことと考えますが、逆に緩かった時代を覚えているオッサンたちは心のどこかで『別にいいじゃないか』と思ってしまうのです」(前出ライター)

 しかし、今では中学生との性行為は同意があってもダメではないのかという議論が起きるまでに変化した。その時代の流れについていけない本多氏のようなオッサンがまだまだ世の中にはいるのだ。

東京スポーツ6/9(水) 11:30
https://news.yahoo.co.jp/articles/9a988838f18e25641bd2f25df96317a8104055f6




この記事を拡散したいと思ったら、応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★ ★↑↑ 記事はここまで ↑↑★ ★




■国際関係アナリスト北野幸伯氏の無料メルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」

国際関係アナリスト北野幸伯氏の国際情勢の分析を、無料で読むことができます。

★まぐまぐ2015年総合大賞1位

数年前のバックナンバー記事を読むと、現在の国際情勢を正確に予知していることに驚きますよ

★このメルマガの無料購読申し込みは(バックナンバーも読むことができます)
http://www.mag2.com/m/0000012950.html





■日本の情報・戦略を考える「アメリカ通信」の無料購読申し込みはこちら

https://archives.mag2.com/0000110606/index.html?l=yft0bd414b




■【国際派日本人養成講座】創刊20年目・5万8千部発行・まぐまぐ殿堂入りのメルマガ無料購読申し込みはこちら

https://www.mag2.com/m/0000000699.html





■終戦直後の日本人引揚者を襲う朝鮮人たち…「竹林はるか遠く」

朝鮮人の男たちが、藪の中へ女の人たちを引きずっていくのを見たし、若い女性に乱暴しているのも見たわ(111頁)。

彼ら(朝鮮人)は悦楽を求めて人々の間をよろよろ歩き、そして娘たちを見つける度に外へ引きずり出した。たびたび女たちの悲鳴が響いた。(118頁)。

また、朝鮮人が、日本人を殺したうえで金歯まで抜いている記述もある(129頁)。







■通州事件…盧溝橋事件発生から3週間後の1937年7月29日
北平(北京)東方の通州で中国保安隊による大規模な日本人虐殺事件が発生した■



『通州事件の惨劇 (Sさんの体験談)-日本人皆殺しの地獄絵-』

★「通州事件 目撃者の証言」 (自由社ブックレット5) より 藤岡 信勝 (著) 自由社; 初版 (2016/8/7)

夫を生きたまま腹を切り裂き…「これはおいしいぞ、日本人の腸だ、焼いて食べろ」…そうして、その妻である妊婦の腹を切り裂き胎児を取り出す。

それはこの男の人の頭の皮を学生が青竜刀で剥いでしまったのです。頭の皮を剥いでしまったら、今度は目玉を抉り取るのです。このときまではまだ日本の男の人は生きていたようですが、この目玉を抉り取られるとき微かに手と足が動いたように見えました。

目玉を抉り取ると今度は男の人の服を全部剥ぎ取りお腹が上になるように倒しました。

そして又学生が青竜刀でこの日本の男の人のお腹を切り裂いたのです。縦と横とにお腹を切り裂くと、そのお腹の中から腸を引き出したのです。ずるずると腸が出てまいりますと、その腸をどんどん引っ張るのです。

人間の腸があんなに長いものとは知りませんでした。十メートル近くあったかと思いますが、学生が何か喚いておりましたが、もう私の耳には入りません。そうしているうちに何かワーッという声が聞こえました。

ハッと目をあげてみると、青竜刀を持った学生がその日本の男の人の腸を切ったのです。そしてそれだけではありません。別の学生に引っ張らせた腸をいくつにもいくつにも切るのです。一尺づつぐらい切り刻んだ学生は細切れの腸を、さっきからじっと見ていた妊婦のところに投げたのです。

このお腹に赤ちゃんがいるであろう妊婦は、その自分の主人の腸の一切れが頬にあたると「ヒーッ」と言って気を失ったのです。その姿を見て兵隊や学生達は手を叩いて喜んでいます。残った腸の細切れを見物していた支那人の方へ二つか三つ投げて来ました。そしてこれはおいしいぞ、日本人の腸だ、焼いて食べろと申しているのです。


1937年 通州事件(つうしゅう)中国冀東保安隊による日本人虐殺事件。被害者約200名
  ・婦人は24時間強姦されたあげく鼻や喉に針金をつけられ殺害現場まで引き擦られる。
  ・旭軒では17~40歳の女性はことごとく強姦され
   陰部を銃剣で刺さたもの、口中に土砂を填めてあるもの、
   腹部を縦に断ち割つて等にて惨殺。
  ・錦水楼では女性達は手足を縄で結ばれ強姦され、斬首。
  ・男は目玉をくりぬかれ、上半身は蜂の巣の様
  ・子供は手の指を揃へて切断され惨殺
  ・南城門では腹部の骨が露出し、内臓が散乱
  ・首を縄で縛り両手を併せて針金通し一家六名数珠繋ぎにして引廻し惨殺。












関連記事