【韓国海軍】発電機4台全部を喪失し航行不能の揚陸艦「独島」。日本は90年前に空母を運用していたのに … 朝鮮日報社説

[社説] 西海で立ち往生して航行不能の「独島」艦

5000億ウォンを投じて建造し、アジア最大の揚陸艦だと自慢してきた「独島」の発電機4台が
全部故障し、西海(訳注:黄海のこと)の真ん中で立ち往生したという。「独島」の発電機4台
のうち2台は、今年4月に乗務補助員の水タンクのバルブ操作ミスで発電室が浸水して故障
した。「独島」は浸水した発電機2台を修理のために陸揚げして運航していたが、今月10日に
発電室の火災で残り2台のうち1つが燃えてしまった。最後の発電機も火災鎮圧中に海水が
入って故障した。「独島」は修理のために曳航されるところだ。


2007年3月から実戦投入された「独島」は排水量1万4000トン、全幅31m、全長199mで、ヘリ
コプター・戦車・上陸装甲車・エアクッション艇を搭載でき、海軍起動戦隊の旗艦の役割を担っ
てきた。大韓民国海軍の心臓が止まってしまったのだ。火災で壊れた発電機2台は修理に
1ヵ月ほどかかり、浸水した2台は部品を外国から持ってこなければならず修理は来年4月頃
までかかるという。韓国海軍の中枢艦艇を正常復帰させるのに8ヵ月かかるということだ。これ
では、国軍の日に動員されるパレード用艦艇であって有事の際に敵を相手にする実戦用艦艇
と言うことはできない。



北朝鮮は2010年11月の延坪島挑発の際、170発の砲弾を撃ちまくった。わが軍は当時延坪
島に毎分6発の射撃が可能というK-9自走砲6門を有していたが、80発しか応射できなかった。
6門のうち3門は壊れて使うことができず、残りの3門も一度撃ったら砲身が熱くなって平均1分
30秒に一発ずつしか撃つことができなかった。対砲探知レーダーも故障して、K-9が撃った80発
のうち50発はとんでもないところに飛んで行った。



中国は昨年9月に排水量6万7000トンの航空母艦「遼寧」を配備した。1920年代に既に米国・
英国に続く世界3位の空母戦隊を太平洋に出した日本は先月、有事の際には直ちに航空母艦
に改造できる排水量2万7000トンの準空母「いずも」を進水させた。わが海軍の最新鋭誘導弾
高速艦である「韓相国」は2010年の最終試験評価で「之」字航行して国民に見えてはいけない
姿を見せた。これが、わが海軍の正直な実相だ。

「独島」事件が韓国防衛産業の実状を見せた。実状を覆い隠してはいけない。実状を正しく見て
初めて、解決の道も開くのだ。

▽ソース:朝鮮日報(韓国語)(2013-09-13 03:21)
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2013/09/12/2013091204092.html
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=110&oid=023&aid=0002577723







■強襲揚陸艦「独島艦」に設計ミス、敵軍でなく自軍ヘリを迎撃=韓国■

敵軍ではなく甲板上にある自軍のヘリコプターを狙ってしまうことが9日、明らかになった。
韓国メディアは「致命的な欠陥」と相次いで報じた。

強襲揚陸艦とは、複数のヘリコプターが同時に離着陸できる大規模な全通甲板を持つ軍艦。独島
艦は1万4500トン級で、2007年に実戦配備された。

独島艦には、対艦ミサイルなどを自動で迎撃・撃墜する接近防御火器システム「ゴールキーパー」
が装着されているが、当初ヘリコプターの配置を念頭に置かず設計されたことから、角度が低
くなると甲板上にある自軍のヘリコプターを射程に入れてしまうという。

独島艦の甲板は、全長200メートル、幅32メートルで、サッカー場2個分の広さを持ち、一方、
ゴールキーパーは、仰角(+85度、-25度)、発射速度(毎分4200発)の性能を持つ。報道に
よると、艦尾側に配置されたヘリコプター4台が射程圏に入るという。

海軍側は、ゴールキーパーをより高い位置に設置するには設計の変更が必要となり、莫大な費用
がかかると述べ、現在はヘリコプターをゴールキーパーの真下に置いているので問題ないと説明
した。

韓国メディアは、有事の際、兵力を積んだヘリコプターが敵より先に味方の機関砲に打たれて
しまう可能性があるにも関わらず、海軍は根本的な対策を出せずにいると批判した。

(編集担当:新川悠)

サーチナ 2011/09/13
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0913&f=national_0913_205.shtml








■世界最高…韓国製兵器は欠陥品ばかり…(爆笑)■

射程距離500kmの初の韓国産巡航ミサイル「天竜」開発の事実が知られたのが1ヶ月前なのに、
今度は国防科学研究所(ADD)が射程距離1000kmの巡航ミサイルの試験発射に成功し、1500
km版も開発中というニュースが伝えられた。慣性航法装置や地形映像照合など最先端の誘導
技術を適用し、誤差範囲を3mm(訳注:原文ママ)以内に減らしたという説明も付け加えられた。

すごい開発速度だ。これなら北朝鮮の弾道ミサイル「ノドン」を圧倒するうえ、アメリカが誇る巡航
ミサイル「トマホーク」も顔負けの性能だ。北朝鮮のみならず日本や中国までも牽制可能な戦略
型ミサイルというわけだ。

韓国の新兵器には、常に「世界最高」という修飾語が付く。K-200装甲車は米軍のM2ブラッドレー、
K1A1戦車は米軍のM1エイブラムスやドイツのレオパルトIIに匹敵するかそれ以上の性能である
と紹介された。空軍の航空機KT-1、T-50も、もちろん同級最高だ。

海上兵器は、もっと胸がいっぱいだ。進水が完了したKDX-II駆逐艦もそうだし、2008年に引き渡
されるKDX-IIIイージス艦の諸元は、アメリカや日本のそれを凌駕している。マラッカ海峡にまで
及ぶ1000kmの探知・追跡能力に、各種最先端ミサイル約140基を装備し、無敵の全方向戦闘
能力を備えているということだ。

しかし自負心に水を差すニュースもたびたび聞こえる。韓国対空ミサイル「天馬」は納入の前から
全面改良中、携帯対空ミサイル「神弓」は夜間作戦が不可能、韓国製対空砲「飛虎」の命中率は
旧型エリコン砲にも大きく劣る、などの指摘が韓国国会で提起された。

昨年には、10年以上かけて開発された長魚雷「白鮫」と短魚雷「青鮫」に、実戦配備後に深刻な
欠陥が発見され、海軍が開発企業に損害賠償を要求したこともあった。これらはいずれも、開発
成功発表当時には例外なく「世界最高性能」と広報された兵器だ。

現代兵器の性能は電子システムに決定的に左右されるため、我が国のIT技術から考えて国産
兵器の水準も相当なものだろうという点は充分に見当がつく。問題は、過度な幻想を与えること


http://news.hankooki.com/lpage/opinion/200610/h2006102617294724440.htm

http://hoi333.blog.fc2.com/blog-entry-116.html



ポチッと応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ

★お勧めする「大手企業運営の優良出会い系サイト」★

これらの出会い系サイトは大手企業が運営して
いますので、安心して利用することができます。


 一番にオススメするサイトです⇒ハッピーメール
 
他の出合い系サイトとくらべても女性会員数が圧倒的に多く、
出会いのチャンスがとても高いサイトです。
やはり女性会員の多いサイトは、出会いのチャンスも多いです。
出会い系初心者は、まず、このサイトをオススメします。
安心して利用できる有名老舗サイトです。


⇒料金が月定額制で使い放題「ラブサーチ」

料金は月額固定制ですので、
料金を気にせずに出会い系サイトを
使い方には最適です。
「6ヶ月コース」なら、月1,980円で
使い放題なので、
女性の扱いに慣れていない出会い系初心者の男性でも、
6ヶ月以内には女性と実際に会うことができるはずです(笑)
89%の会員が4ヶ月以内に出会いに成功しているそうです。
女性と確実に出会いたい男性には、
この「6ヶ月コース」をオススメします。
真面目なタイプの女性会員が多いのが
特徴です。



⇒ミクシイグループのワイワイシー

あの 「ミクシイ」グループが運営 している出会い系サイトです。
出会い系サイトに登録するのは、どうしても「不安」
という人は、こちらをオススメします。
ミクシイグループが運営しているだけに、女性会員も多く
出会い系サイト初心者の男性でも、安心して
利用できます。
会員の約80%ほどが出会いに成功しているサイトです。






関連記事