オランダを追い払った日本と深い関係があったインドネシア

安倍晋三首相が靖国神社を参拝するときは、台湾の李登輝元総統や、インドネシアのユドヨノ大統領と一緒に参拝したらよい。ユドヨノ大統領は「日本首相の靖国参拝は当然である」と激励してくれている。できれば親日派の多くの外国人にも同行してもらうとよい。

 筆者の友人、元駐日イスラエル大使のエリ・コーヘン氏も喜んで同行するだろう。コーヘン氏は大使の時に靖国神社を4回も公式参拝している。彼が行けば世界中のユダヤ人に、ユドヨノ大統領が同行すれば世界中のイスラム教徒に好印象を与えることができる。

 インドネシアも、インドやミャンマー同様に、日本がその独立に貢献した国の1つである。日本は先の戦争で、インドネシアを350年も支配していたオランダを追い払い、同国を3年半にわたって統治した。

 この3年半は、日本軍の軍政の下に、国語や国旗・国歌が制定され、インドネシア人が行政能力をつけ、PETA(ペタ=祖国独立義勇軍)によって軍事能力を獲得した貴重な時期であった。

 特にPETAは、対オランダ、対英国の独立戦争を勝ち抜き、インドネシア国軍の基礎となった軍事組織である。オランダはその植民地統治で銃1丁、インドネシア人に与えることはなかった。日本軍は敗戦後、その武器をすべてPETAに譲渡した。

 敗戦後もインドネシアに残留して、独立戦争に参加した日本人は約2000人にのぼる。そのうち、400人が戦死したという。独立後のスカルノ初代大統領は日本軍政が育てた人物である。その後継者となったスハルト大統領の政権初期まで、政府高官の6割がPETA出身者であった。彼らは皆、超親日派である。


 筆者は独立戦争の英雄の1人、故ルスラン・アブドルガニ博士に長時間インタビューしたことがある。

 博士は「日本はわが国の独立に大いに貢献した。大東亜戦争が契機となり、アジアからアフリカまで多くの独立国が生まれた。軍政には負の面もあったが、些細(ささい)なことだ。日本人は自らの偉業を誇るべきだ」と、日本人を大いに励ましてくれた。
 
軍出身で国民議会副議長だったA氏は「日本と海軍協定を結びたい。中国の帝国主義や海賊の脅威と戦うために日本の協力が必要だ」と、筆者に訴えた。
 
こういったインドネシアの本当の声が伝わらないのは、日本マスコミの偏向もさることながら、インドネシアのマスコミでは華僑の影響力が強いからだ。日本企業が現地華僑とばかり組んで商売していることも問題だ。


2013.08.29


http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130829/dms1308290730001-n1.htm




ポチッと応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ

★お勧めする「大手企業運営の優良出会い系サイト」★

これらの出会い系サイトは大手企業が運営して
いますので、安心して利用することができます。


 一番にオススメするサイトです⇒ハッピーメール
 
他の出合い系サイトとくらべても女性会員数が圧倒的に多く、
出会いのチャンスがとても高いサイトです。
やはり女性会員の多いサイトは、出会いのチャンスも多いです。
出会い系初心者は、まず、このサイトをオススメします。
安心して利用できる有名老舗サイトです。


⇒料金が月定額制で使い放題「ラブサーチ」

料金は月額固定制ですので、
料金を気にせずに出会い系サイトを
使い方には最適です。
「6ヶ月コース」なら、月1,980円で
使い放題なので、
女性の扱いに慣れていない出会い系初心者の男性でも、
6ヶ月以内には女性と実際に会うことができるはずです(笑)
89%の会員が4ヶ月以内に出会いに成功しているそうです。
女性と確実に出会いたい男性には、
この「6ヶ月コース」をオススメします。
真面目なタイプの女性会員が多いのが
特徴です。



⇒ミクシイグループのワイワイシー

あの 「ミクシイ」グループが運営 している出会い系サイトです。
出会い系サイトに登録するのは、どうしても「不安」
という人は、こちらをオススメします。
ミクシイグループが運営しているだけに、女性会員も多く
出会い系サイト初心者の男性でも、安心して
利用できます。
会員の約80%ほどが出会いに成功しているサイトです。













関連記事