アメリカ私立校「韓国留学生に問題児多い」「韓国人学生を多数受け入れると、学校の雰囲気が悪くなる」

■アメリカ私立校「韓国留学生に問題児多い」「韓国人学生を多数受け入れると、学校の雰囲気が悪くなる」■

▲米国東部ニュージャージー州のSスクールは、外国から留学に来る学生に対しては、
国際電話を通じてのインタビューを行ってきた。
しかし、この学校は韓国の学生に対しては方針を変えた。
今後この学校に入学しようとする韓国学生は、必ず事前に米国にきて、入学査定担当者
と直接会ってインタビューをしなければならない。

▲インタビューの目的は、単純に学業修学迫ヘ(英語実力)だけを見るのではない。学校側は
受験者が道徳的に問題があるかないかをまず検討すると明らかにした。
一時期、米国私立学校で韓国学生は歓迎された。学校財政を援助してくれるという理由
からだ。韓国の早期留学ブームとも絡み、韓国学生が大量に集まったのも事実だ。

▲しかし最近になって、相当数の米国私立学校で韓国学生を拒絶している。韓国学生を多数
受け入れると、学校の雰囲気が悪くなるという認識が徐々に高まっている。
ニューヨーク州のナイアック市Rスクール11学年に在学中の金某(17)君は最近退学処分
を受けた。金君は今年3月に学期が始まって以来、ほとんど学校に行かなかった。
彼は自分のオートバイに米国の友人を乗せては、彼らに無断欠席をそそのかした。このため
米国の学父兄らから「韓国の子供が多い学校に行かせるのはよくない」という非難さえ出
ているという。

▲早期留学の問題点は既にだいぶ前から指摘されてきた。言語疎通が円滑にできず、学校生活
適応が難して、父母と離れて生活しているので無断欠席が多い。
麻薬や飲酒などに容易に陥って、試験の時は不正行為を頻繁にするので、学校側の悩みの
種になっているというのだ。
その上、最近米国学校は韓国学生たち間での「イジメ」という悪習が米国学生の中にも広が
る可柏ォに対して憂慮をみせている。

▲ニュージャージー州Sスクールのある教師は「外国で同じ民族の学生たちから除け者になっ
た場合、その精神的苦痛はなんとも言えないほど大きい。人種が違ってもいないのに、どう
してこういう現象が唯一韓国学生間で行われているのか、理解できない」と話した。
有名な名門校であるマサチューセッツ州のD高校は、韓国学生に対する査定基準を大幅強化し、
コネチカット州のR高校は韓国人入学生数を大幅縮小する計画だ。

▲一部の学校では転学してくる韓国学生に対しては、それ以前の学校での交友関係を調べること
もある。
ある在米韓国人は「多くの米国高校らが財政難を経験しているにもかかわらず、韓国学生を退学
させたり、入学を拒絶または制限することは、無分別な早期留学から出た現象」とし「父母らが
子女の将来を考える上でも、早期留学に慎重を期する必要がある」と強調した。

シン・ジュンドン特派員
http://japanese.joins.com/php/article.php?sv=jnews&src=soci&cont=soci0&aid=20000601120350400








ポチッと応援クリックお願いします










関連記事