FC2ブログ

「中国の国際イメージはなぜ落ち込んだか」-。中国の国際情報紙はBBC調査の内容を詳しく報じた。

中国の国家イメージが悪化していることへの関心が国内でも高まっている。英BBCが世界25カ国、約2万6千人を対象にしたアンケート(昨年12月~今年4月実施)で中国は去年の5位から9位に低下。否定的評価が39%と、肯定的評価(42%)にほぼ並び、過去8年で最悪となった。海洋覇権拡張の動きが近隣諸国の反発を強めると同時に、貿易摩擦などで欧米諸国でのイメージも急速に悪化しているためだ。



 「中国の国際イメージはなぜ落ち込んだか」-。中国の国際情報紙「参考消息(5日付)」は中面1ページを割いてBBC調査の内容を詳しく報じた。



 これによると中国に最も否定的なのはフランス(68%)、ドイツ(67%)、スペイン(同)、米国(同)など欧米諸国で、領土・領海摩擦が激化している日本(64%)や韓国(61%)をも上回っている。欧米各国の中国に対する否定的評価は、わずか1年で2割前後も増えている。

 「経済不振の欧米先進国で、(急成長する)中国へのイメージが悪化するのは何ら不思議ではない」(国際情報紙「環球時報」)と平静を装ってはいる。

しかしこれまで肯定的評価が7~8割の高さを誇っていたアフリカ諸国でも約10ポイント評価を落としたり、否定的評価を増やしたりしている。「自国本位」と批判される中国のアフリカ進出への反発も、現地では高まりつつあるようだ。

 中国の研究者(趙彦華・中国新聞出版研究院研究員)が西側データをもとにまとめた別の国家イメージ調査(59カ国・地域対象)でも、中国のイメージは2002年の第9位から徐々にランクを落とし、昨年は35位に後退している。中国の富国強兵路線が問われているといえそうだ。

 BBC調査では日本も昨年の首位をドイツに譲り、4位に後退した。しかし肯定的評価は51%と、アジアではトップを維持した。「中国人は、日本の文化的ソフトパワーや国民の粘り強さに学ぶべきだ」(林泉忠・台湾中央研究院副研究員)との指摘も聞かれる。

2013.6.10
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130610/chn13061021010004-n1.htm


中国のイメージなんて、以前から最悪だと思うけど(笑)



★お勧めする「大手企業運営の優良出会い系サイト」★

これらの出会い系サイトは大手企業が運営していますので、安心して利用することができます。


 一番にオススメするサイトです⇒ハッピーメール
 
他の出合い系サイトとくらべても女性会員数が圧倒的に多く、出会いのチャンスがとても高いサイトです。
やはり女性会員の多いサイトは、出会いのチャンスも多いです。
出会い系初心者は、まず、このサイトをオススメします。安心して利用できる有名老舗サイトです。


⇒料金が月定額制で使い放題「ラブサーチ」

料金は月額固定制ですので、料金を気にせずに出会い系サイトを使い方には最適です。
「6ヶ月コース」なら、月1,980円で使い放題なので、女性の扱いに慣れていない出会い系初心者の男性でも、6ヶ月以内には女性と実際に会うことができるはずです(笑)
89%の会員が4ヶ月以内に出会いに成功しているそうです。
女性と確実に出会いたい男性には、この「6ヶ月コース」をオススメします。
真面目なタイプの女性会員が多いのが特徴です。



⇒ミクシイグループのワイワイシー

あの 「ミクシイ」グループが運営 している出会い系サイトです。
出会い系サイトに登録するのは、どうしても「不安」という人は、こちらをオススメします。
ミクシイグループが運営しているだけに、女性会員も多く出会い系サイト初心者の男性でも、安心して利用できます。
15年間の累計会員数が1000万人という超人気サイトで会員の約80%ほどが実際に出会いに成功しているサイトです。








関連記事