米国バージニアで韓国人の『犬肉食批判』広告看板が相次いで立てられる

韓国の動物愛護団体HP(犬や猫の虐待を告発してます)

http://www.koreananimals.org/index.htm
http://www.koreananimals.org/cats_p5.htm (猫を生きたまま茹でる圧力釜)
http://www.koreananimals.org/cats_p3.htm (殺された猫)



韓国人の補身湯(ポシンタン)文化を攻撃するオン・オフラインキャンペーンが米国で再提起されている中、 太極旗冒涜の問題が起きている。

オンライン請願運動サイトのGoPetition.com( www.gopetition.com )では25日現在、韓国人の拘肉食を 批判する請願運動が2件上がっている。これらは本文の上隅に太極旗の上に立った犬の絵を載せてて、韓国人の怒りを買っている。

このような請願運動が進められて12年目になるが、最近ワシントンDC近郊の道路に韓国人の犬肉食を批判する広告看板が相次いで設置され、平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックをボイコットするようにけしかけるなど、『犬肉の国際問題化』が憂慮されている。

請願運動の内容は韓国人が猫スープと犬肉を食べているとし、これを規制する法案作りに参加して欲しいというものと、米国に住んでいる韓国人と東洋人が猫と拘肉を食べていると主張するものなどだ。

2件の請願運動はエイプリール・ドニーとロジャー・グロスクローズという名前でそれぞれ申告されたが、1ヶ月の時差で始まっていて全く同じマンガを使っているという点から、同一人物か団体が出したと思わ
れる。

韓国人たちはこれらの主張が一方的である上に、特に米住韓国人が猫と犬肉を食べるというのは全く根拠がないという点で呆れ返っている。

ニューヨークに20年住んでいるキム・シンヒョンさんは、「過去に韓国人が犬肉を食べるという報道で騒がしかった事があるが誤報であると判明した。犬肉を一体米国のどこで食べられるのか。何の証拠もなく 韓人が犬と猫肉を食べると言う底意が疑わしい」と指摘した。

サイトに載せた太極旗の上の犬の絵も韓国人たちには不愉快な部分だ。犬肉問題を指摘してあえて太極旗の上に立った犬の絵を入れるのは、韓国と韓国人のイメージに泥をなするという意図に見えるからだ。

ニュージャージー州フォートリーのチェ・ソンフィさんは、「私も犬肉を嫌悪する者だが、マンガの絵は少し 情けない。これは諷刺ではなく犬肉反対を口実に太極旗と韓国人を冒涜する行為だ」と非難した。

ソース:NAVER/ニューヨーク=NEWSIS(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=104&oid=003&aid=0005049409




これと共に韓国人が大勢居住するワシントンDCの近郊に、韓国人の犬肉食用を批判する広告が違法に設置されて現地の韓国人社会が当惑している。

ワシントン中央日報によれば、北バージニアのフェアファクスセンタービルとアーリントン一帯の道路に
最近、韓国人の犬肉食を批判する広告看板が立てられた。広告看板には、「非情の悪習犬食はもう止て!」というハングルと共に英文で、「人間の一番の友だちが裏切られて顧問される」とし、「神よ、韓国の犬肉取り引きを中断するように助けてください!」という文字が書いている。

広告看板の下には韓国の動物保護市民団体であるKARA(Korean Animal Rights Advocates)のインターネットサイト( www.AnimalRightsKorea.org )と名前を公表していない団体のwebアドレス ( www.KoreanDogs.org )が書かれている。


KoreanDogs.orgというサイトは刺激的な写真と一緒に、朴槿恵(パク・グンヘ=パク・クネ)大統領などの政治家に『犬肉反対』の請願書の発送を促し、2018平昌冬季オリンピックをボイコットする手紙をIOCに送るよう促している。また現代(ヒョンデ)や起亜(キア)と三星(サムスン)、LG など、韓国の500の会社製品をボイコットしようという内容の手紙様式を公開して世界のネチズンの賛同を求めて
いる。

センターヴィルに住むチェ某さんは、「ハングルと英語で書かれた『犬肉反対』のサインボードが韓国人が集まって住むセンターヴィルの路上にあって顔が赤くなった」とし、「どこの団体が設置したのかは知らないが韓国人を標的にしたようでこれを撤去した」と話した。

北バージニアの道交法など関連法規によれば、路上に簡易広告看板を設置するのは違法で、摘発された場合は最高100ドルの罰金を払わなければならない。





http://koreandogs.org/



South Korea is the World’s 14th largest economy yet an estimated 2.5 million dogs and thousands of cats are slaughtered and eaten as “health food” each year.

This Black Market Industry has never been legislated, regulated or even acknowledged by the World’s farming Industries or Food Standards Organizations. So why do Governments allow this practice to continue and set up expensive trade agreements to include animal welfare provisions, only to turn a blind eye?

Forced to endure deprivation and unimaginable torment from the moment they are born till the day they are slaughtered; dogs are imprisoned in cramped rusty raised cages all their lives with no protection from extreme weather and no water, exercise or medical care. Their eardrums are often burst to prevent them from barking.

In broad daylight, often in front of other live dogs, they are electrocuted, hanged, beaten or burnt to death. This is a profit-driven, tax free, unregulated industry that aggressively promotes the myth that eating a dog (especially the dog’s penis) enhances man’s virility and gives him energy. In addition, consumption peaks during the hottest days of summer!

Koreans “genuinely” believe that the more dogs suffer, the more the consumer will enjoy the health benefits and enjoy the meat. Many dogs are sadistically made to experience extreme fear and suffering prior to death. Cats are frequently boiled alive to make tonics believed to treat rheumatism. The demand is so high in South Korea 30% of the dog meat is now imported from China.


개고기 식습관은 현대에는 걸맞지 않는 폐풍이오, 국민들의 정신 건강에 아주 좋지 않은 영향을 끼치는 악습이다. 우리 사회가 고래로 정치, 경제, 종교 등의 각계각층에서 사분 오열되는 내분에 국력을 낭비하는 것은 정을 들여 키운 개를 하루 아침에 도살하여 잡아먹는 데서 오는 인간신뢰에 대한 상실로 인한 배반의 악습이 인간 상호간에도 의식적으로 무의식적으로 적용되기 때문에 파생된 당연한 결과라고 필자는 본다. 또 이 개도살에 따른 공해가 심각하다. 개를 집단으로 사육하는 과정에서 엄청난 소음이 발생하여 공중적 폐단이 매우 심각하다. 소음을 줄인다고 강제로 개의 고막을 파열시키는 잔인함까지 저지르니 개고기를 먹기 위하여 못하는 짓이 없다. 또 부분적으로는 고기의 맛을 내기 위하여 목을 매달아 놓고 개의 전신을 몽둥이로 사정없이 가격하여 내장이 파열되게 하여 잔인 무도하게 죽이는 경우까지 있으니 참으로 인간말종적 행위라고 할 수있다. -법정스님


Dog meat consumption is an evil custom that doesn’t belong in a modern society as well as a vice harmful to the mental health of our citizens. -Beopjeong Buddhist Priest, a South Korean National



Dogs live in tiny raised up cages all their lives. They don’t know what it feels like to walk on ground. Separated from their mothers at an early age some are slaughtered as pups. They can not mingle with other dogs other than those in cages beside them. They suffer summer heat and freezing winters outdoors. They are not given water. They have to eat human food waste such as kimchi. They get no exercise. They have been known to have their eardrums burst to prevent them from barking. Every natural instinct they have is thwarted by the inhumane and tortuous conditions they must live under.


Dogs are electrocuted, hanged, beaten or burned to death. There is a perverted belief that the meat tastes better if dogs have high adrenaline levels in their meat before they die. Therefore, some dogs are made to experience extreme fear and suffering in the lead up to their deaths. Some dogs are hanged and then beaten while they are hanging and still alive. Others are hanged and then a blow torch is used on them while they are still alive to remove their hair. Others still are simply beaten and tortured to death. Generally, at the markets, dogs are electrocuted and then their necks are broken.


Dogs are turned into dog meat, dog meat soup, dog liquor, and dog “health” elixirs. Dubious health claims are made about dog products, included the typical claim that it assists male stamina and sexual prowess. Such pathetic claims are made throughout Asia with regard to all manner of animal products to attract equally pathetic male customers. In Korea, over the hottest days of the year, people follow a custom of eating dog meat because it allegedly increases energy. Exercising for health and energy is apparently too much hard work for dog meat eaters.










■韓国 犬肉、年間200万頭…1兆4000億ウォンを消費 ■
韓国の国民が1年間食べる食用犬肉は200万頭にのぼることが分かった。
国会・保健福祉委員会所属の与党ウリ党・金椿鎮(キム・チュンジン)議員が
24日公開した国務調整室の「食用犬肉政策関連のアンケート調査」によると、
回答者1025人のうち55.3%(567人)が「犬肉を食べてみたことがある」と答えた。

年齢別には50代の81%が食べたことがあると答え、最も多かった。その次は40代
(66.9%)、60代以上(64.3%)、30代(59.3%)などの順。
10代の場合も60%にのぼり、20代(46.1%)が最も少なかった。
「年に何度食べるか」という質問には「1~3回」が全体の64.1%で最も多く、
続いて▽4~6回(16.8%)▽7~10回(10.5%)などの順だった。

同調査を通じて韓国国民の平均的な犬肉消費量を推定したところ、1回300グラム
ずつ年平均4.6回食べていることが分かった。1年間の食用犬肉の消費量は
165万~205万頭で、金額にすれば1兆996億ウォン(約1300億円)~
1兆3675億ウォンにのぼる。金議員は「調査では回答者の75%が食用犬肉の
禁止に反対しており、政府の政策も動物保護よりは衛生管理を優先すべきとの回答
が多かった」とし「保健当局が定期的に衛生点検を行なう必要がある」と語った。


http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=81096&servcode=400§code=410






■イザベラ・ビショップの「朝鮮紀行」には、こう書いてあります■


悪臭紛々のその穴や溝の横に好んで集まるのが、土ぼこりにまみれた半裸の子供たち、疥癬もちでかすみ目の
大きな犬で、犬は汚物の中で転げまわったり、ひなたでまばたきしたりしている。

どの家も犬を飼っており、四角い穴から犬は家に出入りする。 よそ者が来れば激しく吠え、傘をふると逃げていく。
犬はソウル唯一の街路清掃夫であるが、働きはきわめて悪い。 また人間の友だちでもなければ、仲間でもない。
朝鮮語をはじめ人間の話すあらゆる言語に取り合わない。 夜間吠えるのはどろぼうがいるからである。
飼い犬といえどほとんど野犬にひとしい。 若い犬は春に屠殺され、食べられてしまう。

★若い犬は春に屠殺され、食べられてしまう。
★若い犬は春に屠殺され、食べられてしまう。







中国の市場では、食用として、普通に猫が売られてる。檻の中に何匹もの
猫が入れられてて、自分たちの運命を悟ってるのか、みんなニャーニャー
鳴き叫んでる。
そして、普通の買い物のおばさんが、「あ、そのミケを1匹ちょうだい」
って感じで檻の中を指差すと、お店の人が「あいよ!」って感じでその猫
を檻から出して、お巡りさんが持ってる警棒みたいな木の棒で、おもむろ
に猫の頭を叩きつける。
一度で死ななかった場合は、二度、三度と殴り続ける。
猫は両目が飛び出して、口から血を吐いて死ぬ。そしたら、その猫の死体
を古新聞でくるんで、ビニール袋に入れて、お客に渡す。
あたしたちが、魚屋さんでお魚を買ったり、八百屋さんでダイコンを買っ
たりするのと何も変わらない、中国の日常的なお店とお客のやり取りだ。

あたしは、中学生の時にこの映像を見たんだけど、これは動物虐待だとか
動物愛護だとかのビデオじゃなくて、色んな国の庶民の生活を勉強する
ための教材としてのもので、学校で見せられたのだ。

http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/





■猫をその場で殺して売る韓国■

友人の話によると、かごの中に猫をいっぱい入れた露天商がいたらしい。
猫を売っているのかと思って、猫好きの彼女がかわいい猫を見ていると、
「猫をください」とお客さんが言った瞬間に信じられないことが起きた。

その場面を思い出しながら彼女の口から出た言葉は、「猫の首をつかまえて、
そのまま大きい棒で猫をたたいて気絶させて、包丁で頭を三角に切り抜き、
皮を三秒ぐらいでむしりとった」というものだった。
かなりのショックで、今では猫に触れなくなったと言っていた。

えっ、それって猫を食べるってこと?
犬だけじゃないの?

私も猫が大好きなので、この事実を調べてみると、どうやら猫は神経症に
効くらしいということで、漢方として食べるということだった。
ああ、何てことを韓国人はするんだ。

★安里「東京コリアン純情日記」より  総合法令出版★









■英有力紙「国賓 韓国大統領の晩餐メニューに犬肉はなかった」で波紋 ■

英国の有力日刊紙が、英国女王と盧武鉉(ノ・ムヒョン)韓国大統領との国賓晩餐をスケッチした際
「犬肉はメニューになかった」と皮肉り、波紋が広がっている。

英国日刊紙テレグラフは、2日付の記事で、盧大統領の訪問目的を紹介し、1日にバーミンガム宮殿で
行われた晩餐会での英国女王の発言内容を伝えつつ、犬肉についても触れた。

テレグラフは「心外とはいえないが、メニューには韓国式犬料理はなかった」とし
「恐らくバーミンガム宮殿のコギー犬を安心させるための配慮だろう」と冗談混じりで報道した。

同紙のこの報道態度は、国賓として訪問した外国首脳に対する礼を欠いたものとして論議の的になっている。

2004.12.02 17:16





愛玩犬の首輪を車につないで疾走した在米韓国人、立件

米バージニア州に住む40代の韓国人女性が、愛玩犬の首輪を自動車後部につないだまま
疾走し、米警察に立件された。
フェアーファックス郡の警察は2日「先月28日グレートポールス地域で、自動車で犬を
虐待した後逃げた疑いで、呉某(オ、48)容疑者への捜査を行っており、動物虐待の
疑いが固まれば、起訴する方針」と発表した。


呉容疑者は事故の当日、自身の愛玩犬を車につないで200メートル近くを疾走したが、
歩行者らがこの光景を目撃し悲鳴をあげると、車から降りて首輪を外した後逃走したという。
犬は、引きずられるとき4の爪と足の裏、後足などに傷を負い、動物病院に後送された。
事故が伝えられた直後、住民らは郡政府と地域マスコミに電話をかけ、この女性についての
憤怒の意を示し、逃げた女性運転手への懸賞金として5000ドル(約60万円)を提示した
りもした






■おじちゃんがうちに来る度に犬が1匹ずつなくなる■

今月はじめ、京畿(キョンギ)道・抱川(ポチョン)市・?珠(クムジュ)山の
山裾にある金珠小学校に通う1~6年生146人は、学校に配達されてきた146冊の
本を見て驚いた。表紙には自分の名前が書かれており、本の中には6カ月間、自
分たちが一生懸命パソコンに書き込んできた詩や日記、ユーモアなどが載っていた。
本に載せられた子供たちの文章は子供たちが書いたままのものである。作文
先生の指導も、出版社との調整も経てない作文である。


★「おじちゃんは犬肉が好きだから おじちゃんがうちに来る度に犬が1匹ずつな
くなる。

9匹もいたのにもう大分減ってしまった。

この間、母が後進させる車に轢かれてもう1匹が死んでしまった」

(朴ウンジ『サンシュユの春を知ってますか?』)

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2002/11/19/20021119000029.html






韓国では年間300万匹の犬が食べられています。しかも殺す時はできるだけ
苦しむように殺した方が肉が美味いとされ、犬や猫を料理するとき、
生きたままゆでたり、生きたまま皮を剥いだりして料理するそうです。
このような残酷な動物虐待をする韓国でのサッカーのワールドカップ開催に
世界の動物愛護団体は強く反対し、その為、欧米や南米など世界中の愛犬家
などが韓国大使館などに抗議運動をしています。


韓国の動物愛護団体HP(犬や猫の虐待を告発してます)
http://www.koreananimals.org/index.htm
http://www.koreananimals.org/cats_p5.htm (猫を生きたまま茹でる圧力釜)
http://www.koreananimals.org/cats_p3.htm (殺された猫)




韓国では「一年に三百万頭が食用となりのべ千五百万人が食べている」(『韓国歳時記』明石書店)




ポチッと応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ


★お勧めする「大手企業運営の優良出会い系サイト」★

これらの出会い系サイトは大手企業が運営していますので、安心して利用することができます。


⇒ピーシーマックス


10年間の累計会員数が600万人という超有名サイトです。
若い女性から主婦まで、女性会員も多彩なのが特徴です。
できるだけ早く、実際に女性と会いたいという人には絶対にオススメするサイトです。






 一番にオススメするサイトです⇒ハッピーメール
 
他の出合い系サイトとくらべても女性会員数が圧倒的に多く、出会いのチャンスがとても高いサイトです。
やはり女性会員の多いサイトは、出会いのチャンスも多いです。
出会い系初心者は、まず、このサイトをオススメします。安心して利用できる有名老舗サイトです。





⇒料金が月定額制で使い放題「ラブサーチ」

料金は月額固定制ですので、料金を気にせずに出会い系サイトを使い方には最適です。
「6ヶ月コース」なら、月1,980円で使い放題なので、女性の扱いに慣れていない出会い系初心者の男性でも、6ヶ月以内には女性と実際に会うことができるはずです(笑)
89%の会員が4ヶ月以内に出会いに成功しているそうです。
女性と確実に出会いたい男性には、この「6ヶ月コース」をオススメします。
真面目なタイプの女性会員が多いのが特徴です。







⇒ミクシイグループのワイワイシー

あの 「ミクシイ」グループが運営 している出会い系サイトです。
出会い系サイトに登録するのは、どうしても「不安」という人は、こちらをオススメします。
ミクシイグループが運営しているだけに、女性会員も多く出会い系サイト初心者の男性でも、安心して利用できます。
15年間の累計会員数が1000万人という超人気サイトで会員の約80%ほどが実際に出会いに成功しているサイトです。








関連記事